忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ビッグマン #8
ドンソク…あんた、しまいに天罰が下りますぞっ!(ノ`Д´)ノ
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



結局、ジヒョクてば、
記者たちに「自分の犯した罪を認め、罰を受けます。これは私1人でした事です。私のせいでヒョンソンの名を汚したくありません」とか言っちゃいましたよ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

しかも、この後にDNA結果を見てるし…
それって順番が違うんじゃないの?(ヾノ・ω・`)

この後、ジヒョクはミラ宅を訪ねー
彼女にDNA結果の紙を見せながら「1つはミラssiがくれたもので、もう1つはさっきジナに渡されたものだ。ジナのが間違いなんだろ?」と問うんですけど…
でもミラが持ってきた方が偽物なのよね(´・д・`)

でもジヒョクとしては、家族やミラが自分を騙してたなんて信じたくない。
だから涙しながら、何度もミラを問い詰めるんですよね(*´・ω・)
だけどミラも、これ以上騙しちゃいけないと思ってるから…
何度もジヒョクの言葉を否定します。

するとジヒョクは「もう何も言うな。ミラssiの話は信じない。自分の目で事実を確かめてくる、話はそれからだ」と話を断ち切り、外に出て行くんですよ。

と、そこにデソプから「すぐに来てくれ。あの録音を聞けば、騙されたと分かる」と電話が入るんですけど…
途中でボムシクの妨害が入り、会話は途中で終話(゚Д゚≡゚д゚)
ジヒョクは急ぎ、クチャン小学校の裏へ向かいます=3

てか~DNA鑑定結果も持って行かんかい~!Σヽ(゚∀゚; )

この後、ジヒョクはデソプと共に例の録音データを聞きー
激昂状態でカン家に乗り込むんですけど…
でも、その前にジナがカン会長を問い詰めてたのよね(。・д´・。)

そしてミラも…
ジヒョクを止めようと電話をかけるけど出ずー(ヾノ・ω・`)
やむなくドンソクに「キム・ジヒョクssiが全てを知ったの。彼は何をするか分からない。心から謝れば許してくれるわ、だからお願い」と告げたところにジヒョクがやって来た為ー
ドンソクは、強引に電話を切るんですよ。

「知ってたのか?そんなに俺の心臓が欲しかったのか?なぜ俺なんだ?天涯孤独の俺を家族のフリまでして何故、騙した?」と悲しげな表情で問い詰めるジヒョクに、
「失うものはないだろ?むしろ与えてやった。家族愛を感じさせてやり、カネも名誉も与えた。夢を実現してやったんだ。元々、カネもなく家族もいなかっただろ?与えたものを返してもらった。ただ、それだけだ」と出ましたよ?(。・`Д・´)

金持ちのボンボンだか、ドンソクだか知らんが、高慢な口の聞き方しやがってからに~(ノ`Д´)ノ

しかもジヒョクに殺すと予告されて、なお煽ってたし…
そう言えば、ジヒョクが殺さないとでも思ったのか?(y゚ロ゚)y

でも、そこにカン会長がやって来てー
「ドンソクは悪くない。私の指示だ。息子を救う為に私が計画した事だ」と止めにきやがるのよ( ・`ω・´)
その結果、ジヒョクは検事たちに取り押さえられー
強制連行されちまいます…(´・д・`)

相変わらず「可愛そうなヒョン」とかほざくドンソクにはムカついたけど…
でもカン会長は、ちと辛そうな表情を浮かべてたような?(o・ω・))

その夜、ジヒョクはカン会長とドンソクに首を絞められる夢まで見ちゃってたし…
そりゃショックだったわよね。゚+(σ´д`。)+゚

しかしジナの言葉じゃないけど…
その後、何事もなかったように悠々と食事をするカン家一族を見てー
まさに“ドブ家族”よね~とか思っちまったわε-(`・ω・´)

翌日、ミラはジヒョクの面会に行くんですけど…拒絶されてしまいます。
しかも帰りに、デソプとダルスクと遭遇しー
デソプに「楽しかったか?ヒョンを騙して陰で笑ってたのか?悪女のくせにいい子振るな、俺は許さないぞ!」とまくし立てられちゃう(*´・ω・)

ダルスクは「違うわよね?悪い人じゃないでしょ?」とかばってたけど…
でもミラは、罪悪感からか何も返せませんでしたね(ヾノ・ω・`)

この後、ジヒョクと面会しー
「無罪だから釈放されるだろうけど、お前が傷ついてると思うと胸が痛いよ」と心配するダルスクに、
「こんな事には慣れてる。心配するな、俺はハリネズミだぞ!この程度の事には、もう慣れっこなんだ。それに俺をこんな目に遭わせた奴らには必ず仕返しをする!」と明るく返すジヒョクが…もう痛々し過ぎて見てられん~。・(つд`。)・。

一方、カン会長は検事総長をクラブに接待しー
姉ちゃん数人を投入して、しきりにおべっか使ってましたぞ?(。-`ω´-)

翌日、ジヒョクはヨム検事から取り調べを受けるんですけど…
ここで今までにカン家から受けた仕打ちを全て話すんですよねd(*´Д`*)

この後、ヨム検事は血相を変えて検事総長に駆け寄りー
「ヒョンソンの事件には裏があります。とてつもない犯罪が隠れていたんです。つじつまが合うんです、キム・ジヒョクの証言が事実なら…」と必死のパッチで訴えるんですけど…

結局、検事総長はカン会長に買収されちまったのね…ε=(・д・`*)
「君は我が国の経済界で財閥が占める割合を知っているか?いくら腐っていても、大黒柱を切り倒す事は出来ない。今までご苦労だった、じきに丸く収まるだろう。これで一件落着にしよう」と軽くあしらわれちまいやす(´-ω-`)

そしてヨム検事は、担当から外され…
ジヒョクは、新たにやって来た検事から「ヒョンソンがあなたを詐欺で訴えました」と耳を疑うような言葉を告げられるのよ。

更には、元ヒョンソン担当の弁護士までやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「検察から証拠提示がありました。最近、あなたの口座に大金が振り込まれたそうですね?詐欺罪だけ認めて下されば、執行猶予を付けます。それからヒョンソンから慰労金として…」と告げたところで~

ジヒョクの怒りは爆発=3
弁護士を蹴り倒しまくった後ーヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ
「奴らにこう伝えろ!絶対に生かしておかないとな!この命を懸けてでも復讐してやる!」と宣戦布告するんですな(`・ω´・)ノ

何より悔しいのは、社員たちが皆、ジヒョクが罪を犯したと信じ切ってる事なのよ~ε=(・д・`*)
だけどク部長だけでも信じてくれてるのが、せめてもの救い…かしらね?

この後、ドンソクが社長に戻るや否やー
ミラが「やりすぎだと思わない?あの人を詐欺罪で訴えるなんて。約束したわよね、うまく解決すると」と抗議するんですけど…
「とにかくこうなった以上、方法がないんだ。それに君は部外者だ、加害者でも被害者でもない。もう首を突っ込むな!」とー
たちまち不機嫌モードに入り、激ギレし始めるドンソクヾ(。`Д´。)ノ┌┛

ミラは何も返せずー(ヾノ・ω・`)
ただ涙を流してたけど…

一方、デソプもジヒョクに面会に行きー
「犬野郎たちを逮捕させて、早く出てこいよ」と訴えてたけど…
始めは意気消沈してたジヒョクも、
ここで例の録音が使えるんじゃないかと閃くんですよねd(*´Д`*)

そしてデソプも、ちゃんと保存してたのね~(ノ*´∀`)ノ☆
一旦、取りに帰って、また戻ってくるんですよ。
でも検事も弁護士もヒョンソンの息が掛かってる為ー
ジヒョクは「直接、裁判所に持ってこい」と告げるんですけど…

ここでデソプに「だけど会話内容におかしな点があるんだ。ボムシクが“ジヒョクの隣にいる女はどうしますか?”と聞いた後、“気にする必要はない。一緒に消せと”入ってた。まさかミラssiまで殺そうとしたのか?」と問い返されー
ジヒョクたちは、ミラもカン家一族に利用されてた事を知るんですな。

一方、ミラはイ判事に電話をかけー
自ら証人申請をしてたけど…
やはり、これも即ドンソクの耳に入ってましたな(。-`ω´-)
しかもサンホによると、
判事側にはヒョンソンの息の掛かった人間はいないらしい~o(・д・´*)

ドンソクは自らミラを止めると告げてたけど…
もし止められなかったら…サンホに始末させる気か?(゚Д゚≡゚д゚)

この後、ミラに「私は、あなたの為に人工呼吸器を取って、彼を殺そうとしたの。彼の幸せを望んでる訳じゃない、元の生活に戻したいだけ。そうすれば、私もあなたの元に戻れる」と訴えられー
ドンソクは「望み通りにするよ。今日の裁判は無理だが、次の裁判で詐欺罪の告訴は取り下げる。彼が釈放されたら十分に補償して海外に送る」と宥めてたけど、絶対嘘ですやん?(ヾノ・ω・`)

そしていよいよ裁判が始まりー
デソプもダルスクと共に証拠品を手に、傍聴席にてジヒョクを見守ります。

一方、ドンソクはサンホに電話をかけー
「例の計画を実行してくれ」とか頼んでましたけど…

やがて裁判所にやって来たミラに「真実を証言しても、彼を助ける事は出来ない。しかし君にも役に立てる事がある。“情緒不安定で実の親だと錯覚しているのだ”と言えば、丸く収まる。キム・ジヒョクは無罪で釈放され、世間の同情を買うだろう。双方にとってベストだ」とか~
あんた、何ふざけた事言うとんねん~(`・ω・)っ彡/ な事を吹き込んでましたぞ!

この後、サンホが傍聴席にやって来てー
判事が頷いてたのが、めちゃやな感じ~(`-д-;)

この後、ジヒョクはデソプに証拠を渡すよう、目で合図を送るんですけど…
ここで証人尋問の為、ミラが入廷して来たのを見てー
デソプに“待て”の合図を送ります(`・ω´・)ノ


でも~
ジヒョクてば、ここでミラが真実を話し始めてくれたのに~
彼女の命が危なくなると思ったのね…
「彼女は嘘をついています!聞く必要はない、私は罪を認めます!俺はどうしても家族が欲しかった!だから偽造したんです!俺には両親が必要だった!気持ちを抑える事が出来ず、息子になりすましたんです!」とかばっちゃうのよ…(ノд-`)

気持ちは分かるけど…
そこは、そうじゃないでしょ~?(;∀;)

この後、ミラはジヒョクに面会に行きますね。
そして「今ならまだ間に合います、事実を話せば…」と促すんですけど…

ここで「余計な事をするな。何故、俺に関わる?俺の代わりに会社に楯突くつもりか?余計に怒りを買うだけだ。そしてその矛先は、あんたじゃなくて俺に向くんだ、もう関わるな。何の役にも立たない」とー
ミラを守る為、ぞんざいな言葉で突き放すジヒョクが切ねぇ~。゚(゚´Д`゚)゜。

そして後日…
ジヒョクは裁判官から懲役3年を言い渡されるんですけど…
ドンソクがミラの心を取り戻す手段だったのか、どうなのかは分からんが…
情状酌量を望む懇願書を出してたみたいでー
更に「5年間、刑の執行を猶予する」と告げられましたよ?(o・ω・))

しかし釈放されたジヒョクを最初に迎えに来たのはジナで…
どうやら彼女は、ジヒョクと一緒に海外へ行こうと、パスポートと航空券を渡しに来たらしい。
だからって、どさくさでキスするか~?(-∀-`; )
ミラも、その現場を見てたけど…
それよりジヒョクが外国に行く事に安堵してたみたいね。

この後、ジヒョクはダルスクの店に戻りー
「戦って勝てる相手じゃない。悔しくても我慢するの。そうすれば、誰も傷つかずに済むんだから」と諭されてたけど…
でもデソプは「これからどうする?仕返しをしてやるんだろ?ヒョンの為なら何でもやる。刑務所くらい入ってやるよ」と鼻息荒く煽ってましたな (=`ω´)ノシ

てか~
その夜、またジヒョクがボムシクたちに拉致されちまったんですけど~(°д°|||
しかも、その間サンホがジヒョクの偽造パスポートで、ニセジヒョクを出国させてたし~(゚Д゚≡゚д゚)

更にジヒョクは奴らにボコボロにされた挙げ句、刺されて海に落とされちまったってのに~
デソプは、何をしてるのよ~ヾ(〃゚ω゚)ノ
ここで、つづくです。

ビッグマン #7

ビッグマン #9



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[18回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]