忍者ブログ
「純情(スンジョン)に惚れる」全16話ネタバレ全開レビューリスト
触れ込み通り、正にヒーリングドラマな感じで~私は結構好きでした♪
こちらは衛生劇場版になりますが、良かったらご利用下さい~(*σ´∀`)σ

☆「純情(スンジョン)に惚れる」全話ネタバレ全開レビューリスト☆彡



純情に(スンジョン)惚れる #1 が始まりました♪

純情に(スンジョン)惚れる #2

純情に(スンジョン)惚れる #3

純情に(スンジョン)惚れる #4

純情に(スンジョン)惚れる #5

純情に(スンジョン)惚れる #6

純情に(スンジョン)惚れる #7

純情に(スンジョン)惚れる #8

純情に(スンジョン)惚れる #9

純情に(スンジョン)惚れる #10

純情に(スンジョン)惚れる #11

純情に(スンジョン)惚れる #12

純情に(スンジョン)惚れる #13

純情に(スンジョン)惚れる #14

純情に(スンジョン)惚れる #15

純情に(スンジョン)惚れる #16 最終回

以上です~(≧∀≦)♡



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]

PR

純情(スンジョン)に惚れる #16 最終回
☆評価☆8.4 (10点満点中、8.0以上がオススメ) ※総評はのちほど

最初から最後までミノの笑顔に癒されまくりでした♪
それでは、最後のネタバレ全開です~(^^ゞ



ミノは最後の出勤日…
まずはジュニと恒例の皮肉合戦を繰り広げた後ー
ユン理事たちに会いに行き、
新しい管財人には、チョ元頭取を推薦したと報告を受けるけど…

ゴールド社は既に破産部の判事を懐柔しているらしくー
前途多難状態だと…(´・д・`)
それでもミノは「最後まで諦めずに頑張ろう、イ・ジュニなんかに負けるな」と励ましますね。

次にミノはスンジョンやミル、ユミら秘書たちに最後の挨拶をした後ー
スンジョンに荷物運びを手伝って貰う事に。

この時、スンジョンはミノの体調が優れない事に気づくけど…
ミノは「よく眠れなくて疲れてるせいだ」とごまかし~
どさくさで、また抱きついちゃう(´-∀-`)

一方、オッキョンの元にはウシクが訪ねてたけど…
あの後、上司に平謝りして停職を解いて貰うもー
女性青少年課に回されちまったらしい。

ここでウシクは、一笑した後ー
「明日、イ・ジュニが管財人に選任されます。その前に逮捕してほしいと思って…」と頼むけど…
てか毎回、隙あらばオッキョンにキスしようとするしで~
また張り手と蹴りを食らってましたね(´-∀-`)

と、そこにサンフンから「廃車業者を見つけました。アジト組の関連業者にイ・ジュニが事件の日、廃車の依頼をしてました」てな電話かかかってきてー
オッキョンは労いの言葉をかけてましたなd(*´Д`*)

あの後、ミノはチョ先生の治療を受けに行ったみたいでー
だけど「バイタルが徐々に悪化している。酸素飽和度は高くて95%だ。今より血圧が下がれば昏睡状態になる」と…(´-ω-`)
「何か他の方法はないのか?」と問うミノに、
チョ先生は「あらゆる手を探そう、患者が頑張ってるのに、医者が負けてられん」と返しますね。

そこに電話が入ってきて…
てかミノてば、テソク本人相手に声まね応答しちゃってましたよ?(*´・∀・)

一方、オッキョンはスンジョンに会いに行きー
ドンウク殺しがジョングではなく、ジュニである事を説明してたけど…

「確かに今のジュニは道を踏み外しているわ、でも親友を殺す理由がない!」と否定するスンジョンに、
オッキョンは「マ先輩は捜査の末に、ジュニssiが原料問題の黒幕だと突き止めた。それで彼は事実を隠蔽しようとマ先輩を殺したの」と説明するけど…
スンジョンはショックで、その場に泣き崩れてしまうのよね(*´・ω・)
この時、オッキョンはスンジョンに腕時計の話もしたみたいでー

あの後、ミノはテソクと食事をしてたけど…
年長者として、最後にミノにご馳走したかったらしい。

更に「それにカン代表のせいじゃないと伝えたかった。以前、代表がこう言いましたね。“ろくでなしと戦っても勝ち目はない”と。カン元会長が父上の志を折ったように、ジュニがゴールド社が代表の志を妨げたんです。汚い手を使ってね」と励ましてくるテソクに、
ミノは「俺だって汚い事をしたさ」と返すけど…

てか~
「でも健気です。我々を守ろうとしてくれた。簡単な決断じゃありません。工場の代表として、お礼を言いたい。本当に感謝しています、代表」なんてー
年下の上司に、こういう事をさらっと言えちゃうテソクの器の大きさが好きだな~( *´艸`)

ミノがテソクと別れた後ー
今度はオッキョンから電話がかかってくるけど…
スンジョンに全て話した事を打ち明けられ、激昂しちゃいやす。

この後、ミノはスンジョンに会いに行きー
「悔しいよ、惚れた弱みだな。俺の方がいつも損をする。今日位は優しく労ってほしかったけど、君に譲るよ。ウェンディから聞いたんだろ?君を守ってやれないのが情けない」と告げるけど…
「そんな事はありません。代表がいてくれて私はとても幸せです」と返すスンジョンをー
ミノはそっと抱き寄せます。

更にミノはスンジョンを慰めようとー
耳や爪の手入れをしてあげるけど…
加減が分からず、怪我させてしまうのよ。
最初は怒ってたスンジョンも、慰めの手段だと聞いて笑ってましたね(´ー`)

その翌日…
スンジョンはオッキョンに電話をかけー
「ジュニの家に行って腕時計を捜す」決意をした事を告げます。

だけど、これもウシク経由で即ミノの耳に入りー
スンジョンに電話をかけるけど、切られちゃうのよ(´・д・`)

ミノは怒りモードでオッキョンに電話をかけー
「何で止めなかったんだ!」と怒鳴るけど…
「スンジョンは1度決めたら、てこでも動かない」らしい~(ヾノ・ω・`)

この後、ミノとオッキョンはジュニの駐車場で落ち合うけど…
ここでジュニの車に細工したのね~(*゚▽゚)ノ
管理人がジュニに連絡を入れてきて、奴は駐車場に向かいます。

この間、ジュニの部屋に来ていたスンジョンが何とか腕時計を探し出しー
マンションのエントランスでミノたちと合流するけど…
ミノも心配だから、
「俺が殺されかけたのを忘れたか?」とついつい責め立てちゃう(*´・ω・)

それをオッキョンが窘めてたところに~(*ゝω・)ヽ(・`ω・*)ノ
スンジョンが「これで罪を問えるのよね?」と問いながら腕時計を渡しますね。
オッキョンは「私が必ず逮捕する」と約束します。

だけど逮捕するには、鑑識の結果と逮捕状が必要な為ー
オッキョンはミノに「管財人に選任されるのは今日よね?」と確認した後、
「思い切り恥をかかせてやる」とか意気込んでましたな(*゚∀゚)=3

この後、ミノが“ハンジン日報”に何やら持ち込みーo(´^`)o
更にジュニが向かった裁判所に乗り込んで、
「殺人者!」とカマした後~(*´▽`)ノノ
記者たちに「彼の秘訣を教える。親友を殺してまでゴールド社に尽くす忠犬精神だ」とあざけるんですな。

「背任と名誉毀損で加重処罰を受けたいか?」と凄んでくるジュニに、
ミノが「加重処罰は俺の大好物だ。君にも分けてやろう」と挑んだところで~
オッキョンとサンフンがやって来てー
奴に「殺人容疑で緊急逮捕します」と言い放つんですよ~(*-`ω´-)9

すると奴は「逮捕状はあるのか?」と凄んできてー
オッキョンは「ノ・ヨンベssiの証言と廃車業者の証言で令状が出た」事を告げるけど…
またもや奴が「物証がないだろう。いい加減にしないと君は警察をクビになるぞ」とほざいてきやがったもんだから~(。-`ω´-)
ミノが「そう言うと思って物証を用意した」と腕時計を見せるんですね~(v´∀`*)

最後にオッキョンが「スンジョンが持ち出したの。血液反応も確認済よ。マ先輩の血液が検出された」とトドメを刺して、ようやくお縄状態に持ち込むけど…
それでも抵抗し続ける奴が見苦しいったらありゃしねぇ…(ヾノ・ω・`)

この後、ミノはジヒョンに「随分と強気ね?猟犬が消えたって何も困らないわ」と嘲笑されるけど…
「だからお前らと道連れに無理心中するよ」と返し、テレビをつけるんですな。

ミノが“ハンジン日報”に持ち込んだのは、ゴールド社の在籍してた当時のヘルミア倒産計画だったのね…((・・*)
この為に、ユン理事たちに事前に「時期が来たら俺を切り捨ててくれ。ゴールド社がヘルミア社を陥れた証拠を持って出頭する。刑事訴訟が始まったら損害賠償を請求して下さい」と指示してたらしい。

更に「これでゴールド社からは管財人は出せなくなる。損害賠償金も用意しておいた方がいい」と言い放つミノに、
ジヒョンは「一体何のつもりよ!」と発狂するばかりでー

ここでミノは「チキンレースでは、2台の車が互いに向かって突進する。勝つ方法は1つ。相手の目の前でハンドルを投げ捨てる。俺はハンドルを捨てた。だから君が決めろ。衝突して死ぬか、それともハンドルを切るか」と選択を迫りますね(*・д・)b

その夜…
ミノはスンジョンに「弁護士の話では、加重処罰の対象になるらしい。黙っててごめん。会社を救う為には仕方なかった。スンジョンと胸を張って生きる為にも、過去の責任を取る。俺はどん底に落ちる、それでも君にはそばにいてほしい」と告げー
彼女も「もちろん、一緒にいます」と即答してましたね(´ー`)
そして2人はしばし会えなくなるからと、一晩一緒に過ごす事に。


ここで眠ったスンジョンに、ミノが「思ってる以上に待たせるかも。長い間会えなくても笑顔で過ごせよ」と呟いてたのが気になるな…(*´・ω・)

その翌朝…
ミノはスンジョンに笑顔で見送るよう頼みー
迎えに来た検察の車に乗り込みます。

それと予想はしてたけど…
オッキョンいわく、
ゴールド社は、ジュニに全て責任を押しつけて撤退しー
ジュニの味方だった検事も有罪にすると息巻いてるらしい~(゚∀゚ノノ"☆

この後、スンジョンがジュニと面会しー
「あなたと向き合うのはとても辛い。でもどうしても聞きたい。ほかの誰でもないドンウクを、どうして殺せるのよ?」と泣きながら訴えるけど…
「ドンウクだからだ。彼の安い正義感の前では、俺たちの24年間は無意味だった」と返しやがる( ・`ω・´)

「私といる時、罪悪感はなかった?よく平気な顔していられたわね」と尚、責めるスンジョンに、
奴が「勝てば、上にいけば、罪など消える、今もそうだ。俺だけが取り残された、自分が悪人だからじゃなく、無力だからだ」とほざいた時にゃ~
あっしは開いた口がふさがらんかったわ…(ノд-`)

あの後、ミノは背任罪について、
自首した事や、重病を患ってる事が配慮されー
懲役2年 執行猶予3年を言い渡されます。

この後、ミノはスンジョンに会いに行くけど…
彼女を見た途端、意識を失い、救急車で搬送されー
こん時は、てっきり帰らぬ人になったものだと…(o´д`o)

あれから数ヶ月後…
ウシクとオッキョンが結婚する事になったらしい。
あとテシクは工場長に昇格したのね~(´▽`*)

そして、いよいよウシクとオッキョンの婚約祝いの日となりー
そこにミノが現れた時にゃ~正直ビックリしたけど…
でも生きててくれてホント良かった~ε-(´∀`*)

最後にスンジョンの家前の階段で、2人がキスしたところで~
ここで、終わりです。

.。.:*・゜+.。.:*・゜ .。.:*・゜+.。.:*・゜ .。.:*・゜+.。.:*・゜


最初はミノは悪人で、ドンウクの心臓を移植した事で善人に変わっていくんですけど…
チョン・ギョンホっしのお顔立ちが上品だからなのかー
どうも悪人に見えなくてですね(笑)

それでも彼がスンジョンに出会って、どんどん変わっていくサマにはー
見てるこっちまで癒されました。
チョン・ギョンホっし、ホント柔らかいというか、いい笑顔しますよね~
最後はもしや亡くなってしまうのかと思ったけど、ハッピーエンドでよかったです。
じゃないとスンジョンがあまりに気の毒過ぎますものね((・・*)

それとある意味、死と隣り合わせなドラマだった事もあったからなのかー
ミノとスンジョンのイチャイチャも、今回は微笑ましい気持ちで見れたかなと…
何より初々しい感じがね~好感持てました(´▽`*)

あと忘れちゃならない、ジュニ@ユン・ヒョンミンssi~
彼の悪役も見事でしたよね~
ホント、何度イラつかされた事か…
でも悪人はこれ位でないと、ドラマに入れ込めませんから(笑)

最後に…お越し頂いた方々に感謝致します♪
既に放送は終了しとりますが、視聴された皆様お疲れ様でした~(*・ω・)*_ _)



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[4回]


純情(スンジョン)に惚れる #15
出来れば、もう1度ミノに奇跡が起きてほしい…(o´д`o)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



ミノはジュニの手下に襲われた後、やはりメモリーカードも盗まれてしまって…(´-ω-`)
この後、スンジョンが付き添い、病院に搬送されるけど…
この事はオッキョンの耳にも入りー
サンフンに、イ・ジュニの車両捜索令状を取るよう指示します。

そしてジュニがメモリーカードを屋上から投げ捨てたところに~
オッキョンが連行しにやって来るんですよ~o(`・ω´・+o)

しかしミノてば~
あっしは、ホントにスンジョンの事を忘れちまってるのかと思っちまいましたぞっ!(`・ω・)っ彡/

だけどスンジョンから、
「ありがとう、生きていてくれて。もう戻らないかと…また失うかと思ってました…」と泣きながら訴えられー
たちまちミノは立場なし~(ヾノ・∀・`) な状態になっちゃう(笑)

でも「大げさすぎるぞ?それに俺の言いたい事を何故君が言うんだ?君を失うかと、俺こそ気を揉んでた。なのに君は簡単に泣きやがって。俺は女を泣かす男に成り下がった。もうどこにも行くな。俺を苦しめた分、仕返ししてやるからな。24時間つきまとって、食事の時も寝る時もずっと一緒だ。死ぬまで小言を言って、俺に頭が上がらなくしてやる。でもこれだけは約束してやる。君を独りにはしない、だから泣くな」とか逆ギレするフリして、しっかり愛の告白もしてましたけどね~(*´▽`)ノノ

しかしジュニも担当検事を変えて、釈放してもらうとか~
相変わらず、やる事が汚すぎるわ…(。-`ω´-)

それにミノてば、怪我してる事を口実にー
スンジョンに「罰として、俺の質問には“はい”と答えろ」とか~無茶ぶりし始めてたしで(´-∀-`)

そもそも、
「俺ってイケメンだろ?ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧」
「眠るまでそばにいろ *-ω-)ノ" 」
「朝、目覚めた時もそばにいろ ・ω・*)ノ」
「死ぬまで俺のそばにいろ (´。•ω(•ω•。`)♡」
「君も俺を愛してる?(*´ω`*)」
って、どんだけなのさ?q(´-∀-`)p

でもスンジョンは、全て「はい」で通してましたけどね~(*´・∀・)

その頃、ミノの検査をした医師がチョ先生に、
「心臓が拒絶反応を起こしてる。すぐに精密検査をした方がいい」と助言してたけど…
数日前のミノのめまいは、やはり自覚症状だったんですな(´・д・`)

結局、ミノは検査を受けて、退院となるけど…
チョ先生の表情が思わしくなかったのが気になる(;´・ω・)

この後、ミノはスンジョンと会社に向かうけど…
てか、あないにエレベーターでいちゃいちゃしちゃうなんて~
ミノもスンジョンが戻ってきた事が相当嬉しかったのね~(*´∀`)σ)д`*)

ところがエレベーターが開いたところに~
ジュニが立ちはだかっていてー(゚Д゚≡゚д゚)
ミノは奴を部屋に呼んで、
「プレゼントをありがとう。目の前に星が見えたよ」と皮肉るけど…
「何の話だ?ああ、真っ昼間に鉄パイプで殴られた事か?まさか襲われるとはな、ツケが回ってきたんだ」ときやがる!( ・`ω・´)

でもミノとしては、奴のお陰でスンジョンを取り戻せて、会社にも戻って来てくれたしでー
だから挑発してくるジュニを、ちと哀んでましたよね(o・ω・))

それでもヘルミアが窮地に追い込まれてる事は変わりない訳でー(ヾノ・ω・`)
ミノはユン理事たちに、
「まずは会社更生法に詳しい役員を招集してくれ。不渡りに対応する為の体制を整える」と指示しますね。
そしてスンジョンの元に向かうけど…
ミノは、まためまいを起こしてしまいます(°д°|||

この後、スンジョンはミノと家に戻りー
お粥を作って食べさせようとするけど…

ここでミノがスンジョンの手を取りー
「どんなに忙しくても、1日に1時間は手を繋いでいよう。人は仕事を口実に“また今度”と言って愛する事を後回しにする。でも俺は違う。“今度がなかった”から愛する必要がなかった。これからどんどん忙しくなって、大変になると思う。でも何も変わらない。時間を惜しんで君を愛していく、やっと手にしたから」と~
これまた心にしみる言葉を告げるんですよ。
何か初々しくていいわぁ~(≧∀≦)♡

その頃、警察署では…
サンフンがミノを襲った連中を見つけてきたらしくー
ヨンベに写真確認させた後ー
彼らを指名手配するよう指示するけど…

そこにソウル警察庁 広域捜査隊とやらがやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
ヨンベを「常習賭博罪で移管」しやがりましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

しかも、ここでオッキョンは激しく抵抗した為ー
罰として、1週間着ぐるみで交通整理をする羽目になっちゃうしで(ノд-`)
でも彼女を見て、妙に笑いがこみ上げてきたのは~(*゚▽゚)ノ
ウシクとあっしだけじゃ~ないはず(ヾノ・∀・`)

この後、オッキョンはミノの元に向かいー
昨日見た夢の話を聞くけど…
どうやら例の腕時計をドンウクが触ったらしくー
血痕が残っているだろうと…(*・д・)b
だけどブツを押収する名分がありやせ~ん(ヾノ・ω・`)

ここでミノは「大変だろうが捜査は任せた。俺はここまでだ。イ・ジュニに罪の報いを受けさせなきゃ。必ず証拠を探し出してくれ」と頼みー
3人で手を合わせて、気合いを入れますね―p(゚д゚)q─o(゚Д゚)ノ☆p(´▽`o)

次にミノは、検査結果を聞きに病院に向かうけど…
車内でウシクに「理解出来ない。何故腕時計を使い続ける?」とぼやくんですね。
だけど「腕時計に血痕があるなんて、誰も知らないと思ってるんですよ」と返されちゃう。

それとジヒョンが部下からジュニの悪事を告げられー
更に詳しく調べるよう指示してたけど…
その後、ジュニにアジア総括本部長の昇格を告げてたのは…
利用後、奴を闇に葬るつもりなんでしょうな((・・*)

この後、ミノはチョ先生から「拒絶反応が出始めた。今すぐ集中治療が必要だ。かなりの心臓機能が既に失われてる。放っておけば突然ショックを起こし、昏睡状態に陥る。命にも危険が及ぶぞ」と告げられー
車にひかれそうになる位の放心状態で家に戻るけど…
そこにスンジョンが待っていてー
家に入った後、ミノと一緒にやりたい事を書き始めるんですね。


ここで「代表が言ったでしょ?“人は仕事を口実に愛する事を後回しにする”と。その言葉に感動したんです。私たちには人を愛するという宿題…アニ、義務がある。それを忘れない為に書くんです」と説明するスンジョンに、
ミノは「父を思い出すよ、父もいつか家族で旅行したい国のリストを作ってた。旅を想像するだけで凄く幸せだった。だけど作った翌月に亡くなった。死ぬのがイヤでリストを作ったんだろう、生きてる理由が必要だった」と返すけど…

スンジョンは「違うと思います。こんな話を聞きました。人間の死因に心臓麻痺が多いのは“愛が壊れるせい”らしいです。恐らく、精一杯愛する計画を立てられたんでしょう。違いますか?」と励ますんですね。
この言葉を聞いて、ミノは「忘れてたよ。どんなに辛くても愛する事を止めないと約束した」事を思い出すんです。

あと“一緒にやりたいリスト”に「テソクの白髪染め」も追加してたけど…
しかしミノにあないな特技があったなんて~
テソクのモノマネ、激似でしたよね(´-∀-`)

この後、ミノはスンジョンを家まで送るけど…
「あの日、あの階段で何故か涙が出た。何故だろう?君が俺から離れていくような気がした」と心で呟いた後ー
スンジョンの元に駆けつけ、キスするんですね。

でも“あの日”って書かれ方は…もしや?( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

その頃、オッキョンは証拠を手に入れる為ー
ウシクとジュニの留守中マンションにやって来て、不法侵入しようとするもー
そこにジュニが帰ってきちゃったもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
ウシクにキスしてとっさに顔を隠してたけど…
ちと大胆過ぎやしねぇか?(ヾノ・∀・`)

なのに演技の甲斐なく、全て防犯カメラに映ってたというね…(o´Д`)=з
あの後、ジュニが長官に請願書を提出したらしくー
翌日、オッキョンに2ヶ月の停職処分が下りてしまいます(´-ω-`)

一方、ミノはチョ先生の血漿交換療法を受けていたけど…
「透析と同じく1日に3時間かかり、治療後は極度の疲労感が襲う。今後はそれを週3回行い、免疫抑制剤も週4回投与する」らしい。

ここでミノは「俺は計算が得意だ。俺が生きられる確率を教えてくれ。この状態だと何%位?」と問うけど…
チョ先生は「確率なんてない。生きるか死ぬかのどちらかだ。それに1%の確率で生き残った。今回もお前次第だ」と返すのよ。

もうね~
こん時「アジョッシ、俺を助けてくれ、お願いだ。生きる理由が出来たんだ」とー
目に涙を溜めて何度も頼むミノに…
あっしは胸が痛みましたよ…。゚+(σ´д`。)+゚

そして治療後、ミノが会社に戻ろうとしたところに~
「テハン銀行は、ヘルミア社 カン代表の融資要請を断りました」てなニュースが流れて来てー
いよいよ覚悟を決めたのね…(´・д・`)

会社に戻って、スンジョンにユン理事たちを呼び出させー
「明日にも我が社は不渡りを出します。理事たちが特別再生班を立ち上げてくれたので、破産部の対応は順調に進むはずです。俺は会社から退く事になる。でも4500人の社員は守りたいと思う。簡単ではないが、出来る限りやってみる」と告げるんですね。

この後、ミノはスンジョンから「大丈夫ですか?」と声をかけられー
「今日は疲れた。明日には不渡りになる」事を告げますね。

「4500人が次に備えないといけませんね」と頷くスンジョンに、
ミノは「明日になれば、俺の持ち株は紙屑になる。それに背任疑惑やらで検察に呼び出される。要するに俺は一文無しの前科者になってしまう。それでも愛せる?」と問うんですよ。

これに対し、スンジョンは「ルーズベルト大統領が下半身不随になった時、夫人に聞いたそうです。“脚の不自由な俺を愛し続けられるか?”と。夫人の答えは“私が愛したのはあなたの脚だけじゃない”でした。どんなに大変で辛くても愛し合わなきゃ」と返し、そっとミノを抱き締めますね(´ー`)

この後、ミノたちはラーメンを持って、前回果たせなかった釣りに行きー
めちゃ楽しそうに盛り上がっていたけど…

てか「今だから言うよ。実はあの日、俺は凄く悲しかったんだ。迫り来る不幸に背を向けようとして、無理に笑ってた。だからかな?何でもない日常が…君といる瞬間が涙が出るほど特別で大切に思えた。美しい君、美しい時、過ぎ去ると惜しく思える瞬間たち。今もぼんやりして薄れていく」と心で呟いた後ー
ミノは、ホントに意識を失っちまったんじゃ?(°д°|||
ここで、最終回につづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


純情(スンジョン)に惚れる #14
テソクがいい人すぎて、ホント困っちゃうわ…。゚+(σ´д`。)+゚
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



てかミノてば、
スンジョンに振られて、ショックだったのは分かるけど~
幸せカップルを見ては露骨に不幸を望んだりとか~
ちと大人気なさすぎじゃね?(-∀-`; )
しかも社員の間で、そううつ病?な行動しまくってたもんだから~
“変人”とあだ名をつけられちまってたしで…(*・ω・*)

それでもミノはジュニを捕まえる為、オッキョンとは頻繁に会ってたのね。
だけど依然証拠が出てこずー(ヾノ・ω・`)
オッキョンから「鍵を握るのは、ノ・ヨンベよ。頼みがある、パク検事にヨンベを指名手配させて。違法賭博の罪状ならあるわ。証拠が手に入るはず、例えば車のGPSとかね。スンジョンの為よ」と頼まれ、押し切られる形で承諾するんですね。

しかしジュニもいい加減、諦めたらいいのに…(。-`ω´-)
今度はジヒョンを脅迫してー
ミノとヘルミア相手に訴訟を起こすとかほざいてましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

あとスンジョンが久々に会社を訪ねて来てー
ミレやユミに、
「カン代表は最近変なの。まるで抜け殻みたい(ヾノ・ω・`)」
「事業は好調だけど、本人は落ち込む一方です(´・д・`)」とか告げられ、
複雑な表情を浮かべてたけど…
結局、その帰りにミノとばったり遭遇してしまいー
2人でカフェに向かうんですね。

スンジョンの話によると、
どうやらオッキョン宅にお世話になってたらしい。
だけど、この就職難で貰った在籍証明書が足りなくなった為ー
今日はそれを取りに来たんだとか d(*´Д`*)

ここで「家を引き払う事にしました。華城(ファソン)に移って、新生活を始めようと思います」と告げてくるスンジョンに、
ミノてば、
「火星(ファソン)で?」とか大ボケ、カマしてる場合か~(-∀-`; )
彼女もお付き合いで?ちとだけ笑ってくれてましたけどね~

更にスンジョンから「母の故郷なんです。親戚もいて、新天地にふさわしいと思って。ここはドンウクとの思い出で溢れています。新しい場所で、再出発したいんです。この話をしたのは、代表にも早く受け入れてもらいたいからです。私も代表も、それぞれの場所で独り立ちしないと、頑張りましょう」と告げられー
思わず「俺には応援じゃなくて、拒絶の言葉に聞こえる」と嘆いてしまうミノだけど…
彼女に「不思議な出会いでしたが、よきリーダーになると信じて応援しています。だから早く乗り越えて下さい。4500人の人生が懸かっていますから」と再度励まされ、気を持ち直したのねo(´^`)o

この後、ミノは外に出たところで~
「俺が君に惹かれたのは心臓のせいじゃない。君だからだ。やっと言えた。そうだな、頑張るよ。今後は俺のやり方で表現する、俺の心を。心配するな、見返りは求めない。君が俺の事を嫌いでも、俺は君に感謝してる。お互い頑張ろう、見送らないぞ」と告げるんですよ。

その夜、スンジョンは家に荷物を取りに戻るけど…
扉には、ミノからスンジョン宛のメモ書きが大量に貼られていてー
最初は“スンモーニング”等のダジャレに笑ってた彼女も、
後半“ごめん”と書かれたメモを見て、ちと心苦しくなったみたいね…(*´・ω・)

一方ミノは、やる気モードになってたけど…
でも~めまいを起こしてたのが気になるな…(;´д`)

その翌日…
テソクが生産部の報告をしにヘルミアにやって来てー
ミノは「あの日は驚いただろ?」と自ら話を切り出すけど…
「別に。何というか不思議な気持ちでした。よく心臓が収まったなと。息子は胸板が厚かった。代表は薄っぺらかった」と笑い飛ばされるんですね。

「申し訳なかった、騒ぎに巻き込んでしまって」と改めて謝るミノに、
「謝る事はありません、むしろありがたい。代表の体を借りて息子が生きてる。息子の死がムダにならずに済んだ。それに初対面で気づきました、息子の心臓だと。労働組合との交渉の日、会議室で倒れたでしょ?あの時、心で感じた。“この人とは何かある、私と繋がってる”それが親子というものなんです。ありがとう、生きててくれて」と涙を堪えながら話すテソクに泣けたわ…(T^T)

更に「スンジョンの事は理解してやって下さい」と諭されー
ミノは「分かってます、だから今は俺のやり方で表現してる。彼女は本当によく尽くしてくれた、ある時、彼女が言った。“俺を守る”と。だから精一杯感謝を伝える。喜んでくれるかな」と返すけど…

それがあの“ヒマワリ付きミノ流メッセージ攻撃”なんかいな?(´-∀-`)

それにミノてば、
スンジョンに家まで投げ返しに来られても、また懲りずに持ち込んでたし(笑)

でも~
そんな事してる間に、ジュニが訴訟の下準備を整えてたみたいでー
ジヒョンにUSBを差し出し、
「作戦開始です。海外企業にヘルミアを訴えさせてほしい。新製品の特許にカンする訴訟です」とか指示してましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

更にヨンベには「妻の移植腎臓を手に入れた」とうそぶきー
「メモリーカードを渡せ」と脅す始末で…(。-`ω´-)

そしてスンジョンもやっとこさ~
“テジ製薬”に再就職が決まり、安堵してたけど…
実はこれもミノが手回ししたみたいですけどね~((・・*)

その夜、ヨンベはジュニとの待ち合わせ場所に向かうけど…
そこには奴ではなく、輩たちが待ちかまえていてー(゚Д゚≡゚д゚)
袋叩きにあってしまうんですよ(°д°|||

結局、そこにオッキョンたちが現場に駆けつけてきてー
ヨンベは命拾いするけど…
しかし一目散に逃亡しちまうなんてー
その内、あんたも罰が当たりますぞっ!(`・ω・)っ彡/

そして翌朝…
ミノがいつも通り、スンジョンにひまわりメッセージを届けに行こうとしたところに~
ウシクが「会社が訴えられました、新製品の特許訴訟です。仮処分申請も出た為、商品が販売出来ません」と報告にやって来た為ー
そのまま会社に向かうんですね。

なのでスンジョンがひまわりメッセージが届いてないのを見て、
落胆の顔を浮かべてた事は知る由もありやせん~(ヾノ・ω・`)

その後、ミノはジュニと顔を合わしたところで~
「法の専門家として手腕を発揮したようだな」と皮肉るけど…

てか~
何が「6年間磨いた技術だ。俺の苦労がお前に分かるはずがない。だがその人脈が金脈に化けた。専門家として言おう、この訴訟はかなり長引くぞ。だが心配ない、訴訟には勝てる…その前に会社が不渡りで潰れるよな?輸出と国内分を合わせて100万個の製品がムダになる。例の手付金を穴埋めに使うといい」だ?( ・`ω・´)

…誰でもいいから、早いとこ奴を何とかしてくれまいか?(y゚ロ゚)y

更にミノの元に召喚状が届きー
やむなく検察に出頭する羽目になるしで…(ノд-`)

ここで検事に「株主から背任の訴状だ、機密流出と使用の疑いがある」と書類を叩きつけられー
ミノは「何が疑いだ?あんた、イ・ジュニの同期だろ?賢いのに大企業の小間使いか?」と皮肉り返してたけど…
結局、7時間も拘束されてからの釈放だったらしい。

しかもウシクいわく、
既にジュニは、地裁とも結託してるみたいでー
ミノは「今度はどちらかが倒れるまでやるぞ」と改めて手綱を締めます。

一方、スンジョンは新しい部屋を見に行ってたけど…
テソクから呼び出しの電話が入った為ー
カフェで合流するんですね。

ここでテソクは、スンジョンを冗談で和ませた後ー
「これからは華城で暮らすんだって?」と話を切り出すけど…
スンジョンから「職場も決まり、家の仮契約もしました。全てがうまくいく気がします」と告げられー
「よかった、だがそれを聞いて心が痛むよ。君はよほど辛い思いをしてたんだな。息子やカン代表の事でも胸を痛めただろう」と切なげに返すんですね。

「カン代表の事はすみませんでした。許しを貰ったのに、私のせいで混乱させてしまいました」と謝るスンジョンに、
テソクは「私は混乱したりしてない。覚えてるか?君はカン代表に守ると言ったらしいな?ドンウクは君を守るタイプだったろ?つまり君はそれぞれ違った形で2人を愛してるんじゃないか?」と問いかけるんですよ。

これで彼女の閉ざされた心に光が射したんじゃないのかしらね?(*´д`*)

この後、スンジョンは家に戻るけど…
そこにミノが待っていてー
「もうすく華城へ行くのか?準備は済んだ?家も職場も決まった?」と問われ…
「これで新しくスタート出来そうです」と返しますね。

ここでミノは「あのさ、君と離れてから何もしてあげてないと気づいたんだ。君に対する暴言や、ひどい仕打ちばかり思い出す。次の場所では皆に愛されて、幸運が続く事を祈ってる。ありがとう、顔を見せてくれて。君という薬が必要だった」と告げて、帰ってくんですけど…
とにかく背中がめちゃ寂しそうで…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

しかしヨンベもジュニから腎臓を貰う為、必死に食らいついてるけど…
またもや「どうせ警察には言えない、共犯者だからだ。俺にはもう怖いものはない、1日も早くメモリーカードを渡せ。奥さんの葬儀代はあるのか?今後俺を脅迫したら、ただじゃおかない」とか言い放たれちまった為ー
結局、ミノに頼る事にしたらしい。

早速、会う約束を取り付けー
「俺はひき逃げ現場の映像を持ってる。だから俺を助けてくれるなら映像を渡す。警察に捕まったらカネが稼げなくなる。裁きを受けるから、子供の将来を保障しろ。カードには原料問題の事も入ってる、これでゴールド社とイ理事を倒せるはずだ」と取引を求めるのよ。

一方、スンジョンも新しい部屋はミノが2倍の仲介料を払って契約出来たと知りー
もしや…と思ったのね(*´・ω・)

この後、“テジ製薬”の代表を訪ねるけど…
「うちとヘルミアは協力関係にあって、化粧品を共同開発する約束をしています。キム秘書を雇ってほしいと、カン代表に頭を下げられたんです」と告げられー
今まで事がうまく運んでいたのは、全てミノが手回ししていたからと気づいてしまうんですね。

しかしヨンベも何で出頭する前に、わざわざジュニに電話を入れー
メモリーカードをミノに渡したとか話しちまうんだか~(ノд-`)


その頃、ミノはメモリーカードを持って、ハンジン日報前にやって来てたけど…
スンジョンから「お話があるので、今から会いましょう」てな電話がかかってきてー
「ここに来るのか?分かった、待ってる」とかノリノリで返していて~
てな展開になりー

案の定、ジュニは手下に電話をかけー
「標的の位置と情報を贈るから20分以内に片づけろ」と指示しやがりましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

その後、スンジョンがハンジン日報前にやって来てー
ミノは嬉しそうに「信号を渡れ」のゼスチャーをするけど…
そこに輩がバットを手にバイクでやって来てー

てか~
ミノがスンジョンの目の前で頭を殴られちまったんですけど~(°д°|||
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


純情(スンジョン)に惚れる #13
もう2人はこのまま終わってしまうのかしら…?(o´д`o)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



スンジョンは、ドンウクの心臓がミノに提供されたと知りー
再びジュニに「いつ知ったの?」と問いに行くのよ。
すると奴が「そんな事より俺に感謝すべきだ。騙され続けずに済んだ。気持ちの正体が分かったろ?君は本能的にあの男からドンウクを感じとったんだ」とほざいてきた為ー
結局、強引に話を断ち切りましたね。

一方、ミノは警察署に連行されて、スンジョンとの約束を忘れちまってたみたいでー
彼女に電話をかけるも出て貰えず…(ヾノ・ω・`)
家前で待つ事にしたらしい~

しばらくしてスンジョンが戻ってきてー
「急用で連絡出来なかったんだ。何時間も待っただろ?電話に出ないから心配した。家にもいないし」と謝るけど…
やはりスンジョンは、目を合わせようとしやせん~(ヾノ・ω・`)

ここでミノは「ウシクが急病で病院に連れて行ったんだ…怒ってるな、待たせたもんな。お詫びに夜釣りの用意をした。鍋とラーメンもある。今から出発しよう」と告げて、スンジョンの手を取ろうとするけど…
「いいえ、行きません。体調が良くないんです」と、手を払いのけられてしまいます(´-ω-`)

この後、スンジョンは本当に体調を崩してしまったらしく…
翌日、会社を欠勤するんですよ。
だけどミノは事情が分からないしで…(ヾノ・ω・`)
何度も電話したり、メールを送ってたけど…

そこにベトナムの貿易会社の人が訪ねてきてー
「まずは10万個お願いします。ベトナムでも売れると踏んでいます。契約金の10%を手付金として払います。残りは輸出保証を担保に融資を受けてはどうですか?」と提案してくるんですね。
ミノも「それでは手付金を20%にして下さい。すぐ原料を手配し、生産に入ります」とか承諾してたけど…

てか~
彼はジュニが送ってきた刺客みたいですぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

その夜、ミノはスンジョンの様子を見に家を訪ねるけど…
彼女は熱にうなされていてー(゚Д゚≡゚д゚)
その後、ミノがいる事に気づくけど、
ここで彼の携帯からドンウクの着信音が聞こえてきたもんだから~
スンジョンは吐き気に襲われてしまうのよ。

ミノは病院に連れて行こうとするけど、
彼女に「帰って下さい!」と怒鳴られてしまって…
呆然状態で家を後にする羽目に( ´・ω・`)

その翌日、スンジョンは会社に出勤してたけど…
ミノに話しかけられても、顔を見る事が出来やせん~(ヾノ・ω・`)

しかも、この後ジュニが「どうだ?あいつを見るとドンウクを思い出すだろ?」とか~
ほざいてきやがるしで…(。-`ω´-)

一方、ミノはウシクから「昨日何があったんですか?」と問われてたけど…
「変なんだよ。キム・スンジョンが急に俺に冷たくなった」と訴えるんですよ。

てかウシクも「ちゃんと謝りましたか?謝ったつもりでも彼女は謝罪と受け取ってないのかも」って…
そもそも視点自体がズレてるんですけどね…(-∀-`; )

結局、ミレやユミに相談を持ちかけるけど…
「友達が病気だから約束をすっぽかすなんてあり得ません~!」とか説教されちまう有様で…(*・ω・*)

その頃、スンジョンはオッキョンに呼び出されていてー
パンプキンクラブのパンフを見せられ、
「マ先輩がジュニssiに、この絵の贈ったの?」と問われてたけど…
「贈り主は私だけど、買ったのはドンウクよ。昇進祝いを買いに行く暇がなくて、代わりにドンウクが選んだの」と返すのよ。

つまりジュニは、ドンウクが買った事を知らないと…(*・д・)b

更にスンジョンは「あなたの言う通りよ。私はカン代表に惹かれてた。でもその理由が分かったの。ドンウクの心臓がカン代表に移植されたの。臓器移植法に違反して取り調べられたそうよ」と告げるけど…

オッキョンに「そんな事が…だから似てたのね。あいつを見る度にマ先輩を思い出したの」と返されー
「私だけじゃないのね。彼が来てから不思議な事が続いた。偶然だと思ってたけど、今は全て納得がいく。私、頭の中が凄く混乱してる。長い間、ドンウクの中で鼓動してた心臓なのに、今はあの人の中で動いてる。そう思うと変な気分になるの、一体誰が好きなのか?代表を見る度に、彼かドンウクか見極めようとしてしまう。代表の顔を見るのが辛い…」と胸の苦しみを吐き出すんですな。

その結果、スンジョンは会社に戻ってミノに辞表を出しちゃうのよ。
でもミノは、約束すっぽかした事で怒ってると思い込んでるから、
「土下座しないとダメか?そこまで大きな過ちか?俺を懲らしめたいんだろ?」と突っかかっちゃう(´・д・`)

だけど彼女から「違います。これが今の気持ちです。会社も持ち直しました。少し休養を取りたいんです」と告げられー
ミノは「辞めたいだと?何故だ?俺を守るんだろ?君を信じてここまで来たんだぞ?ダメだ、俺1人じゃ会社を守っていけない」と訴えるけど…
スンジョンも「私なしでも代表として会社を導いて下さい。もう決めました。人事課も承知です。申し訳ありませんが、撤回しません。引き継ぎをして明後日に退職します」と引きやせん~(ヾノ・ω・`)

翌日ミノは、テソクに「スンジョンが冷たくなった」と相談しに行くするけど…
「待ってやりなさい。スンジョンは心に傷を抱えてる。うちの息子も彼女のそばでじっと見守り続けてた。木のように、代表も待ってみるといい」と諭されますね。

その頃、ヨンベがスンジョンを訪ねてたけど…
ジュニに電話をスルーされ続けて、耐えきれなくなったらしい~
この後、彼に“スンジョンと喫茶コーナーにいる、あんたも来るか?”てなメールを送るんですよ。

そしてジュニがやって来たところで~
スンジョンに「原料問題の件だが、俺は容疑が晴れても疑われてる。君から皆に話してくれ。真犯人は別にいる。そういえば言い忘れてた。ドンウクの葬儀、行けなくて悪かった」てな事を訴え始めるんですな(*`д´)b

この後、ミノもウシクから「今すぐ喫茶コーナーへ行って下さい。ノ・ヨンベとスンジョンssiが一緒にいます」とせき立てられー
スンジョンを連れ戻しに行くんですけど…

ここでジュニとヨンベに「今度キム・スンジョンを呼び出したら承知しない」と警告した後ー
スンジョンには「何であいつらと一緒にいたんだ?君がイ・ジュニといるのはイヤだ。それからノ課長に呼ばれても行くな。君が他の男といるのがイヤなんだ。それからこれは受け取らない。人事課には1ヶ月の病気療養と伝えた。分かってる、休養したいんだろ?業務はカバーするから1ヶ月でも2ヶ月でも休め」と窘めの言葉と辞表を渡し~の、
ついでに「休暇中に呼べば、いつでもどこでも駆けつける。24時間使えて、再発行も可能」な“カン・ミノ利用券”を渡すんですね( ^ω^)_

だけどスンジョンてば、
「勘違いなさってます、会社を辞めるのは代表と関わりたくないからです、ゆっくり始めようと言いましたよね?私は代表と何かを始めるつもりはありません。それから私は予定通り退職します。他に用がなければ、これで失礼します」と言い放って、出て行っちゃうのよ(´・д・`)

ミノも即追いかけー
「君の主張は聞いたから今度は俺が話す。いくら考えても、君が会社を辞める理由が分からない。納得しない限り、俺は離れないぞ。俺は君を愛し続ける。この気持ちは制御不可能だ。君の周りを公転し続けるからな」と訴えるけど…
だからってスンジョンも、
「ではお好きなように。ついでに言っておきますが、公転というのは永遠に距離を保って回る事です。手もつなげず、抱きしめられず、一緒にもいられない。平行線のまま。追うのは勝手ですが、辞める理由は言いません」とかトドメを刺さんでも…(*´・ω・)

その夜…
ジュニはヨンベに散々脅された後、会社に戻ってきたところに~
ミノが奴の車に乗り込みー
「面の皮が厚いからキム・スンジョンの近くにいられるのか?隠すなら徹底的にしろ。ノ・ヨンベを彼女に近づけるな」と警告するけど…
「俺がドンウクを殺したと疑ってるようだが、何か証拠でもあるのか?」ときた( ・`ω・´)

ここで「証拠などすぐ見つかるさ。皮肉じゃないが、君じゃなきゃいいと心底思う。彼女が気の毒だ。友人に婚約者を殺されたなんて、耐え難いはずだ」と告げるミノに、
奴は「お前の望みに応えてやれて幸いだ、俺じゃない」とか自信たっぷりにほざいてくるしで…(。-`ω´-)

てか早いとこ証拠が出てきて、捕まればいいのに~(y゚ロ゚)y

その翌日…
ミノはオッキョンを訪ねー
ドンウクの心臓を提供された事を認めた上で、
「最近、よく事件現場の夢を見るんだ。携帯も腕時計も車の形も夢で見たんだ」と訴えるけど…
「それが真実でも証拠としての効力がない」と退けられちゃう。

ここでミノは「ノ・ヨンベがキム・スンジョンに会いにきて、イ・ジュニと3人で話をしてた。ノ・ヨンベは、イ・ジュニの弱みを握ってるようだ。スンジョンの身が心配だ。俺も手伝うから捜査を続けてくれ…もう1つ頼みがある。心臓の事はスンジョンには黙っててくれ。彼女を失望させる事になっても、俺が直接伝えるべきだ」と頼みますね。

てか~
ジュニがベトナムのテムン社に不渡り処理させるだけに留まらずー
ミノを背任罪で告発しやがりましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ


でも~
ミノはあらかじめ手を打ってたみたいね~(v´∀`*)
ジュニやジヒョン、あと株主たちの前で、
ウシクに「運輸業者から連絡が来ました。10万個がまもなく船積みされます」状況を説明させた後ー
「新製品10万個は予定通り、タイに輸出します。最初からベトナムに輸出する為の製品は作ってませ~ん♪(ヾノ・∀・`)」と言い放つんですよ~(*゚▽゚)ノ

どうやらミノは、現地の取引先に頼んでテムン社を調べてたらしい。
だけど不審な点が多く、悩んでいたところ会社が倒産してくれたと…
それを聞いて、株主たちは安堵しまくりですよ~(*´д`)

「テムン社の代表には、こう言いたいですね。手付金は大事に使わせてもらいます。もう1つ、今度こんなマネをしたら痛手を負う事になりますよ、覚悟しろ」とミノがトドメを刺した時のジュニの悔しそうな顔ったら~(´-∀-`)

しかもジヒョンにも「あなたみたいな狩りの出来ない猟犬を育てる気はない」と言い放たれてたしで(*´・∀・)

あとミノはスンジョンの退職を阻む為、テソクを呼んでたみたいで…
懇々と説得し始めたところに~
ジュニが乗り込んで来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「貿易会社の担当者を買収しましたね」と挑んでくるのよ(((-'д-)y-~

ここでミノは「もし俺が誰かを買収したとしよう。証拠はあるのか?悪いのは罠を仕掛けた方だ。君なら知ってるだろ。会社の代表なら時には汚い事もする。もう帰れ」と言い放つけど…

すると奴は、テソクにミノがドンウクの心臓を移植して、医療情報を違法に入手した事をチクっただけでなくー
ミノに、スンジョンが離れようとしてる理由まで話しやがるしで…(。-`ω´-)
この男…ホントに人間のク〇ですよ?

この後、ミノはスンジョンに「知ってたのか?話をしよう」と告げるけど…
「今更話す事なんてありません」と返された挙げ句ー
翌日、家まで出て行かれちゃうしで…

てかミノも、望んでドンウクの心臓をもらった訳じゃないのにね…(o´д`o)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


1 2 3 4  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*力の強い女ト・ボンスン*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]