忍者ブログ
華政 #57
続いて57話を軽く振り返っとります~(^^ゞ


結局、カン・ジュソンの元にはカン・イヌだけではなくー
昭顕世子とヨンゴルテ将軍が乗り込んで来て、連行されてった訳ですけど…
こん時、カン・イヌが彼に恨み辛みを吐き捨られてる姿を見て、
何だかやるせない気持ちになっちまいやしたよ…(o´д`o)

そんな中…
仁祖が意識を取り戻しー
キム・ジャジョムに昭顕世子を呼び出すよう命じます。

鳳林大君いわく、仁祖は尋常でないほど怒ってると…
その言葉通り、
昭顕世子は清にいた際、民から貰った“算経十書”等をぶちまけられー
「そなたが内通しておらず、清に染まっておらぬなら、何故こんな怪しき物を隠し持っていた?」と激昂されてしまいます。

ここで昭顕世子がこの場を取り繕ろうとしたならば、
また展開は変わったんでしょうけど…
「清で暮らして悟りました。この朝鮮はあまりに小さく、遅れております。朝鮮が戦争に巻き込まれたのは、我々が至らなかったせいです。今後は先を行く国々を見習うべきでしょう。躍進を望むなら、まず己の過ちを振り返り、改めるべきではないでしょうか?」
と切り返しちまったもんだから~ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
仁祖は、昭顕世子が王座を狙ってると決めつけてしまいー
ますます溝が深まってしまうんですね(/´△`\)

この後も、昭顕世子は仁祖に「どうかお願いします!奸臣どもに惑わされず、私の言葉を信じて下さい!」と必死に訴えてたけど…
完全に猜疑心に苛まれてる彼に、その思いは届きやせ~ん!(ヾノ・ω・`)

その翌日…
貞明公主は、事の元凶であるキム・ジャジョムを訪ねます。
ここで奴に「警告した時に身を引くべきでした。世子が苦境に立ったのは、公主様のせいです」とほざかれー
貞明公主は「その言葉には揺さぶられぬ。私のせいではなく、そなたたちの仕業だ。どうせ、このような筋書きだろう?こたびの件で世子様を廃した後、チョ昭容の子である崇善君を立てる…だが、そうなる前にそなたたちが官服を脱ぐ事になるだろう」と宣戦布告するけど~(y゚ロ゚)y

奴は全く動じる事なくー(ヾノ・ω・`)
「カン・ジュソンの帳簿を手に入れたのですね?…私と同じような王や、同じような重臣たちの中でどうやって断罪するのですか?その上、世子も身動きが取れぬ状況です。…この朝廷において、私に出来ぬ事はありません。私も覚悟を決めて準備してきました。いつか迎える公主様との最後の戦いの為に。ゆえに私にとっても世子の件は始まりに過ぎず、最後には公主様と側近たちを追放するつもりです」とほくそ笑んでくる始末で…(。-`ω´-)

しかも~
またもやチョ・ヨジョンが貞明公主を消そうとー
躍起になって仁祖を煽ってたしで...щ(゚Д゚щ)

あと昭顕世子は、鳳林大君に何やら頼みごとをしてたけど…
それが何なのか?気になりますな d(*´Д`*)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]

PR

華政 #56
続いて56話を軽く振り返っとります~(^^ゞ


昭顕世子と嬪宮は、重臣らとの挨拶を終えた後ー
荘烈王后(=仁祖の継妃)から「よくぞ帰ってきてくれました」と声を掛けられていてー
こん時は、歓迎ムードで出迎えられていたように見えたけど…

実は昭顕世子が清にいた間ー
朝鮮では「清の皇帝と昭顕世子が親密な関係を築いていて、仁祖を王座から引きずりおろそうとしている」てな不穏な噂が囁かれていたんだとか(o´д`o)

だから嬪宮は、不安になったみたいでー
貞明公主に「(荘烈王后も)本当は戻って来てほしくなかったのでは?」
てな事を聞きに行くんですね。
それに対しー
貞明公主は「世子様が皇室と交流していたのは、朝鮮人の捕虜を送還する為だった事は分かっています。…ですが、その事実は意味がありません。清は世子様を利用して王様を抑えつけ、この国の重臣たちは、世子様を利用して王様を惑わせています」と返していたけど…

このままじゃ~いかんと思ったのね。
この後、貞明公主はホン親子とチェ・ミョンギルと落ち合いー
「世子様を守る為に、先手を打たねばなりません」と改めて訴えてた。

その後、昭顕世子が清に関する資料=(外交文書)を要求していた事が判明しー
イ・シベクがキム・リュに報告します。
だけどキム・リュに、昭顕世子の真意が分かるはずもなくー(ヾノ・∀・`)
キム・ジャジョムに相談するんですな。
こん時は、さすがのキム・ジャジョムも即答出来なかったみたいだけど…

その頃、昭顕世子は今回朝鮮に同行して来たヨンゴルテ将軍を訪ねー
貞明公主と引き合わせていたんですね。

てのは、カン・ジュソン率いる商団が粗悪な銀の鋳造で儲けてるらしくー
清にも同じ銀を献上させていると…(*・д・)b
つまり清に協力して貰って不正を摘発し、奴を罪に問うつもりでいるらしい~щ(゚Д゚щ)

その翌日…
貞明公主は、今後も交易を続ける為ー
ジャギョンとウンソルに清との交易を望む商人に銀の貸し出しをさせます。

一方、カン・ジュソンは賄賂を渡す為ー
通訳官のチョン・ミョンスに会いに行ってたけど…
カン・イヌが、すぐさま昭顕世子に「広通橋近くの妓楼におります」てな報告に行くんですね。

その頃、貞明公主もヨンゴルテ将軍に会って、この事を報告してたけど…

既にキム・ジャジョムが「昭顕世子と貞明公主がカン・ジュソンを捕らえ、我々を引きずり出す」つもりでいる事に気づいていてー
チョ・ヨジョンに話してたんですよ(°д°|||

そしてジャギョンは、官軍らと共に銀を鋳造してる工場に乗り込みー
全員を連行~ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ

この報告を受けー
カン・ジュソンは、手下にチョン・ミョンスを始末するよう命じー
すぐさま妓楼を出ようとするけど~
そこにカン・イヌが官軍らと乗り込んで来てー(゚Д゚≡゚д゚)
…ついに万事休す!か~?(*゚▽゚)ノ
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


華政 #55
めちゃのんびりな更新ですけど、
ついにゴールが見えてきたかなと…(*・ω・*)
続いて55話を軽く振り返っとります~(^^ゞ


ホン・ジュウォンは、貞明公主宛の書簡をジャギョンに委ねた後...
昭顕世子に会いに行きー
「このまま世子様を渡す訳にはいきません。どうか私に従って下さい」
て感じに説得にかかります。
これは後から分かった事ですが…(*・д・)b
どうやら「身代わり世子を立てて、交渉に行かせたかった」みたい。

その後、貞明公主の元に書簡が届く訳ですけど…
そこには、勤王兵(=王を救援する兵)が来ると書かれていてー
鳳林大君に「危機を打開出来る最後の希望が出来ました。ゆえに交渉が行われてる隙を突き、総攻撃を仕掛ける準備をすると…それが南漢山城から届いた伝言です」と説明します。

一方、身代わり世子は重臣と共に清との交渉に向かいー
「ほとんどの和議内容は受け入れるけど、“君臣の関係”だけは断固拒否!」の姿勢を見せるんですね。
ところが…
しばらくしてヨンゴルテ将軍が様子を見に来てー(゚Д゚≡゚д゚)
世子が偽物だという事がバレてしまいます(°д°|||

ヨンゴルテ将軍はすぐさま兵士らに、
「直ちに全軍を集結させ、江華城を南漢山城へ進撃しろ!」と命じるけど…
そこに別の武将が「朝鮮が都に勤王兵を向かわせました。江華城で戦いが始まったらしいです。交渉を逆手に取り、我々を騙したのです」と報告に来たもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
ヨンゴルテ将軍は怒りを露わにして、テーブルを思い切り叩きつけてた。

ところが、その後…
無情にも大雨が降ってきて、火薬が濡れた為ー
鳥銃部隊と火砲軍が応戦出来なくなってしまいます(/´△`\)

しかも~
キム・ジャジョムが、あらかじめこれを見越していてー
勤王兵を僅かしか送りつけて来なかった為、あえなく敗退…(´-ω-`)
これで江華城を守る術が失われてしまいます。

この状況に、仁祖もやっとこさ~腹をくくったらしい。
この後、重臣らと共に清の皇帝陛下に降伏した上で“君臣の関係”を結ばされる訳ですけど…

そもそもこうなったのは、仁祖のつまらん自尊心が原因とはいえー
“三跪丸叩頭”の礼(=臣下が皇帝に捧げる儀式)を感情を押し殺しながら、
ひたすら繰り返す姿に、ちと胸痛んだわ…(o´д`o)
それを見て、嘲笑するカン・ジュソンがホント憎たらしいったらありゃしねぇ~(。-`ω´-)

その後日…
キム・ジャジョムがカン・ジュソンに会いに行ってたけど…
しかし昭顕世子と鳳林大君が人質で清に送られてしまうってのに~
キム・ジャジョムは「少しの流刑生活を送りさえすれば、元の官職に戻れてしまう」とか~
ホント理不尽な話よね?q(´・ω・`)p

o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*


そして8年後ー
昭顕世子と鳳林大君が民たちに大歓迎されて、ようやく朝鮮に戻ってくる訳ですけど…
更に重臣に出迎えされた際ー
昭顕世子は、いつの間にやら左議政になってたキム・ジャジョムを~
宣戦布告するかのように痛烈に皮肉ります(y゚ロ゚)y

一方、仁祖はずっと体調を崩していたらしくー
昏睡状態に陥っていたけど…
さて、この先どうなる~?(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


華政 #54
続いて54話を振り返っとります~(^^ゞ


キム・ジャジョムが都元帥として、
清軍が侵攻して来た目印=のろしの報告をしなかったかった為ー
翌日、都はパニック状態に…ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

貞明公主は、すぐさま仁祖に謁見しー
「直ちに全軍に警戒令をお出し下さい。すぐに開城へ行き、戦うべきです。既に清軍が侵攻して来ています!」と訴えるけど…
彼は「今朝、協議の為の密使を派遣した、もう一行は安州を通っている頃だ」と受け入れてくれやせ~ん!(ヾノ・ω・`)

もちろん、この判断はすぐ覆される事となりー
この後、便殿会議にて…
「既に清軍が平壌を越え、新渓に到達してしまった為、開城で抗戦する機会も逃してしまった」と嘆くチェ・ミョンギルを横目に、
キム・リュが「江華島へ避難なさり、機会を探るべきです」とまさかの誘導~(゚Д゚≡゚д゚)
それに対し、
キム・サンホンが「こたびも避難するのですか?一国の王が3度も都を捨てるなど、なりません」と痛烈に非難し始めたもんだから~(y゚ロ゚)y
重臣らの間で、醜い言い争いが勃発しますヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ

すると仁祖が「やめろ!敵に攻められたというのに、下らぬ事で争うとは何事だっ!…全て私不徳だ。だが、こたびは私は最後まで力を尽くす。決して江華島へは隠れぬ!まずは嬪宮と元孫、そして王族を江華島へ逃がせ。ここにいる重臣たちは私に従い、南漢山城へ行け!」とブチギレー
便殿会議を強制終了させます。

この後、貞明公主は昭顕世子に嬪宮と元孫を委ねられー
息子たちと共に江華島へ避難する事に。

ところが…
キム・ギョンジンの一族が貞明公主らが乗るはずだった船を乗っ取って、
先に江華島に逃げちまった為、置き去り状態になっちまうのよ...(°д°|||
結局、鳳林大君の船で江華島に向かったものの…
既に「清軍は開城を越え、坡州に到達し、江華島と漢陽へ破竹の勢いで侵攻している」らしい。

その後、ジャジョンから「仁祖たちが南漢山城で孤立無援状態に陥っている」という報告を受けー
貞明公主は「これでもカン・ジュソン大監を信じるのですか?清軍は朝鮮との行動をお見通しで、ゆえに江華島と都へ直行したのです。情報を流したのは、誰だとお思いですか?」と鳳林大君を問い詰めます。
彼も自分を愚かだと責めてましたけどね…(o´д`o)

この後は、予想通りの展開になっちまいますね(/´△`\)
そもそも戦の準備もしてないところに、
不意を突かれちまっては太刀打ちなど出来るはずもなくー(ヾノ・ω・`)
都も南漢山城も、死者や負傷者が増える一方で…

その数日後…
貞明公主は、キム・ギョンジンを訪ねるけど…
事もあろうか、この男が泥酔してやがったもんだから~(。・`Д・´)
「酒だと?敵が江華島まで来たのだ!南漢山城でも日々激しい戦いの連続だというのに、そなたは何をしている!他の者たちも同罪だ!」とー
そりゃ~もう激昂しまくりですよ(y゚ロ゚)y
と、そこに鳳林大君もやって来てたけど…

一方、カン・ジュソンは清の使節と会いー
「和議したいのならば、昭顕世子を人質に」
てな条件を勝手に取り付けた上で、仁祖に謁見しに来るんですよ(・`ω・´)

もちろん仁祖は「受け入れられん!罠かもしれんというのに、大事な世子を送る訳にはいかん!」と断固拒否ってたけど…
昭顕世子が「私は行きます。もう南漢山城には兵も軍糧も残っておりません。恐らく江華島も同じ状況でしょう。城が1つでも落ちれば、屈辱的な降伏を余儀なくされます。…どうかご承諾下さい」と訴えて来てー(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]


華政 #53
続いて53話を振り返っとります~(^^ゞ


仁祖は、獣の血を地面に流した後ー
ヨンゴルテ将軍に「国へ帰って、ハンに伝えよ!朝鮮は明との関係を断たぬと!朝鮮の王は!お前らごときに屈さぬとな!」と宣戦布告~!(/´△`\)
そりゃもう重臣らは、動揺&非難囂々ですよ…(´-д-)-3

この後、昭顕世子が仁祖に土下座して、
「私に粗相がございましたか?…全て私の過ちです。改善に努めます。ですから先ほどのお言葉を撤回して下さい」と必死にすがるんですけど…
それに対し、ばっさりと裏切り者呼ばわりした挙げ句ー
「私は国王だ!」と空威張る仁祖の大人げなさには、心底幻滅しちまったわ...(*´・ω・`)=3

更に仁祖は、昭顕世子の事で左遷したらしいキム・ジャジョムに書状を送ってたけど…
当人は釣りに夢中で、開封さえして貰えなかったというね…(´-∀-`)

そんな中…北方を偵察中のジャギョンから、
「清のホンタイジが戦の準備(12万の大軍を出兵させるらしい)を終えた」との報告が届きー
貞明公主はホン親子、チェ・ミョンギルらと共に、今後の打開策を見いだしていたけど…
どうやら朝廷は丁卯胡乱の時みたく、江華島に移って清を迎え撃つつもりみたいでー
チェ・ミョンギルが「戦は2度目、清が策を講じないはずがありません!」と~
ホン・ヨンが「当時は王室と朝廷が江華島へ逃げて国の領土と民が踏みにじられた。なのに再び江華島へ行くなんて!」と不満を爆発させるんですよ(y゚ロ゚)y

それを受けー
貞明公主が「こたびは、開城に行く事を進言してはどうでしょう?もし王様が抗戦するおつもりなら、清軍を出し抜けるやも」と提案しー
ホン・ジュウォンが「もし可能ならば、よい策かも。開城は山城の守備が強固で待ち伏せるには最適です。清軍も我々が北上するとは思わぬでしょう」と賛同し~の、皆もこれに乗っかります\( •̀ω•́ )/

そして早速、チェ・ミョンギルがキム・サンホンを説得しに向かうけど…
入れ違いでカン・イヌがやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「鳳林大君が父上を訪ねてきました。…おそらく世子様を失脚させる気でしょう」てな事を告げられた為ー
貞明公主は、鳳林大君にカン・ジュソンと会ってた理由を問いに行くんですね。

ここで「私は、公主様とは違う考えを持っています。しかし兄である世子様の為であり、そして国を思うがゆえです。カン・ジュソン大監が危険なのは、承知しています。でもその分、力のあるお方なのです。世子様が即位出来るよう、国が戦乱を逃れるよう、今は本物の力が要るのではないですか?公主様にそれだけの力がありますか?」と痛いところを突かれてしまうけど…
貞明公主は「最も厳しい問いを投げかけるのですね。…ならば私も大君に尋ねます。カン・ジュソンは、力を世子様と民の為に使うでしょうか?そんな権力は間違っています。民を思う王を立て、そして王が民を正しい道へと導く。世子様と私の志が分からぬのですか?」と問い返すんですよね。
だけど鳳林大君は「分かっています。ですが、世子様を失っては何の意味もありません。…王座が欲しいのではなく、この難局から兄上をお守りし、志を叶えて差し上げたい。それが出来るのは、カン・ジュソン大監です」の一点張りで…((。´д`)o

その頃、カン・ジュソンは仁祖に謁見しー
「危機に瀕した王室と朝廷に資金を提供します。…実は鳳林大君に会って決心したのでございます。国の行方と、王様を思う気持ちの強いお方です。そこで微力ながら、清の人脈に呼びかけてみようかと思います。まだ間に合うのなら戦を避け、和議を結ぶ手もあります」とアピってたけど…

実際、カン・ジュソンに清を説得する気など更々なくー(ヾノ・ω・`)
真の目的は「清軍が侵攻する為の時間稼ぎだった」というね…(°д°|||

あとキム・ジャジョムがチョ・ヨジョンに、
“随時処変”(スシチョビョン)てな書状を送ってたけど…
結局のところ、仁祖を完全に見切るつもりでいるのかしらね?(o・ω・))
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


1 2 3 4 5 6  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*力の強い女ト・ボンスン*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*
*LIAR GAME~ライアーゲーム~*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

最新記事
(08/19)
(08/07)
(08/06)
(07/31)
(07/30)
(07/26)
(07/24)
(07/18)
コメントありがとうございます♪
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]