忍者ブログ
華政 #62
続いて62話を振り返っとります~(^^ゞ


あの後、キム・リュは身内の重臣らを集め、有利な後継者据える為ー
連盟判を作成してやがったんですよ(・`ω・´)

これにより、カン・ジュソンは釈放されー
まずは鳳林世子に会いに行く訳ですけど…
早速「公主様と世子様を慕う者を追放して即位し、善政を施すべきです。私はキム・ジャジョムを告発した事で、世子様に好意を示しました。お望みなら、喜んで王にして差し上げます。しかし拒むとおっしゃるなら、刃は世子様にも向けられます」と脅しをかけてた(°д°|||

一方、貞明公主はキム・ジャジョムに会いに行きー
「カン・ジュソンの悪事を告発しないつもりか?」と促してたけど…
意外にも奴から「ありません。…ですが、別の誰かは違うかもしれません。私が知る最も弱く愚かな人間...それゆえ、この戦いに公主様は勝てるのかもしれません。私が蔑んだ公主様のやり方で王を改心させたなら」てな事を返されるんですね。

この言葉通り…
この後、貞明公主の元に尚膳がやって来てー
仁祖からの伝言「王様は最後の機会を逃しはしないと。王様が成し得なかった事を世子様と公主様ならば果たしてくれると」と告げられます。

ところが…
この間、鳳林世子がカン・ジュソンの脅しを突っぱねた為ー
カン・ジュソンは、キム・リュに「崇善君を王座に就けよう」と指示していてー(゚Д゚≡゚д゚)

これを受け、キム・リュは再び身内の重臣らを集め、
イ・シベクに「後継者を再論する前に王様の命令書を布告してくれ」と命じます。
ここでイ・シベクが命令書を公開するけど…
白紙で何も書かれてなかったもんだから~
キム・リュがどえらく動揺しまくりで~ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
と、そこに仁祖が尚膳に抱えられた状態で乗り込んでくるんですな(。・ω´・。)

そしてキム・リュらに対し、射抜くような鋭い眼光を向けー
「私がこのまま逝くと思ったのであろう?ゆえに今までと同様に、朝廷を操るつもりだったのだな。…ここにいる者たちに、国を任せる訳にはいかん!ゆえに都承旨は聞け。その白紙の命令書に今からこう記すのだ。…新たな時代を開く、新たな君主に背く者どもめ。…ここへ集まった逆賊を根絶やしにしてやろう!これこそが、この国の王である私が最後に下す命令だっ!」と言い放ち~の!(y゚ロ゚)y
奴らは全員逆賊としてしょっぴかれる訳です(´・∀・`)

仁祖も最後の最後でやっとこさ~王として仕事をしてくれましたね~

更に、この後…
チェ・ヨジョンが連行されるもー
カン・ジュソンは、内禁衛の兵士やカン・イヌ率いる訓練都監の兵士らを切り捨て逃亡劇を繰り広げてたしで…(。-`ω´-)
ちなみにキム・ギョンジンは賜薬を与えられ死罪になりましたとさ(´-∀-`)

その夜…
仁祖は、鳳林世子に貞明公主を呼んでほしいと頼みます。
そして最後の会話をする訳ですけど…

「私は公主が嫌いだった。ただ嫌いなのではなく、時には殺したいほど憎んでた。その気持ちは今もあまり変わらない。…それなのにこうしてすぐそこに黄泉の使いが迎えに来ている。今になり、ようやく分かった。私が本当に憎んでいたのは公主ではなく、自身だったという事を…責めを負うべき人間は私だった。だが己を憎む訳にはいかず、代わりに公主を憎もうとしたのだ」と必死に言葉を振り絞りながら本音を告げる仁祖に、
貞明公主は「いいえ、未熟で弱かったのは私でした。王座の重みがどれほどか分かっていませんでした。しかし、いつも王様に寛大な心を求め続けました。いつも王様を責め、断罪しようとばかりしていました。愚かだった私をお許し下さい。責めを負うべくは、私でございます」と謝罪するんですよね…

それに対しー
仁祖は泣きながら「私は死を間近にしても公主の前で過ちを認めるのが嫌だった。なのに公主は私に許しを請うのか?」と返してたけど…
こういう状況になるまで、心を通わす事が出来なかった彼らの心情を考えたら…なんかやるせない気持ちになっちまいましたよ…(o´д`o)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]

PR

華政 #61
続いて61話を振り返っとります~(^^ゞ


前話の終わりで、
キム・ジャジョムは、貞明公主に「捏造した証拠で私を陥れ、捕らえに来たのか?」と挑まれー
「私は公主様をお守りに来ました。…公主様を陥れようとしたカン・ジュソンを義禁府が捕らえます」と返した訳ですけど…
そこに血相を変えたキム・リュがやって来てーヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
例の箱に入ってた紙を見せてくるんですよ。

そこには“廃君廃子 崇善君為 君主”(=世子と王を廃し、崇善君を王座に据える)と書かれていてー
ホン・ジュウォンいわく、
「これは左議政キム・ジャジョムが謀反を企ててる証拠だ」と…(。・ω´・。)
つまりキム・ジャジョムもカン・ジュソンも互いを裏切り、売ったという事なのね~(´・∀・`)

この後、カン・ジュソン、キム・ジャジョムが捕らえられー
もちろんチョ・ヨジョンも口封じの為に女官を殺めた罪と、
昭顕世子を殺めた罪で捕らえられますo(・д・´*)

そしてチェ・ミョンギルがキム・ジャジョムをー
ホン・ヨンがカン・ジュソンの尋問を始めるけど…

キム・ジャジョムは「お互い、ハナから信用してなかった為、怒りなど涌いてこないし、ましてやつぶし合いになどならない」とか開き直りやがるし~(・`ω・´)
カン・ジュソンに至っては「私の手下は誰も口を割らないし、時が味方してくれるはず」とほざく始末で…(。-`ω´-)
どうやらカン・ジュソンはこうなる事を想定して、逃げ道を準備してたらしい。

そんな中…
仁祖が大量吐血した為、尚膳が御医を呼ぼうとしてたけど…(゚Д゚≡゚д゚)
彼はそれを拒否りー
「都承旨を呼んでまいれ、私にはあまり時間がない」と命じます。

そして、その夜…
貞明公主は、隠れ家に側近らを集めー
カン・ジュソンの“逃げ道”について追求を始めます。
ここでカン・イヌから、
「最近、父(カン・ジュソン)は財産を売って銀を買い占めています」と告げられー
貞明公主は「清の皇室に頼るつもりでは?」と返していたけど…

その言葉通りー
その頃、カン・ジュソンの使用人が清の皇子ドルゴン(=ホンタイジの弟)に銀を渡して、何やら取引を求めていてー(゚Д゚≡゚д゚)
ただその内容ついては、まだ分からず…でしたね(ヾノ・ω・`)

一方、仁祖は命令書を書き終えー
イ・シベクに「私の後を継ぎ、王座に就く者を任命する。内容は極秘にせよ。私の容体にかかわらず、必ず指定の日に布告するのだ」と命じてたけど…
ここで仁祖は再び吐血し、御医を呼ばれかけるんですよね。
だけどそれを拒否って、キム・リュを呼ぶよう命じます。

そん時、キム・リュはカン・ジュソンと密会中でー
既に彼に抱き込まれてしまった後に呼ばれたってのが...めちゃ気がかりですな(*´-д-)-3

あの後、貞明公主は鳳林世子と会いー
「ヨンゴルテ将軍に会い、カン・ジュソンの目的を探ります」てな事を告げてたけど…
そこにキム尚宮が「王様が危篤との知らせが入りました」とつげに来た為ー(°д°|||
2人は、すぐさま大殿に向かいます。

ところが、そこでキム・リュが全力で阻止って来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「顧命大臣(=王の臨終前に国事を決定する役目を果たす大臣)に任命されました。だから通せません」とか、ほざいてたけど…( ˘・A・)

正直、仁祖がキム・リュの事を信頼してるとも思えんしー(ヾノ・ω・`)
なのに、何故彼に大役を委ねたのか…?非常に気になりますな。
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


華政 #60
続いて60話を振り返っとります~(^^ゞ


仁祖は鳳林大君を呼び出しー
「式が終わったら、代理聴政(=王の裁可を受け、代理で政治を行う)を行うがよい。私も確かめたい。公主の言う通り、そなたが世子に相応しいのか…実際に玉座に座れば、この重みに息が詰まるはすだ。それでもキム・ジャジョムより、そなたがマシだ。ゆえに、そなたがやってみよ」と命じます。

その頃、貞明公主はキム・ジャジョムと遭遇しー
最後の戦いを仕掛けるべく、奴に宣戦布告してましたな(。・ω´・。)

この後、鳳林世子の代理聴政が始まる訳ですけど…
早速、重臣らの会議にてー
キム・リュから「飢饉に見舞われた平安道の租税は米5斗から2斗に減らし、恵民署から薬を送るよう手配しています」と報告されるも…
「備辺司で決めた通りにして下さい。私が聞く必要はありません。…経験を積まれた皆様にお任せします。私は経験不足を補う為に学ぼうとおもいます」と優等生な返しをするんですよ。

すると、すかさずキム・ジャジョムが「学ぶとおっしゃいましたか?」とかツッコんできたもんだから~
鳳林世子は「“観通鑑”過去を教訓にして、今に生かすのです」と切り返してからの~(y゚ロ゚)y
過去の忌まわしい胡乱(“丁卯胡乱”と“丙子胡乱”)が何故起こったのか?宣戦布告を兼ねて、懇々と説明するんですよ。
そして即キム・ギョンジンを連行させる訳ですo(・д・´*)

この後、キム・ジャジョムはカン・ジュソンを訪ねー
この事を報告してたけど…
やはりキム・ギョンジンが捕まった事で、焦りもあったんでしょうな。
お互いエゴの擦り付け合いで、めちゃ険悪ムードになっててワロタ(´-∀-`)

一方、鳳林世子は貞明公主らと落ち合いー
「キム・ギョンジンはほんの手始めにすぎません。次はキム・ジャジョムと、カン・ジュソンを狙います」と改めて宣言します。

そして、その夜…
鳳林世子はキム・ジャジョムを酒に誘いー
「今我々は親しくないが、今日共に酒を飲み仲を深めないか?」と揺さぶりをかけるんですね。

ちなみにこの後、奴は報告がてらチョ・ヨジョンを訪ねー
「公主に罠をかけたら、世子を丸め込めるんじゃ?」てな提案を受けてたけど…(・`ω・´)

一方、ホン・ジュウォンはカン・ジュソンを訪ねー
「世子様の味方につけば、これまで犯した罪を赦免して下さるそうです」
とエサを投げつけますщ(゚Д゚щ)

その翌日…
キム・ジャジョムがカン・ジュソンを訪ねー
「世子の背後にいるのは公主ゆえ、無実の罪を着せてから世子を操りましょう。よい考えがあるので手を貸してくれませんか?」と頼んでたけど…
実は貞明公主たちは、彼らが動く事を見越して罠を仕掛けてたみたいなのよねd(*´Д`*)

更に、その翌日…
崇善君の住まいの補修工事が行われー
ここで職人の1人が、キム・ジャジョムらが手下に埋めさせた箱(=“王を廃し、世子を即位させようとする証拠”)を見つけるんですな(°д°|||

この報告を受けー
キム・ジャジョムは、すぐさま貞明公主の元に向かうけど…
ただ箱の中味は既にすり替えられてたみたいでー(゚Д゚≡゚д゚)
それが何なのか?はちと分からんかったのだが…(ヾノ・ω・`)
奴いわく、
「貞明公主を捕まえにきたのではなく、お守りに来ました」んだとか。

その間、カン・ジュソンの元には義禁府の武官たちが押し掛け、
彼を謀反を起こした罪人として連行しようとしていたけど…
て事は、結局キム・ジャジョムはカン・ジュソンを見切ったって事なのかしら…?q(´・ω・`)p
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」見終わりました♪
☆評価☆7.5 (10点満点中、8.0以上がオススメ)


「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」も見終わってますので~
簡単に感想をあげときます~(^^ゞ
例のごとく、ネタバレてますので、未視聴の方はご注意を…(*・ω・)*_ _)


このドラマは言わずとしれたラブコメでー
三角関係、病気ネタ、不思議ちゃんキャラなどがてんこ盛りに入っておりましてね。

これはドラマに限らず、
リアルライフにも言える事なのかもしれませんが…
女性って、完璧な男性より手を差し伸べてあげたくなる男性の方が気になってしまうものかも…((・・*)
そういう意味では、イ・ジョンソクssiが“カッコ可愛い男性”を上手く演じていたと思うんですよね~
ちなみに彼のノーネクタイにスーツな姿、めちゃ格好良かったです♪

一方、ライバルであり友人でもあるコ・ギョンピョssiですが…
写真で見るより、ドラマで見た方が男前だなと思いましたね。
背も高いですしね(笑)

あと病気ネタについては主に女性に多い疾患なのでー
正直、気の毒な面はありましたけど…(*・ω・*)
でもそこは暗くならないように、
ラブコメらしい脚本に仕上がっていたかなと…
病院のセンセーも看護師も、かなりのコミカルキャラでしたし(´-∀-`)

ただな~
個人的には後半は間延び間が否めなかったので…
16~20話位にした方が見易かったんじゃ?とか思っちまいました(人д`*)



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


華政 #59
続いて59話を振り返っとります~(^^ゞ


キム・ジャジョムが仁祖からほぼ全権を譲られた事で、
結局、カン・ジュソンは裁かれぬまま、釈放されてしまいます(/´△`\)
更にキム・ジャジョムは、この権力を絶対的なものにする為に、
崇善君を世子に据える事を目論むんですよ( ˘・A・)

鳳林大君はこれを何とか阻止しようとー
嬪宮に会いに行き、
「この私が率先して行います。公主様も協力してくれる…」と促しに行くけど…
「いいえ、公主様は協力なさらないでしょう。…世子様にお会いになりましたね?亡くなる前にお会いになり、きっと頼み事をされたはずです」と、やんわりお断りされるんですね。

嬪宮によると、
世子から事前に「次の世子は鳳林大君にお願いしたい。だから彼を説得してほしい」と頼まれていたらしい。
こん時、鳳林大君は頑なに拒んでいたけど…(ヾノ・ω・`)

ちなみに貞明公主が協力しないと言い切ったのは、やはり彼女も世子から頼まれていたからなのよねd(*´Д`*)
その頃、貞明公主はホン親子ら側近を集めー
「次期世子は元孫君ではなく、鳳林大君がなるべき」と主張してたけど…
彼らは戸惑いを隠せない様子でー(゚Д゚≡゚д゚)

てのは、ホン・ジュウォンいわくー
「1度はカン・ジュソンと手を組んだ鳳林大君を信用出来ません。民に尽くすと誓っていても王座に就くと、民は二の次。王座と権力はそんなものです」って事らしい(o´д`o)

しかも、この話を鳳林大君本人に聞かれちまって…(°д°|||
貞明公主は、落ち込む彼に「“鳳林には王の資質があります。弟こそが王に相応しいのかもしれません”そう仰せでした。世子様がそう言い残したのです。“鳳林は惑わされやすい男だと思われがちですが、それは思いやりの心と正義感に満ちているからです”と…世子様は記憶に刻んでいたのです。大君でさえ気づかずにいた、そなたの良さを。ゆえに世子様の信頼に応えて下さい。…我々も皆、そばで大君をお支えします」と諭します。
鳳林大君、大泣きしてましたよね…

この貞明公主の言葉に心動かされたのかー
最終的には皆、協力する事になったけど…
何より鳳林大君を世子にするには、まず仁祖の許可が必要な訳でー

早速、貞明公主はチョン尚宮経由で、仁祖の継妃である荘烈王后を屋敷に呼び出して貰いー
鳳林大君を世子にする為に協力依頼をします。
これを受けー
荘烈王后は、仁祖に温泉に行って療養するよう誘い出し~
そして貞明公主が出発前に仁祖に会いに行って、説得を試みるんですよ。

この間、キム・ジャジョムが崇善君を世子に据えようとー
便殿会議を開くけど…
都承旨のイ・シベクが「王命もなく、崇善君を世子にする命令書など出せぬ」と拒むんですねo(・д・´*)

その後、仁祖が便殿会議に乗り込んで来てー
「どういう事でしょうか?確か…」てな感じに動揺するキム・ジャジョムを見据えながら~
「私は温泉へ向かっていたが、行く前に処理すべき重要な国事があるのを思い出してな。…空席のままの世子の座、その主を決めなくては。…私はその座に鳳林大君を座らせる」と言い放つんですよ~!(y゚ロ゚)y

それでも尚「王様は崇善君様を世子に据えるとおっしゃいました!命令書もありますっ!」と必死に食い下がるキム・ジャジョムに~
仁祖が「そう言ったか?…私は首を縦に振っていない。…承政院に命令出来るのは王である私だ。臣下のそなたではない!」とカマしてくれた時にゃ~
久々に胸がスカッ!としたわ~ヾ(*´∀`*)ノ

もちろんチェ・ヨジョンも黙ってるはずもなくー
ヒステリックに叫びまくってましたけどね~(´-∀-`)
これで少しは好転するかしらね…?((・・*)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


PREV ←  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*番人*
*操作*
*テバク~運命の瞬間(とき)~*
*秘密の森*
*黄金色の私の人生*

≫-レビュー済(2018年分)-≪

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[01/08 NAE]
[10/20 NAE]
[10/19 はうん]
[09/29 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]