忍者ブログ
華政 #38
続いて38話を振り返っとります~(^^ゞ


挙兵、決行日…
キム・ジャジョムは、事がすんなり運びすぎてる事が逆に引っかかったらしくー
チョ・ヨジョンに貞明公主を別の場所に移すよう、命じます。

ところが、すぐさまホン・ジュウォンが兵を率いて、
貞明公主を救いに来たもんだから~(*゚▽゚)ノ
しっぽ巻いて逃げ出してた(笑)
そして!ついに!
貞明公主とホン・ジュウォンが♡感動の再会♡
を果たす訳ですよ~(人´∀`).☆.。.:*・゚

ここで貞明公主を強く抱き締めー
「お待たせして申し訳ありません。私が遅れたせいで…」と謝罪するホン・ジュウォンに、
貞明公主は「よいのです。約束通り、こうして来て下さったのですから…」と嬉しそうに返します( *´艸`)

この報告を受けー
光海君は、尚膳に「貞明を救えた。最も重い罪を1つ洗い流せたようだ、もう計画を実行してよい」と最後の王命を命じます。

この後、カン・イヌが貞明公主とホン・ジュウォンを王宮に行かさぬよう、隠れ家に軟禁しー
尚膳は、火器都監の職人やホン・ヨンを足止めにかかりますね。

つまり光海君は反乱が起きてしまえば、もはや王座は守れない。
ならば、せめて公主と火器都監は守りたいと…
それ故に出した“王命”なんですな(*´・ω・)

その夜…
綾陽君とキム・ジャジョムはキム・リュ、イ・グィらの私兵を引き連れー
王宮に乗り込みます。

でも既に光海君は王宮を脱出していた為、玉座はもぬけの殻でー(ヾノ・∀・`)
そうとも知らず、
「必ず、あやつの首を討つ!」とギラついた目&鼻息荒く凄みまくる綾陽君が怖過ぎたわ…(°д°|||

その頃、光海君は貞明公主と会いー
「今日、お前にこの言葉を伝える事が、私の最後の務めだ。勝利するのだ。貞明、必ず勝て。火器都監の者たちと」と告げていたけど…
彼女に「何故、王座を差し出すような決断をしたのですか?」と涙ながらに問われー
「結局はこうなる運命だった。私は余りにも弱点の多い国王だったからな」と自嘲めいた返しをしてましたね((。´д`)o

それでも「ですが王座を守る方法もありました。私を救わず、火器都監の兵を動員していれば…!」と訴えてくる貞明公主に、
光海君が「その選択をしたら、私は全てを失っただろう。朝鮮を守ってくれる最後の希望さえもだ。…私が去れども、お前に従う者たちがあり、お前たちが戦いを諦めぬ限り、終わりではない。…重荷を背負わせてしまう兄を許してくれ。すまなかった、そして感謝している。どうかこの国を、そして朝鮮の民を守ってくれ」と宥めてたところに~
綾陽君側の兵が乗り込んで来た為ー(゚Д゚≡゚д゚)
カン・イヌが王宮に向かうよう、光海君を促しに来るんですね。

最後に光海君は、ホン・ジュウォンに貞明公主を委ねて去って行くんですけど…
こん時「許すと言ってあげたかったのに…感謝の言葉も告げたかったのに…」と泣きながら後悔の念を口にする貞明公主に胸痛んだわ…(o´д`o)

その頃、キム・ジャジョムは大妃に綾陽君を即位させる命令を下すよう、迫っていてー(゚Д゚≡゚д゚)
大妃はやむなく、めちゃ長ったらしい命令書を出してた。

この後、光海君が王宮で綾陽君にひざまずくよう命じられー
「この国の王はお前ではなく、私だっ!“取るに足らぬ”と侮辱された綾陽がお前に勝ったのだっっ!\( •̀ω•́ )/」とまたもや“ドヤ顔”でほざかれるんですけど…

光海君も、これまで築き上げてきた王のプライドがある訳でー(*・д・)b
「お前は勝利した訳ではない。いずれ痛恨の敗北を招き、この国の暗黒の時代を築くだろう。その時、お前と重臣たちは更なる苦しみと屈辱を味わう事になるはずだ。ゆえに1つだけ覚えておけ。私はお前に王座を譲ってやるが、お前はこうした恥辱を味わう君主にはなるな。万民を慈しむ君主であれ」とカマしてから、ひざまずくんですけど…

ここはホントに!屈辱のシーンでしたわ…(ノд-`)

その翌日…
カン・ジュソンが釈放されー
そして綾陽君は、朝鮮第16代王“仁祖(インジョ)”となったと…
てか、この先どうなるのか?想像出来すぎて怖いっす。゚(^ω^;)゚。
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]

PR

華政 #37
続いて37話を振り返っとります~(^^ゞ


光海君は便殿会議で、承文院が作成した国書に目を通した後ー
重臣らに「これを承認し、すぐに後金へ送る」と告げます。

そして次に~(。・ω´・。)
「貞明公主とカン・イヌの縁組は許さぬ」と宣言した上でー
「カン・ジュソンは、ホ・ギュンと共に謀反を企てた。その証拠は我が手元にある。私は今回この場で逆賊の首領を捕らえ、その余罪を追及するものとする」と言い放ち~(*゚▽゚)ノ
外に待機させていた義禁府の武官らにカン・ジュソンを捕らえるよう命じます。
もちろんカン家の人間も容赦なく、しょっぴかれてましたな(*・ω・*)ゞ

その夜…
光海君は武官から、ようやく貞明公主が行方不明になった事を知らされー
直ちに捜し出すよう命じるけど…
そこに尚膳がやって来てー
ホン・ジュウォンが帰って来た事を告げられるんですよ。

何か勝手に、ここで一波乱あるのかと思ってたんすけど…
結構すんなり戻ってこれたね?(笑)

本来なら、この2人の感動の再会にジーンとくるんでしょうけど…
貞明公主がキム・ジャジョムに捕まっちまってるだけに、心中はちと複雑…よね(o´д`o)

何より光海君も、綾陽君が謀反を企ててる事に気づいていてー
ホン・ジュウォンに「これから如何なる事が起きても、自分を責めるでないぞ」と宥めた後…
「王として火器都監を公主を救う」と決意を告げてましたよねo(´^`)o

その頃、綾陽君は訪ねて来た重臣らに“観形向背”の密命を見せー
「王が後金への投降を命じ、国を売り飛ばした証拠だ。そなたたちは、どの道を選ぶ?明らかな証拠を見ても立ち上がらぬのか?それとも私と共に国を立て直すか?」と選択を迫ってたけど…
速攻で同意を得れちまったらしい~(/´△`\)
この後、綾陽君はキム・ジャジョムと落ち合いー
重臣全員文の署名の入った“連判状”をドヤ顔で見せてた。

一方、ホン・ジュウォンは光海君と謁見した後ー
火器都監に戻り、職人やホン・ヨンと再会します。

ここでホン・ヨンから「公主様は、お前の為に(カン・イヌとの結婚を)決意された。誰かに捕らわれているなら、そのせいだ」と告げられるけど…
「分かっています。必ずや公主様を見つけます。そして約束した通り、公主様のお側で私も共に王様を守ります」と誓います。

あの後、光海君はカン・イヌに会いに行きー
貞明公主を救う役目を受けるか、受けないか迫ってたけど…
結局、カン・イヌは受ける事にしたみたいね。

その翌日…
キム・ジャジョムは大妃を訪ねー
貞明公主を捕らえてる事を告げた上で「綾陽君の即位の裁可」を迫るんですよ。
大妃は拒否ろうとしてたけど…
「我々は西宮様を失踪させる事も出来ます。王に罪をなすりつけて。ですが後味の悪い事はしない方がいい、お互いの為にも」と脅されてしまいます(°д°|||

一方、ホン・ジュウォンはカン・イヌに会いに行きー
「王様に聞いた。協力するそうだな。お前が公主様を思う心だけは、本物だと信じる。ジャギョンが補佐する、必ず公主様を救い出せ。お前が公主様のお許しを得る為にも」と励ますけど…
ここでカン・イヌから「無理だろう。我々3人の立ち位置は更に遠くなる」と返された為ー
「どういう意味だ?」と問うんですな。
だけど「じきに分かる」と答えを濁されちまって...
どういう事なのか?あっしも、めちゃ気になるわ((。´д`)o

その頃、光海君は尚膳に訓練大将を替えるよう“王命”を出してたけど…

この後、カン・イヌは綾陽君に会いに行きー
「牢を脱獄してきました。私も王の復讐に加勢させて下さい」と頼みます。

これを受け、綾陽君はすぐさまキム・ジャジョムと落ち合いー
「今日、王が訓練大将をイ・フンニプに替えたそうだ。カン・イヌがその者を動かすと言ってる。もしこれが可能なら、少ない私兵で王宮に入れる」と煽ってたけど…
さて、どうなる~?ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]


華政 #36
続いて36話を振り返っとります~(^^ゞ


光海君は、貞明公主からカン・イヌと結婚すると衝撃の告白をされー
「私の為にか?ホン校理はどうするのだ?ホン校理は生きて戻ってくる。あの者への思いを断ち切るのか?」と退けようとするけど…
彼女の「王様が何をお望みになり、何に耐えてきたか存じております。いかなる犠牲を払おうと、王座を守らねばなりません」という強い意志を知りー
最終的に何も言えなくなってしまうのよね…(o´д`o)

更に、この後…光海君の元にカン・ジュソンが訪ねて来てー
「このままではいつまでも解決しません。…王様が持っている私の弱みをお渡し下さい。今後、姻戚関係になるので信じて頂きたい。…無理でしたら朝鮮軍は諦めて下さい」と脅迫されてしまうんですよ。
光海君は「自分さえよければいいのかっ!」と激昂しまくってたけど…
彼から「国事を担うのは重臣です。重臣たちがいてこそ、国も安泰になるのです、…王様は王座を守り、私は欲しいものを手に入れる、公主様が私たちの仲を取り持って下さいます」と諭される始末でー
そりゃもう屈辱よね…ε=(・д・`*)

一方、ホン・ジュウォンは…
あの後、カン・ホンニプが後金側に処刑の取り消しを必死に訴えた為ー
無事釈放されてたけど…
彼自身、現在何が起こってるのか分からずー(ヾノ・ω・`)
密使に説明を求めるんですな。
ここで「王が捕虜の引き渡しを条件に国書を送ってくる」と告げられー
「朝廷の重臣たちが同意するはずがない!…お願いです。朝鮮に猶予を与えるよう、ハンに頼んで下さい」と訴えるけど…
密使から「それは出来ません」と拒否られてしまいやす(´-ω-`)

そして、この後…ホン・ジュウォンが牢に戻されかけたところに~
ジャギョンが救出にやって来てー(*゚▽゚)ノ
2人で朝鮮に戻る事になる訳ですけど…
果たして、すんなり戻れるのか?そこが気になりますね((。´д`)o

それと綾陽君はキム・ジャジョムから、
光海君がカン・ホンニプに委ねた書状“観刑向背”を渡されてたらしい。
つまり光海君は最初から後金と戦う気はなく、明を裏切るつもりでいた為、
これは王を廃位する大義名分になるという事なのね…(´-ω-`)

その夜…
光海君は尚膳経由で、キム尚宮を王宮に呼び戻します。
ここで「今日のような日は、そなたが必要だ、私の過ちと欠点、そして欲。すべてを知るそなたが」と悲しげに訴えー
彼女に「公主様が私を訪ねて来ました。王様をお守り下さいと頼まれました、…そのような目でご覧にならないで下さい。私はまた王様に罪を犯しました」と告げられるけど…

それに対しー
光海君は「それは違う。…今も昔も、私をそうさせたのは、この王座なのだ。…私は王になる為に何でもやってきた。臨海兄上だけではない、あの幼い永昌も、綾昌君も蛟山も…そして漢陰まで、この手で始末した。だが公主は…あの子だけはならん。あの子に再会した時、私は再び人間らしくなれると思った。あの子のように…あの子の為ではなく、この私の為に…人間らしい選択をするつもりだ」と決意を告げますね。

その翌日…
綾陽君が今後の計画を問う為、キム・ジャジョムを訪ねてたけど…
彼いわく、
「まずは今日発表される公主の婚礼を妨害します」と…(°д°|||

そして、この直後…
チョ・ヨジョンが「王様から隠れ家にお連れするよう言われました」てな嘘バレバレな口実で、貞明公主を連れ出す訳ですけど…

彼女も、何かおかしいって気づいてたのよね(*・д・)b
さり気にチョ・ヨジョンに、いくつか質問をした後ー
「そなたは何者だ!どこに連れて行く気だ?」と迫るけど…
既に“夾竹桃”から採った毒を盛られていてー(°д°|||
貞明公主は、チョ・ヨジョンの目の前で倒れちまいましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ
さて、どうなる?(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


華政 #35
続いて35話を振り返っとります~(^^ゞ


のっけでキム・ジャジョムがキム尚宮に本屋で偶然会ったフリを装いー
「古文真宝」を贈ってたけど…
あれは、やはり彼女を見定める為だったのね(。・д´・。)

一方、カン・ジュソンの屋敷には綾陽君が訪ねてたけど…
どうやら彼は、カン・ジュソンに避けられてる事に気づいたらしい。
ところが、カン・イヌに「今更何故避ける?」と絡んでたところに~
貞明公主が訪ねて来た為、強制退場させられてしまいやす(_´Д`)ノ~~

この後、貞明公主はカン・イヌから「これが現実です。…私も別の方法で公主様の心を得たかった。失望されても構いません。これで王様も、この国も守れます。そして生きていれば、ジュウォンの帰還も…」と告げられたもんだから~
どういう事なのか?問い詰めてから、王宮に戻ります。

そして本日の“便殿会議”の議題を大殿尚宮に問うけど…
答えて貰えやせん~(ヾノ・ω・`)
するとチョ・ヨジョンが「私がお教えしましょうか」と声を掛けて来た為、
内容を聞くんですね。

その頃、既に便殿会議ではイ・イチョムら重臣たちが「後金と和親関係を結び、ハンを“皇帝”と呼ぶなんて、なりませんっ!」等、吠えまくっていたけど…

それらに対しー
光海君は「国を奪われて、ひざまずくよりマシではないか。頭を下げるのは単なる屈辱だが、戦となった時は絶望を味わう。今ではなく、未来を見据えよ!…王座を失う事になろうとも、この決定を取り下げるつもりはない!」と言い放ち、便殿を出るんですよ。

すると、そこにホン・ヨンが待っていてー
「人は未来よりも今を見ます。今ある屈辱を理由に、王様は民の恨みを買うでしょう」と止められます。
それに対しー
光海君は「だが公主が慕うホン校理は遺体として確認されておらぬ。この国書でそなたの息子が取り戻せるかもしれん」と返してたけど…
ホン・ヨンは「どうかお忘れ下さい。私の息子の命を国と比するだなんて…」と泣きながら訴えてましたよね。
この話を近くで聞いてた貞明公主も泣きそうになってた。

そんな中…
綾陽君率いる“一心会”に扇動された民たちが、一斉に火器都監に押し掛けて来てーヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
貞明公主は、すぐさま止めに入るけど…
イ・ヨンブを庇って、頭を殴られてしまいます(°д°|||
これにイ・ヨンブとチャン・ボンスがブチギレた為、騒動はすぐ収まるんですけど…

この後、民たちが、
「何故、火器都監を守ろうとなさるんですか?」
「何故、公主様がここにいるのですか?弟君を王様に殺され、王宮からも追い出されました」と次々と問うてきてー(゚Д゚≡゚д゚)

それに対しー
貞明公主は「それはわあの方が国王だからだ。確かに弟の命は奪ったが、民の命を何よりも尊ぶ真の国王だからだ。それなのに何故、いつまでも真実を見ようとしない?民の命より、私欲を重視するような重臣たちの言葉を何故、鵜呑みにする?…朝鮮の未来など、明は守ってくれない。私は不安な未来を戦場ではっきりと見た。火器都監には、民の為に命を懸けた職人がいる。今捕虜になってる朝鮮軍も、民の為に戦ったのだ。それでも、この者たちに石を投げる気か?」と切に訴えます。

ちなみに綾陽君も手下を連れて乗り込んで来てたけど…
結局、何も出来ませんでしたな(ヾノ・∀・`)

そして重臣たちは、国書を送るのを阻止する為ー
承文院の前で、抗議の座り込みをしてたけど…ε-(`・ω・´)

てか~
あの後、綾陽君が事がうまく運ばない事に業を煮やしー
大妃を脅迫しに行きましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

しかも~
その帰り、キム・ジャジョムに声を掛けられー
「カン・ジュソンに侮辱され続けの綾陽君を私が救いましょう。王座を差し上げます」とか、おだて上げられてたしで…(˘•ω•˘)

更に~
その翌日には、後金が朝鮮がまともな国書を送ってくるようにとー
見せしめでホン・ジュウォンのいた牢の兵士たちを処刑するとか言い放つわ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

貞明公主は、光海君にカン・イヌと結婚すると言っちまったしで…(°д°|||
一体、どうなっちまうのよ?(/´△`\)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


華政 #34
続いて34話を振り返っとります~(^^ゞ


のっけで、キム尚宮がカン・イヌに「ホン校理が消えたのは、我々にとっては有利な事です」とか言ってたけど...
それ決めつけるの、早すぎね?q(´・ω・`)p

その翌日…
貞明公主はチョン尚宮から、綾陽君が大妃の誕生日に宴を開くつもりでいる事を聞きー
すぐさま彼に問答無用で「お断り~(ヾノ・ω・`)」しに行きます。

一方、光海君は…
後金の密使から「ハンは朝鮮を敵とは考えていない、ハンは新たな国の皇帝になる。これからはハンを皇帝と呼べ」だの脅されー(/´△`\)

更に明から“朝鮮を監護する”という報告書が届いた為、
カン・ジュソンを呼び出しー
「これを阻止するよう引き続き働きかけろ。忘れるな、私はそなたをいつでも殺せる。そなたがよからぬ行いをしてない事を願う。特に謀反の計略などをな」と命令がてら警告をしますね(y゚ロ゚)y

この後、光海君は尚膳に「“皇帝の国”と呼べと後金に迫られ、明に監護を迫られた。この国はどうなってしまうのだ」と嘆くけど…
「キム尚宮を呼び戻してはどうでしょう?信頼出来る者が必要です。…こんな時に重臣たちは綾陽君と…本日、慶運宮にて西宮様の宴を開くと言ってます」と告げられー
「どういう事だ?(゚Д゚≡゚д゚)」と問い返します。

でも既に貞明公主が慶運宮へ乗り込んでいてー
綾陽君に「宴は中止するよう言ったはずよ!」と言い放っていたのよね。

そこに大妃が出て来て、宥めようとするけど~
彼女の怒りは収まらずー(ヾノ・ω・`)
綾陽君や重臣たちに対し、
「私はそなたの操り人形にはならぬ!そなたの行動は目に余る。集まった者たちもだ!つい先日何があった?私ですら耳にした話を知らぬと言うのか?何故、朝廷ではなく、慶運宮にいるのだ?…綾陽君ごときが、私欲の為に開いた宴で何をするつもりだ?」と痛烈に批判します。
これまで貞明公主に何を言われようが、笑って流してた綾陽君だけど…
さすがに今回は激昂しまくってましたな。

それに、こん時来てたキム・ジャジョムが不敵な笑みを浮かべてたのも気になってたのよね…
どうやらチョ・ヨジョンと繋がってるみたいだしー
何か“王になる気満々”発言もしてましたよね?(゚Д゚≡゚д゚)

その夜…
貞明公主は光海君を訪ねー
「綾陽君を何故放っておくのですか?」と問うけど…
「…今、事を荒立てても、西人派を敵に回す訳にはいかぬ。明と後金の圧迫を逃れるには、西人派の力が要る。それが政というものだ」と諭されてしまいます(´-ω-`)

次に貞明公主は、ホン・ヨンを訪ねー
ホン・ジュウォンの事を問うけど、情報は得られずー(ヾノ・ω・`)
それでも「私に何か力になれる事はありませんか?」と問うてくるホン・ヨンに泣けたわ…。・(つд`。)・。

そして貞明公主が屋敷を出たところに、カン・イヌがいてー
「ジュウォンは旧友ですし、助かってほしい。でも一方では、帰らねばよいと思えるのです。公主様のせいです。“私の事を見てくれるやも。またとない好機だ”そう思ってしまう。…キム尚宮に会うそうですね?それは王様の為ですね。その手立てはキム尚宮から、お聞き下さい。選ぶのは公主様です」と本音を告げられてしまいます。

この後、貞明公主はキム尚宮を訪ねー
早速「ここに来る前に、イヌ トリョンニムと会った。何を話したの?私が王様をお守り出来る手立てとは何だ?」と話を切り出します。
すると「この動乱の中で、公主様にしか出来ぬ事があります。カン・ジュソン大監のご子息カン・イヌと婚礼を挙げるのです。さすれば、王様を助けられます」とか言い放たれたもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
「そんな結婚をするわけにはいかない!」と激昂してしまいます。

しかも、このタイミングでホン・ジュウォンが目覚めるんですよね…
これって、もしや伏線なの?σ(・´ω・`*)

一方、光海君は後金の密使に会いに行きー
「ハンの要請を受け入れよう。だが条件がある、後金に捕まった朝鮮軍の捕虜を引き渡せ。さすれば、私はハンを“皇帝”と呼ぼう。…その中には、必ず生きたホン校理がいなくてはならんぞ」と取引を求めてたけど…
果たして、どうなる~?(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


PREV ←  1 2 3 4 5 6 7 8 9  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*力の強い女ト・ボンスン*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]