忍者ブログ
「私の心が聞こえる?」全30話ネタバレレビューリスト
子を思う気持ちがあれば、血の繋がりなんて関係ないー。
そんなヨンギュ@チョン・ボソクssiの演技に泣けました。
こちらは日テレプラス版になりますが、良かったらご利用下さい~(〃´ω`)ゞ

☆「私の心が聞こえる?」全話ネタバレレビューリスト☆彡



 私の心が聞こえる? #1&2

 私の心が聞こえる? #3    私の心が聞こえる? #4

 私の心が聞こえる? #5    私の心が聞こえる? #6

 私の心が聞こえる? #7    私の心が聞こえる? #8

 私の心が聞こえる? #9    私の心が聞こえる? #10

 私の心が聞こえる? #11  私の心が聞こえる? #12

 私の心が聞こえる? #13  私の心が聞こえる? #14

 私の心が聞こえる? #15  私の心が聞こえる? #16

 私の心が聞こえる? #17  私の心が聞こえる? #18

 私の心が聞こえる? #19  私の心が聞こえる? #20

 私の心が聞こえる? #21  私の心が聞こえる? #22

 私の心が聞こえる? #23  私の心が聞こえる? #24

 私の心が聞こえる? #25  私の心が聞こえる? #26

 私の心が聞こえる? #27  私の心が聞こえる? #28

 私の心が聞こえる? #29  私の心が聞こえる? #30 最終回


 以上です~(*-∀・)人(・∀-*)



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]

PR

私の心が聞こえる? #30 最終回
☆評価☆8.8 (10点満点中、8.0以上がオススメ) ※総評は後ほど

やっぱ、最初から最後までヨンギュに泣かされちまったわ…(T^T)
それでは、最後のネタバレ全開です~(^^ゞ



やっぱドンジュの元にやって来たのはマルでしたね。
この後、ドンジュの元にグローブとボールを投げつけー
2人で楽しげにキャッチボールをしてましたね~(´ー`*)

この後、ドンジュはマルに会うよう、ヒョンスクを説得してたけど…
やはり会う勇気はなかったみたい(ヾノ・ω・`)

だけど翌日、マルが外に出たところにヒョンスクがいてー
「聞きたい事があるの。私とドンジュとあなたは、最後まで一緒だと…死ぬ時も連れてってくれと言ったわ。あなたが許してくれれば…今からでも、ジュナの母親として生きたい。今すぐじゃなくても、ジュナが今まで私の息子として生きる為に待った歳月と同じ位、私も待つわ。その代わり必ず私の所へ戻って来て。母さんが悪かった…ごめん…ごめんマル」と告げるんですけど…
それを聞いて泣いてるマルに、あっしもつられちゃいましたよ…。゚+(σ´д`。)+゚

ちなみにドンジュは、マルとヒョンスクを引き合わせる事が出来たからとー
一足先に韓国に戻ったみたいで…
手話教室にいるウリに会いに行ってましたね。

ここでウリは、先生にドンジュを紹介するんですけど…
実は先生もドンジュと同じく、耳が聞こえないらしくー
「お互い声は聞けないけれど、会えて光栄です」と歓迎されてましたね。

そして先生と生徒が気を利かせて、教室を出て行きー
ドンジュはウリに改めて「ただいま」の言葉を告げた後、抱き締めるんですよ(/∀`*)

この後、ウリはドンジュを連れて家に戻るんですけど…
ドンジュは、眠っていたスングムを寝室に運んだ後ー
そのまま帰っていくんですよね。

こん時、スングムは夢を見ていてー( ˘ω˘).。o()
前回は、シネの学費を払ってもらう為に、とか言ってたけど…
結局のところ、ヨンギュは両親に捨てられてしまったのね(´・д・`)
スングムは、ヨンギュをおぶりながらー
「どんな事をしても、朝昼晩のご飯を食べさせる。だから心配しないで眠って。子供を捨てて、何が母親と父親だ。これからはもう親に会いたがらないで」と宥めてた。

だけど目覚めた途端、ヨンギュを探し始めるんですよ。
てか目の前にいるのに…
スングムは、幼い姿のヨンギュしか覚えてないみたいで…(ヾノ・ω・`)

ここで「僕がポン・ヨンギュなのに。ご飯を沢山食べたから大きくなったのに…僕がご飯を沢山食べたから、こんなに大きくなって、ごめん。ウリ、僕はもうご飯を食べない。僕はご飯を食べずに縮む…」と泣きながらウリに訴えるヨンギュを見てー
あっしも胸が詰まっちまったわ…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

だけど、ここでスングムが「そんな事を言わないで。言われてみると、うちのヨンギュに似てますね。泣かなければヨンギュにそっくりです。だからもう泣かないで、たくさん食べて。もう2度と泣かないでね」と慰められー
ヨンギュは、スングムが自分の事に気づいてくれたと思ったのね…
ウリに「母さんが僕の事が分かるって♪」と嬉しそうに告げるのよ(*´ω`*)

そして後日…
ドンジュが手土産を持って、ウリ宅にやって来てたけど…
早速、スンチョルに外に連れ出されて絡まれちゃう。
だけどヨンギュが止めに来てー
ドンジュは「僕にとって、女はウリ1人です。だから結婚してもいいですか?」てな事を問うんですよね。
ヨンギュは、混乱しつつも「じゃあ結婚しなきゃ」と返してた(σ*´∀`)

この後、マルもやって来てー
ヨンギュの炊いたご飯を食べるシーンは、中々感慨深いものがありましたね。
ホント、やっとこさ~ここまでたどり着いたのね…ε-(´∀`*)

その後、マルがウリに「ウエディングドレスを買ってやる」てな事を告げてたけど…
結局、ドンジュは団らん会でウリにプロポーズ出来たのかしら?((・・*)

後日、ヨンギュがスングムを植物園に連れて来てたけど…
ここでスングムが「く○ったれ」とかお馴染みの言葉を発してたから、
てっきり記憶が戻ったのかと思ったけど、そうじゃなかったのね…(o´д`o)

この後、ヨンギュはスングムをおぶりながら、
「母さんだけに教えてあげる。ドンジュがウリだけが女だって言ってた。僕もミスクssiだけが女で…僕の考えだけど、ドンジュとウリは結婚するのかも。これは秘密だよ(・ω<)」と告げた後ー
歌を歌い始めるんですけど…
途中で、眠ってしまったスングムが落ちないようにとー
紐で手を結んであげるんですよね。

もちろん、ヨンギュに昔の記憶はないだろうけど…
結局、スングムにして貰った事と同じ事をしてあげてたというね。
このシーンにも、ジーンときちゃったんですけど…
でも実はスングムは寝てるんじゃなくて、亡くなってしまってたのよね…(*´・ω・)


その後、スングムの遺骨は木の下に埋められるんですけど…
ここでヨンギュが「皆が僕をバカだと言っても大丈夫だよ。母さんの息子、ヨンギュは最高だから。それに母さんも最高だよ。ずっと昔から僕は、僕のママより母さんが好きだった。ママが僕を捨てたけど、育ててくれてありがとう…ありがとうございます」と告げて、泣き崩れる姿に~
もう、あっしも涙腺全開でしたよ…・゚・(。>д<。)・゚・

そして後日…
ドンジュは、ウリにお手玉を渡しー
「13歳の時カエルを追いかけていて、9歳の美少女に会った。その美少女は、大事な宝物を無くしたと言ったから俺がその宝物と、美少女を救ってあげた。そしたらその美少女がお礼にと、大事な宝物を俺にくれたんだ。その日から愛してたみたい。名前も知らないその美少女を。16年間、その宝物を見る度に、その時を思い出した。俺には、その時聞いた曲が最後だったし、その時が世の中の音を聞いた最後の時間だけど、その記憶のお陰で辛い時を乗り越えられた。その子が心の声の聞き方を教えてくれたから。俺は自分の声を聞けなくても、お前の声は覚えてる。だからチャ・ドンジュ、そう呼んでくれる時が1番幸せだ。お前の声しか聞こえない」と告げた後ー
手話で“俺のそばにいてくれる?お前の声を聞く事が出来るように”と伝えるんですよ。


それを見て、ウリが嬉しそうに頷いたところで~(*゚▽゚)ノ
ドンジュは、指輪を差し出しー
「チャ・ドンジュと結婚して下さい」と改めてプロポーズをし、指輪をはめてあげるのよね~(人´∀`).☆.。.:*・゚

結局、マルは医者に戻ったのね。
座り込んでたハルモニを見て、スングムを思い出したのかー
おぶって受付まで連れて行ってあげてましたねd(*´Д`*)

そこにヒョンスクが来てたけど…
担当医いわく、
どうやらチェ・ジンチョルの手術後の経過が思わしくなく、再手術が必要だと。
しかも錯乱状態に陥ってる事から、判断力が鈍る可能性があるらしくー
息子に手術同意書にサインをしてもらいたいと…(*・д・)b

ここでマルは、チェ・ジンチョルが近づいてきてる事に気づいたのね…
「今日は帰りましょう。錯乱状態では会話も出来ません。後で連絡します」とヒョンスクを諭すんですよ。

しかしチェ・ジンチョルが病室に戻ったところに、ドンジュが来ていてー
「帰れ、2度と来るな」とぞんざいに帰そうとするんですよね。
だけどドンジュに「顔を見て話さないと聞こえません。俺もジュナヒョンも母さんも、あなたを許すのに時間が必要です。どうか手術をして下さい。自分の為ではなく、俺たちの為に生きて下さい。俺はじきに結婚します。また来ます」と告げられ…
チェ・ジンチョルは「俺が悪かった…ドンジュ」と泣き崩れてましたね。

その後…
スングムが眠る木の近くでー
ドンジュとヒョンスク、そしてウリたち家族でパーティーが開かれてましたけど…
ここでナ・ミスクがヨンギュにプロポーズしてましたね~
でもヨンギュに「一緒に暮らすのはダメです」と断られてたけど(*・ω・*)

それを見て、ドンジュがウリに「俺たちはいつ結婚するんだ?」と聞いてたけど…
ウリは「ここでする?」とノリノリに返すのよ~(σ´∀`)σ

更にミンスがやって来てー
スンチョルがシャンパンを開けるんですけど、突如雨が降ってきてー
だけど皆、何気に嬉しそうでしたね~\( ˆoˆ)/\(ˆoˆ )/

この後、ウリとドンジュとマルが、
「あなたがいてくれたから出来たのです。だから…傷つけても泣かせても、それでも…愛してます」とー
それぞれの心の呟きリレーを繋いだところで~三ノ゚∀゚)ノ*'``*:.。. .。.:*・゜゚
ここで、おわりです。

.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:* .*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:*


て事で、ようやく見終わる事が出来ました。
最初は、とにかく見る度に泣けてきちゃうしで~
10点満点間違いなしか?(*゚▽゚)ノと思ってたんですけど…

マルが復讐を始めてから、見るのが急に辛くなってきてしまって…(;´・ω・)
このドラマを完走した方々は、大半がマル派なのかもしれないんですけど…
正直なところ、私は最後までマルの気持ちには共感出来ませんでした。
「だから何でそうなるのよ?(ヾノ・ω・`)」とー
とにかく彼の行動にやきもきさせられて仕方なかったんですよ。

そもそも幼い頃から、ヨンギュの事をバカ呼ばわりしてたのも引っかかってたんですけど…
何より私は、マルがドンジュを負かす為に耳の事を攻めたのがどうしても許せなかった。
たとえ何があったとしても…
やっぱ人として、超えてはいけないラインがあると思うんですよ。
だからそこを攻めるマルは、フェアーじゃないと思いました。
ま、ヒョンスクを援護するつもりは毛頭ないけど…
でもヒョンスクを選んだのは、マル自身な訳でー
逆恨みするのは、ちょっと違うよな…と(ヾノ・ω・`)

でも考えようによっては、色々あったからこそマルもヨンギュたち家族の大切さに気づけた訳ですしね…
最後は家族の元に戻ってくれたので、これはこれでよかったのかな?(笑)

それに、どのキャストもホント演技達者でしたし~
モングン@イ・ソンミンssiも相変わらず、いい味出してましたよね♪

特に私の印象に残ったのは、
20話でヨンギュがスンチョルの店でマルを見つけて、
ドンジュに「1度でいいからマルを家に連れて来て下さい…」と泣きながら訴えてたシーンですね。
ここでヨンギュが一目見ただけでマルだと気づいた事にグッときましたし…
またマルが自分の事を恥ずかしがってる事も分かっているんだけどー
それでも家に連れてきてほしいと願うヨンギュの気持ちに泣けました…(T^T)

それと、24話でのドンジュがプール場でヒョンスクに「俺の耳が聞こえない辛さや本心を母さんは分かろうともしない」と切に訴えてたシーンですね。
こん時のキム・ジェウォンssiの演技には、本当に耳が聞こえてないんじゃないかと思ってしまうほど引き込まれました。

でも私が1番泣けて、感動したのはチョン・ボソクssiの演技だったという事を文字をにして書いておきますο(*´ω`)ノ*゚.



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[4回]


私の心が聞こえる? #29
やっとこさ~本物の家族になれましたね~ε-(´∀`*)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



てか~
いつの間にか、ドンジュが抱川工場に着いちまいましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、チェ会長が工場内にいる人物に「計画通りに進めろ」とか電話で指示しー
更には、アリバイ作りの為にシネを呼び出して、
「一緒にいろ」とか命じてたしで~(°д°|||

しかも~ドンジュが密室に閉じこめられて、
火を放たれちゃったんですけど~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

この直後、ウリとヨンギュが工場に到着するんですけど…
ヨンギュは、中に入ろうとするウリに「ダメだ、ここにいろ。アッパが行く。ミスクssiの時は、アッパがバカだから、助けられなかった。チャ・ドンジュssiは、必ず助ける。火事になったら大変だから、お前はここにいろ」と必死に説き伏せて、中に入って行くんですよ。

その直後、マルがやって来てー
ウリもついて行こうとするけど…
ドアの鍵をかけられてしまった為、中には入れませんでしたね…(ヾノ・ω・`)

この後、ヨンギュは必死にドンジュの居場所を捜すんですけど…
てか~
ミスクの時の全く同じ状況になってますやんか~(゚Д゚≡゚д゚)

そこにマルがやって来てー
必死にドンジュの閉じこめられてるドアを開けようと、奮闘する姿に泣けましたよ…(T^T)
だけど目に火が飛んできてー(゚Д゚≡゚д゚)

この甲斐あってか、ドンジュも何とか外に出てー
マルをおぶって外に出るんですけど…
出た途端、倒れ込んでしまうのよね…
もうこの辺は見てて、涙が止まりませんでしたよ…(つД<。

この後、ウリは家とヒョンスクにも電話をかけて、病院にきてほしいと告げますね。

しかしドンジュは、早くに意識が戻ったもののー
マルは角膜穿孔の可能性がある為、即手術をする事に(*´・ω・)

そしてヒョンスクは、ドンジュから「マルがこうなったのはチェ・ジンチョルの罠を知って、火の中を助けに来てくれた為だ」と説明を受けー
最初は「ジュナは私のせいであなたを憎んでいたのよ。そんな訳ない」なんて否定してたけど…(ヾノ・ω・`)
「チェ・ジンチョルがヒョンを装って俺を呼びだした。ヒョンは俺に電話をかけて知らせようとしたのに、俺が気づかなかったんだ」と告げられー
やっとこさ~信じてましたね。

この後、ドンジュはチェ会長の元に乗り込みー
胸ぐら掴んで、株主総会会場前に投げ出しますねヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ
そして「あんたは株主総会に出る資格はない。俺の父親だっただろ?なのに何故、息子を工場に閉じこめて殺そうとした?」と責め寄ってたけど…

てか「証拠はあるのか?」と虚勢を張るチェ会長が見苦しいったらありゃしねぇ~(`-д-;)

ここでドンジュは「証拠が必要か?チャン・ジュナが火の中から俺を助けようとして両目を怪我して病院にいるんだ!16年前、あんたは、俺のハラボジを殺した。あんたの罪を追及する為に16年間、大事に持ってた。俺を殺せば、隠せると思ったのか?」と言い放ちー
遺言書を投げつけるんですよ~”(*>ω<)o

「それは偽物だ!私を陥れようとしてるんだ!」と必死に訴えるチェ会長の元に、
今度は、シネがやって来てー
「チェ・ジンチョルがハラボジの呼吸器を外すのを私が見たわ。遺言書も、この人が破いたけど、私が拾って渡したの。私は悪い女よ。だけど子供を殺すアリバイ作りに加担はしない。昨日の火事を指示した事を隠す為に、私を呼んだのね?何故、そんな事をしたの?」と責めるんですよ。

更には、ウリに「私のママを返して!娘の目の前で苦しそうに涙を流して死んでいったママを生き返らせてよ!」と泣きながら責められー
さすがに観念してましたなε-(`・ω・´)

それと、この前に奴はイム室長に助けを求めてたけど…
これまた見事にシカトされてて笑っちまったわ(´・∀・`)

この後、ドンジュは車の中でウリに「少しだけ休んでいこう。お前も寝てないだろ?ヒョンが回復したら2人で旅行に行こう。誰もいない所へ行って何も考えずに1日中ずっと…」と告げてたけど…途中で眠ってしまいますね。
ウリも「そうしよう。必ず行こうね。チャ・ドンジュ、よくやった。私は、あなたが誇らしい。ママは戻って来ないけど…胸の中のもどかしさが消えたみたい。ママをあんな形で死なせて申し訳なく思ってた…」と呟きながら泣いちゃうのよね…。・(つд`。)・。

その頃、チェ会長は“現住建造物放火と殺人教唆容疑”で連行されてましたけど…
途中でヨンギュから怒りの頭突きを食らっちゃう(o≧ω≦)○))`ω゚)

「この無礼な奴を捕まえろっ!」と怒鳴るチェ・ジンチョルに、
ヨンギュは「僕はポン・ヨンギュです。無礼じゃなくてバカです。でもあなたがミスクssiを殺したのは知ってます。うちのマルを育て、医者にしてくれて感謝します。ミスクssiを殺したから、チェ・ジンチョルssiを嫌っていたけど、マルを育てた事は感謝してた。なのに工場に火をつけてマルを殺そうとするなんて…!お願いです、1度でいいからマルを助けて下さい!僕はバカで恥ずかしい父親だけど…何故、お金持ちのウギョンの社長がマルを殺すんですか?マルは、工場の火事で目が痛くて泣いてました。僕は心が痛いんです…ミスクssiが死んだときも、ここが痛かった…マルを殺さないで下さい…!」とー
モングンとの公言通り、復讐と感謝をした後に土下座して泣きながら訴えるんですよ。

もうここは、あっしも思い切り泣いちゃいましたよ…(T^T)

この後、ヒョンスクがマルに謝りに行ってたけど…
「もう騙されない!帰って下さい!」と追い返してしまうのよ。
ヒョンスクに完全に心を閉ざしてしまったマルが何だか痛々しくて…
見てられんかったわ…。゚+(σ´д`。)+゚

そして後日…
新聞記事によると、どうやらチェ・ジンチョルは脳出血で倒れたらしい。
ま、気持ちは分からんでもないが…
でもモングンも人の不幸を笑いすぎじゃね?(ヾノ・∀・`)

しかもスングムはマルが病院に運ばれてから、また記憶が無くなっちゃったみたいでー(;´д`)

あとウリはドンジュに呼ばれて、
「母さんを迎えに行こうと思ってる。行き先は見当がつくけど、簡単には戻らないかも。時間がかかりそうだけど、待っててくれる?」と告げられてたけど…
「アニ、ただ待つのはイヤなの。私も自分の夢を叶える」と返してましたね。

後日…
マルの目の包帯が取れるんですけど…
幸い、失明はしておらず、ウリたちの家に戻れる事に。


ここでウリに「目が赤いから目を閉じてて」と言われて、
マルが「皆に会いたかった…」と返すんですけど…
この言葉を聞くのに、えらい月日がかかりましたな(笑)

しかもマルてば、
帰りの車の中でヨンギュの肩に寄りかかって「寝たら起こして」な~んて、甘えてましたよ?(*´∀`)σ)д`*)

結局、マルを見てもスングムの記憶は戻らなかったけど…
でもシネとの会話によると、
スングムがヨンギュを預かったのは、シネを学校に通わせたかったからなのね(o・ω・))

後日…
マルは手話通訳センターに通ってるウリの様子を見に来てたけど…
これがウリの叶えたい夢だったのね~d(´∀`*)

それとドンジュとヒョンスクは、サイパンに来てたみたいでー
だけどヒョンスクは自責の念に駆られていて、かなり塞ぎ込んでるらしい。

この後、ドンジュは崖の上で耳を塞いで周りの音を聞こうとしてましたけど…
そこに誰かが訪ねて来てー(゚Д゚≡゚д゚)
もしや、マルかしら?(*「・ω・)
ここで、最終回につづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


私の心が聞こえる? #28
ついにマルが~(*゚▽゚)ノ
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



結局、カン理事はドンジュに協力する事にしたみたいね((・・*)
それとドンジュは、ヒョンスクから“結婚誓約書”を貰いー
「これでチェ・ジンチョルの罪を暴ける」と告げられてたけど…
そこには“30歳になったらドンジュにウギョンを返す”と書かれていてー

でもここでの話によると、
ヒョンスクは、テ会長がチェ・ジンチョルに結婚誓約書を書かせた事は知らなかったみたいね?
当時は、ドンジュと死ぬ事ばかり考えていてー
恐らく父の遺言書等、書類を見る余裕がなかったのね(*´・ω・)

翌日、ウリはドンジュ宅に牛乳を届けに来てー
部屋にいるか確かめてたけど…
でもドンジュはウリに気づいてたのに、出ていきませんでしたね(*´・ω・)

この後、ドンジュは牛乳を飲んで会社に出勤するんですけど…
ウリが牛乳パックの裏に書いてた“会いたくてたまらない”のメッセージには気づかずじまいで…
見てて、ちと切なくなっちまったわ(o´д`o)

しかも早速、マルに「お前の望みは、ウギョンの奪回か。チェ・ジンチョルの破滅か?」と問われるしで…ε=(・д・`*)
「知ってるだろ?両方だ」と返してたけど…

マルは「じゃあ、俺に感謝くらいしろ。1つは解決してやった。明日も、お前の出番はない。チェ・ジンチョルの解任も俺がやる。テ会長殺人の証人キム・シネも俺の手中にある。お前が復讐に捧げた16年を無駄にしてやる。俺の無駄な16年と同じように」と凄むのよ。
だけどドンジュは「おあいこだな。だけど悔しくないか?俺は悔しい、キャッチボールをしてた時の方が良かった」と返して、去っていくんですよね(*´・ω・)

でも、この言葉にめちゃ動揺してた事からー
やっぱマルも戻りたいと思ってるのよね?
なら、これ以上、復讐する意味はないと思うのだが…(ヾノ・ω・`)

この後、ドンジュはチェ会長を訪ねー
「あなたがハラボジを殺した事を暴露する前に自首して下さい。かつて父親だと信じていた最後の思いやりです」と自首を勧めてましたけど…щ(゚Д゚щ)
チェ会長は「自首は罪を犯した者がするものだ。仮に、お前のハラボジを殺したとしても公訴時効は過ぎた」と開き直ってきた(。-`ω´-)

ここでドンジュは、結婚誓約書を見せー
「こんな紙1枚の為に人殺しをしたのか?そんなにその座が欲しかったのか?もうわるあがきはやめて、その座から降りろ。罪を認めて、ここで終わらせろ」と警告するんですけど…
当然、奴が頷くはずはございやせん(ヾノ・ω・`)

その頃、マルは理事たちを呼び出しー
「ウギョンの最大の株主は、チャン・ジュナです。今回の私の目的はチェ会長を解任し、チャ・ドンジュを追放する事です。賛同する株主を集めて下さい」とか指示してましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

あとカン理事がドンジュを訪ねてましたけど、どうやらミンスに説得されたみたいでー
「申し訳なくて言葉がない」と謝罪した後で、
「俺は何をすればいい?」と問うんですよ。
ドンジュは「ハラボジの死の真相を明かし、ウギョンを昔の姿に戻して下さい」と頼みます。

結局、ウリはマルと一緒に暮らす事に決めたみたいでー
スングムたちを必死に説得して、明日家を見に行く事になるんですけど…
もうね~
夜中にマルの為にと、こっそりキムチを作ってたスングムの気持ちに泣けちゃいましたよ…。・(つд`。)・。

てか~めちゃ家広くないか?(゚Д゚≡゚д゚)

しかもウリもスングムも今の家の方が好きなはずなのに、
マルに気遣って「いい家を見つけたね~」なんて言っちゃって…
そんな無理して、新しい家に住む必要があるのかしらね?q(´・ω・`)p


この後、ウリたちはマルの家に行くんですけど…
毎回、マルと目が合うと隠れるヨンギュに、今回は「隠れないで」と声をかけるんですよ。
ちとマル変わったね…(*「・ω・)
チェ会長を見切ったからかしら?

何にしても、お米の場所も教えてたし~(*´Д`)σ
前回、破ったマルの絵も部屋に飾ってたし~(*゚▽゚)ノ

なのに、マルの気持ちをシネがぶち壊しちゃうのよ(ノд-`)
いくらチェ会長に殺人の共犯者だとか脅されてるからってー
ここでマルに救いを求めるなんて、ホントどうかしてますよ(´-д-)-3

結局、マルに「今日は帰って」と言われちゃって…
ヨンギュも、ご飯を炊けませんでしたね(*´・ω・)

てかスンチョルてば、
「耳の事は関係なく可哀想に思えた」だなんてー
いつの間にか、めちゃ“ドンジュラブ”になっちゃってますやんか?(´・∀・`)

それとマルがミンスに会う度、味方につけようと躍起になってるけど…
今回、ミンスに「私は、どうすればいい?チェ会長を解任させるべき?チャ・ドンジュに、ジュナssiの言う通りにしろと言われたの。自分が守護天使だとか言ってた。ジュナssiの味方になれと言われた」と告げられて、言葉を失ってましたね(*´・ω・)

この後、マルが自宅に戻ったところに、チェ会長が待っていてー
「頭に来たんだろ?寂しい気持ちは分かる。だが少しの辛抱で全部、お前のものになったのに、バカな方法を選んだな」とあざけるんですよ(*`д´)b

マルも「選ぶのが下手で、いつも失敗するんです。今回は後悔しないと思ったのに、このザマです」と自虐的に返してたけど…
更に、チェ会長に「怒りで忘れてるようだが、俺も出来る事はやった。テ・ヒョンスクに拘置所送りにされた時、俺の所に来たな?また助けが要るかもしれんぞ」と挑まれー
マルは「脅しても無駄です、お帰り下さい」と告げるんですけど…

ここでチェ会長は「ドンジュの半分も情がないのか?耳を聞こえなくした俺に一時でも俺が父親で良かったと言ったんだ。親はそんな子に全てをあげたくなる。お前が哀れだ。ドンジュがいる限り、結局奪われる。ウギョンの主はドンジュだと知ってるだろ?」とー
マルを煽ってくるんですよ(。-`ω´-)

でも、ここはマルも耐えるべきだったと思うのに~(ヾノ・ω・`)
「ドンジュがいなくなれば、僕がウギョンの主になりますよね?見てて下さい」と凄んで、部屋を出て行っちゃう。

何か怪しいとは思ってたけど…
やはりチェ会長は、この会話を録音してたみたいですぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、ドンジュがヒョンスクにアイスクリームを見せて、
「今日、大仕事を1つ終えた。自分へのプレゼントだ」と告げてたけど…
ヒョンスクは「どうしたの?いつものあなたと違う、無理しないで」と返すのよね。

その後の2人の楽しそうな会話を聞いてると、
あんだけぎくしゃくしてたのがホント嘘みたいでー(ヾノ・∀・`)
それにヒョンスクのあんな穏やかな表情を久々に見た気がしましたよ。

しかし、そこにマルから「抱川工場で会おう、話がある。誰にも言わずに1人で来い」と呼び出しの電話が入りー
ドンジュは「今、ソウルの家にいる。すぐ向かう」と返しますね。

でも電話をかけてたのは、チェ会長でしたよ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

しかも、この後マルが事務所にやって来てー
チェ会長は「ドンジュは明日、株主総会に来ない。お前の話を聞いて思った。俺は父親の役目を1度も果たしていないと。これで、もうウギョンはお前のものだ」と告げた後ー
ボイスレコーダーを聞かせるんですよ。
やはり今後の状況によっては、マルを共犯者に仕立て上げるつもりみたいですぞっ!(°д°|||

「ドンジュに何をした?ドンジュはどこだっ!」と激昂するマルに、
チェ会長は「お前に会いに抱川工場に行った。ドンジュがいる限り、お前はウギョンを得られず、俺のテ会長の殺人を隠し通せない」と宥めてたけど…
マルは「ドンジュに何かあれば、許さない!」と凄みー
急ぎ、抱川工場へ向かいます=3

いや~
しかし自分の身を守る為に、ここまでするか?
チェ会長…あんた、ホントに怖い男だわ…(°д°|||

一方、ドンジュはウリと電話で話をした後、抱川工場に向かってしまいます。
マルはドンジュに何度も電話をかけるけど…
着信に気づいて貰えずー(ヾノ・ω・`)
ウリに電話をかけて、急いで抱川工場へ向かうよう頼んでたけど…

ここでヨンギュがウリの電話を取り上げて、
マルに「工場はダメ。ウリもダメ。ミスクssiも工場に行って戻らなかった」と訴え始めた時にゃ~
「早くウリに電話を代わって~(;∀;)」と言いたくなっちまったけど…

ここでマルが「アッパ!ヽ(≧Д≦)ノ」と叫ぶんですよね~

いや~ここで、その言葉がきましたか~!(ノ゚∀゚)ノ
てかヨンギュも状況を把握出来ずに、しばし固まっちゃってましたね。

更に、マルは「今から俺が言う事をよく聞け。チャ・ドンジュを連れ戻せ。俺も向かってる。時間がない。アッパが助けて、お願い」と涙しながら訴えるんですよ(つД<。

ヨンギュは「分かった。アッパが行く、お前は来るな」と念を押し、急ぎ工場へ向かいます。

なのにドンジュてば~
マルが何度も電話をかけてるのに、早く気づかんかい~!Σヽ(゚∀゚; )
と、ツッコみたくなったところで~(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


私の心が聞こえる? #27
手厳しいかもしれんが…私は家族を捨てたと思ってますよ?( ¯•ω•¯ )
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



「会いたくないから会社をクビにするなんてひどいわ。チャ・ドンジュは、オッパと仲直りしようと…」と責めるウリに、
マルは「お断りだ。ドンジュと過ごした全ての時間がおぞましい。全部忘れたいよ」と言い退けちゃう。
ホント、何でそんな極端なのよ…(ノд-`)
ウリの言うように、
「バカなのはアッパじゃなくて(ヾノ・ω・`)、オッパですよ」

この後、マルはチェ会長に、テ会長の遺言状の存在を「16年間もテ・ヒョンスクに仕えてて知らなかったのか?2度も不意打ちを食らうとは…!」てな事を責められてたけど…
でも「理事たちを黙らせればいい」とか言い退けてましたぞ?ヽ(゚∀゚; )

しかも、またミンスにドンジュの考えを探らせようとしてたしで…ε=(・д・`*)
でもミンスは、ドンジュの為にスパイになる事に決めたみたいでー
この後、ドンジュとヒョンスクと合流してましたねd(*´Д`*)

その頃、マルはキム・ビたちを呼んで会議をしてたけど…
てか皆ドンジュの出したA案の方がいいと言ってるのに、
自分の出した「B案をキープして新しいものを考えて下さい」なんてー
ちと横暴過ぎないか?q(´・ω・`)p
お気の毒に…キム・ビも、ウリに嘆いちゃってましたよ(*´・ω・)

てか~
ナ・ミスクがヨンギュのストーカーと化しちゃってますよ?(´・∀・`)

しかし、そこにドンジュがやって来てー
「ケンカしたら仲直り出来ると思ったのに、ひどくなってます。このまま仲直り出来ないかも。言う事を聞いてくれません」と嘆いちゃう(´・д・`)

だけどヨンギュに「シネも言う事を聞かない。来るなと行っても来る。モングンたちは、シネが嫌いだって。オモニと僕も嫌いです。皆に嫌われてシネが可哀想。遊んでくれる友達もいません。僕にはモングンとチャ・ドンジュssiがいるのに」と言われて…
ドンジュは「僕には友達がいるけど、ヒョンには友達がいない」事に気づくんですよ。

その頃、チェ会長はドンジュ宅にいたヒョンスクを訪ねて来ていてー
「ドンジュの望みは、エナジーセルだ。ドンジュ名義にするから離婚しよう」と告げてたけど…
ヒョンスクは「そうね、その代わり来た時と同様、手ぶらで去ってね」と言い放つんですよ(y゚ロ゚)y

それと“結婚誓約書”の話が出てたけど…
どうやらテ会長は、チェ・ジンチョルに会社を乗っ取らせないよう、ヒョンスクとの間に子供を作らないように誓わせたみたいね(*´・ω・)
しかしヒョンスクも「だから父を殺したの?」とか~
シャレになれないツッコみしちゃってましたよ?(ヾノ・ω・`)

それにチェ会長にとっては、ドンジュもマルも大差はないらしい(ヾノ・ω・`)
てかマルの事を息子として認めてないんですな(´-д-)-3

そこにドンジュとヨンギュが帰って来るんですけど…
ドンジュは、ヒョンスクとチェ会長を見て、険しい表情になっちゃう。

更にマルまでやって来た為ー(゚Д゚≡゚д゚)
ドンジュはヨンギュを連れて、その場を立ち去ろうとするんですけど…
ヨンギュも「あの中にマルもいるし、チェ・ジンチョルもいます。チェ・ジンチョルに復讐して、お礼も言いたいんです」と引きやせん(ヾノ・ω・`)

その直後、マルとチェ会長が出て来てー
ここでマルがチェ会長の事を“アボジ”と呼んだもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
ヨンギュは、めちゃショックを受けちゃうのよ(T^T)

更に、そこにヒョンスクがやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「父親のポン・ヨンギュがここにいるのよ。16年前、私に懇願したでしょう?チェ・ジンチョルがあなたの継母を殺して、ポン・ヨンギュを投獄させるから助けてと。その大切な人の前で、よくチェ・ジンチョルを“アボジ”と呼べるわね?」と痛烈に皮肉るんですよ。

ここで「マルの目が泣きそうだから、やめて下さい。僕が悪いんです」と懇願するヨンギュに泣けたわ…(T^T)

なのに、なのに~o(*>д<)o″))
それをスルーして、チェ会長と去っちゃうなんて…
マル、あんたちょっとひどすぎるわ…。・(つд`。)・。

更に、この後ウリに「マルの携帯番号を教えなさいよ!」と執拗に詰め寄るシネに…
ホント、うんざりさせられたしで~(`-д-;)
それに自分の主張を強引に押しつけるとこなんかは、めちゃ似たもの親子ですやんか?q(´・ω・`)pと思っちまいやしたよ。

そこにヨンギュが戻って来てー
マルやドンジュに会った事を告げられて、ウリは即ドンジュの家を訪ねるんですよ。

だけど、その頃ドンジュはスンチョルの店を訪ねていてー
スンチョルも「お前の全てが嫌いだ」とかドンジュに絡んでたけど…
帰れとは言いませんでしたよ?(ヾノ・∀・`)

一方、マルはチェ会長と共に自宅に戻ってましたけど…
ウリは以前、マル宅に止まった時にヨンギュの絵を置いて帰ったのね。
そこには“アッパからのプレゼントよ、笑って。アッパは字が上手でしょ?”と書かれていてー
でもドンジュほど似てないかも?(笑)

てか~
チェ会長は、ドンジュに財産を渡さないようにとー
一時的にマルに譲るつもりらしいですぞ?ヾ(〃゚ω゚)ノ
しかも“チャン・ジュナがチェ・ジンチョルの実子だと公表した場合、譲渡された株を即返還する”てな事が書かれた株式放棄の念書まで準備する徹底ぶりで…(。-`ω´-)

それとドンジュは、スンチョルにウリを呼ぶなと頼んでいたけど…
結局、スンチョル母がウリを電話で呼び出しちゃったのよね((・・*)

でもドンジュとスンチョルは、ウリには気づかずー(ヾノ・∀・`)
互いに「ウリとは16年来の仲だ」なんて張り合っちゃってて…
ここで「いつ?どこで?何時何分に出会った?」と詰め寄るスンチョルに笑っちまったわ(´・∀・`)

この後、ウリはチキンを持ってマル宅を訪ねるんですけど…
てかマルてば、
ヨンギュの絵を冷蔵庫に貼って、微笑んでたのに…
ウリが見つけた途端、破るなんてー
後悔するなら、何でそんな事しちゃったのよ…(*´・ω・`)=3


そして翌日…
ドンジュは、理事長会議に出席しー
チェ会長の解任案について問いかけてましたけど…
しかし決着が着かずー(ヾノ・ω・`)
ドンジュが「この案件は株主総会にて、チェ会長の決定的な解任事由を明らかにします」と挑んだところで、会議は終了します(`・ω´・)ノ

この後、カン理事がドンジュを追いかけー
「暴くのはやめろ。チェ会長と和解する方が君の為だ」と説得してたけど…
ドンジュは「カン理事の為でしょう?ミンスと決めて下さい、もう嘘は許せません」と警告するんですよね。

一方、チェ会長はマルに「エナジーセルの仕事より株主たちを抱き込め」と指示してたけど…
マルは「もう終わったんです。お金は頂きます。会長の息子になろうとしたのに拒否された。もう未練はない」と言い退けるんですよ。
やはり、株式放棄の念書を書かされて心の糸が切れたんでしょうな。

だからって、何でドンジュに「どうする?遺産は俺がチェ・ジンチョルから奪った。ウギョンを取り戻すなら俺と戦うんだ」と挑むのさ?q(´・ω・`)p

その夜、ウリから“私は待ってるから全てが片づいたらご馳走してね”とメールが来てー
ドンジュは“週末に初デートしよう”と返信します。

そして週末ー
2人は車でデートするんですけど…
ドンジュは「もうチャン・ジュナは、俺が解決出来る限度を超えてしまったようだ。チェ・ジンチョルを追放して復讐を遂げたら、ヒョンに全部あげてもいいと思ってた。でも、それは偽りだった。ヒョンが最も望むものを除外してた。ポン・ウリ、お前の事だ。ヒョンを元に戻したいけど、俺がお前を手放せない。このケンカは終わらないかも」と胸の内を打ち明けるんですねd(*´Д`*)

ウリは「勝っても負けても慰めて欲しいんでしょ?」とおどけて返しー
ドンジュを遊園地に連れて行くんですね。
でも最初はウリがはしゃいでたはずなのに…
後に立場が逆転しちゃったのがちと可笑しかったですね~(*´・∀・)

この後、ドンジュは乗り物酔いしたウリをおぶるんですけど…
ウリは「あんたが凄く好き。だからマネしようとするみたい。実は私も聞こえないの、アニ…聞こえるけど、私が聞きたい言葉だけを聞いてたの。私を好きだという言葉、一緒にいるという言葉。オッパが私のせいで怒っているのを見て、知らないフリをしてた。でも最近、オッパが怖かったし、可哀想だと思った。何であんな風になったのかな?」と泣きながら嘆くんですよ。

もちろんドンジュには聞こえてないけど…(ヾノ・ω・`)
でもウリが泣いてる事には気づいてたのかー
突如、歌を歌い始めるんですよ。

この後、ウリはドンジュに「私のどこが好き?」と聞くんですけど…
ドンジュは「全部」と答えます。

ここでウリは「万能のチャ・ドンジュが全部だなんて…私はいい女なのね。じゃあ駆け引きする。私たち別れよう。オッパを慰めに行ったけど、常にあんたの事ばかり考えて、ちゃんと慰められなかった。もう1度慰めてくる、だから待っててくれる?マルオッパが苦しむのを見たくないの」と涙ながらに訴えるんですよ。

ドンジュは、ちと戸惑ってたけど…
「これは知っておけ。14歳のポン・マル家を出た日に俺の母を訪ねた。ポン・ヨンギュssiを助ける為だ。ヒョンはお前の家族を捨ててはいない。だからポン・マルの元へ行かせてやるよ。今回はきちんと慰めてやれ」と返しますね。

でも…
この後、ウリを見送ってた時のドンジュの寂しそうな顔を見る限りー
もうウリは戻って来ないかも…と思ったのかしら?(*´・ω・)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


1 2 3 4 5 6  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*番人*
*デュエル*
*テバク~運命の瞬間(とき)~*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*
*力の強い女 ト・ボンスン*
*LIAR GAME~ライアーゲーム*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*
*華政*
*ソロモンの偽証*
*トンネル*
*花郎*
*トッケビ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[10/20 NAE]
[10/19 はうん]
[09/29 NAE]
[09/20 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]