忍者ブログ
普通の恋愛 #4 最終回
☆評価8.0(10点満点中) 総評は後ほど



それでは、前置きなしに最後のネタバレ全開~ちと長いです(^^ゞ

「楽しかった?何も知らずに浮かれてる私を見て、楽しかった?」と皮肉るユネに、
「嬉しかったよ、凄く楽しくて。1日…1時間でもこうしていたかった」
と返すジェグァン。
だけどユネは「1日、1時間で何が変わるのよ?何の意味もないわ」
と言って、去って行くんよね(*´・ω・)

あの後、ジュピョンは警察に捕まってましたが…
ハルモニはユネを呼び出し、
「私のせいよ。私が引き止めなければ…」と自分を責めてましたが…
ユネは「ハルモニは悪くない」と慰めるんよね(*´・ω・)

そもそもジュピョンは、飲酒運転してたんですな。
でも免停になって仕事を失いたくないから、逃げ回るなんて…
どう考えても、人の命を優先すべきよね?(*´・Д・)

取り調べ後ー
シン女史がジュピョンに、恨み辛みを吐き捨ててましたけど…
ユネは土下座して謝罪するんよね(´・д・`)

だけどシン女史は「じゃあ、あんたが死ぬ?死んで父親を悲しませてくれる?」
と絡んでた。
まぁ、シン女史の気持ちも分からんでもないけど、
でもユネに絡んだところで、どうなるもんでもないけどねぇ…(ヾノ-д-)

しかもユネを追い掛けようとするジェグァンに、思い切りビンタをブチカマしてたし…
ジェグァンも、あなたの息子なんですよ?ヾ(〃゚ω゚)ノ

更に“バカ”扱いするシン女史に、
ジェグァンは「兄さんにも同じ事をするの?」と聞くんよね(*´・ω・)
だけど、シン女史は何も答えられず…(´-ω-`)

結局、ジェグァンはユネの元へ行き、
「何で謝った?何もしてないだろ!」と怒鳴ってましたが…
「じゃあ誰が謝るの?弱ったハルモニ?謝る資格のない父さん?」と聞き返すユネ。
ジェグァンは、言葉をかけたいのに、ユネに拒否られてしまうんよね(*´-ω-)

それでもユネについて行ってましたが…

しばらくしてユネは「言う事を聞かないのね?“笑わせるな”と思ってたわ。お父さんを
信じてたから。でももう私は殺人犯の娘なの。あなたとは、もう会えない。土下座しろと
言われればするし、必要なら許しを請う。そう生きていくしかない、だからもう帰って」
と告げるんよね(´・д・`)

だけどジェグァンは「帰らない、ここに君を置いて帰れない。あの日、あのまま帰って
7年間ずっと心配で、ずっと恥ずかしかった。だから、もう2度と1人では帰らない。
兄さんが逃げようとした相手はカン・モクスだったんだ。一緒に僕と逃げよう」
と譲らないんよね(o˘д˘)o



ここでユネは「逃げれば、お父さんの娘じゃなくなる?」と返し、
ジェグァンの手をふりほどいてしまいます。
く~っ、切ないわぁ…(T^T)

その後、ユネは教会に行き、1人で泣いてたんよね。
ユネも本当は、ジェグァンと一緒に行きたいけど…
それを罪だと思ってしまってるみたい(´-ω-`)

翌日、ユネは案内所へ辞表を出しに行く事に。

そしてシン女史は、ジェグァンに「あの家の娘がそんなにいいの?よりによって、何で
あの家の娘なのよ?」と絡んでましたけど…
この人は、自分だけが苦しんでると思ってるんかねぇ?(`-д-;)

ジェグァンは「1人しかいないから。独りの寂しさを知る唯一の人だから。突然世間から
遮断される気持ちは、僕たち2人にしか分からない」と返すんよね。

「どうして、あんたが?あんたが何故1人なのよ?」と問い返すシン女史に、
ジェグァンは「“兄さんじゃなくて僕だったらよかった”とシン女史が言ったんだ!あの日
から、僕は生きているのが申し訳なかった」と返すんですけど…

シン女史も、ここまで言われな分からんのかねぇ…(=-ω-)
そもそもジェグァンが“シン女史”と呼んでいたのは、ジェミンの葬式の時に
「兄さんと同じ声で“母さん”と呼ばないで」って言われたからなんですよ?ヾ(〃゚ω゚)ノ

その後、ユネはジュピョンを訪ねー
「“無実だ”と言ったわよね?なのに何で?殺そうと思った訳じゃないのよね?」
と問うてましたが…
「そうだ、死んだと思ったのに山で突然意識が戻って、父さんにしがみついてきたんだ。
ただでさえ慌ててるのに…」
と、あり得ない言い訳をし始めるジュピョン(*゚Д゚*)

そりゃ~ユネもツッコみますって。
「社長が給料をくれてたら酒を飲まなかったし、病院にだった連れて行こうとしたのに、
取締まりのせいで行けなかった」とか言われたら~(`・ω・)っ彡/ 

ごめんやけど、ジュピョンに同情の余地はないわ(*-ω-*)

ユネは「事故だと信じてたのに…理由はどうあれ、お父さんは生きてる人を殺した
殺人犯ね。これで私は本当に殺人犯の娘だわ」と言い退け、帰って行くんよね(*´・ω・)

その後、ユネはジェグァンに電話し、この事を話すんですが…
でもジェグァンは「分かってる。皆知ってる事だ」と返してた。
ジェグァンは、ユネにどこにいるのか聞いてたけど…
バックに流れていたアナウンスから、バスターミナルにいると察し、
ユネの元へ向かうんよね(*´Д`)σ

「分からないの、どこへ行けばいいのか。何も考えられない」と告げるユネに、
「今からでも、一緒に?」と問い返すジェグァン。
でもユネは、首を横に振りー
「ごめんなさい。私はあなたにちゃんと謝ってなかった」と言うんですが…
「誰にも謝る必要はないし、逃げる必要はない」と返すジェグァン。

と、そこへハルモニが倒れたと連絡が入りー
医師は、年齢的に手術は無理だと言うんよね。
ユネは、ずっとハルモニに謝ってましたけど…
ジェグァンも、言葉が掛けられないんよね(´・д・`)

で、またシン女史が来てたけど…
現場検証があるから、ジェグァンについてきてほしいと頼んでた。
更に「私が“お前だったら”と言ったと?そんな母親はいないわ。どちらかを手放すなら、
死んだ方がマシ。私が本当に頭にきてたのは、永遠に会えない兄さんじゃなくて、
生きてるのに背を向ける、お前。ずっと待ってたのに帰って来なかった。息子を死なせて
母親の面目もなかった。許してくれとも言えずに待ってた」と告げるんよね( `・ω・)

もっと早く、言ってくれてれば…
ジェグァンも、ここまで傷つかなかったのに(*´・ω・)

結局、ジェグァンはシン女史について行く事に。
その前にユネに「すぐ戻るから、待ってて」念押ししてましたけど…

しかし、あの現場検証は残酷でしたよね( ´・ω・`)
石を振り下ろすなんざ~言語道断。ジュピョンは完全に殺人犯です。
ジェグァンも、そりゃ~掴みかかりたくなりますって(*´・ω・)

同じ頃、ハルモニも他界してしまったんよねぇ…(´・д・`)

結局、ジェグァンはユネの元に戻る事が出来ずー
シン女史とソウルに帰って行っちゃうんよね(´-ω-`)

その後、葬儀場にデウンが来てー
「お前を連れて逃げる」と告げてましたけど…
ユネは「それも悪くないわね。でも考えてみたら私は逃げたかったんじゃなくて、あの人
と行きたかったのかも」と返すんよね。
更にデウンからジェグァンが現場検証で大暴れし、その後すぐソウルへ帰った事を聞きー
ユネは「よかった」と返してましたが…(*´・ω・)

その後、ジェグァンは荒れ果てた生活をー
一方、ユネは…
以前、ジェグァンから貰ったお釣りを眺めたり、触ったり…の繰り返し。
だけどジェグァンも、ユネが気になって仕方ないんよね(o´Д`)=з
たまたま自分が撮影した写真を眺めていた時、
ユネに「後ろ姿ばかり撮るんですね」と言われた事を思い出し、会いに行くんよね。

その後、ユネの家に入りー
お互い、たわいのない話をしてる中…
ユネが「どうして、ここへ?」と切り出します。
「分かってるだろ?会いたかったから。ごめん、ハルモニにも…謝ってるんだから、僕を
見てよ」と訴えるジェグァン(´・ω・)
だけどユネは「早く食べないと伸びるわ」と話を逸らすんよね。

ここで「お父さんの罪が何故重いと思う?許せるのは兄さんだけなのに、この世にもう
いない。だから重罪なんだ。じゃあ、君を許すのは誰?分からないだろ?君に罪はない
からだ。だから僕に対して怒るべきだ。すぐ戻ると言ったのに逃げて、今更会いに来た。
僕が謝って、君に許して貰うべきなんだ。君は誰かの娘である前に1人の人間なんだ。
僕が会いたくて仕方なかった女性なんだよ」
と、またまたさり気に告白しちゃうジェグァン(*´Д`)σ

だけどユネは、何も返さなかったんよね…(*´・ω・)

でも、その後…
ユネが座り寝して、ジェグァンは布団で寝てたのには、ちと笑えたな~ヾ(´∀`*)
普通、逆やんね?
ユネは、ジェグァンの寝顔を愛おしそうに見つめてましたけど…
どうやらタヌキ寝入りだったらしくー
ジェグァンに「一緒にあそこに行かない?」と誘ってたd(*´Д`*)

そして例の湖に到着した時、
ジェグァンは「後ろ姿ばかり撮ってた理由は見ないようにしてたんだ。でも実はいつも
振り返ってた。背中を向けて去った人を引き止めたかった。だから君を追い掛けて来た。
僕と恋愛しない?」と、再告白してましたが…(*・ω・*)

ユネは断るんよね(´・д・`)

「じゃあ時が過ぎて、遠い日の事のように感じられたら、僕とつき合う?」
とめげずに告白するジェグァンo(・`д´・ 。)

これも、ユネは断るんよねぇ…(´-ω-)
しかも「タイプじゃないの。優柔不断で無責任な人」とカマしてた(;´д`)

ジェグァンも負けじと「色白な女性は僕もタイプじゃない」と返してたけど…

2人とも素直じゃないなぁ~ε=(・д・`*)

「本当に僕を振るの?恋愛だと思ったのに…」と落ち込むジェグァンに、
「私たち恋愛してたわ。今、私が振ったけど」と返すユネ。



ホントに、これで終わりなんですな?(・・*)

最後は、お互いの道を歩いていく~的な映像が出て、ジ・エンド。




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・


そっか、そういう終わり方しちゃうんやねーσ(・ε・〃)
2人にはハッピーエンドになって欲しかったので、
正直、拍子抜け感は否めませんでしたが…(*´・ω・)
あの状況では、致し方なかったのかもしれません。

このドラマを見ながら、“普通”という事がこんなに難しく、
そして、実はこんなに有り難い事なんだなぁ~と改めて思ったり…
色々と考えさせられました。

でも、アッパ@ジュピョンは…ありぁ~論外です(ヾノ・∀・`)

あと不器用なジェグァン@ヨン・ウジンssiが、中々よかったので~
他の作品も、ぜひ見てみたいです~d(d´∀`*)

ま、今回ドラマというよりは、映画を見てるような感じでしたけど、
たまには、こういう短編を見るのもいいかも~ですな。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[3回]

PR

普通の恋愛 #3
いや~何だか知らぬ間にヨン・ウジンssiオチしちゃってるかも~な私(*・ω・*)
正直、オジャッキョ(途中リタイア)の時の彼のキャラは苦手だったんですが…
今回は、めちゃいい感じなんですよね~d(´∀`*)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



「騙してたのか?ずっと会ってたのか?」と問うジェグァンに、
「違うと言ったら信じる?」と問い返すユネ(*´・ω・)
更にジェグァンは「父親を信じるんだろ?僕も信じたくなったんだ」と訴えますが…
ユネは「信じたい気持ちだけじゃ意味がないのよ」と諦め口調で返し、去って行きます。

あとジュピョンですけど…
事件から2年位、経った頃にハルモニに連絡して来たみたいで…
それ以降、毎年顔を見て、通り過ぎるだけの再会を果たして来たけど、
ハルモニは、どうしてもユネと会わせてあげたかったらしいんよね( `・ω・)

翌日、ジェグァンはギョンジャのカフェを訪ねるんよね。
ギョンジャいわく、2人は愛し合っていたらしいのですが…
シン女史に反対され、一緒に逃げるつもりだったと。
だけど当日、待ち合わせ場所の駅に行く途中ー
ジェミンは、交通事故に遭ってしまったらしい(´-ω-`)

この話を聞いて、ジェグァンは動揺しまくりでしたよね。
あとスティックについては「彼が弟にあげると言っていたから、捨てられなくて
持っていたの。車の中に置いていたのは、昔話をせずにただ渡したかったの」
と話すギョンジャ。
そして青いジャンパーの男については、ただの知り合いだと言うんよね…(*「・ω・)

その後、ジェグァンは警察にスティックを取りに行くんですが…
ここで青いジャンパーの男が“カン・モクス”=工房の芸術家だと分かります。

でも帰りに、ジェグァンはデウンに絡まれてしまうんよね(´-ω-)
しかも写真に写っていたキーの持ち主が、カン・モクスだと分かりー
ジェグァンは、また愕然としてましたが…(;゚Д゚)!

その頃、ジュピョンがユネの元に電話をかけてきており…
ユネは「昨日のあのバス停に来て。今から行く。来るまで待ってるから」
と必死に訴えるも、無言のまま切られてしまいます(´・д・`)
だけどユネは、バス停に向かう事に。

そこにジェグァンがやって来て…全州に工房はどれ位あるのか?と聞かれるんよね。
ユネは「案内状に行けばリストがあるわ」と返し、会話を終わらせようとするのですが…
だけどジェグァンが「お願いしても?カン・モクスという男が事件に関係あるみたいで」
と食い下がって来てー
流れで、ジェグァンがバス停まで送る事になったよう。

とにかくユネは、ジュピョンに会って本当に無実なのかどうか、確かめたいんよね。
ジェグァンは「その逆なら?自首を勧めてくれよ」と返してましたが…

だけど、待てどもジュピョンは来ずー
ジェグァンは「もう帰ろう。来るなら、とっくに来てるはずだろ」と声を掛けるんよね。
だけどユネは「必ず来るわ」と譲らない。
「来ないよ、君のお父さんじゃないと信じたい気持ちは分かる」と言うジェグァンに、
「何故、あなたが?」と絡むユネ(´・д・`)
ジェグァンは「同じだから!僕も君のお父さんが犯人じゃ困るんだ!」と訴えるんよね。
(´-ω-`)

結局、ジェグァンに促され、ユネは帰る事に。
でも…実はジュピョンは来てたんよね(´・ω・)
もし、ジェグァンがいなかったら…姿を見せてたかもしれませんな。

帰りの車内で、
ユネはジェグァンに「違う、父さんじゃない。でも真実を明らかにする方法もない」
と胸の内を話してましたけど…
ジェグァンは「あるかもしれない。カン・モクスとキーホルダーが気になる。
何故あの男が持っているのか?一緒に行く?」と誘うんよね((。´д`)o

そして2人は、コンジ山にある“カンさんの工房”のオーナーカン・サンフンを訪ねる事に…
ここでジェグァンは、ユネにジェミンとギョンジャが愛し合ってた事を話してた。

その後、工房に到着するも誰もおらずー
ジェグァンは、鍵が開いてるのを見て、不法侵入するんよね(°д°|||
そこで枯れた黄色い花束と、キーホルダーを見つけー
更に、あの写真は…(゚Д゚≡゚д゚)

しかし、そこにモクスが戻って来てしまいー ユネとジェグァンは急いで隠れる事に…
だけどモクスは、また外に出て行くんよね。
ジェグァンとユネは、急いで車に乗り、逃げて行くんですが…
モクスにしっかり見られちゃってましたな(´-ω-`)

しばらく車を走らせた後、ジェグァンは車を停めー
「妻が他の男と逃げようとしたら…しかもその男が自分の友達ならどんな気持ちだろう?
殺すかもしれないよな?カフェのオーナーとカン・モクスは夫婦だったみたい。
そして兄さんとは友達だったようだ」と言い、ユネに写真を見せるんよね(´・ω・)

この時点では、ジェグァンはモクスがジェミンを殺したと思ってたんよね。

しかも刑事の話によると、カン・モクス=本名カン・サンフンとギョンジャは夫婦だった
けど、2005年3月に離婚しているらしくー
そしてジェミン殺人事件は、2005年2月に起こったと。
でもジュピョンが、ジェミンを山に運んだのは、確からしいんですが…
「トドメを刺したのは、別の人間かも」てな事を言ってましたよね。

そこへジェグァンがキーホルダーを持って、駆け込んで来るんよね。
てか、不法侵入したのバレバレですやんか~(-∀-`; )
しかも、シン女史も「署長に会わせて」と足繁く通ってたらしい(*-ω-*)

この後、またジェグァンはシン女史に絡まれてましたけど…
だけど、別にジュピョンが犯人じゃなくてもいいやんね?d(゚Д゚*)
なのに、何で“犯人が他にいたら何もかもやり直し”てな事を言うんよ?(o´Д`)=з

その後、警察はモクスの工房を訪ねてましたが…

そしてジェグァンは、ユネを家に送りながら、
「もし、お父さんが犯人じゃなかったら、何がしたい?僕は君と恋愛がしたい。
普通の人たちがするような平凡な恋愛が。だからお父さんが犯人だとか違うとか、
そんな考えは今は止めよう。とにかく、明日も会えるかな」
と、どさくさ紛れの告白をしてましたな(ノ∀`*)

もう…シン女史怖すぎ~(。´>д<)っ彡
ギョンジャのカフェを訪ね、ビンタぶちかましてましたよ~(°д°|||

しかも、あの後モクスに逮捕状が出たんですが…即釈放されてしまうんよね(´-ω-`)

ジェグァンは、モクスを工房まで追っ掛けー
「逮捕状が出たのに、どうなってるんですか?」と問い詰めてた(y゚ロ゚)y
どうやら例のキーホルダーは、ジェミンとモクスがお揃いで持っていたらしい。
しかも一緒に逃げるつもりだったのは、ジェミンとモクスだったんですな。
なるほど、そういう事か…σ(・ε・〃)

しかもあのシーンをみる限り…車を運転してたのはジュピョンでしたよね?(゚Д゚≡゚д゚)

あとギョンジャは、2人の恋愛を止める為、シン女史を訪ねたもののー
その時は無視されたらしい。
だけどジェミンが亡くなり、今度はシン女史がギョンジャを訪ねて来てー
その時、“他人にこの話をしたら、あなたの目の前で私も死ぬ”
と脅されたらしいんよね(*-ω-*)
だからギョンジャは、ジェグァンに話せなかったんですな。

その後、モクスはジェグァンに謝ってましたけどねぇ…( `・ω・)

だからシン女史は、犯人はジュピョンでないと困ると主張してたんやね。
結局、シン女史はジェミンの肩書きだけしか愛してなかった。
だから男を愛するジェミンを受け入れる事は出来なかったんよね(´-ω-`)

ジェグァンはホテルに戻り、
シン女史に「兄さんはきっと息苦しかったはずさ。もっと幸せに生きられたのに!1位を
望まなければ、もっと遊びながら暮らせたし、恋愛だって知らないふりをしてあげれば、
逃げようとも思わなかったはず」と訴えてましたけど…

シン女史は「だから私は地獄なのよ!あの子はきっと、あの世で私を恨んでいるわ。
でも違う、私のせいじゃない!殺した奴がいるのに!全部キム・ジュピョンのせいよ!」
と怒鳴り返しー

ジェグァンは思わず、ホテルを飛び出してしまいます(・д・`;)

その後、ジェグァンはユネとの待ち合わせ場所にかなり遅れて、行ってましたけど…
ユネは、ちとスネてたんよね。
だけどジェグァンは、強引にユネの手を引き、バスに乗せてた(*´▽`)ノノ

でも、ジェグァンは行き先を決めてなかったようで…
「どこに行くの?」
「どこに行きたい?」
と何度か掛け合いをした後ー

「そうだな、食事して映画を見て、お茶を飲んで普通の事をしよう」と告げるんですが…
それを聞いて、ハニかむユネが可愛かったな~(*´Д`)σ

ホントに、この2人って何気ない会話さえも初々しく見えるし、
凄く微笑ましいなぁ~と思える(v´∀`)ハ(´∀`v)
前も書いたけど、とにかく凄くお似合いなんよね~(*´∀`)b
あと余談ですが、あっしはジェグァンの着ているモノトーン調の服装が、めちゃ好きです。



その後、ジェグァンが映画館のプリクラ前で、2人で写真を撮ろうとせがんでましたけど…
ユネは「本当にお父さんが犯人じゃなかったら、その時に」と言い、撮影を拒むんよね。

だけど、この後ジェグァンが言うんですよ。
「一緒じゃなくていいから。せっかくいいモデルがいるのに。
綺麗だから、残しておきたいほど綺麗だから」と~
あっしは、このセリフを聞いて、マジで心を鷲掴みにされちまいやしたよ~(*>ω<*)σ)Д`*)



結局、ユネ1人で撮る事になったみたいですけどね~d(・∀・*)

しかし、そこへジュピョンから電話が入るんよね。
ジェグァンは「出ちゃダメだ」と止めてましたが…
ユネは「お父さんからかも」と言って、出ちゃうんよね(*´・ω・)

ここで「ハルモニは大丈夫なのか?墓参りにも来なかったし、電話にも出ないから、
気になって」とジュピョンに問われ、
ユネは「1つだけ聞きたいの。お父さんじゃないよね?そうよね?私は信じてるから」
と問いかけてましたが…
だけど「済まない…」と涙なからに言われ、切られてしまうんよね。

その後、ハルモニとジュピョンが再会してましたが…

そしてユネは、ジェグァンに何度も、
「お父さんが“すまない”と言うの…どういう事なの?」と訴えてましたけど…
ここでジェグァンの哀れむ目を見て、
ユネはジェグァンが事実を知ってた事を察して、責め口調で問い詰めるんですが…

結局、犯人がジュピョンてのは、覆らないんでしょうかね?
2人にはハッピーエンドになって貰いたいんですけど…
次回、最終回です。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


普通の恋愛 #2
最初ジェグァンは、ジェミンを殺害した犯人に復讐する為、ユネに接触してきたのかと
思ってましたが…どうやらそうではなかったらしい。
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



ジェグァンに、ジュピョンがどこにいるか問い詰められるもー
「知らないんです」と言い、去ってくユネ。
ジェグァンは、それ以上追っ掛ける事は出来なかったんよね(*´・ω・)

翌日、ジェグァンはデウンの会社に車を取りに行きー
そこでユネの様子を聞いてましたが…
どうもジェグァンも、ユネの事が気になってるみたいなんよねd(*´Д`*)

その頃、ユネは案内所に出勤しておりー
そこで係長に「クビにしたのに何故来たんだ?」
てな感じで責められてましたが…(´・д・`)
そこにジェグァンが訪ねて来るんよね。

結局、ジェグァンはウネが気になり、ソウル帰りを1日延ばすとシン女史=母に電話して
戻ってきたよう( `・ω・)

でもユネは「まだ見たいものが?どこまで見るんですか?」
とジェグァンを皮肉るんよね(´・ω・)
ジェグァンは何も返せず、ユネの後ろをずっとついて行ってましたが…

だけど家に着いた途端、
ユネは「父を捜してるんでしょ?中に入って下さい。見て下さい!コソコソと見られる
よりマシだわ」と強く訴えるんよね(´-ω-`)
結局、言われるがままに家の中に入るジェグァン。

その後、2人は口論になってましたけど…
ジェグァンは「申し訳なく思ってるんだ。偶然だったけど騙したみたいで…」
と弁解するんよね。
ここでユネは「父は殺人犯じゃない!」てな事を訴えてましたが…
ジェグァンは「誰が犯人だろうと関係ない。早く捕まって、母が安心すればいいんだ」
と返してた。

しかも、ここでフタの開かないお茶をお互い奪い合った挙げ句、落としてしまい、
ジェグァンの靴下やらがびしょぬれにー(・д・`;)
と、そこにハルモニが帰ってきてー
何も知らないハルモニは、ジェグァンを必死にもてなそうとするんですが…
ジェグァンは、気まずくなって家を出るんよね(*´・ω・)

そこでまたユネは、ジェグァンに皮肉をカマしてましたけど…
でも~これって、どっちの立場の方が辛いんでしょうね?(*´Д`)σ

あと、ジェグァンが車の修理に行った際ー
オイル交換をせずに帰った社長=青いジャンパー男が、ジェグァンにドラムスティックを
渡すよう、従業員に言付けてたようですが…
もしや、彼はジェミンの友達だったんでしょうかね?σ(・ε・〃)

ジェグァンは、社長に真相を確かめようとしますが、車のナンバーと色しか分からず…
結局、当て逃げ事件の被害者になりすまし、警察に調べてもらう事にするんよねσ(゚∀゚)

だけど、その後シン女史もジュピョンを捜しにやって来てしまいー
ジェグァンは、ユネたちに気づかれないよう、隠れてたけど…完全にバレてましたよね。
(-∀-)

あと、ジェグァンは常にジェミンと比較され続けてきたらしいんよね(´-ω-`)
シン女史は、ドラムに夢中なジェグァンがお気に召さなかったんだろうけど…
でも「よりによって、あなたが残るなんて…」
とか子供に対して、それは言ったらあかんやん~(o´Д`)=з

その夜、ジェグァンはユネを電話で呼び出すんですが…
「何故ここに?興信所の人も、3年以上来てないのに」と問うユネに、
「情報が入ったんだ。君のお父さんが家に戻って堂々と暮らしていると。
シン女史に言われて、仕方なく確認しにきた」と返すジェグァン。

しかし、これは表向きの理由のようで…本音は“秘密”らしい(*´∀`)b

だけどユネは「お母さんはいつ来たの?もう用は済みましたよね?」とぞんざいに告げ、
その場を去って行くんよね(*´・ω・)

その後、まもなくジェグァンの元に警察から連絡が入るもー
車の所有主は、ギョンジャという女性だったんですよね。
でもジェグァンは、その車内に事件現場に置かれていた花と同じものを見てー
ギョンジャの経営するカフェを訪ねるんよね((。´д`)o

そして、そこで貼られていた写真を見て、ユネを呼び出すんですが…

その写真には“2005年3月”と書かれたキーホルダーとケーキが写ってましたけど…
どうやらジェミンのらしいんよねd(*´Д`*)

ジェグァンはユネに、これまでの経緯を話しー
「君のお父さんの話では、犯人は他にいるはず。他に隠してる事はありませんか?」
と聞いてましたけど…
ユネには、特に心当たりはなくー

しかも、2005年3月ってのは…ジェミンが亡くなって、1ヶ月後の日にちなんだとか(・・*)

「これから、どうするの?」と問うユネに、
ジェグァンは「警察にドラムスティックと写真を持って行く」
と、ちと嬉しそうに返してましたよね。
多分、ジュピョンが犯人でない可能性が出てきたから…でしょうかねd(´ω`*)

そして2人で警察に行った後ー
ジェグァンは、ウネを家まで送ろうとしますが、外にはシン女史が(°д°|||
「これを車に?あんたって子は、一体どこまで…昔からそうだったわ。ダメだという事
ばかりやって。兄さんとは何もかも反対…」
などと説教を延々とし始め…(`-д-;)

しかも、ジュピョンの悪態までつきまくり~で、
ユネは居たたまれなくなって帰っちゃうんよね(*´・ω・)

こんなオカン、嫌~(*´・Д・)

「こうだから家に帰りたくないんだ。だから外国に逃げた。もう忘れて普通に生きよう。
何も変わらないだろ?全て終わったんだよ!7年前、兄さんが死んだ時に!もう受け入れ
なきゃ」と訴えるジェグァンでしたが…

シン女史には、効果が全くなかったようー

その後、ジェグァンはユネに電話をかけるんですが…ユネは出ません(´-ω-`)
だけどジェグァンには、ユネの居場所が分かってたようで…

どうやらユネは、事件当初、この湖に飛び込んだらしい。
ジェグァンは、警察でユネを顔を見た時、心配になってついて行ってたんですな(*´Д`)σ

「本当は助けたかったけど…何故か助けちゃいけない気がして帰った。あれから、ずっと
気になってたんだ。君が生きてるのか、死んだのか。だから来たんだ」
と話すジェグァン。

「会って、どうでした?」と問うユネに、
「会って、本当によかった」とはにかみながら返すジェグァン(*・ω・*)

ここでジェグァンは、シン女史の暴言についても謝るんよね。
だけどユネは「当然ですよ。たった1人の息子が私といたら…“兄さんの分まで”どころか」
と言葉を濁しながら、同調するんよね( `・ω・)

てか、“兄さんの分まで”って言葉自体、重すぎるよね(*´・ω・)
そんな身代わりしろって言われても…違う人間なんだから出来ませんって(*-ω-*)

その後、署にギョンジャが来てましたけど…
どうも彼女は、何か隠してる気がしてならんのよね~(*・д・)b
だけどジェグァンは、刑事に「ジュピョンが犯人だ」
てな事を言われてしまうんよね(´-ω-`)

その頃、ユネはハルモニに急かされ、1人でお墓参りに行くよう言われてましたが…
そこにジェグァンから電話が入りー
「今から少し会えませんか?」と言われるも…「疲れてるから」と断るんよね(´・_・`)

てか、ジェグァンはウネがバスに乗るのをしかと見てましたよ~ヾ(〃゚ω゚)ノ

で、予想通り?ジュピョンが、ユネの顔を見に来てたんよね。
しかも、それを見てしまったジェグァンはー(;゚Д゚)!
「カフェの人じゃなかった。さっきのバスの話を警察にして調べて貰う。あとは捕まえる
だけだ!」と言い放ち、ユネを車から降ろしてましたが…

てか~、犯人はジュピョンじゃないんでしょ~?q(´・ω・`)p

結局、ジェグァンはユネの元に戻って来てー
「誰が犯人でも、関係なかった。背を向けるな。後ろを向かないでくれ」
と、もう完全にユネに惚れちゃってますや~ん!ヾ(´∀`*)な言葉を告げるんよね。
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


普通の恋愛 #1
みどころ:殺人容疑者の娘と殺人被害者の弟、普通の恋愛をしたくても出来なかった
男女を描いたラブストーリー

キャスト:ユ・ダイン(キム・ウネ=殺人事件容疑者の娘)、
ヨン・ウジン(ハン・ジェグァン=殺人被害者の弟)、
キム・ミギョン(シン女史=ジェグァンの母)、イ・ジュシル(ユネの祖母)、
イ・ソンミン(キム=ジュピョン=ユネの父、殺人容疑者)、
チェ・ミンソン(クォン・デウン)、ソン・ミンジ(チュ・サンア)、
シン・ドンミ(ギョンジャ)、キム・ヨンジェ(カン・モクス)、
クォン・セイン(ハン・ジェミン=ジェグァンの亡き兄) ほか


見るからに切なさ満載っぽい、このドラマ。
実は、今年の3月くらいに録画したものなんですが…ずっと見たいと思いつつー
今に至ってしまいました~(*´▽`)ノノ
以降、緩いネタバレ含む感想文となってます~(^^ゞ



ユネの父ジュピョンは、殺人容疑で指名手配されているようなんですが…
どうやら行方不明状態になっているよう。

ま、全4話って事で、2人は既に出会っちゃってる訳で…σ(゚∀゚)
ジェグァンが旅行会社でガイドをしているウネをたまたま写真に撮ったー
みたいな形になってますけど、実は、彼には別の目的があったんよね(´・ω・)

ジェグァンは、強引にユネに明日も観光案内をしてほしいと頼んでましたけど…
にしても、この2人お似合いだなぁと思う(*・ω・*)

バックにOSTは、あまり流れてないんですけど、
この2人の空気感が、何だか凄くいい感じなんですよねーd(*´Д`*)
そしてセリフも少ない為、かなり表現力が求められるところなんですけど…
その辺も、上手く演じていらっしゃるなぁ~と思いました(*´∀`)b

で、ジェグァンはユネがジュピョンの娘だって事を分かってるんよね。
彼女の事を気になるって言ってたけど…
本当の目的は、ジュピョンを捜し出す事みたい(*´・ω・)

その夜ー
ジェグァンは、誰かに電話した後、ユネ宅を訪問するんよね。
そして、たまたま外に出てきたユネとバッタリ会いー
ハルモニまで出てきて、家にお邪魔する事になるんですが…

ジェグァンは隙をみて、ジュピョンの手掛かりを探そうとします。
だけど見つけたのは、昔撮ったらしい家族写真のみだったんよね。

ユネは、まさかジェグァンが被害者の息子だとは思ってませんよね。
それどころか、ジェグァンの事が気になり始めてしまったようで…(´・д・`)

翌日、ジェグァンは、サンアと会ってましたけど…
だけどここでの会話を聞いてた限りでは、ジェグァンはユネを訪ねるのを止める気で
いたんでしょうかね?
結局、道でバッタリあってしまって、仕切り直しな感じでユネを訪ねてましてたけど…
σ(・ε・〃)

でも…ジュピョンは、現時点ではあくまでも、殺人“容疑”であって、
まだ確定じゃないんですよね?(*´・ω・)
なのに、クビとか言われても…
会社の人間からすると、やっぱあんな冷たい対応になっちゃうんでしょうかね(´-ω-`)
ユネは、まだ契約期間が残ってると主張してましたが…

その後、ジェグァンにコンジ山に行きたいと言われて、ユネは激しく動揺してましたが…
多分、ジュピョンはここで事件を起こしたんでしょうね(*・д・)b

それでも、仕事だからとついて行ったユネですが…
ある木の下に花束が置かれているのを見てー
ユネは、そこにいるのが辛くなって、後ずさりしてしまいます(´・д・`)

よろめくユネを気遣うジェグァン。

その帰り、ユネはジェグァンに結婚式に出た事はあるか問いー、
自分自身は、一生人の結婚式には出ないと言ってたけど…
何で、いきなりこういう質問をしたのか?が、よく分からんかったわ(・・*)

しかも、明日ソウルに帰るというジェグァンに、
「それなら、私と寝ませんか?」と誘うユネ。
ジェグァンは、その言葉に動揺して、ガードレールに車をぶつけてしまうんよね(*´・ω・)

そしてロードサービスを待つ事になるのですが…やっぱ気まずくて~
ジェグァンは、ユネにカメラで撮った写真を見せ、自分は外に出るんよね。

ここでユネは、ジェグァンが後ろ姿の写真しか撮ってない事に気づき、
理由を問うてましたが…
ジェグァンは「何となく、忘れられなくて」と言葉を濁した後ー
「何故、僕と寝ようと?」と問い返すんよね。
「明日帰るから。知らない人だから、私が誰なのか」と返すユネ。

その言葉にジェグァンは、何も言えなくなるんよね(´-ω-`)

更に「どうして私の事は正面から撮ったんですか?案内中は撮らないし…それに、
うちの住所は誰から?」と問うユネ。

だけど、そこにロードサービスが到着してしまいー 答えは聞けずじまい。
てか、デウンがやって来たんやねー( `・ω・)

デウンは、どうもユネの事が好きみたいでー(*´Д`)σ
修理をしながら、ジェグァンに牽制するような物言いをしてましたけど。

その時、ユネは、1人室内で修理が終わるのを待ってたんですよね。
だけど、そこにジュピョンから電話が入ったよう(;゚Д゚)!
そこに、ジェグァンがやって来てー 彼も気づいちゃったみたいなんよね(´・_・`)

更に、間の悪い事にデウンのオカンが「2度と現れるなと言ったわよね?うちのデウンに
近寄らないでと!あんたの父親の写真、また増えてるわね?私だったら、顔を上げて
歩けないわ!」とヒステリックに訴えに来てー(°д°|||

ユネは耐えきれず、土砂降りの中、外に出て行くんよね(*´・ω・)
そして即、追っかけて来たジェグァンに、
“自分の父が指名手配犯で追われている事”を話すユネ。

「知ってる。殺されたのは僕の兄だから。どこにいるんだ?君の父キム・ジュピョンは
どこだ?」と険しい顔で問い詰めるジェグァン。
ここで、つづくです。

ジェグァンは、どういう心境でユネに接してたんだろう…
しかも、こんな展開になっちまって、どう恋愛に発展するんかしらね?( `・ω・)
つづきが非常に気になりますな。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]




SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*キム課長*
*内省的なボス*
*ああ、私の幽霊さま*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[06/22 NAE]
[06/21 NAE]
[06/18 NAE]
[06/10 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]