忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



家門の栄光 #54 最終回「春の訪れ」
☆評価☆9.0 (10点満点中) 総評は後ほど。

ついに最終回を迎えてしまいました。最後も涙、涙の連続でしたね。早速、最後のネタバレ全開です~(^^ゞ



「何故、こんな風に生きて来たのかと後悔した事は?」とオムツ換えの練習をしているマンギに問うチュジョン。
「宗家の跡継という立場が、負担にならなかったかといえば嘘になる。だが、私はハ家という家門に誇りを持っている。有意義な人生だったと思っている」と言われ、何も返せなくなくチュジョン。

一方、イ家ではチョンガプがヨンジャと結婚して、いかに人生がツイてきたかを熱心に語っておりー
でも、楽しそうに聞いてるのはヒョンギュだけで…ガンソクもヨンジャもあくびばかり。まぁ、過去に何百回も聞かされてちゃ~そうなっちゃいますかね(笑)

あと、スヨンは養子を迎える事を決め“養子縁組認可申請書”をテヨンに見られてしまうんですがー。
「俺たちの子供を最初から兄貴の子として育てるんだ(-。-;)」と提案するテヨンに「そんな残酷な事を言うな(゚Д゚)」と厳しい口調で返すスヨン。
テヨンの気持ちも分からんではないけど…でも、それじゃあジナがもっと惨めな気持ちになってしまう(;_;)

その夜、スヨンは養子縁組認可申請書をジナに見せ、しくみを説明します。
「私たちの子供になる子は、どんな子かしら…(´▽`)」と寂しそうに話すジナを哀れむ目で見てしまうスヨン。
だから夜中にジナが“私たちの子供が今夜、幸せでありますように”とお祈りをしていたシーンは、ホント泣けてしまいました(T_T)

そして、やはり例の孫息子から1億ウォンを要求されてしまったチュジョンは、ソクホに相談します。
決して、マンギの耳に入れたくないというチュジョンに、ソクホも強く同調するんですがー。

しかし、ガンソクはダナをヨンジャに取られー チョンガプには、ヒョンギュとグルになって花札でカモにされるし、相変わらず踏んだり蹴ったりですな(^_^;)
拗ねまくったガンソクは、ダナに「引っ越そう!(o゚▽゚)o」と訴えるんですが、ボストンバックを渡し「1人でどうぞ。服は何着いる?( ^-^)_旦~」と突き放されてしまいます。
あの返しには、思わず笑ってしまいました。

その後、孫息子がチュジョンを脅迫している事を知り、マンギに会いに行くおばあちゃん。ここで泣きながら真実を話し、謝罪してましたが…
マンギは家に戻り、ソクホに「明日、ダナとガンソクを呼んでくれ」と頼みます。

そして次の日、家族の前で「私は、亡くなった父の実の子供ではない」と話し始めるマンギ。
どうやら、マンギは自分の生い立ちについて知っていたようですね。

「幼い私は父に言った。“僕の血は汚れてる。悪い奴の息子だ”と。そんな私を抱き締めて父は行った。“愛する女が産んだ子なら、私の子だ。だから自分を大切にしろ”と。血の繋がりは関係なく、父が与えてくれた心だけで、私は父の子だった」と。
もう、この辺は涙がボロボロ出てきてしまいました…(T_T) 外で、必死に涙を堪えるサムォルを見て、なおさらー でしたね。


そして1年後ー。
叔父ちゃんとトンソンに手こずるトンドンは、マンギに助けを求めています。
ダナも、あと1ヶ月後に出産らしく、しかも双子のようですな。
この日は、スヨンとジナの養子を出迎える為、実家に向かうダナとガンソク。
専任教授にもなれ、ダナはいい事づくしのよう。
そして、スヨンとジナの子を皆で迎え、抱き上げたマンギが「名前は“トンウ”にしよう」と言います。

あとはヘジュ&ヒョンギュですよね。
ヘジュを車で送って来た後に「キスしていい?」と聞くヒョンギュ。
「もう聞かなくていいわ。ようやく免疫ができたみたい( ´艸`)」と返すヘジュ。
そこへチョンガプから電話が入り、「家に来い(ノ^^)ノ」と言われたヒョンギュを「また、徹夜になるわよ(*゚ロ゚)」と止めるヘジュ。

するとヒョンギュは「それも習慣になった。婿として気に入ってくれてるのさ(*^^)v」と、思わず言ってしまいー
「失敗した。こんなプロポーズは良くない(>_<)」と言い、改めてヘジュの手を握り「除隊するまで待てる?」と聞きます。ヘジュは、とても嬉しそうに微笑んでいましたよね~(o^^o)

その夜、ダナは陣痛をおこしてしまいます。
サムォルが「破水しているから、病院に行くのは間に合わない」と言い、家で出産する事に。初産で時間はかかりましたが、ようやく息子2人が産まれましたね~。
「次は、娘2人に挑戦しよう(*゚▽゚)ノ」という現金なガンソク。

次の日、孫たちを見に来たチョンガプとヨンジャは、共に「どうして、こんなに不細工なんだろう~(~o~)」と嬉しそうに、けなします。
これは、産神に妬まれない為の風習らしいですな。
しかしガンソクは、その後も息子を泣き止ますのに手こずってましたけど、産休取っても面倒見れるんでしょうかね~?(^_^;)

後日ー。
公園でベビーカーに乗せた息子たちに微笑みかけるダナを見て、ガンソクは一人ごちます。
“獣も同然だった俺を人間にしてくれた彼女。そしてこんな平和な日々を与えてくれた彼女。彼女がかつて祈ったように俺も今、祈ります。来世でも彼女を探し出せますように、何度生まれ変わってもー 共に生きられますように”
そして、ダナの元へ歩み寄って行きます。

その頃、マンギはサムォルに「妻に対しても君に対しても、すまない気持ちで一杯だった」と話していました。
マンギにとって、サムォルは「姉のような、妻よりも頼れる存在だった」とー。それを聞き、涙するサムォル。

そして、最初の…
父がマンギに話し掛けるシーンに戻るんですな。 ここで終わりです。

ホームドラマchで放送していた「家門の栄光」ついに見終わってしまいました。今まで見たホームドラマの中では、ダントツに良かったです~(^^)

本当にね~、毎回何かしら泣けてー
やはり、私はマンギの人間としての器の大きさ、ここに感服しぱなしでしたね。

そして、ダナによって救われたと何度も語っていたガンソクなんですが、実はダナも同じなんですよね~。

あとスヨンとジナ。
もう、このカップルのエピには何度も涙しました(;_;)
人って、どうしても先に自分の事を考えてしまいがちだけど、この2人は必ず先に相手の事を考えてしまう…。
それが、逆にもどかしかったり、誤解が生じたりするんですけど…
だから、なおさら感情移入して見れたのかなぁ~と思います。

ちと途中、ヨンジャの事で色々書いた事もありましたけど、最後まで見て、本当に良かった。ヨンインと皆様のお陰です。

最後に…お越し頂いた皆様、そして毎回拍手ポチをして下さった方々に、深く深く感謝致します<(_ _)>
視聴、お疲れさまでした。

あと他局になりますが、新しいドラマ「いとしのソヨン」を見始めました。もしよろしければ、ぜひ遊びに来て下さいね~♪(^^)

いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[31回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]