忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



おバカちゃん注意報~ありったけの愛 #63~72まで
いや~
日刊紙のインタビューを受ける事になったからと、
顔パックするイ・スンジェせんせー、可愛かったですね~:*:・(*´ω`pq゛
以降、63話~72話までを軽く振り返っときます~(^^ゞ


何とな~く、そんな気はしてたけど…
やはりキム秘書は、ナ社長の事が好きだったんですな(o・ω・))

ジョンヨンも、彼女の気持ちに気づいてたみたいですけどね~
結局ドヒがナ会長に事情を話して、退職&家から出るように告げて貰うんですけど…
いわば人の夫を同じ屋根の下で、思い続けていた訳ですよね(;´・ω・)

しかもイ弁護士にジュンスの過去を話して、去って行くなんてー
申し訳ないけど、彼女のドス黒な執念にゾッとしちまいましたよ…(°д°|||

そのイ弁護士は、ジュンスとドヒを引き離そうとー
あらゆる手段を使って醜態をさらしてる最中ですよ(・`ω・´)

いずれはナ会長やジュヨンたちにも、ジュンスの過去がバレてしまうんでしょうけど…
最初は「ドヒの味方になれない」と否定的だったジョンヨンが、
ドヒから再度「お父さんたちの説得も大変だから、せめて継母さんには味方になってほしい」と頼まれて、ジュンスと話をしに行くんですね。

ここで、以前ジョンヨンが服役中だったジュンスの面会に行った際ー
「人を殺める前に、1度も私の事が頭をよぎらなかったの?」てな事を問うていたけど…

こん時は、彼女が自分の気持ちをジュンスに押しつけてるような気がしちゃったんですよね。
だけど実際は、そうじゃなかったらしい((・・*)

自分のせいで母親が死んだと思ってたジュンスは、当時14歳だったにも関わらず、罪悪感で母親の責任を義務を自らに課したー。
あの瞬間にもジュンスは自分の事を考えず、母親の役割をしていた。
だから許したんだと…(*・д・)b

更にジョンヨンは「ジュンスssiにとって、ドヒはどんな存在なのか?何かの拍子に14歳の少年時代に戻れば、ドヒは昔の私みたいに忘れられるんじゃないか?それが心配なの」と胸の内を告げるんですね。

だけどジュンスから「14歳の少年はまだ僕の中にいます。でもその少年は、あなたとの想像と違って、かなりの幸せ者です。僕が母に父を愛した理由を聞いた時、分かりやすく説明してくれました“愛とは誰も気づかないところを見てあげる事なの。それに気づいてあげる事で、生きるのが寂しくなくなるのよ”と。僕とドヒは互いを見つけて、気づき合ったんです。だから2人で一緒に寂しくない道を探しています」てな事を返され、大丈夫だと確信したんでしょうね。

家に戻った後ー
ドヒに「応援は出来ないけど、味方になる」と告げるんですね。

そして、ついにヒョンソクがジュヨンに落ちましたね~(*゚▽゚)ノ
しかし検察庁前でキスするなんて、結構大胆な性格してたのね(´-∀-`)
でもジュヨンが怖じ気いてしまって…今後どうなってしまうのかしら…?

あとは、ジンジュが出産を控えてる事もあって、
美容院を辞めて、ナリのマネージャーになりましたけど…

これまたチョンジャがジンジュに「子供を堕ろせ」
とか言い出したもんだから~(/´△`\)
チョルスがこれ以上ジンジュを傷つけないようにと、
チョンジャを連れて出て行くとか言ってるけど…
でも子供が産まれてきたら、チョンジャの気持ちも変わるかも?(o・ω・))
と淡~い期待を抱いてたりするんですけどね。

しかしインジュとマンドルがあないに意気投合するなんてね~(*´▽`)ノノ
意外な?清涼剤となりそうですな(笑)

今後はジュンスの過去がバレた時、周りの反応も気になるけど…
イ弁護士の執拗な嫌がらせに対して、どう立ち向かっていくのか?
に注目ですね((・・*)



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]

PR

おバカちゃん注意報~ありったけの愛 #50~62まで
私の設定ミスで、月曜日の放送分が録画出来てなかったんですけど…
再放送があったので、めちゃ助かりました~(*´ω`人)~♬
以降、50話~62話までを軽く振り返っときます~(^^ゞ


ドヒがジュンスの過去を知った後、どういう選択をするのかと思ってたんですけど…
ヒョンソクからジュンスが刑務所に入ったのは自分のせいだと告げられー
彼と共に歩く事を決意するんですね(´ー`)

その後、ジュンスをインジュの弟子として、BYに契約社員で入社させるんですけど…
どんだけ慎重に行動してても、恋人である事を隠し通すのは容易くはありやせん~(ヾノ・ω・`)

インジュにジュンスの過去を話して、協力しては貰ってるけど、
イ弁護士に仲睦まじいところを見られてしまったり…
奴がドヒに強引に親との顔合わせを迫って暴走してるところに、
ジュンスが止めに入ったりしたもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
今ジュンスは、奴の調査対象にされちまってるんですね。

しかしイ弁護士も、ジュンスに住民番号書かせようとしたり、
部下だかにジュンスの事を尾行させたり、かなりこすい事してて…
何か男としてというより、人としてどうかと思うんですけど(・`ω・´)
恐らくジュンスの過去がバレてしまうのは時間の問題でしょうね(o´д`o)

あとナリにも、ドンウという初恋の相手が出来てー
これまた強引に?同じ事務所に入れちゃったんですけど…(´-∀-`)
演技の練習の一環として、ジョンヨンが新しく始めた飲食店に2人でバイトに行くんですね。
その後、ナリがジュンスにドンウを初恋の相手として相応しいか判断してほしいと頼みに行って…
ついにジュンスとジョンヨンが再会してしまうんですね((・・*)

こん時は、お互い今が幸せで良かった~な感じで、わだかまりなく別れたけど…
この現場をキム秘書に見られてしまって…
どうも彼女が2人の過去を調べそうな気がしてならんのですよ(ヾノ・ω・`)

そもそも彼女も、何であそこまでBYに尽くしてるのか?よく分からんわ。
しかもドヒとイ弁護士をくっつけようと動いてるしで…
今後ジュンスとドヒの将来の最大の障害になるのは、イ弁護士と彼女なのかもしれませんね。

それとヒョンソクとジュヨンが現在契約恋愛中ですけど…
知り合った当初に比べると、ヒョンソクもかなり彼女に心開いてきてますしー
期限が終わった後、本当の恋愛に発展するかもですな(*´ω`)b

でも2人が結婚する事になったとしたら、ジュンスとドヒはどうなるんでしょうね。
血こそ繋がってないけど、兄弟で同じ家系に入る=結婚するとか可能でしたっけ?(o・ω・))
実はそこが1番気になってたりして(笑)

いつの間にやら半分近くまできましたし、
この調子でボチボチ視聴していけたら~と思っとります♪(o´∀`)o



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


おバカちゃん注意報~ありったけの愛 #40~49まで
ジュンスの過去がいつドヒにバレるのかと思ってたけど…
ついに、その日がやって来ちまいました…(o´д`o)
以降、40~49話を軽く振り返っておきます~(^^ゞ


ジュンスはジンジュの子育て費用を稼ぐ為、外国船に乗る事を決意。
ここでドヒに別れを告げる訳ですけど…
ヒョンソク同様「じゃあ何で始めたんだ?」と思わずにはいられなかったわぃ(ヾノ・ω・`)

だけど、そこにドヒがイ弁護士の計略にハマりー
服のデザインを盗作したとして、窮地に追い込まれてしまって…
こん時、ジュンスがドヒの記事を新聞見てしまうんですね。

更にヒョンソクからドヒの話を聞かされて…
ジュンスは彼女の右腕として、そばにいる事を選択します。

しかしイ弁護士もドヒを窮地から救ったら、なびいてくれるとか思ったんでしょうけどね~
これを検事のヒョンソクが救ったってのが、痛快でしたな(*´▽`)ノノ

この後、ドヒはジュンスを右腕として育てる為ー
自分ちの屋根裏部屋に住ませ、インジュの元に弟子入りさせるんですけど…
このセンセーがかなりの変わり者で(笑)
果たして真面目なジュンスが対応出来るのかしら?とか思ったけど、
即気に入られてましたな(*´・∀・)

しかしジュヨンも、あれじゃまるでストーカーじゃね?(ヾノ・∀・`)
ヒョンソクも、きつい事言ったりしてるけど…
でも彼なりに誠意ある態度で接してますよね。

あとナ会長のストーカーぶりも日に日に増していて~(´-∀-`)
しかし家族の前ではあない威厳ある感じなのに、ナリやヒョジョンの前ではまるで別人よね?(笑)
ちなみにジュンスも屋根裏部屋に住みだしてから、ナ会長と星空交流が始まりましたね。

あとジョンヨンがジュンスを見かけて動揺してたけど…
彼が同じ屋根の下に住んでると知った時の反応も気になりますな(*´・ω・)

結局、ジンジュとチョルスもすったもんだの末ー
結婚する事になったんですけど…

だけど式場で、ドヒにジュンスとヒョンソクが兄弟な事がバレちゃって…
ジュンスに「弟に私を譲ろうとした理由」を問い詰めるんですね。
ここでジュンスは、殺人罪で10年間刑務所にいた事を話してしまうんです。

最後にジュンスがドヒに言った、
「すみません…こんな僕があなたを愛して。こんな僕をあなたに愛させてしまって…すみません」の言葉に、ちと胸苦しくなっちまったけど…(o´д`o)
それでもドヒは、ジュンスを受け入れられるのかー?
非常に気になりますなd(*´Д`*)



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


おバカちゃん注意報~ありったけの愛 #33~39まで
何だか色んな事が雲行き怪しくなってきてるような気がしますよ?(;´д`)
以降、33話~39話までを軽く振り返っておきます~(^^ゞ



ナ会長のお陰でオーディションに受かったナリですけど、
これまたナ会長てば、事務所まで用意してくれたりして…
この2人がね~
ホントのハラボジと孫みたいで、見てると自然に心和むんですよ~(*´▽`*)


他にも今回は色んな事が動き出していてー
ヒョンソクがジュヨンの事故きっかけで、ドヒの正体を知ってしまうんですけど…
あっしは、この事でヒョンソクがドヒと距離を置きー
ジュヨンとカップルになるの?と勝手に思ってたんです。
でも実際は逆でしたね(*・ω・*)

しかも2人で会ってるとこをジュンスが見てしまって…
ヒョンソクを変えたのがドヒだった事に気づいてしまうんですよ(*´・ω・)


ジュンスもドヒから不意打ちで運転させられた辺りから、ちと我が出始めてますね。
今回の部屋の事についても、ドヒは協力してあげたい一心で言っただけなんですけど…
なのにジュンスはプライドを考えて黙っててほしかったなんて言っちゃってたしでー
どうも彼の性格からして、このまま身を引きそうな気がしてならないのよね(o´д`o)

こういう時って、負の連鎖が続くもので…
ナリも例の悪夢に出てくる人物がジュンスだった事に気づいてしまったしー
今まで通り、ジュンスと接する事が出来るのか?ちと心配ですな(*´・ω・`)

この事でジュンスは自分を責めてしまって…
ヒョンソクに「しばらく家には行かない事にする。僕が現れたせいで、ナリが昔の事を思い出したようだし…そんな記憶は忘れた方がいい」と告げるんですけど…
彼に「いい子ぶるのはやめろ!自分で乗り越えるしかないんだ。今でも家族の皆があの日をひきずってる」と激昂され、殴りつけられるんですね。

それにヒョンソクは、自分のせいでジュンスを人生を潰したと思っていたみたいでー
ここでは口には出さなかったけど…
もしかしたらジュンスが自分の身代わりになった事に気づいてるのかも?

あとジンジュも、ずっと妊娠してる事を隠し続けていてー
でも「不幸だ、罰だ」と嘆いていたけど、
何もそこまで自分を追い詰めなくてもよくないか?(ヾノ・ω・`)
確かにあのオカンが姑じゃ、苦労するのは目に見えてますけどねσ(・´ω・`*)

結局、彼女も誰にも相談出来ずー
耐えきれなくなって、ジュンスを頼り始めるんですね。
でも中絶する為に付き添わすなんてー
きっとジュンスは反対すると思うけど…(ヾノ・ω・`)

あとイ弁護士も大概しつこいしでー(。-`ω´-)
しかしあんだけドヒにきっぱり断られて、
ナ社長にも見込みないから諦めるよう告げられてるのに引かないってのは…
やっぱプライドなのかしらね?( ¯•ω•¯ )
変に逆恨みされなきゃいいけど…
彼はきっと何か仕掛けてくるような気がしてます。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


おバカちゃん注意報~ありったけの愛 #25~32まで
自分の事は、いつも後回しだったジュンスが…
ついに“愛のゲーム”とやらを始めちまいましたよ~(゚Д゚≡゚д゚)
以降、25話~32話までを軽く振り返っておきます~(^^ゞ



ジンジュの提案により、ジュンスは週イチで家族と食事出来る事になったんですけど…
何故か、そういう日に限ってチョルスがやって来たりして(´-∀-`)
だけどジュンスも兄だと名乗れ出れないから、遠い親戚だとごまかすんですね。
そこでヒョンソクがジュンスを兄だときっぱり言ってくれるんですよ~


彼は、これまで2回ジュンスの事を「ヒョン」って呼んでますけど、
家族には内緒にしてと、口止めしてたんですね。
それが今回、家族とチョルスの前で認めたもんだから~
あっしは、またもや泣きそうになっちまいやしたよ…(Τ^Τ)

そもそもヒョンソクがドヒを好きになったのも、家族や他人に笑顔を見せるようになったのも、ジュンスと接してからなんですね。
やはり相手に見返りを求めないジュンスを見て、皆自然と心が開けてくるんでしょうね(´ー`)

それと以前、ジョンヨンが復讐の為にナ社長と結婚したみたいな事を書いちまったんですけど…(*・ω・*)
あっしの誤解だったみたいで、彼を好きになって結婚したみたいですね。
それにジョンヨンのドヒに対する献身的な愛情も、徐々に報われ始めてる感じでー
何より2人の会話もぎこちなさがなくなってきて、雰囲気もよくなってきましたよね(*´∀`*)

ただな~
イ弁護士がかなりしつこくドヒに付きまとってきそうで…
ちとやっかいな存在になりそうな気がしてます(o´Д`)=з

あとジュンスが車の免許を取った際ー
早速、ドヒに車の運転を任されるんですけど…
この後、ジュンスが「事故を起こしそうであたふたしてるのに、僕を信じて気楽に寝ている社長を見て頭にきました」てな感じで、怒っちゃうんですね。

こん時、ドヒが「私はそんな簡単に人を信じるタイプじゃないわ。だけど勝手に信じてるの、無意識の内に信じてしまうのよ」とー
彼の心臓に触れながら、訴えるんですけど…
ジュンスは彼女を手を掴んで、
「僕を信じすぎないで下さい」と引き離そうとするんですね。

ここでドヒがジュンスが女性恐怖症が完全に治った事を嬉しそうに指摘した為、ケンカは終了~(*゚▽゚)ノ
それと同時に、ジュンスへの気持ちにも気づいてしまう事に。

この後、社長と社員という立場で接してきたジュンスが、
屋上でドヒと酒を飲んだ時に、ふと男の部分を見せるんですけど…
こん時は、あっしまでドキっとしちまいやした~(♡´艸`)


その後、ドヒが自分の気持ちに気づいて、ジュンスに告白するんですけど…
彼は悩んだ末「今から愛のゲームを始めます。僕の人生において最初で最後の機会かもしれないので、とことん愛して思い切り愛されたいです」てな返しをするんですね。

でもな~
この“ゲーム”の意味をどう取っていいのかー?
正直、あっしには分からんのですよ(ヾノ・ω・`)
ジュンスはドヒに告白した後、
「いつかこの瞬間を後悔し、この人に許しを求めながら、自責の念に駆られて過ごす日が来るだろう。そして心の病にあえいで、この世を去るかもしれない。でも今だけを考えて生きる事を決意した。1日でも長く、この人の隣にいられるように祈りながら」と心で呟くんですね。

もしドヒを傷つけたくないというのなら…
先に刑務所の事を話してしまった方がいいんじゃ?q(´・ω・`)p と思うけど…
何も言わずに始めたって事は、ジュンス自身の気持ちが抑えきれなくなったからよね?
だから尚更“ゲーム”というニュアンスが引っかかるのよね~( ¯•ω•¯ )

ちなみに“ゲーム”という言葉を聞いて、
あっしは真っ先に「家門の栄光」が思い浮かんだんですけど…
もしや、この脚本家さんの好きなフレーズなのかしらね?(*´д`)

ただ意外に早い段階で、家族がジュンスを受け入れてくれたんで…
今後はジュンスとドヒの恋愛メインな話になってきそうですね。

何より事実を知ったら、ドヒがどう反応するかも気になるな…
それに周りからの反対や、イ弁護士の妨害もありそうだしでー
やっぱ、すんなりとはいかないんでしょうね(o・ω・))



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


PREV ←  1 2 3  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]