忍者ブログ
ゴールデンクロス #16
死んでしまった事になったドユンに残された手段は…
やっぱ、そのパターンできましたか(笑)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



ドユンがマイケルの手下に銃で撃たれ、ドンハらに埋められたところで~
恒例の?3年後に切り替わります(*・д・)b

この3年で、何があったのかは分からんが…(ヾノ・ω・`)
ドンハは、経済副総理内定者になっていやがったんですよ(・`ω・´)
その一方で、マイケルとジャガプは落ち目になっていてー
どうも互いの立場が逆転してしまったらしい。

あとイレは現在、講師をしているみたいでー
どさくさでマイケルにプロポーズされてたけど、当然のようにお断りしてましたな(´-∀-`)

その頃、ドンハはパク弁護士から、かつてから熱望していたファンドの投資者が現れたと告げられー
意気揚々と、モネタファンドのテリー・ヨンに会いに行くけど…
これがドユンだったもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
完全に固まっちまってましたな(´-∀-`)

ここでテリーから韓国籍だと告げられるもー
ドンハは何とか平静さを装い、
「私が作るファンドに投資をしたら、ミスターヨンは祖国へ貢献した事になる」とでるけど...
ドユンが「祖国へ貢献?収益と何の関係があるんですか?」とあざけてきた為ー
パク弁護士が「今日は顔合わせという事でお伺いしたので、またの機会を頂けたら…」とさり気に話を終わらせます。

それとサンジュンはマイケルの援助を得て、ニュース番組のキャスターになってたらしくー
マイケルをゲストに迎え、
「ハンミン銀行を違法で買収したというのは事実ですか?」とか~
鋭い質問を浴びせてたけど…
恐らく、これもマイケルの作戦なんでしょうな?(o・ω・))

このニュースを見て、ドユンは秘書のエバンに、
「明日10時マイケル・チャンと会う約束を取り付けてくれ」と頼んでたけど…

その頃、ドンハはパク弁護士と「テリー・ヨン=ドユンなのか?確かめよう」てな話し合いをしていてー
ドユンを夕食に誘うんですね。

ここでドンハは、わざとハユンの話を持ち出しー
「スキャンダルに巻き込まれて、辞表を出した」と告げる訳ですけど…
ドユンは、エバンに「ジュリーと同じパターンだ」とか言って笑い飛ばすのよ。

この約束が入った事で、翌日の約束は取り消されたらしくー
マイケルは、ドンハの事を「ネズミのようにずる賢い先生」とか散々悪態ついた後ー
チュ頭取に「明日中にテリーと会う約束を取り付けてうれ。何が何でも会わなきゃ」とプレッシャーをかけるんですな。
これを受け、チュ頭取はヤン次長にドンハたちの尾行を頼みます。

一方、ドユンはドンハとパク弁護士を2次会と称し、行きつけらしいクラブに誘ってたけど...
またもやドンハとパク弁護士にハユンの事で煽られるもー
興味津々に身を乗り出して、話を聞くんですな。
だけどハイテンションがたたってか?泥酔してしまったらしい。
ドンハが自宅に連れ帰りするけど...
こん時ドユンは、ヤン次長に顔を見られちまってたような?(゚Д゚≡゚д゚)


そして帰宅後...
ドンハはセリョンにテリーに投資させる為、家族歓迎ムードで朝食を取らせたいからとー
イレを自宅に呼ぶよう頼むんですね。

イレもテリーがドユンに“くりそつ”だと聞いたもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
速攻、会いに来て、思わず彼の頬に触れるけど…
ドユンに押し倒されてしまいます。

てかドユンも「呼ばれて来たんじゃないのか?貰った分、提供しろよ」って…
ちと、お下劣すぎやしねぇか?(*・ω・*)

それにイレは、完全にドユンだと信じ切ってるもんだから~
「一体何のつもり?私の事が分からないの?」と必死の形相で訴えるんですよ。
ここでドユンは、ようやく状況を察したらしい~
イレに自己紹介の名刺を渡して、部屋を出るよう告げますね。

その後、ドユンが寝入ったところで…
今度はドンハがやって来て、ドユンの髪の毛を拝借してたけど…
ドユンも気づいてましたよね?d(*´Д`*)

その翌日…
ドユンは、イレから「ドユンssi、過去を忘れたの?それとも忘れたフリをしてるの?…テリ・ヨンで戻ったのは、復讐する為なんでしょ?3年もの間、私より何十倍も辛かったと思うけど、これは違うと思う。また復讐に燃えたら、あなたが傷つくだけ!罪を犯した父の代わりに私が謝るから…お願い、やめて」てな事を訴えられてたけど…
「恐ろしい事件に遭ったみたいだな。君だけでも忘れろ。体に悪いよ」と受け流すんですよ(_´Д`)ノ~~

この後、ドユンはドンハの家族と朝食を取る事になるけど…
マイケルもやって来ていてー(゚Д゚≡゚д゚)
どうやらジェガプが顔合わせをさせる為、呼んだらしい(。・д´・。)

ここでドユンはジェガプに促され、先にマイケルに自己紹介するけど…
マイケルも「約束をキャンセルされたハンミン銀行 議長のマイケル・チャンです」とかカマす辺りがホント大人げないな?(ヾノ・∀・`)

ところが、これまたドユンにスルーされちまったもんだから~(´-∀-`)
「国内の銀行と業務提携して、ハンミン銀行を購入するんですよね?」と仕掛けにかかるんですよ。

それに対し、ドユンは「業務の事は会社で話しましょう。秘書を通して連絡します」と交わした後ー
マイケルとイレがお似合いだと、適当に持ち上げてから~(*゚▽゚)ノ
ドンハに「5時に事業提案書をもって来て下さい。大事な約束があるのでこれで失礼します」と告げて、帰って行くんですな。

この後、ドンハはパク弁護士に、昨日採取した髪の毛を5時までにDNA鑑定するよう頼みに行くけど…
どうやら“ドユンではなく、別人のもの”との判断が出たらしい~
やはりドユンは、ちゃんとすり替えてたんですなo(・д・´*)

そして約束の5時になりー
ドンハはドユンに事業提案書を差し出し、
「ミスターヨンが1兆ウォンを投資してくれたら、ハンミン銀行を買えます」と拝みにかかるけど…
「投資したら収益が出る保証は?」と鋭くつかれたもんだから~
「正直にお答えします、私は経済副総理では満足してません。私は韓国のロスチャイルド金融皇帝を目指しています。私のパートナーになれば、多くを手に入れられる」と売り込みに必死のパッチですよε-(`・ω・´)

これに対し、
ドユンは「いいでしょう。副総理を信じて国に尽くします。数日以内には返答します」と返してたけど…
ドンハと抱擁し合った時、目が殺気だってましたよ?(°д°|||

やはり3年前、ドユンは土に埋められた後、サラに救われたんですな。

この後、ドユンはサラと久々の再会を果たしー
「君の分まで復讐するから、君はここで止まれ」と宥めるんですよ。
でもサラが泣いてたのを見ると、実はドユンに惚れちゃってるのかしらね?

しかもドユンがサラの涙を拭って、キスしたところに~
イレが押し掛けてきてー(y゚ロ゚)y
さて、どうなる?(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*力の強い女ト・ボンスン*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]