忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ゴールデンクロス #8
ようやくドユンの反撃が始まりましたね~o(`・ω´・+o)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



ドユンは必死にジュワンの待つ病室に向かうけど…
その途中でイレがパク・ギジュルに刺されてる場に遭遇し、救いに行っちまうんですよ。
この間、ドンハがジュワンに注射をしてしまい…(°д°|||

確かにパク・ギジュルは捕まえなきゃいけない悪党だけど…
その為にジュワンが犠牲になるなんて、あまりに非情すぎるわ。゚+(σ´д`。)+゚

結局、イレは手術する事になったのね。
ドユンは医者から保護者の許可が必要だと告げられー
やっとこさ~冷静さを取り戻したみたいで…
先ほど病室前でドンハとすれ違った事に気づくんですよ。

この後、メスを手に奴を刺しに迫るけど…
サラの手下に気絶させられ、未遂に終わるんですね(o・ω・))

その後、ドユンが目覚めたところに、サラから電話がかかってきてー
「刃物1つで、ソ・ドンハを捕まえるなんて無理よ。迂闊な復讐は、自分自身を破滅させるだけ。その復讐心を笑顔で隠せたら、奴の心臓に刃物を突き立てられる。それも安全にね」と告げられるんですよ。

ここでドンハは、写真を送ってきたのは彼女だと確信したらしい(*・д・)b
「直接会って話がしたい」とすがるけど…
「いいわ、あなたのアボジに毒を盛り、今日殺そうとした人をソ・イレより先に捕まえて。そしたら、あなたの携帯が再び鳴るはず」とノルマを要求されてしまいます。

この後、ドユンは病院に戻りー
ジェドンに「父を殺した犯人を捕まえたい」からと、クムシルの事を委ねるんですね。

一方、イレも手術後の麻酔から目覚めー
ドンハに「私の携帯を頂戴。カン・ジュワンssiが気になるの」と訴えてたけど…
「ダメだ。パパが出来る限りの手段で、この事件からはずして貰う。それだけの力がある」と退けられてしまいます。

ところが、そこに江南警察署のイ・デウから、
ジュワンが死亡したと電話がかかってきたもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
イレは「パク・ギジュルの犯行を目撃しました。殺人犯で検挙して下さい、退院したら捜査の指揮をとります」と指示した後ー

更にドンハにも「この事件は原点から再捜査しなきゃ。娘を殺した罪悪感で自殺したと思ったのに違った、事件の実態を解明しなきゃ。真犯人は誰なのか?私の手で捕まえるわ」と宣言するんですよ。

あれからドンハは、イム議員とサンジュンと合流しー
パク・ギジュルやドンハを取り巻く人間連中の整理をしながら、
「まずはパク・ギジュルを捕まえる。こいつを捕まえたら通話した女に会えるだろう」と告げてたけど…
イム議員は、彼女がゴールデンクロスのメンバーだと即見抜いてましたね。

それに彼は、シンミョンとゴールデンクロスの相互関係についても詳しく知ってるし…
かなり心強い味方になりそうですなd(*´Д`*)

この後、ドユンはイレの入院しているウナム病院に向かう事に。

ここでイレから「ごめんなさい。カン試補の言葉を信じていたら、こんな事態にはなってない、全部私のせいだわ」と謝罪されー
ドユンは「何故黙ってた?ソ・ドンハ局長が父だって事。話してほしかったです、そしたら誤解しなかった」とうそぶくんですよ。

しかしイレも「絶対犯人を捕まえるわ」と言い切ってたけど…
ドユンから利用されてると知っても、意志を貫けるかしらね?q(´・ω・`)p

次にドユンは、ソン係長と共にチャンヒに面会しに行きー
「父が服毒したという証言は嘘なんだろ?パク・ギジュルが父を殺そうと病室に入り、担当検事まで刺して逃げた。父は死んだ。解剖してからだが、もし死因が毒だと判明したらパク・ギジュルは殺人犯になり、君は共犯になる」と脅しをかけるんですね。

ここでチャンヒから「違う、怖かったんだ。アジョッシに水を渡してた。奴は刑務官とつるんで…奴が出所した時、刑務官と一味だから吐いたらただじゃ済まないと言われたんだ」と証言を得てー
ドユンは、その刑務官の写真をチャンスの携帯に送信し、
「義王市周辺の農薬管理指導士を当たれ。15日以内にメソミルを売った店を探してほしい」と頼みます。

更にドユンは、パク・ギジュルの女チェ・スジョンが経営してる店を訪ねる事に。

その頃、クァク刑事が店でチェ・スジョンから脅された後、逆上していてー
しかし会話を録音されてた事にも気づかないとか~
刑事なのに、あまりに腑抜けすぎないか?(ヾノ・ω・`)

あとサラがジェガプに呼び出されて、
「ここ最近のソ局長の愛人だが、その子が元ハンミン銀行のカン・ジュワンチーム長の娘なのか?君がソ局長に付けたはず」と咎められてたけど…
「チャン代表が推薦した子です」とか返してましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)

一方、ドユンは店に到着した後ー
チェ・スジョンに「パク・ギジュルは犯人じゃない。真犯人は他にいるんだ。誰にそそのかされたのか?それさえ自白すれば、殺人罪は免れる。殺人犯は死刑か、無期懲役…50年以下の懲役だが、殺人未遂は情状酌量の余地がある。あなたの恋人に殺人を教唆した人を捜してる。そいつは十中八九、あなたの恋人を捨てる。一生刑務所暮らしが嫌なら、連絡するよう伝えて下さい」と説明し、連絡先を渡すんですな。


そしてイレに報告する為、病院に戻るけど…
そこに先客でマイケルが来ていてー(゚Д゚≡゚д゚)
ドユンは出直そうかと訪ねるも、
イレてば、強引にマイケルを追い返すんですよ。

しかし事情を知らないとはいえー
マイケルに、そないぞんざいな態度を取っていいのか?とー
こっちがハラハラしちまったわ(;´Д`q)

この後、入れ違いにドンハがお見舞いにやって来てー
イレからドユンを紹介される訳ですけど…

ドンハも「イレから話は聞いたよ、君のお父様の事はとても残念に思う」とか~
よくもそないに潮らしい事が言えたもんですな?(y゚ロ゚)y

ま、ドユンも「お気遣い感謝します、アボジを助けようとして先輩が大けがをしてしまって…本当に申し訳ないです」と大人な対応で、カマし返してましたけどね~(´・∀・`)

その翌日…
“売却調印式”が行われた為ー
事実上、ハンミン銀行はPAXのものになっちまいましたな( ¯•ω•¯ )

一方、ドユンはクムシルたちと納骨堂へ行きー
ジュワンのお骨をハユンの隣に納めに行った後、家に戻るけど…

そこにイム議員から呼び出しの電話が入った為ー
サンジュンの事務所に出向くんですな。

ここでサンジュンが拝借してきた病院の監視カメラの映像を見せられるけど…
ドンハがジュワンの部屋に出入りする姿がばっちり捉えられていたんですよ~(*゚▽゚)ノ

この後、ドユンはチェ・スジョンに電話でパク・ギジュルの居場所を聞き出しー
黒幕を吐かせる為、捕まえに向かいます。

そしてドユンが苦労の末、やっとこさ奴の胸ぐら掴んたところで~(。・ω´・。)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]