忍者ブログ
会いたい-ポゴシッタ- #11
今回、かなり超ロング長文になってしまっているので~(;´д`)
前置きなしに早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



ジョンウが倒れた後、ジョンミョンからメールが来てましたけど…
やはり“ボラは5年前に暴行されて、自殺してる”らしい。
しかし、それをミジョンに見られてしまいー
携帯の電源を切られてしまいやしたよ~ヾ(〃゚ω゚)ノ

その頃、署ではジョンミョンがチーム長に、
「ジョンウが危険です。アジュンマは凶悪犯です。何かあったら、どうするんですか?」
と必死に訴えー
隣では、アルムが大泣きしてたんよね(*´・ω・)

だけどチーム長は「あいつは刑事だ!落ち着け!パトカーを呼んでアルムを送り届けろ。
それと履歴書に書かれているアジュンマの家に行け。あとウンジュの家にも刑事を送れ」
と冷静に返してましたな。

その後、ジョンウの携帯は、ゴミ収集場で見つかるのですが、
そこには“私の娘は死にました”とのメッセージが!(゚Д゚≡゚д゚)

でもジョンウ自身は、まだミジョンの家にいたんですよね(´-ω-)
だけどジョンウが目覚めた時には、口にはカムテープ、
そして手足は縛られていてー(*´>д<)

ここでミジョンは「何日か時間をくれれば消えるつもりだったのに。娘のボラは死んだ。
だから、もう会えない。ハン刑事は願いが叶ったね。あの子と会えたから十分だろ」
と言い、ジョンウに怪しげな薬を飲ませようとするんよね(°д°|||

だけどジョンウは「もう1度、声を聞かせて。さっき俺も譲歩した。命乞いはしない。
声を聞きたい。俺は“娘婿”だろ?頼むよ」と懇願してた。
ミジョンは「そうしてあげたいけど、うちのボラが“あいつが戻って来るから怖い。
早く殺して”と言うの」と返すのですが…

結局、薬を飲ませた後に願いを受け入れたみたいでー
ジョンウは、意識もうろうとしながら電話でスヨンに、
「覚えているよね?消えた街灯から、スヨンの家まで15歩。もう点滅してないから。
君なら分かるかと…会いたい…スヨン」と告げ、気を失ってしまいますヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

スヨンは、これに動揺しまくりー
即ジョンウの携帯に電話を入れますが…ジョンミョンが出るんよね。
そして「ハン刑事の携帯では?今、ハン刑事に何かあったんですか?電話がありました。
彼に何か?」と問うスヨンに、
「ジョンウから?犯人を追跡中に消えたんです。事故が起きたみたいですが、あいつは
何て?確かに本人でした?」と問い返すジョンミョンヾ(〃゚ω゚)

ここでスヨンは、きっぱり「確かにジョンウでした。内容は思い出せません。“街灯”とー
街灯から家まで、280歩なのに“15歩”と。彼が忘れる訳がない」と答えてましたけど…

“消えた街灯”“15歩”てのは、実はジョンウは現場を間接的に伝えたかったのね~(*゚▽゚)ノ

そして、この後スヨンは、ジョンウを捜しに行こうとするんですが…
「ハン・ジョンウが心配か?」と、ヒョンジュンに詰め寄られてしまいー
「だって消えたのよ?誘拐されたら…どうなると思う?」と訴えますヽ(;´Д`)ノ

結局、ヒョンジュンは「行こう、君が動揺してるのは、トラウマのせいだ。ゆっくりで
いい、忘れろ。手伝うよ。もう15歳じゃない。エンジンをかけておくから着替えて来い」
と言うんよね( `・ω・)

その頃、テジュンはユン室長から、ヒョンジュンとスヨンの身上書を貰ってましたが…
やっぱ、既に2人とも既に韓国名の名前も変えてたみたいですなd(゚Д゚*)

一方、ジョンミョンたちも、ようやくジョンウの居場所を突き止めてましたが…
しかし、そこは意識を失ったジョンウと共に、
“オンマ ミアネ”と書かれた遺書が置かれてたんよね…(゚Д゚≡゚д゚)

と、そこにヒョンジュンとスヨンも到着してー
スヨンは、もう“ジョンウ”と昔みたく呼び捨てにしちゃってますよね~σ(・ε・〃)
それを聞き、「不安なのは分かるが、耐えろ。僕も耐えてる」と釘を刺しー
ジョンウの様子を見に行く、ヒョンジュンなんですが…
だけどジョンウは、救急車で運ばれていくんよね(´-ω-`)

結局、スヨンは気になって、病院に行っちゃったんですね~σ(゚∀゚*)



てかジョンウ、結構元気そうなんですけど?
あと、マジ驚きしてるジョンミョンにも笑える~(´・∀・`)

しかし和やかな雰囲気だったのもつかの間でー
ヒョンジュンが来た途端、空気が止まっちゃいましたね(*´・ω・)

あとジョンウが飲まされたのは、催眠鎮静剤だったらしい。
しかしジョンウは、すぐにでも犯人を捕まえに行く勢いでしたが…(`・ω´・)ノ

ここでヒョンジュンは、ジョンウに話があると告げー
「ジョイはイ・スヨンじゃない。信じないようだから、僕がスヨンを捜しましょうか?
でも、もしイ・スヨンが拒んだら?あなたの元へ戻るのを嫌がったら?」と問うんよね。
だけどジョンウは「スヨンに聞いてみます。それが本心なのか?ハリーの本心なのか」
と返してたd(*´Д`*)

それを受け、「ハン刑事が羨ましい。僕には出来ない。好きな時に捨てたり、会いたがる
なんて。僕は、何があろうと絶対逃げない」と強烈な皮肉をカマすヒョンジュン(´・д・`)
だけどジョンウは「俺の事、よく知ってるな」と認めてた。

どうやらヒョンジュンは、母に捨てられたと思っているようでー
それゆえ、“捨てられる恐怖と痛み”は分かってると。
だから「イ・スヨンに聞くといい。あなたを心から許せるか」
と、あんなに激しくジョンウの事を皮肉ったんですね(´-ω-`)

だけど、ここでジョンウは言うんですよ。
「許すのは難しい。だからこそ許して貰えるまで、一生彼女のそばにいる。いつまでも
待ちながら」とー(*・ω・*)

しかしヒョンジュンも、もう平常心をなくしかけているようで…
家に戻るなり、ナム理事に「帳簿はまだか?」と急かしの電話を入れてましたよね(o-ω-))

だから~あのチャットの相手は誰なんよ~?ヾ(〃゚ω゚)ノ

あの後、ジョンウとジョンミョンは、犯人を捕まえに空港へ向かってましたが…
実は、ボラを暴行した2人のうち1人だけが拘束され、刑務所が見張ってると。
しかし、もう1人が今日、帰国するとミジョンが言っていたらしいんよね(*・д・)b

その後、その男が帰国して来て、電話しながらタクシーに乗るのですが…
てか、運転手はミジョンでしたぞ~(°д°|||

しかも奴が電話を切るなりー
「何故家に帰らず、清潭洞へ?家は城北洞だろ?」と問うミジョン。
「何で知ってる?誰だよ?(;゚Д゚)!」と問い返す男に、
ミジョンは「私?ボラの母親だ」と即答するんよねヾ(・ω・`;)ノ

いや~ここで男の顔色が一瞬で変わりましたな。
てかミジョン、スタンガン好きやな~(-∀-)
しかしジョンウたちも速攻、追いついてましたよ?(・・*)

だけどミジョンは、車を開けようとしないんよね…ε=(・д・`*)
ここでジョンウは「アジュンマの気持ちは分かる。でも、殺すより後悔させろ。俺が
こいつを半殺しにしてやる!だから開けろ!」と必死に訴えてましたけど…
ミジョンには、伝わりませんでしたね…(*´・ω・)

その後、ジョンウはボラがミジョン宛に書いた遺書を読んでましたが…
そこには、
“母さん、学校か終わったら早く帰れと言われてたのに、ごめんね。母さんは私が怪我
すると悲しむのに、こんなにアザだらけになってごめんね。交通事故に遭ったのと同じ、
私もそう思いたいけどダメなの、大丈夫かと聞いてくれてた人たちも、もう忘れろと
言うけど、私はまだ悪い夢を見るの。私が泣き叫ぶから母さん眠れなかったでしょ?
ごめんね。あの人が5年後に刑務所から出るんだって。母さんバイバイ”
などと、詫びの言葉ばかりが書かれていてー

この手紙を見たミジョンの気持ちを考えると…
何だかやりきれなかったですね…(*ノД`*)

その後、ジョンウはスヨンに、
“真犯人を捕まえたのに、何故心が痛むんだろう。伝えたくなった。生きててくれて
ありがとう、待たせてくれてありがとう”と、メールを送ります。
それを見て、涙を流すスヨン(´ノω;`)

しかし、そこにヒョンジュンがやって来てー
「君をどうしたらいい?もう、2度とハン・ジョンウの話はしない。正直にいうと嫉妬
してた。忘れてくれ。恥ずかしい、君を怒った悪い記憶は忘れてくれ。君がいなきゃ
ダメだ」と謝罪するんですな。

と、そこへミランから電話が入りー 家まで訪ねて来るんよね。
だけど、ここでミランに「何でジョンウを知ってるのか?」と聞かれー
スヨンは、ジョンウが14年前に家出した事を初めて知るんよねd(*´Д`*)

その頃、ヒョンジュンはクラックからスイス銀行の口座情報を受け取ってましたが…
しかし、ナム理事に200億ウォンも渡す気なんかいな?(°д°|||

そして、ついにナム理事がテジュン宅から帳簿を持ち出しー
ヒョンジュンに会ってましたけど…
てか既にテジュンに持ち出した事、バレてるんですけど?(-∀-)

しかし口座の鍵を貰っても尚、脅してくるナム理事に、
「ボスと同じで悪党だな?ハン・テジュンに殺される前に逃げろ」
と皮肉るヒョンジュンo(・`д´・ 。)

でもヒョンジュンに口止めされたのにも関わらずー
ナム理事は、ジョンウに何やら予約メールを送ってましたぞ?(゚Д゚≡゚д゚)

あの後、スヨンは署に行き、ジョンウがミョンヒが一緒にいる場を見てしまうんよね…
でも考えてみたら、
スヨンはジョンウがミョンヒと一緒に暮らしているのを知らなかったんですよねσ(・ε・〃)

その後、署に入りー
ミョンヒは、ジョンウに「これ以上、あんたといると寿命が縮まるから実家に帰って。
スヨンの為に親を捨てるなんて、あんたはイカれてる。受け入れた私もね」
てな事を言うんよね(´・д・`)

で、スヨンも、結局署に入ってきたようで…この話を聞いちゃうんですよね(*´・ω・)

そして当然「何があっても帰らない」と拒否るジョンウに、
ミョンヒは「スヨンが嫌がってる。“イ・スヨンに戻りたくない”って。私が悪いの、
私を恨んでおくれ、ジョンウ。父親の事も誰も知らないし、あの事件の事も知られてない
って。あんたが辛くても、スヨンを自由にしてやりたいの」
と涙ながらに訴えるんよね。



ううっ…毎回、ミョンヒに泣かされる…。゚゚(PД`q゚*)゚。

この後、ミョンヒはチーム長にミジョンのいる取調室に案内されてましたけど…
そもそもミョンヒは、ミジョンに会いに来たようでー
「不謹慎だけど、許されない事だけど…ありがとうございます。代わりに殺して
くれたのに、あなたが罰を受けるなんて…」と言い、
泣きながら頭を下げるんよね(ノДT)

その頃、ジョンウはミョンヒが持ってきた荷物の中から例の傘や、スヨンと自分の名札を
取り出し、何度も名前を呟いてましたけど…(・д・`*)

そこで、お互いの携帯の“7時のアラーム”が鳴りー
ジョンウは「イ・スヨンは、イヤか?」と思わず呟いてしまうんよね。
これに動揺し、逃げ出してしまうスヨン(o´Д`)=з

だけどジョンウは、外まで追っ掛けー
「イ・スヨンはイヤか?待つのを止めるか?止めようか?」
と問い、スヨンをガッシリ抱き締めるんよね(*・ω・*)

もしや、どこかでヒョンジュンがこの光景を見てるんじゃ…?(゚Д゚≡゚д゚)
と思ったのは、あっしだけ~?σ(゚∀゚)
ここで、つづくです。

いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[7回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*番人*
*デュエル*
*テバク~運命の瞬間(とき)~*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*
*力の強い女 ト・ボンスン*
*LIAR GAME~ライアーゲーム*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*
*華政*
*ソロモンの偽証*
*トンネル*
*花郎*
*トッケビ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[10/20 NAE]
[10/19 はうん]
[09/29 NAE]
[09/20 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]