忍者ブログ
大王の夢~王たちの戦争 #19「王妃の密書」
今回からトンマン役はホン・ウニssiに代わりました。残念ですが、こればかりは仕方ありません。個人的には、さほど違和感を感じなかったので、数話見れば馴染めそうです。 では、ネタバレ全開します~(^^ゞ



「王子が王座についたら、百済に党項城と熊津以北の地を奪われる為、立太子にするのは反対」と主張するチュンチュ。そして真平王にスンマン王妃の密書を見せます。
「チョンブダ、マンブダ…」と必死に否定するスンマン王妃。
結局、真平王は「自分で真相を突き止める。それまでは立太子礼は延期する」と公言します。
チュンチュに恨み辛みのセリフを吐き、退散するスンマン王妃でしたが、チュンチュは“香嚢”という切り札を持っておりー

その後、筆跡を調べさせ間違いなくスンマン王妃のものと分かり、真平王は激しくスンマン王妃を叱責します。
頑強に否定するスンマンが、ちと見苦しかったな~( ̄。 ̄;)

その後、チュンチュから話を聞いた真平王は、スンマン王妃に「香嚢を出せ」と要求しますがー
王妃の密書が本物だとの証明に百済の武王に渡してある為、出せるわけもなくー
しかし「香嚢は、天存庫で紛失したので、数日時間が欲しい」と訴えるスンマン王妃。

追い詰められたスンマン王妃は、ミョランに「百済に行き、香嚢を取り戻して来い!ヽ(`ε´)ノ」と命じます。
そして、チュンチュも同時に百済へ向かい、ウィジャ王子に会いに行きます。
一旦、香嚢を手にするチュンチュですが、これはあくまでも盗んだふりだったようで…。

王宮に戻り、トンマンに香嚢を渡すチュンチュ。
「香嚢を兵士らの霊前に捧げ、冥福を祈った後、父上に王妃の罪状をはっきり告げる」と言うトンマン。

しかし、ここにピヒョン郎が現れ「祈ったところで死者が生き返りはせぬ(-。-メ)」とトンマンに恨み辛みをぶつけます。
トンマンは「怒りが収まるなら、私を斬れ(-。-;)」と言いますが、ピヒョン郎には斬れず…
「王室と朝廷を倒し、賤奴が主になる世を創るのを、その目で見る事になろう。それが今、王女を生かしてやる理由だ」と言い放ち、香嚢を持って去って行きます。それをスンマン王妃に渡していましたが…
てか、本気でスンマンと組む気か~?(‥;)

シノは、その後ピヒョン郎に「王妃の罪を忘れたのですか?(ToT)」と涙ながらに責め立ててましたけど…
「お前の気持ちは分かる。だが、王室と朝廷を倒すには、王妃を利用するしかない」と返していました。

そして、スンマン王妃は真平王に「天存庫を隅々まで捜すよう命じ、ようやく見つけました(*^^)v」と堂々と、うそぶきます。
しかし、その香嚢は偽物で…まんまとチュンチュと真平王の策にハマったスンマン王妃。
真平王に「王妃と百済王が密通せず潔白ならば、何故この香嚢を持っておる?(゚Д゚)」と詰問されるも、言葉が出ずー
更に「百済と内通した反逆罪を問い、王妃を廃し、永興寺に幽閉する。王妃をかばう者も同じ罪に問う」と命じます。
「私を捨てないで下さい(T_T)」と訴えるスンマンですが、そのままホリムに引きずり出されてしまいます。

その後、夜中にマナが真平王の元にやって来て「母上をお許し下さい(T-T)」と涙ながらに訴えますが…
「母上が王宮を出るなら、私も一緒に出ます(T-T)」の言葉に「気弱な事を申すな!ヽ(゚Д゚)ノ」と一喝する真平王。

そして、スンマンの装飾品を次々と外していくシノ。
しかし、スンマンは「必ず王宮に戻って来て、再び王妃の座につく」と朝廷の場で言い切ってましたな(゚∀゚ゞ

王宮を出ようとするスンマンに駆け寄るマナ。
「将来王座につく者が、そんなに涙もろくてどうする。王座についたら、この母の恨みを晴らしておくれ。約束出来るか?」と悪びる事なく、問うスンマン。こらこら~約束するな、マナ(^_^;)

その頃、ポヒはマンミョンにヨナをかくまってる事を責められてましたが…
「父上が降伏した兵を無惨に殺さなければ、この子はここにいません」と返します。
しかも「ヨナを追い出すなら、私も家を出ます」と訴えるポヒ。
ソヒョンは「ポヒを責めるな。全て私が悪いのだ」とマンミョンを宥めます。

その後、スクルチョンらはチュンチュに「朝廷は、王子様の立太子に反対する事を決議した」と告げに来ます。
あまりの手の平返しにビックリですな(゚∀゚)ま、こんなものなのかもしれませんが(笑)
「何故、反対するのですか?」と問うチュンチュ。「王子様を王座につけるとスンマンの報復が怖い」と返すスクルチョン。

それを耳にしたスンマンは、怒り心頭。ミョランに「今すぐ、牟梁部に向かう」と告げます。
ひゃあ~、いつの間にあんだけ兵を訓練させてたん~?(゚o゚;)
「今日のような日に備え、財を投じて塀を調練してきた」と言うスンマンの元にピヒョン郎が現れー
「ここにいる兵だけでは、朝廷を倒せぬ。王妃様が信じて下さるなら、私と鬼門が先鋒に立ちます」と言うんですが…何かいややなぁ~この展開(・_・;)

一方、スンマンを追い出され、荒れまくるマナは、また頭を抱えて倒れてしまいます((@_@;))
それを見て「王子を太子に立てるのは難しいようだ(*_*)」とトンマンに漏らす真平王。しかし、トンマンは「王子を太子に立てねば、また新たな混乱を招きます」と訴えー
結局「今夜神宮へ行き、混乱した心を静めた後、決める事にしよう」と言う真平王。

その夜、神宮に攻め入るピヒョン郎たち。真平王は、ピヒョン郎に刀を突きつけられてしまいー

その頃、チュンチュはヨムジャンからスンマンが兵を調練してる事を、更にフムスンからは「廃妃が神宮に向かってる」と報告を受け、スンマンを制止しに行きます=33

スンマンは、めちゃ着飾っており、返り咲く気満々のようでしたが…
「王命に背くなら風月主の権限で、その罪を厳しく問う!(`Д´)ノ」と告げ、スンマンに刀を向けるチュンチュ。
さて、どうなる~? ここで、つづくです。

いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[16回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS
はじめまして、りのと申します。

毎回楽しみにこのドラマを見ていますが
トンマン王女を演じていたパク・チュミさんの降板は残念でしたね。
王女らしい品格と女神のような慈悲深さを兼ね備えた女優さん、という印象を強く残した所での交代だったので余計に残念です。

ホン・ウニさんも途中交代ではやりにくい?でしょうが、頑張ってほしいですね。
期待してます!









りのさん、はじめまして(^^)&コメントありがとうございます~♪

パク・チュミssi、私も女人天下以来、かなりお気に入りの女優さんだったので、残念でしたが…
今後はホン・ウニssiに頑張って頂きましょう~。

早速、りのさんのブログに訪問させて頂きますね~(*^^)v
  • from NAE
  • 2013.02.04 Mon 21:03





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*ソロモンの偽証*
*トンネル*
*番人*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*
*力の強い女 ト・ボンスン*
*LIAR GAME~ライアーゲーム*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]