忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



大王の夢~王たちの戦争 #24「皇龍寺での談判」
やはり…母性より権力でしたな。 早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



四方からスンマンの兵に囲まれてしまうチュンチュとトンマン。
自分を庇い、刺された兵に「死んではならぬ(/_;)」と悲痛に訴えるトンマンなんですが…別の刺客が背後から狙っておりー ユシンが小刀を投げつけ、窮地を救います。
ユシンはチュンチュに「ここは私に任せて、王女様をお連れしろ(゚Д゚)」と告げます。

そしてチルスクに斬られ、倒れていたスクルチョンですが、万が一に備え、鉄甲を着けていたらしく…伊達に年はとってませんな(*゚▽゚)ノ

その頃、ピヒョン郎は真平王に「和白会議で大王の譲位が決まる。王座を退いたら、治世中の罪を悔いながら生きろ」と言っておりましたがー
「逆徒の頭目ともあろう者が実に愚かだな。権力に目の眩んだ王妃が摂政を手放すと信じておるのか?( ̄∇ ̄)」てな事を言い、ほくそ笑む真平王。
そこへナンスンが「和白会議が決裂して殺し合いになりました(゚〇゚;)」と報告に来てー めちゃ、愉快そうに笑い転げる真平王。
「余が言った通りではないか~(o゚▽゚)o」しかしピヒョン郎が去った後、また泣き顔に…(T_T) もう~、忙しい人やなぁ(^_^;)

一方、スクルチョンはトンマンに「こたびの事態で、王妃とは共存出来ぬ事が明らかになりました。先制攻撃を仕掛け、決着をつけるべきですヽ(`Д´)ノ」と訴えておりー。珍しく同調するアルチョン。
迷うトンマンに「手遅れになる前に戦うか投降するか決めなくては(゚Д゚)」と忠言するチュンチュ。
トンマンは、結局「私が王妃に会ってじかに談判する」と決心します。

そして、マナの即位式の準備に意欲満々のスンマンの元にピヒョン郎が現れー
「何故、和白会議を霧散させたのです?摂政の座に目が眩み、王子様が正式に即位する機会を自ら奪うとは!(-o-メ)」とまくし立てますがー
そこへマナがやって来て、ビンタされるピヒョン郎(@_@)…不本意ながら、スンマンに謝罪させられてましたがー。

スンマンはその後、チュンチュと円光法師から謁見したいと言われー
「私は王女と言葉を交わしたくない(-.-)y-゚゚」と断るも、円光法師から説得され、会談の席に着く事に。

トンマンは「王子が即位したら、私は摂政を放棄します。ただし王妃も放棄して下さい( -。-)」と告げます。
しかしスンマンの「我らが摂政にならぬなら、誰が国事を処決する?(-.-)y-゚゚」の問いに「和白会議が摂政の役目を果たせば良いでしょう( -。-)」と返され「話にならぬ!(`Д´*)ノ」と跳ね退けるスンマン。
この後は、お互い堂々巡りになりー

結局、トンマンが「王妃様の望み通り、摂政になりなさい。その代わり父上の安全を保障し、私に従う臣僚を花郎徒にいかなる報復もしないと約束を。そうすれば、私は全てを捨て退きます」と告げー その言葉に食いつくスンマン(o^^o)
しかも「王子が即位したら王女は骨品を捨て、徐羅伐を離れるのだ」とか言うー。
「とんでもない!(゚Д゚;)」とチュンチュが口を挟みますがー
「殺し合いを止められるなら、全てを捨てよう( -_-)o」と受け入れてしまうトンマン。結局、約束の文書も残す事に。

沙梁宮に戻り、スクルチョンらにめちゃ責められるトンマンでしたが、ユシンが「私も無念ですが、誰よりも悲痛な思いをされているのは王女様です」と庇います。
トンマンは、臣僚たちに「国を維持する方が大事だと思い、下した事だ。円光法師の前での約束ゆえ、王妃も二言はあるまい( -。-)」と告げますが…
スンマン自身も言ってましたが、約束は履行されないでしょうな(‥;)

その後、チャビが使いに来てトンマンはピヒョン郎と会う事にー。
でも、やっぱりミョランが監視してた~(>_<)…彼女のストーカーぶりは、健在ですな(笑)

しかし…真平王は、すっかりみずぼらしくなっちまいましたなぁ(゚∀゚ゞ 
トンマンは「私の不忠をお許し下さい。父上の譲位と王妃の摂政を受け入れました(/_;)」と涙ながらに謝罪するんですがー
「ならぬ~!絶対ならぬ~~!ヽ(≧Д≦)ノ=3」と泣き叫ぶ真平王。

そこへピヒョン郎がやって来て、トンマンを外に呼び出します。
「王子様が成長され、自ら国を治められるまで、王女が摂政になる事を望んだ。王子様が王女に民を慈しむ政治を学ぶ事を願った(-.-)」と告げるピヒョン郎。
「それなのに私的な恨みに囚われ、反逆を企てたと言うのか?(-。-;)」と返すトンマン。
「王女が望むなら、俺が王妃を始末し、摂政の座に就かせてやる。受け入れてくれるか?」
「お前とはいかなる妥協もせぬ( -。-)」
結局、ピヒョン郎と手を組めばスンマンと何も変わらないと。トンマンは、ピヒョン郎に「王子を守り、王妃の暴政に立ち向かえ。お前がどうするか見届けよう」と告げます。

この事をミョランから聞かされたスンマンはチルスクに命じ、沙梁宮を攻めさせます。
いつものように、コッソリ逃げようとするスクルチョンでしたが(*゚▽゚)ノ、ミョランに捕まり、スンマンの元へ連れていかれます。

一方、フムスンから報告を受けたチュンチュはトンマンを連れ、鮑石祠へ避難する事に。
また、追っ手を振り切って来たヨンチュンも「皆に鮑石祠に終結せよ」と命じていたようでー。
トンマンたちは、今後の対策を練る事に。
おお~、ここでピダムの名が出てきましたなぁ~o(^o^)o

そして、スンマンはスクルチョンに「私は上大等を殺して、ユシンを敵に回したくない」と言ってましたが、まぁこれは本音でしょうな。
今回は、どうもスンマンの甘い言葉になびいてしまいそうなスクルチョンなんですが( ̄。 ̄;) 

その後、ヨナを盾に「大王を連れて来い(-.-)y-゚゚」とピヒョン郎に命じるスンマン。
「その子を殺せるのか?(-.-メ)」と咎めるピヒョン郎に「どのみち、生まれてはならぬ運命だった。既に1度葬ったのにためらうものか(-.-)y-゚゚」と返すスンマン。
お主もホンマにひどい女よのう~(゚∀゚)

悩んだ末、ピヒョン郎は真平王をスンマンに引き渡す事にし、ミョランに「約束通り、ヨナを無事に返せと伝えろ」と命じますがー。

この事をユシンから聞き、チュンチュは共に、護送中のミョランたちを襲います。
チュンチュに「大王陛下を救え(゚Д゚)」と言われ、馬車に駆け寄るユシン。しかし、中にいたのはピヒョン郎で…ユシンは刺されてしまいます。
チュンチュがようやく気づいて、駆け寄りますが、ユシンは意識を失ってしまいー。
まぁ、正直ピヒョン郎が素直にスンマンに真平王を引き渡すとは思えんかったけど…(^_^;)
チュンチュは、ピヒョン郎に気づき「お前を決して許さない!ヽ(゚Д゚)ノ」と雄叫びを上げー ここで、つづくです。

しかし、最近このパターンで終わる事多いな~(゚∀゚ゞ


いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[8回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]