忍者ブログ
海神 #42~51 最終回
☆評価☆8.0 (10点満点中 8.0以上がオススメ)

「海神」ついに完走しました~(o´∀`)o
ま、言いたい事は多々ありますが…
まずは恒例の“さえずり日記”から(Twitterには投稿していません)d(´∀`*)


42話☆゛
ジャミ夫人がヨムジャンを引き入れようとするも…見事に断られてましたな。しかし剣闘試合に負けてリベンジする為に召喚状でボゴを呼び出すとはミョンのアホぶりに呆れた。マジでミョンを危篤状態にしちゃったヨムジャン~しかも意外にもこれに乗っかるウジン…ついに権力の魔力に負けたか?#海神42

43話☆゛
ボゴてば、陛下から玉璽を守るよう任じられちゃって…思い切り政争に巻き込まれてますやんか?この後ウジンが玉璽を譲って欲しいと頼みに来た時は、一瞬肝が冷えたけど…彼の心がまだ腐敗してない事にホッとした。しかし祈りでミョンを生き返らせるなんて…ジャミ夫人てば神力も使えたのね~爆#海神43

44話☆゛
ウジンアボジに続き、ウジンも殺られそうになるがボゴが引き返してきて一安心。その隙に都に乗り込み玉璽を手にニヤつくミョンがキモイ~でも面目保つ為、王になるのは待てと言うジャミ夫人…どっちが身分上なんだか?あとヤンとヨムジャンが生き残る為にボゴの配下に入ろうと投降するが…#海神44

45話☆゛
いずれミョンを王にする為、守備隊長になれと告げるジャミ夫人に「功臣録に名が載るのも守備隊長も気が進まない。夫人に仕えさせて欲しい」と訴える校尉の忠誠心に胸打たれたわ。あとヨムジャンはジャミ夫人にミョンとの仲を取り持つからボゴを殺せと言われるも彼に心中察され、結局殺せず #海神45

46話☆゛
ミョンを王につける為、校尉に現王を自殺と見せかけて殺せと言うジャミ夫人がホント怖すぎる。その後、チョン太監まで抱き込むジャミ夫人だけどボゴらの反撃にあい、逆に窮地に追い込まれたてのが、また痛快~ついにミョンとジャミ夫人を討つ決意をするボゴ~やっぱそうなっちゃいますよね。#海神46

47話☆゛
結局、ミョンが王座に…しかし他の高官たちまでジャミ夫人の操り人形状態なのが情けない…けど、またも彼女の思惑外れ、武珍州を占領されたのには笑ったわ。なのにヨムジャンは、借り返すとか言ってジャミ夫人を勝手に解放してるし~その間食糧調達中のチョンファが校尉に拉致されましたぞ?#海神47

48話☆゛
ジャミ夫人に軍の撤退とウジンの引渡しを要求されるが拒否るボゴ。この後ドヤ顔で、お前は見捨てられたと告げられるも、人を愛した事がない夫人は哀れとカマすチョンファが痛快~。しかもボゴは、ヨムジャンに彼女を救いに行かせてた。しかし攻撃命令出すジャミ夫人てば、武将顔負けですな。#海神48

49話☆゛
あの後ジャミ夫人は自決…しかもチュンダルに裏切られたてのが、ちと哀れだったわ。ヤンはヨムジャンにボゴ暗殺を命じるも、結局手を下せずホッした。でも不満げなチャン行首がちと気掛かり。ウジンが王座につくも、ボゴが厚遇され危機を感じたヤンは、ついにウジンを暗殺…この展開怖すぎる#海神49

50話☆゛
ついにヤンが自分の娘を次妃にすると野望をむき出しに!ウジンの死因を侍医に追求していたチャンギョムや、チョンファの使いでボゴに会いに行こうとしたムジンが次々に消えていく…ヤンはボゴが陛下守る為に推挙した人間を拒絶し、陛下を操ろうとするなと警告。てかそのセリフそのまま返すわ#海神50

51話・終☆゛
チョンファはペッキョンに頼み、清海へ運んでもらう。しか既にボゴは、ヨムジャンに刺されてしまいましたぞ~結局、チョンファとボゴの子供とマッポン親子以外、皆死んでしまうという…何とも言えない結末で…ま、ボゴがヨムジャンの説得に応じてたとしても結果は同じだったでしょうな。#海神51(終


-φφφφφφφφφφ-φφφφφφφφφφ-φφφφφφφφφφ-φφφφφφφφφφ-


ま、最終話については、後ほど触れるとして…
実は、この前に見ていた「風の国」が思いがけず良かったので、
「海神」を先に見とけば良かったと、後悔するんじゃないかとずっと思ってたんですけどね~
その不安は、早い段階でなくなりました♪d(´∀`*)
てのも、待望の?動くチェ・スジョンssiが見れましたし、他の俳優さんたちもベテラン揃いでしたので、結構色々な意味で楽しめましたし~
やっぱ史劇は、こうでないとね~(o゚▽゚)o

元々ボゴは、頑なに政治に関与するのを嫌がってたんですけど…
やはりそれなりに地位があがると、どうしても政争に巻き込まれてしまいますよね(´・д・`)
ま、最終的にはヤンを討つ為、戦争をする羽目になるんですが…
とにかく噂で、最終回の終わり方がどうよ?みたいな事は聞いてたんで、それなりに覚悟してー
そして誰にやられてしまうのか?など考えながら見てたんです。
でもな~
私の予想では、ボゴは戦争中に死ぬんじゃないかなと思ってたんですよ。
なのに、まさかヨムジャンの説得に応じなかったから刺されるとはね…(°д°|||
しかも前半20分早々に主役を殺してしまって、この後どうするのよ?とー
この時点で既に茫然…(;゚Д゚)!でしたよ。

ヨムジャンはボゴを殺せば、戦争を避けられると思ってたようですが…
ヤンは、そんなお人好しじゃありやせん(ヾノ・ω・`)
てかヨムジャンも、彼がそういうタチだという事に何で気づかなかったのかしらね?(o´Д`)=з

この後、清海鎮は戦場と化してしまいますね。
そして最終的には、チョンファとボゴの子供とマッポン親子のみが生き残るんですけど…
てかヨムジャンには、チョンファだけでなく、チェリョンの事も助けて欲しかったんですけどね(*´・ω・`)=3

あと印象に残っているのは、やっぱジャミ夫人ですよね。
彼女の存在感は、特にずば抜けてましたからね~( • ̀ω•́ )✧
何せ髪型を始め、途中からは武将顔負けな指揮官ぶりに思わず舌を巻いてしまいましたよ。
でも彼女も一時的に富と権力は得られたものの、人の心を得る事は出来なかった。
ここはチョンファの言うように、ある意味哀れな人生だったのかもしれませんね。



それと忘れちゃ~ならないのが、常にジャミ夫人のそばに仕えていた校尉ですよ~
ジャミ夫人を守るだけでなく、時には苦言したりしてー
中々、骨のある忠臣だったのではないでしょうか~d(*´Д`*)
でも結局は、ジャミ夫人を正しい道には導けませんでしたけど…(*´・ω・)

ま、とにかく最後はね~
あまりの呆気ない幕引きに心が置いてけぼり食らった感があったのは事実ですけど…
でもトータル的に見ると、中々見応えはあったと思いますし、
個人的には、ラスト10話辺りが1番動きがあって盛り上がりましたね。
それに何と言っても、切なげなOSTがめちゃ好きでした♪*。・+(人*´∀`)+・。*

※ちなみに次は「武神」を視聴する予定です(´∀`)



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*力の強い女ト・ボンスン*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]