忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私の心が聞こえる? #17
結局、ウリはマルが自ら戻って来るのを待つ事にしたんですな…(o´д`o)
ネタバレしてます~(^^ゞ


どうやらマルは、本気でウリの事を好きになっちゃったみたいでー
手越しキスだけに留まらず、ウリの事を抱き締めるのよね。
しかもドンジュと目が合っても、気にせずー(ヾノ・ω・`)
「分からないんだ…どうしてこうなったのか…」と泣きながらウリに告げるんですよね(´・д・`)

そんなマルにも泣けたけど…
でもあっしは、そのまま去らざる得なくなったドンジュの方が可哀相だと思っちまいやしたよ…(*´・ω・`)

あとチェ会長の手元に、マルのモンタージュが渡ったのが気になる(。-`ω´-)

この後、マルはドンジュ宅を訪ねるんですけど…
てか自分がビール瓶を割ったくせに、
掃除して怪我したドンジュに「気をつけろ!」とか怒るのは、ちとおかしくないかい?q(´・ω・`)p

しかもウリの事を「好きだ」と告げちゃってたし…
ドンジュの気持ちとかは、全く考えないのね?ε=(・д・`*)

翌日、ウリはドンジュ宅に牛乳を届けー
ドンジュが出てくるのを待ってたんですけど…
ヨンギュに呼ばれてしまった為、やむなく退散します。

しかし、その帰り道ー
また“捜し人マル”の絵にナ・ミスクが落書きしていて、ヨンギュが注意するんですけど…
こん時に「あっかんべー(σ`ω゚)」とかされちゃってー
ナ・ミスクがキレてグラサンを外すんですな。
でも動揺してたのは、ウリだけで…
やっぱヨンギュは、愛するミスクにしか反応しないのね~d(´∀`*)

それとウリの交渉によりー
ナ・ミスクは、ドンジュの会社で働く事になったみたいですな(o・ω・))

その頃、マルはチェ会長に散歩に誘われてましたけど…
どうやら「本当にチャン博士の子かどうか?」を確かめたかったみたいでー
でもマルも、さり気にかわしてましたな(_´Д`)ノ~~

この後、ウリはナ・ミスクに呼び出されー
エナジーセルの事務所にやって来るんですけど…
そこにマルもやって来てー
ウリに「2度とオッパに似てるとか言うな」と釘を刺すんですね。

でも正直なところ、
私はマルには、あくまでもウリの“兄ちゃん”(家族)でいてもらいたいんだけどな~σ(・´ω・`*)

それにドンジュも昨日の事もあってかー
ウリとマルが一緒にいるのを見て、不機嫌モードに入ってたし…(;´・ω・)
しかも、シネがまたギャンギャン絡んできてー
事務所内は、めちゃ険悪なムードになるんですよ(ノд-`)

この後、ミンスを含め、4人で昼食に行く事になるんですけど…
こん時の空気の重いこと…ε=(-ω-`*)

ここでウリは、マルに尽くされるもー
とにかくドンジュの事が気になって仕方ないんですよ。
だけどドンジュは、やけに他人行儀に「エナジーセルで働く気はあるんですか?」とか聞いてくるしで…(*´・ω・`)=3
ウリも、この空気に耐えられなくなったのかー
「いっそ家で冷めたご飯を食べる方がマシだわ」と言い放ち、思わず席を立っちゃう。

それを見て、マルがドンジュを外に呼んで「何故、ウリを苦しめるんだ?」と咎めるんですけど…
ドンジュも「俺が気持ちを出してもいいのか?俺はヒョンがポン・ウリを労る様子を見ると、悔しいよ。俺の気持ちを知ってるのに、そんな態度を取るの?弟のチャ・ドンジュは目に入らないのか?」と不満をぶつけますね。
でもマルは「ごめん、考えられなかった。だからお前も同じように俺の事は考えるな」と返すのよ。

この後、事務所にヒョンスクがやって来てー
潮らしい面もちで、ドンジュに「チェ・ジンチョルから離婚話をされたわ」と話すんですけど…
実は、これがドンジュの気を引く演技だったと知った時にゃ~ちとゾッとしちゃいやしたよ(°д°|||

しかしシネも、ウリにスングムの食事の世話をさせるなんてー
ホント、どういう神経してんだか…?ε-(ーдー)

ここでウリは、スングムに「家に帰れない理由がマルオッパなのなら、私が見つけるから」と告げて、モンタージュを見せるんですけど…
スングムてば、
「病院で道案内してくれた人の顔だ」なんてー
マルだと認めちゃってるようなもんですやんか~(ノд-`)
もちろんウリも…気づいちゃいましたよね?d(*´Д`*)

しかも、この帰りにチェ会長に遭遇してしまうしで…(゚Д゚≡゚д゚)
ここでウリは、シネの愛人がチェ会長だと気づいたみたいでー
また部屋に戻って来るのよね。

だけど奴がスングムにモンタージュを見せー
「マルを捜し出せ!俺の息子を連れてこい!ドンジュを後継者として居座らせたくない。だから唯一の血筋のポン・マルを捜してこい!自ら手を汚して得た地位を他人には渡さん!息子に渡すんだ!」と怒鳴ってるのを聞いてしまうのよ(;´д`)

これでウリも、チャン・ジュナ=ポン・マルだと気づいたはず…
てか、彼女にとっては衝撃の事実ですよ…(;゚Д゚)!

この後、ウリは会社前にてドンジュを捕まえー
「チャン・ジュナがポン・マルよね?」と聞こうとするのですが…
やっぱ聞けなくてー(ヾノ・ω・`)
「顔を見たいから来たの、それじゃダメ?」とごまかしちゃう。
それに対して、ドンジュは「じゃあ、話したら承知しないぞ」と釘を刺すんですけど…

だからってドンジュてば、何でウリをクラブに連れて行くのさ?Σヽ(゚∀゚; )
ここでウリは涙をごまかす為、ドンジュを誘ってノリノリで踊り始めるんですけど…
ドンジュは、彼女の予想外の行動に完全に固まっちゃってましたね(´-∀-`)

その頃、マルは…
てか1人でロープーウェイに乗るなんて…あまりに寂しすぎますやんか~(;∀;)

この後、ウリはドンジュを抱き締めー
「今からは本当に何も言わない事」と前置きした上で、
「私が、この世で1番悪いポン・ウリになっても、憎まないでね」と涙して告げますね。

もちろん、この言葉はドンジュには届いてないんですけど…(ヾノ・ω・`)
ウリが泣いてるのを見てー
ドンジュは「何も言うなと言うのか?」と確認するんですよね。
でも無言で頷くウリを見てー
ドンジュは、ウリを抱き締め返し…
“俺も一言だけいいか?今のようにそばにいてくれ”と心で呟くんです。

そして翌日…
ウリは、マルをデートに誘いますねd(*´Д`*)

ここで、服やらカバンやらをねだった後ー
「あの腕時計を貰えませんか?先生の処方箋を下さい」と頼むんですよ。
「オッパを忘れないんだろ?」と戸惑いながら問うマルに、
ウリは「そう思ったけど、やっぱり忘れなくちゃ。マルオッパを捜すのはやめます」と涙しながら返してけど…
やっぱ、マルを守る為に苦渋の選択をしたんですな。
だから先にドンジュに謝ったのね(*´・ω・)

てか~
チェ会長がチャン博士と密会してたのが気になるわ(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]