忍者ブログ
華政 #35
続いて35話を振り返っとります~(^^ゞ


のっけでキム・ジャジョムがキム尚宮に本屋で偶然会ったフリを装いー
「古文真宝」を贈ってたけど…
あれは、やはり彼女を見定める為だったのね(。・д´・。)

一方、カン・ジュソンの屋敷には綾陽君が訪ねてたけど…
どうやら彼は、カン・ジュソンに避けられてる事に気づいたらしい。
ところが、カン・イヌに「今更何故避ける?」と絡んでたところに~
貞明公主が訪ねて来た為、強制退場させられてしまいやす(_´Д`)ノ~~

この後、貞明公主はカン・イヌから「これが現実です。…私も別の方法で公主様の心を得たかった。失望されても構いません。これで王様も、この国も守れます。そして生きていれば、ジュウォンの帰還も…」と告げられたもんだから~
どういう事なのか?問い詰めてから、王宮に戻ります。

そして本日の“便殿会議”の議題を大殿尚宮に問うけど…
答えて貰えやせん~(ヾノ・ω・`)
するとチョ・ヨジョンが「私がお教えしましょうか」と声を掛けて来た為、
内容を聞くんですね。

その頃、既に便殿会議ではイ・イチョムら重臣たちが「後金と和親関係を結び、ハンを“皇帝”と呼ぶなんて、なりませんっ!」等、吠えまくっていたけど…

それらに対しー
光海君は「国を奪われて、ひざまずくよりマシではないか。頭を下げるのは単なる屈辱だが、戦となった時は絶望を味わう。今ではなく、未来を見据えよ!…王座を失う事になろうとも、この決定を取り下げるつもりはない!」と言い放ち、便殿を出るんですよ。

すると、そこにホン・ヨンが待っていてー
「人は未来よりも今を見ます。今ある屈辱を理由に、王様は民の恨みを買うでしょう」と止められます。
それに対しー
光海君は「だが公主が慕うホン校理は遺体として確認されておらぬ。この国書でそなたの息子が取り戻せるかもしれん」と返してたけど…
ホン・ヨンは「どうかお忘れ下さい。私の息子の命を国と比するだなんて…」と泣きながら訴えてましたよね。
この話を近くで聞いてた貞明公主も泣きそうになってた。

そんな中…
綾陽君率いる“一心会”に扇動された民たちが、一斉に火器都監に押し掛けて来てーヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
貞明公主は、すぐさま止めに入るけど…
イ・ヨンブを庇って、頭を殴られてしまいます(°д°|||
これにイ・ヨンブとチャン・ボンスがブチギレた為、騒動はすぐ収まるんですけど…

この後、民たちが、
「何故、火器都監を守ろうとなさるんですか?」
「何故、公主様がここにいるのですか?弟君を王様に殺され、王宮からも追い出されました」と次々と問うてきてー(゚Д゚≡゚д゚)

それに対しー
貞明公主は「それはわあの方が国王だからだ。確かに弟の命は奪ったが、民の命を何よりも尊ぶ真の国王だからだ。それなのに何故、いつまでも真実を見ようとしない?民の命より、私欲を重視するような重臣たちの言葉を何故、鵜呑みにする?…朝鮮の未来など、明は守ってくれない。私は不安な未来を戦場ではっきりと見た。火器都監には、民の為に命を懸けた職人がいる。今捕虜になってる朝鮮軍も、民の為に戦ったのだ。それでも、この者たちに石を投げる気か?」と切に訴えます。

ちなみに綾陽君も手下を連れて乗り込んで来てたけど…
結局、何も出来ませんでしたな(ヾノ・∀・`)

そして重臣たちは、国書を送るのを阻止する為ー
承文院の前で、抗議の座り込みをしてたけど…ε-(`・ω・´)

てか~
あの後、綾陽君が事がうまく運ばない事に業を煮やしー
大妃を脅迫しに行きましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

しかも~
その帰り、キム・ジャジョムに声を掛けられー
「カン・ジュソンに侮辱され続けの綾陽君を私が救いましょう。王座を差し上げます」とか、おだて上げられてたしで…(˘•ω•˘)

更に~
その翌日には、後金が朝鮮がまともな国書を送ってくるようにとー
見せしめでホン・ジュウォンのいた牢の兵士たちを処刑するとか言い放つわ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

貞明公主は、光海君にカン・イヌと結婚すると言っちまったしで…(°д°|||
一体、どうなっちまうのよ?(/´△`\)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]

PR

華政 #34
続いて34話を振り返っとります~(^^ゞ


のっけで、キム尚宮がカン・イヌに「ホン校理が消えたのは、我々にとっては有利な事です」とか言ってたけど...
それ決めつけるの、早すぎね?q(´・ω・`)p

その翌日…
貞明公主はチョン尚宮から、綾陽君が大妃の誕生日に宴を開くつもりでいる事を聞きー
すぐさま彼に問答無用で「お断り~(ヾノ・ω・`)」しに行きます。

一方、光海君は…
後金の密使から「ハンは朝鮮を敵とは考えていない、ハンは新たな国の皇帝になる。これからはハンを皇帝と呼べ」だの脅されー(/´△`\)

更に明から“朝鮮を監護する”という報告書が届いた為、
カン・ジュソンを呼び出しー
「これを阻止するよう引き続き働きかけろ。忘れるな、私はそなたをいつでも殺せる。そなたがよからぬ行いをしてない事を願う。特に謀反の計略などをな」と命令がてら警告をしますね(y゚ロ゚)y

この後、光海君は尚膳に「“皇帝の国”と呼べと後金に迫られ、明に監護を迫られた。この国はどうなってしまうのだ」と嘆くけど…
「キム尚宮を呼び戻してはどうでしょう?信頼出来る者が必要です。…こんな時に重臣たちは綾陽君と…本日、慶運宮にて西宮様の宴を開くと言ってます」と告げられー
「どういう事だ?(゚Д゚≡゚д゚)」と問い返します。

でも既に貞明公主が慶運宮へ乗り込んでいてー
綾陽君に「宴は中止するよう言ったはずよ!」と言い放っていたのよね。

そこに大妃が出て来て、宥めようとするけど~
彼女の怒りは収まらずー(ヾノ・ω・`)
綾陽君や重臣たちに対し、
「私はそなたの操り人形にはならぬ!そなたの行動は目に余る。集まった者たちもだ!つい先日何があった?私ですら耳にした話を知らぬと言うのか?何故、朝廷ではなく、慶運宮にいるのだ?…綾陽君ごときが、私欲の為に開いた宴で何をするつもりだ?」と痛烈に批判します。
これまで貞明公主に何を言われようが、笑って流してた綾陽君だけど…
さすがに今回は激昂しまくってましたな。

それに、こん時来てたキム・ジャジョムが不敵な笑みを浮かべてたのも気になってたのよね…
どうやらチョ・ヨジョンと繋がってるみたいだしー
何か“王になる気満々”発言もしてましたよね?(゚Д゚≡゚д゚)

その夜…
貞明公主は光海君を訪ねー
「綾陽君を何故放っておくのですか?」と問うけど…
「…今、事を荒立てても、西人派を敵に回す訳にはいかぬ。明と後金の圧迫を逃れるには、西人派の力が要る。それが政というものだ」と諭されてしまいます(´-ω-`)

次に貞明公主は、ホン・ヨンを訪ねー
ホン・ジュウォンの事を問うけど、情報は得られずー(ヾノ・ω・`)
それでも「私に何か力になれる事はありませんか?」と問うてくるホン・ヨンに泣けたわ…。・(つд`。)・。

そして貞明公主が屋敷を出たところに、カン・イヌがいてー
「ジュウォンは旧友ですし、助かってほしい。でも一方では、帰らねばよいと思えるのです。公主様のせいです。“私の事を見てくれるやも。またとない好機だ”そう思ってしまう。…キム尚宮に会うそうですね?それは王様の為ですね。その手立てはキム尚宮から、お聞き下さい。選ぶのは公主様です」と本音を告げられてしまいます。

この後、貞明公主はキム尚宮を訪ねー
早速「ここに来る前に、イヌ トリョンニムと会った。何を話したの?私が王様をお守り出来る手立てとは何だ?」と話を切り出します。
すると「この動乱の中で、公主様にしか出来ぬ事があります。カン・ジュソン大監のご子息カン・イヌと婚礼を挙げるのです。さすれば、王様を助けられます」とか言い放たれたもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
「そんな結婚をするわけにはいかない!」と激昂してしまいます。

しかも、このタイミングでホン・ジュウォンが目覚めるんですよね…
これって、もしや伏線なの?σ(・´ω・`*)

一方、光海君は後金の密使に会いに行きー
「ハンの要請を受け入れよう。だが条件がある、後金に捕まった朝鮮軍の捕虜を引き渡せ。さすれば、私はハンを“皇帝”と呼ぼう。…その中には、必ず生きたホン校理がいなくてはならんぞ」と取引を求めてたけど…
果たして、どうなる~?(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


華政 #33
続いて33話を振り返っとります~(^^ゞ


朝鮮軍は全軍を掲げて、後金の八旗軍と決戦を交えー
銃や大砲、弓矢隊の見事な連携プレーで戦いを優勢に進めます。

朱常浩は、この様子をしばし劉綎と共に傍観してたけど…
手柄を朝鮮軍に取らせたくないからと明軍を応戦させー
最終的に八旗軍に勝利するんですね。

この後、カン・ホンニプは勝利の書状を伝令に委ねようとするけど…
そこに劉綎がやってきてー(゚Д゚≡゚д゚)
後金のヘトウアラを攻めるよう命じられてしまいます(°д°|||

こん時、貞明公主の怪我を心配しー
ホン・ジュウォンが腕を触ったんですけど…
彼女の数珠の糸が切れたんで、嫌な予感はしてたのよね…(/´△`\)

案の定…
この後、カン・ホンニプの率いる部隊が明軍と共に発つもー
その道中、後金の伏兵に襲われてしまいます(°д°|||

その後…
先発隊の兵士が幕舎に戻って来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「北路の明軍は全滅、西路と南路の軍は逃走中です、恐らく朝鮮軍も同じ状況だと思われるので、陣を捨て撤退して下さい」と告げられた為ー
ホン・ヨンは、火器都監の職人たちに即撤退の準備をするよう指示します。

そしてホン・ジュウォンは、貞明公主を説得し始めるけど…
もちろん彼女が頷くはずもありやせん~(ヾノ・ω・`)

ちなみに前回ホン・ジュウォンは、カン・イヌに「公主様の安全を保障出来なくなったら、彼女と火器都監の者たちを守ってほしい。私は火器都監の校理として皆が無事に逃げ延びるまで時間稼ぎするつもりだ」と頼んでいたらしい~d(*´Д`*)

それでも駄々をこねる貞明公主にキスをしー
「私は必ず後を追います。約束しましたよね?公主様と同じ道を歩むという誓いを必ずや守ります」ときっぱり言い切るホン・ジュウォン~(*゚▽゚)ノ

てか彼...
いつの間にか、めちゃ大胆になってね?(*´艸`)


結局、ホン・ジュウォンは貞明公主を説得し切れぬまま、
カン・イヌに委ねる訳ですけど…
そこは彼も男よね~o(´^`)o
「生きて帰れ。こんな別れ方は嫌だ。こんな形で勝つのは嫌なんだ」
てな言葉をかけてた。

しかし負の連鎖は、止まる気配すらなくー(ヾノ・ω・`)

その後、光海君の元に「明軍はサルフの戦いに破れ、大虐殺に遭いました。カン・ホンニプが率いる朝鮮軍は、後金に投降したそうです」てな内容の書状が届くんですよ。
幸い、貞明公主と火器都監の職人たちは敵陣を抜けて帰路に向かってるらしいけど、結局ホン・ジュウォンは戻ってこれなかったのね…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

この後、光海君は便殿会議を開きー
「朝鮮の為に出兵すべき」と主張した重臣たちを痛烈に非難するけど…
当然、誰も言い返せやせん~(ヾノ・ω・`)

更に光海君は、怒りの矛先をイ・イチョムに向けー
「誰に忠誠を誓うか、もう決めたのか?」と凄んで、
「決して裏切りません」と言わせたところに~(y゚ロ゚)y
尚膳が「公主様と火器都監の職人らが王宮に到着しました」と告げに来るけど…
皆、憔悴しきってましたよね…(o´д`o)

この後、光海君は貞明公主を呼びー
「お前に会わせる顔がない。ホン校理に火器都監の職人を任せたのは、この私なのだから」と謝罪するけど…
ここで「王様のせいじゃありません。王命でなくても、校理ナウリは皆を守ったはずです、そういう方です。それに私は校理ナウリを信じています、必ず生きて戻ると約束してくれました。信じて待ちます」と涙しながら返す貞明公主が健気すぎるわ~(´;∀;`)

実はホン・ジュウォンは生きてたんですけど、
現在、生死をさまよってる状態なのよね…(´-ω-`)

何より綾陽君がカン・ジュソンに反乱の計画を強行させようと煽ってたのが気がかりですな…ε=(・д・`*)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


華政 #32
続いて32話を振り返っとります~(^^ゞ


貞明公主がカン・イヌを問い詰めてた頃…
やはり予期した通りー
カン・ホンニプとホン親子は、明の総司令官である劉綎(リュウテイ)から、
「朝鮮の鳥銃部隊に初日から先鋒に立って貰う」と軍令を下されましたね…(/´△`\)
カン・ホンニプは、必死に反論してたけど、もちろん受け入れられるはずもありやせん~(ヾノ・ω・`)

その頃、都では…
綾陽君が強引にカン・ジュソンの屋敷に押し掛けー
「待てど暮らせど連絡が頂けないので、結局私から来ました…人をこき使ったのなら、最後まで責任をお取りになるべきでは?なのに御主人様が黙ったままだと苛立ちます。…私を王にして下さい。王になれるのなら何でもする」と訴え、ひざを折りましたよっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

一方、カン・ホンニプは明との軍略会議を終え…
ホン親子に「いますぐ密かに朝鮮軍に撤退命令を下せ。…これは王命だ」と命じてたけど…

てのは、前回光海君から託された書状に、
“観形向背”(=形勢を観て判断せよ)と書かれていたらしくー
つまり「朝鮮軍が捨て駒に使われて全滅の危機に直面した場合撤退させろ」と命じられたと…(*・д・)b
それを聞いて、ホン・ジュウォンは「ここで撤退を選んだら王様を政治的危機に追い込む事になります!」と猛反発しますね。

そして貞明公主もカン・イヌから明の軍令を聞き、
「明の戦略に関して、知ってる事を教えて下さい」と迫っていたけど…
「朝鮮軍は囮にすぎない」と返された為ー
すぐさまカン・ホンニプらの元へ向かいます。

ここで口論してる彼らを見てー
貞明公主は「私の出る幕でない事は分かっています。ですが撤退命令はお取り下げ下さい。我々は王命に従わねばなりません。ですが我々もまた臣下として、王様を守らねばなりません。その為にここまで来たのです」と訴えます。
ホン親子も激しく同調してましたね o(´^`)o

結局カン・イヌは、貞明公主に「皆が無事に帰れるよう協力してほしい」と頼まれ、受ける事にしたのね…
この後、ホン・ジュウォンに「手立てはあるのか?」問うてたけど…
彼いわくー
「朝鮮の全軍を挙げて鳥銃部隊を援護する事にした」と…
つまり「全軍が先鋒になる」らしい。

でもそれには「明軍に編成されている弓部隊と歩兵を返して貰うよう、カン・イヌに朱常浩を説得して貰う必要がある」と...
それに対し、カン・イヌが見返りを求めてたけど…
ホン・ジュウォンは、何て返したのかしら?(゚Д゚≡゚д゚)

その夜…
ついにカン・ジュソンが綾陽君を推戴する決意をしー
彼に“同舟共済”(=同じ舟で共に渡る)という書状を送ります。
更に西人派のキム・リュとイ・グィを呼び出し、決意の程を告げますね。

その頃、光海君はイ・ドッキョン=漢陰の墓を訪ね…
「いずれこうなる事は分かっていた。でも簡単には倒れない。不埒な輩と手を握ってでも…この国を変えてみせる。たとえ私がその志を果たせなくとも、いつか叶うはずだ」てな事を話してた。

あとキム尚宮がチョ・ヨジョンを王宮に送ったのは、カン・ホンニプが光海君に送った密書の内容を探らせる為だったみたいでー
彼女から「王命通り“形勢を観て判断します”」と書かれていたと聞いて、
かなり困惑してましたな。

その後、光海君は王宮に戻りー
尚膳に「世子とイ・イチョムを呼べ」と命じます。
ここで「まもなく王室と国は大いに乱れる」と予告してたけど、
何より綾陽君が大妃の怒りを煽りにいってたのが気がかりですわσ(・´ω・`*)

そして翌日を迎えてしまう訳ですけど…
果たして朝鮮軍と光海君はどうなる~?(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


華政 #31
続いて31話を振り返っとります~(^^ゞ


貞明公主とホン・ジュウォンがラブラブモードに入ってた頃…(*´艸`)

カン・イヌは、カン・ジュソンを訪ねー
「お望み通りの息子になりましょう。父上の血が流れていると証明します」
と取引を求めていたけど…
結局、報われない恋だと分かっていても、公主を引き留める事を選んじゃったのね…ε=(・д・`*)

その翌日…
貞明公主は光海君を訪ね、
「火薬は絶えず必要となるので、人手は多いに限ります。私は熟練の職人でもあるので、役に立つはずです」とー
改めて出兵の意志が変わらない事を告げます。
それに対し、
光海君は「理解は得られぬだろう。お前の決断を皆が非難するはずだ」と返してたけど…
恐らく説得出来ない事は分かってたのよね(´-ω-`)

この後、ホン・ジュウォンを呼び出しー
「公主を守り抜けるのか?答えを聞かせてくれ」と問うんですよ。
ここでホン・ジュウォンは「必ず守り抜きます。王様の進化ではなく、男としての誓いでございます」と男前な返しをしてましたね~(*゚∀゚艸)

ちなみに貞明公主の護衛は、ジャギョンがする事に。
更にイ・ヨンブから「鎧のかわりになるはずです」と服のプレゼントを貰ってしまいー
貞明公主は、ホン・ジュウォンに「私の為に、こんな高価な服を…倹約家なのに」と恐縮な面もちで告げてるところに~
カン・イヌが「邪魔して悪いが、銃の倉庫を見せて貰えないだろうか?」と頼みに来るんですよ。

彼いわくー
父カン・ジュソンに口利きして貰って「訓練都監の従事官として同行する」らしいけど…
ついでにホン・ジュウォンにも宣戦布告してましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)

一方、光海君へ尚膳に“左参賛 カン・ホンニプ”を呼び出して貰いー
彼を出兵部隊の都元帥に任命します。
こん時、彼に命令書を渡してたけど…果たして何をさせるつもりなのかしら...?σ(・´ω・`*)

てのは、イ・イチョムいわくー
彼は武将じゃなくて、文官らしいんすよね(*・д・)b
それを聞いて、カン・ジュソンは「生真面目なゆえに、どの党派にも属してない」と返していたけど…
さすがの彼も光海君の意図は読めなかったみたいですな。

あと綾陽君が手下に訪ねて来た男を拷問させー
矢文を送ってきた人物がカン・ジュソンだったと知って意気揚々としてたけど…
てか勝手に彼の事を残虐な性格だと思い込んでたもんだから~
実は“虫も殺せぬ性分だった”と聞いてワロタ(´-∀-`)

そして翌日…
いよいよ出兵日を迎えてしまう訳ですけど…
ここで光海君が出兵部隊に「その尊い血を他国で流してはならぬ」
てな言葉をかけてたのが、ちと引っかかってるのよね...d(*´Д`*)

あとキム尚宮がチョ・ヨジョンとかいう女人を王宮に送りつけて、
何をしようとしてるのかも気になるわ…
しかもこの女人、猫に手を引っかかれて速攻報復してたしでー
めちゃ怖くね?(°д°|||

その翌日…
カン・ホンニプら出兵部隊一同が明軍の待つ戦場に到着しー
朱常浩に挨拶をします。
その後、彼から「明日から戦が始まる」と告げられたらしくー
ホン・ヨンらは、不信感を露わにしてたけど…

その頃、カン・イヌが兵士から明の作戦書を渡されていてー
内容を見て、明らかに動揺しまくってましたよね。
...もしや朝鮮軍を前線に立たせるつもりなのかしら?(;´・ω・)

この後、カン・イヌは貞明公主の元に行きー
「今すぐ護衛隊と脱出して下さい」と説得を始めるけど…
彼女に「理由も知らず、発つわけにはいきません」と~
突っぱねられちまったところで~(ヾノ・ω・`)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


PREV ←  1 2 3 4 5 6 7 8 9  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*力の強い女ト・ボンスン*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]