忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「鄭道伝」1話先行放送を見てみました♪
みどころ:高麗の乱世を乗り越えて易姓革命を成し遂げ、朝鮮建国の功臣として名を馳せた鄭道伝の波瀾万丈な生涯を描く(KBS-WORLDより)

キャスト:チョ・ジェヒョン(三峰 チョン・ドジョン)
ユ・ドングン(イ・ソンゲ=朝鮮王朝初代王)
イ・イニム(パク・ヨンギュ=守侍中)
ソ・インソク(チェ・ヨン=勲旧派の忠臣)
イム・ホ(圃隠 チョン・モンジュ)
キム・ミョンス(恭愍王/コンミン王=高麗第31代王)
イ・アヒョン(チェ氏=チョン・ドジョンの妻)
イ・チュンシク(トゥクボアボム=チョン・ドジョンの家令)
アン・ジェモ(イ・バンウォン=イ・ソンゲの五男/朝鮮王朝第3代王)
イ・イルファ(カン氏=イ・ソンゲの2番目の妻/新徳王后)
ソン・ドンヒョク(イ・ジラン=イ・ソンゲの弟分/護衛隊長)
チョン・ホグン(イ・イニムの側近)
キム・ミンサン(ヨム・フンパン=イ・イニム派の官僚)
パン・ヒュンジュ(ジユン=イ・イニムの腹心)
クォン・テウォン(アン・サキ=イ・イニムの部下)
イ・ドッキ(明徳太后=恭愍王の母)
イ・スンミン(定妃 アン氏=恭愍王第四夫人)
イ・ソユン(益姫 ハン氏=恭愍王の第三夫人)
パク・ジヌ(ウ王=高麗第32代王)
チョン・イェソ(チャン氏=ウ王の乳母)
キム・ジンテ(キョン・ボクフン=宰相序列1位侍中)
イ・ジョンソン(チェ・マンセン=内侍府の内官)
ソ・ウジン(ホン・リュン=子弟衛の将)
キム・ジュヨン(チョ・ミンス=土地専門家)
イム・デボ(ナム・ウン=チョン・ドジョンの特攻隊長)
イ・ビョンウク(ユン・ソジョン=チョン・ドジョンの同志)
パク・チイル(牧隠 イ・セク=新進士大夫の師)
キム・スンウク(パク・サンチュン=新進士大夫)
イ・グァンキ(浩亭 ハ・リュン=イ・イニムの姪の夫)
キム・チョルギ(陽村 クォン・グン=新進士大夫)
チョン・ヒデ(陶隠 イ・スンイン=新進士大夫)
シン・ヨンギュ(イ・チョム=高麗の官僚)
イ・デロ(ファン・ヨン)
チャン・テソン(ファン・チュンボク=ファン・ヨンの息子)
カン・イェソル(ヤンジ=ファン・ヨンの養女)
パク・ビョンボ(無学ムガク大師=イ・ソンゲの師)
ソン・グムシク(ピョン・アンリョル=高麗の官僚)
ソン・ヨンテ(ぺ・グンニョム=高麗の官僚)

子役:カン・イソク(チョン・ドジョンの少年時代)
チョン・ユンソク(ウ王の少年時代/江寧君モニノ) ほか


*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆ *:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆


4/5・6に先行放送があったんですけど、見る間もなく本放送を迎える事に…
ただ前回リタイアした史劇の事もあって、
果たしてネタバレ全開レビューを書いていけるのかどうか?
正直、まだ何とも言えないとこもあるんですが…(;´д`)
でも今回の主人公のキャラからして、
よろめかない=メロ中心の話にはならないはずなので~
恐らく、このまま見ていけるんじゃないかなとは思ってます(o´∀`)o
それと今回2話以降は、画像なしレビューを書いていくつもりですので…ご了承を(o・ω・))

と、すっかり前置きが長くなっちまいましたが…
以降、ネタバレ全開してます~(^^ゞ


時は、1383年、高麗咸州(ハムジュ)ー
元々チョン・ドジョンは、チョン・モンジュと共に力を合わせて、高麗を立て直すつもりだったけど…
結局、それは戦争という現実に阻まれてしまったよう(´-ω-`)

ここで「もっと早く悟るべきだった。神はとうの昔に高麗を捨てた…」と
ドジョンの悲痛な心の声が響いていたことからー
恐らく、モンジュとも決別しちゃったのかしらね?(*・д・)b
だけどドジョンは「迷うのは今日で終わりだ」と一人ごちー
イ・ソンゲに会いに行くんですね。
てのも、今回ドジョンは高麗を討伐しー
新たな国を建国する為にソンゲに協力を要請しに来たらしいんですな。



そして、ここから時代は9年前開京まで、さかのぼります。
ドジョンは、10年間従七品の位に甘んじていたんですよね(´・ω・)

そんなドジョンの事をパク・サンチュンが心配していたらしくー
典理司の判事に会ったついでにドジョンが昇進出来るか聞いたようなんですが…
「今すぐイ・イニムに猟官運動をしろ」と言われたと。
つまり昇進する為、有力者に働きかけろという事らしいんよね。

でもドジョンは、イニムの事を快く思っていないらしい(ヾノ・ω・`)
だけどサンチュンに「昇進出来なければ今の地位まで危うくなるぞ。お前は辺境に飛ばされる1番の候補だ」とせき立てられー

更に、この後…
妻チェ氏にも「良家の生まれでない人は猟官運動をします。皆、銀の壷や絹を貢いでいます。あなたの誠意を示さないと」と言われ、
結局、ドジョンはイニムの屋敷を訪ねる事にするのですが…

しかしドジョンてば~
“士人の糞”とやらを派手にまき散らして来ちゃって…(°д°|||
ホント、命知らずな男よね?(-∀-`; )

結局、ドジョンは追っ手から逃げ切りー
大きな輿と遭遇してましたけど…(「・ω・`)

と、ここで早速、ネタバレーションが入ります。
“高麗は恭愍王の第一夫人、魯国姫(ノグク)の霊殿を建てる為に国力を費やしていた。恭愍王はキ・チョルが率いる親元派を粛清して、双城総管府を奪還する。100年続く元の属国状態から脱した。しかし国際情勢の急変が恭愍王を窮地に追い込む。朱元璋は明を建国して、元としのぎを削った。その隙を狙い、女真族、倭寇など数多く異民族が高麗を侵略した。敵は内部にもいた。高麗の特権階級、権門勢家は恭愍王の改革案を霧散させた。王妃であり、共に政治を担った魯国姫も、この世を去り、恭愍王は挫折してしまう。そして政治から遠ざかり、魯国姫の霊殿を建てる事に没頭していた”

のっけから長っ!(-∀-`; )

しかし、あんな細い縄で飾り瓦を引き上げる事自体無謀というもの。
役人たちも、飾り瓦の下敷きになった民をぞんざいに扱うしで…
民が反乱を起こすのも無理ありやせん(ヾノ・ω・`)
しかし彼らが兵士たちに適うはずもなくー
ここで多くの民が犠牲に…
しかもドジョンは、この現状を目の当たりにしてしまうんですな(o´д`o)

なのに、王宮では花火を盛大に打ち上げて宴が催されー
恭愍王は、民の死を悼むどころか「年内に霊殿は建つのか?」と心配する始末…(*-ω-*)
ここでキョン・ボクフンは、恭愍王に「この不祥事で働き手の大半を失いました。民は憤りに満ちています。どうか民心の怒りを沈めて下さい」と進言するのですが…

それに対し、
子弟衛たちとやらを使って、脅しをかけて来る恭愍王~y(`A´)y

しかも、ここでイニムが「それでは解決出来ません。髷をつかんだ子はその場で叱り、泣いた時に餅をやるんです。まず働き手を2倍に増やします。抵抗する者は斬首刑にして家族も罰します。どうかお許しを」と、乗っかって来るし~

更に恭愍王も「侍中(ボクフン)は守侍中(イニム)から政治を学んだ方がいい」と戒めてたしで~ホントあり得ない(ヾノ・ω・`)

あの後、ドジョンは成均館に戻りー
儒者仲間たちに「授業を中止しろ。さすれば世間は我が成均館に注目する。その時、殿下に霊殿工事の中止を訴えるのだ」と告げてましたけど…
しかし彼らは「殿下は何があっても工事を続けるでしょう。騒ぎを起こしたら成均館が弾圧されます。むやみに関わってはいけません」と逃げ腰口調…(*´・ω・`)

結局、ドジョンは彼らを説得するのを諦めー
上書を書いて恭愍王に訴える事にしたよう(`・ω´・)ノ

あと恭愍王の実母である明徳太后なんですけど…
イニムは奸臣だと(*・д・)b
それと魯国姫への未練を捨て工事を中止するようにと訴えてましたよね。

この後、ドジョンはハ・リュン経由で、イニムに呼び出されるのですが…
どうやら上書は、イニムのところで止まっていたらしい。
ちなみにそこには、
“霊殿の工事を中断して、国を乱す守侍中の一派と内官を罷免しろ”
と書かれてましたけど…
ここでイニムは「持って帰れ。殿下の目に入ったら、お前は死ぬ」
と告げるんですな( `д´)b

しかしドジョンも「国を案じる方が何故働き口を増やせと?殿下を正しきみ方向に導けば、苦痛は生まれなかった。死を覚悟した者の忠言ほど恐ろしいものはない」と引きやせん(ヾノ・∀・`)

だけど「弱者の勇気ほど空虚なものはない。万年。従七品の成均博士。朝廷に縁故もツテもない。僻地で郷吏になり、父の代で開京に来た名もない家も息子だ。世を変えたければ力を養え。お前の意見で世が変わるなら、乱世は起きない」と現状を突きつけられてしまうんですよね(´・д・`)

この後恭愍王は、イニムを呼び出しー
「モニノ=江寧君を世子にする。母親は奴隷だったが、私のたった1人の息子だ。世子にして霊殿を守らせる。私の力になってくれたら、ボクフンの地位をやる」などと命じてましたけど…

やはりボクフンは、モニノ=江寧君を世子にする事に猛反対(*ノ`ω´)ノ=3
しかもドジョンは無謀にも、彼らが会議をしている都評議使司へ乗り込みー
ボクフンに「上書を殿下に渡して下さい」と訴えるんよね(;゚Д゚)!
しかし「気持ちは分かったが、今はそれどころじゃない」とー
受け取りを拒否されてしまいます(´・д・`)

てかイニムがドジョンの上書を勝手に持ち帰っちまいやしたぞ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、ドジョンが都堂の前で座り込みを始めた事を知りー
モンジュがやって来るのですが…
と、そこに恭愍王が輿に乗って登場~(*゚▽゚)ノ
ドジョンは、直訴したい衝動に刈られるもー
ここでモンジュに止められてましたよね(*´・ω・)

あとドジョンとモンジュの幼少時代の回想シーンが流れてましたけど…
今は互いに友と呼び合ってるけど、実際はモンジュの方が年上みたいですなd(*´Д`*)

この後、ドジョンはモンジュに「恭愍王に訴えるのは、まだ時期尚早だ待った方がいい」と言われー
「その時期は待ってれば訪れるか?」と問うてましたけど…
モンジュは「待つのではなく、作るのだ。共に力を合わせよう。高麗を建て直す時が来る」と返してたのにねぇ…

そうそう、イム・ホssi~
グァンケドテワン=広開土太王の時は、ビックリするほどパンパンだったけど…(*´・∀・)
今回は、かなり体を絞ってきましたな?(*´Д`)σ

一方、イニムは恭愍王に「キョン・ボクフンたちの抵抗は予想より激しいです。ボクフンたちを始末しなければ、世子にするのは難しいと…」と訴えてましたけど…
恭愍王に「守侍中らしくないな。奴らを斬れば、江寧君の出生が怪しまれ、権威を失墜する」と言い退けられてしまいます。

そこでイニムは「別の理由で斬っては?チョン・ドジョンが書いた弾劾の上書です。殿下の政治を全面的に否定しながら私や内官を批判してました。チョン・ドジョンを捕まえて、上書を書かせた者を自白させます。ここでキョン・ボクフンの名前を言わせれば、斬る事が出来ます」となどと告げながら、恭愍王に上書を見せるんですよね(°д°|||

そして翌朝ー
ドジョンは、明の使臣たちが勝手に大成殿に入ろうとしたからと、
「高麗の規則と礼儀を守って下さい」と訴えてましたけど…
と、そこにコンミン王がやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
ドジョンは事情を話すんですよね。

しかし、それを受け「この男は、皇帝の使臣に恥をかかせた」と明の使臣がキレてしまいー
「私は過ちを指摘しただけです。勝手に大成殿に入ろうとした、その無礼な態度こそ恥じるべき行為です」と~火に油を注ぐ返しをしてしまうドジョンヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
ま、正論なんですけどね~(^_^;)

そして、この後ドジョンは恭愍王に名前を聞かれるんですけど…
何と~牢屋行きを告げられちまいましたぞ~ヾ(〃゚ω゚)ノ
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[4回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS
韓子さん、こんばんは~拍手コメントありがとうございます♪

「鄭道伝」感触が良かったみたいで嬉しいです(´▽`*)
歴史上の人物って書き手によって、英雄になったり、その逆も然りな描かれ方をするのでー
そこを見比べたりするのも面白かったりしますよね。
とにかく役者さんたちの演技が素晴らしいので、
その辺もじっくり楽しんで頂けたら~と思います。
  • by NAE
  • 2015.08.25 Tue 23:00
  • EDIT





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]