忍者ブログ
大王の夢~王たちの戦争 #25「決死の抗戦」
こら~マナ!(*゚ロ゚)ノ すぐビンタするなっつうの~。
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



間もなく撤退するピヒョン郎たち、どうやら誘引策だったらしく、既に真平王はナンスンらによって、王宮に運ばれておりー
真っ先にスクルチョンが挨拶しますが「栄華を浴する為に王妃と手を組んだのか?ヽ(`Д´)ノ」と皮肉をかます真平王。

その後、スンマンは「さぞご苦労をヾ(^^ )」と真平王に白々しく労いの言葉を掛けますが…
「犬のように引きずり回され、王妃の言いなりになるのは、もうこりごりだ。いっそ余を殺して、王妃が王座につけ!ヽ(≧Д≦)ノ」と言われた途端「自らが招いた事です。もう誰も、大王に忠誠を捧げはしないでしょう(-.-)y-゚゚」と毒づき、去っていくスンマン。
その後、恒例の?絶叫タイムに入る真平王…もう、いいって(^_^;)

そして、ユシンは命を取り止めー
やはり、ピヒョン郎は急所を外したんですな。
その頃、チュンチュはトンマンに「今は王妃に立ち向かう為、増兵が急務かと」と忠言し、大耶城ピダムの元へ援軍の要請に行く承諾を得ます。

一方、ピヒョン郎はスンマンに「約束は守った。ヨナを返せ」と要求してましたがー
しかし「ヨナは即位式が終わるまで、私が預かる(-.-)y-゚゚」と退けるスンマン。
これを聞いたシノは「今すぐヨナを救うべきです(゚ロ゚)」とピヒョン郎に訴えますが「今は王女を信じるしかない」と返すピヒョン郎。

そしてチュンチュとフムスンは、ピダムに会いに行きますがー
しかし、釣った魚に遊ばれ、川に落ちるなんざ~結構おっちょこちょいキャラ?(*゚▽゚)ノ はは~、しかも泳げないと来た。
しかし、チュンチュの話を聞いたピダムは「兵を借りに来た者は、処刑せよとの兵部の命令だ」と返し、チュンチュらを反逆罪で、牢にブチ込んでしまいます。

この事は即、スンマンの耳に入り、真平王に「新羅のどこにも、大王と王女を救いに来る臣下はおりません。王女もチュンチュとユシンを失った為、打つ手はないでしょうヾ(≧∇≦)」と愉快そうに報告。
「頼む、王女には手を出さないでくれ(@_@;)」と懇願する真平王に「大王が王子の即位と私の摂政を認めてくれるのなら(-.-)y-゚゚」を条件を出すスンマン。
でも…真平王が聞こうが聞くまいが、結局自分の思い通りにするんやんね?(゚∀゚)

ようやくユシンが意識を戻した頃、牢屋に入れられていたチュンチュは、ピダムから呼び出され…
「先程は密偵の目を避ける為に、仕方なく無礼をした」と告げられたチュンチュ。
ここでピダムは、民にとっては誰が摂政になろうと苦しい暮らしは変わらないから傍観している。そして大王は既に権威を信望を失い、王女は女の身でこの国を導けないだろう。なら、2人でこの国を救おう~てな事をチュンチュに話し、「夜が明けるまでに回答しろ」と告げるピダム。

そして翌朝、真平王はスンマンに条件を飲む事を告げ、その代わり「即位式の前にピヒョン郎を処刑すると約束してくれ<(_ _)>」と取引を持ちかけておりましたがー
「役に立たなくなったら処分します(-.-)y-゚゚」と、まるで物扱いかい~(-.-;)てな返しをするスンマン。

一方、チュンチュもピダムに「私も男として権力の座について、天下に号令し夢を広げたい(゚Д゚)」と告げていましたが、でも力ずくで権力を奪うとスンマンと同じになってしまう。
「天下をとる事は民心を掴む事なのに、私は城主の心さえ掴めなかった。ゆえに帰る」と言ったところは、いかにもチュンチュらしい言葉でしたな。
去ろうとするチュンチュに「王妃が、この国を滅ぼすのを黙って見ているのか?(゚o゚;)」と問うピダム。
「それは私でなく、自らに聞いてみろ(゚Д゚)」と返すチュンチュ。ピダムは痛いとこ突かれましたな。

あとスクルチョンから、真平王の言葉と親書を差し出されたトンマンは「一身の安逸の為に大義を捨て、王妃の使者になるとは。一体、王妃と何の密約をしたのです(-。-;)」と咎めますがー。
スクルチョンは、土下座して「私は大王陛下の意思に従いたいだけです。王女様、どうか朝廷の為にご決断下さい(T-T)」などと、涙なからに訴えていましたが…

その頃、スンマンの元にヨナがやって来て「本当のお母さんの事を聞きに来ました(..;)」と言われてましたが…
「私が知るはずはない、今更探してどうする?恨みでも言うのか?(*゚д゚*)」と動揺しまくるスンマン。
「恨んでないと言ったら嘘になります。だけど、会いたい気持ちの方が大きいんです(ToT)」と涙ながらに訴えるヨナ。泣けるわぁ~(T^T)

そして「もしかして、王妃様が私のお母さんですか?(・д・)」と聞いたところにマナがやって来て「母上、こやつが何と言いましたか?もう1度言ってみろ!(`o´)」とー。
ちょっとぉ~!(*゚ロ゚)何でヨナがビンタされなあかんのよ~涙、乾いたやんか~(+_+)

その後、スンマンはミョランにヨナの始末を命じますが…てか~泣くなら殺さんでいいやんか?( ̄。 ̄;)
しかも、これをシノが聞いてしまい、ヨナを何とか王宮から出そうとミョランたちを振り切りますが、深手を負ってしまいます。
しかし、あれ忍術かしらん?早業で隠れたよね?(゚∀゚ゞ

そして、何とかヨナと共にポヒの元へ逃げるシノ。
ここでユシンも加わり、話をするんですが、シノからピヒョン郎の本心と事情を聞いたユシンは、ピヒョン郎に会いに行きます。
ユシンは「2人で手を組み、王妃に立ち向かい大義を取り戻せ」と説得を試みるも「戻るには遅すぎた」と返すピヒョン郎。

その後、ミョランからシノとヨナを逃がしてしまった事を聞いたスンマン。
でも「無理して探す必要はない(_ _ )/」と言ってたのを聞くと、やはり良心が痛むんでしょうな。

その頃、真平王はアルチョンらに「王女と花郎徒に降伏するよう説得してくれ(_ _)」と頼んでいましたが、当然アルチョンは猛反対=33

そしてチュンチュは、ピダムを説得出来なかったとトンマンに報告していましたが…
王妃に従うか、決死の抗戦か?選択を迫られたトンマンは、チュンチュに意見を求めます。
「私は最後の1人が残るまで、戦い抜きますヽ(゚Д゚)ノ」と言われ、ユシンも同意見だった事から、ついに「私は我が国と民の為に戦って死ぬ( -_-)o」と決意するトンマン。

いよいよ、門を開け放ち「逆徒どもを始末し、王宮に進撃せよ~!(-o-;)/」と命じるトンマンでしたがー
しかし多勢に無勢ー で味方が次々と死んで行き、涙が溢れ出すトンマン。
一方、チュンチュは「やめろ、やめろ!ヽ(゚Д゚;)ノ」と雄叫びを上げー
ピダムは、次回ご活躍するんかな~?(゚∀゚) ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[8回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*キム課長*
*内省的なボス*
*ああ、私の幽霊さま*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[06/22 NAE]
[06/21 NAE]
[06/18 NAE]
[06/10 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 20 21 22 23 24
25 28 29 30
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]