忍者ブログ
大王の夢~王たちの戦争 #43「帰還」

ピダム…貴様~! ( `д´)σ =・・  (`∀´)ノ
てか、しゃべる時に妙な首のひねり方するのは、ありゃ癖か?
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



結局、チュンチュは飛鳥に戻る事に…。逆らってたら、恐らく船に隠れていた兵士らに殺られてましたな(°_°;)

その頃、ケベクは精鋭兵と戦っておりー
しかし残り1人となったところで、そやつの片目を切り裂き「お前の主君に伝えろ。このケベクが生きてる限り、チュンチュは害せぬとな(`・ω・´)」と告げ、逃がします。

その後、ファシが戻って来て「チュンチュは飛鳥に戻ったか?(`・ω・´)」と聞くケベク。
こうなる事は、初めから分かってたんですな。

チュンチュは、あれから飛鳥に戻り、中大兄皇子に「新羅には返せません。だが百済に引き渡す気はない。誤解なさるな。私はチュンチュ公をとても尊敬しています。貴公が徐羅伐に戻り、ピダムに害されるのを阻止したい。新羅の内乱が落ち着くまで飛鳥に留まり、私の進める改革に協力して下さい」などと言われ、弱り顔。

その頃、ピダムは床にふせている善徳女王に「心配しないで下さい。大王陛下に代わり、国運を立て直し、民を救うゆえ陛下は病を治療しながら、ゆっくりお休み下さい(`∀´)v」などとぬかす始末。

そして王宮の外では、ムニがポンミンと共に善徳女王の薬を煎じてきていましたがー
名無しの権兵衛に足止めを食らい、相変わらず吠えるだけ~のポンミン。
そこに、ちょうどピダムが出て来て、目と言葉で圧力をかけられ、結局ムニたちは帰る羽目に…

アルチョンは、この現状をユシンに告げに行き「和白会議は阻止出来ぬだろう(-ω-;)」と嘆いておりましたが…
そこに風月主らが戻って来てー
チュンチュが飛鳥を出られなかったと聞き「困った事になった。チュンチュが戻らねば、ピダムを止められぬ(-_-;)」と頭を抱えるユシン。

そして同じ頃、ピダムの元へは唯一生かされた兵が戻り、精鋭兵はケベクに皆殺しにされたと報告しておりー
しかし「ケベクがいる限り、チュンチュは徐羅伐に戻れぬし、ユシンも王命なしには動けぬゆえ、和白会議さえ開けば私の世が訪れるだろう(`∀´)v」などと余裕しゃくしゃくなピダム。…こやつ、マジで王座を乗っ取るつもりやろか?(=-ω-)

でも、その後ヨナとシノが以前ピダムから貰った通行札を使い、善徳女王と謁見。
「ピダムの手から陛下を守れる臣下はユシン公だけです(;o;)」とヨナが訴え、善徳女王の勅書を持って、ユシンに会いに行ってましたな。
これを受け、ユシンは晴れて徐羅伐に戻り、王宮と善徳女王を守れる事となりました(*^^)v

しかし、徐羅伐では既に米や布地を配給し、民心を掴みつつあったピダム。
でも、あくまでも上辺だけ~やけどねー(*゚◇゚)ノ
その後、腰巾着サジンがピダムを散々おだて上げ、盛り上がっておりましたが…
ついに、ユシンが兵を率いて戻って来ましたぞ。
ユシンから勅書を見せられた時のピダムの顔ったら、なかったですな。

善徳女王は、ユシンに「お前が戻って来てくれた安心した(*^^*)」と声を掛けますがー
「ピダムは、和白会議で陛下に代わる摂政を推挙するでしょう(´-ω-)」と訴えるユシン。
しかし、善徳女王は「余は病が重く民心をまとめられぬし、王位を継がせる子がおらぬゆえ、阻止出来る名分がない(-.-;)」と力なく返し…
更に「余が退かねばならぬのなら、チュンチュに王位を継がせる。チュンチュを連れ戻せ。和白会議の前にチュンチュが戻れば、余は譲位して退く(-。-)」と告げる善徳女王。
てか、これもピダムの手下の女官に、しかと聞かれてますよ~!(*゚◇゚)ノ

その頃、ピダムはヨナがユシンに王命を告げに行ったと疑い、「虫けらにも劣る女が…(`∀´)」などと聞くに耐えない罵声を浴びせ、責めておりましたがー
そこへシノがやって来て「私がユシン公に伝えました(>_<。)」と庇います。
この事で、シノはムチ打ちの刑に…
ピダム…ホント、最低な男やのぅ。「血の繋がらない母と娘の情を確かめる(`∀´)」とかぬかしよって~分かってるくせに試すな~!( `д´)σ =・(`∀´)
しかし、そこにユシンがやって来て、シノは解放されますが…背中の傷が何とも痛々しすぎました…(T_T)

その後、ユシンはクムガンに和白会議が行われる前に、チュンチュを連れて帰るよう頼みます。

その頃、飛鳥には百済の使臣フンスたちがやって来ておりー
ナンスンは、カンスにこの事を報告。
そしてチュンチュは、皇極上皇に今の新羅の状況を話し、新羅に帰れるよう中大兄皇子を説得して欲しいと頼んでおりました。

その後、クムガンが飛鳥に到着し、チュンチュに善徳女王の意思を告げますが…
「もし私が太子になっても、その座を半日も守れぬだろう(゚Д゚;)」と思い切り及び腰~な返しをするチュンチュ。

後日、徐羅伐に戻ったクムガンから報告を受けた善徳女王は「何故、チュンチュは余の命令に背く?(-。-;)」と苛立ちを隠せずー。
しかし、アルチョンは「何か事情があるはず(´ω`)」とすかさずフォロー。
てか、あの女官ホンマに邪魔やんねー。いちいちピダムにチクリに行くなよ~。
でもこれを聞き、ピダムはすっかり油断してるようですぞ~しめしめ♪(o^^o)

そして、ついにチュンチュはナンスンらに「今夜、皇太子が百済の使臣を招き、宴を開く。私は今夜飛鳥を離れる(゚Д゚)ノ」と告げましたね~。

その後、外に出たチュンチュに「暗くなる時間なのに、どこに行く?(・ε・)」と聞いてくるケベク。
「上皇に茶を飲もうと誘われた(゚Д゚)」と返すチュンチュ。
しかし、ケベクは「今夜は皇太子の開く宴で思い切り酔う。貴公が新羅に帰るつもりなら、今夜がよかろう( ̄▽ ̄)」などと大胆発言。
チュンチュは「ご忠告に感謝する(゚Д゚)」と返しとりましたが、後で不適な笑みを浮かべてましたな。
しかもその後、皇極上皇に「今日はお別れの挨拶に参りました。私は今夜新羅に戻ります(゚Д゚)ノ」とか告げてたし…(・・*)

その後、宴の場でチュンチュの引き渡しを要求するユンチュンらに、中臣鎌足がまさかの「バカ野郎~!(*`Д´*)」発言。
今回はないと思ってたけど…やっぱ日本語披露するんや?(^_^;)
ま、それは中大兄皇子が丁重にお断りしてましたけど…。
引き続き、中臣鎌足が剣術?を披露しますが、見事ケベクに台無しにされてしまいー
屈辱に耐える中大兄皇子と中臣鎌足…。

その頃、チャビはチュンチュの宿舎を見張っていたファシに勝負を挑んでいましたがー
戻って来たケベクに、それを止められ「チュンチュはどこだ?」と聞かれるファシを横目に…
「チュンチュ公はとっくに発たれた( ̄∀ ̄)」としたたり顔で返すチャビ。
ん?てか、チュンチュはいつの間に発ったん~?(「・ω・`)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[14回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*キム課長*
*内省的なボス*
*ああ、私の幽霊さま*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[06/22 NAE]
[06/21 NAE]
[06/18 NAE]
[06/10 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 20 21 22 23 24
25 28 29 30
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]