忍者ブログ
大王の夢~王たちの戦争 #8「生離死別」
ネタバレ全開・つづきです~(^^ゞ




結局、ユシンはチュンチュを守る為、鎮圧を決意。
王宮前で、抗議デモを続けるチュンチュたちに「左方花郎として命ずる。直ちに解散せよ。」と警告し…裏切られたと思い、決してユシンを許さないと言うチュンチュ。

その後、チュンチュはホリムから破門すると言われてしまいます(>_<)
そして責任を取り、風月主の座をユシンに譲りたいと言うホリム。
「仲間を裏切ったのに、引き継げません(゚Д゚;)」と言うユシンに「護国精神を高める事が仲間への償いになる。」と宥めるホリム。

チュンチュに会ったユシンは、責められ「言い返す言葉がない。」と返すユシン。しかも2度と会わないと言われてしまいー(>_<)
滝麓で悩むユシンの元に、ピヒョン郎が来て「自分を責めるな。いつか分かってくれるヾ(^^ )チョングァンニョが戻って来た、訪ねてみろ。」と言われ、ユシンは即、駆けつけます=3

ところが、チョングァンニョは「婚約は破棄します。大義に背いた方と一緒になれない( -。-)」と…これも本心ではないんですけどね~(^_^;)
「そなたまで、信じてくれぬのか?(´Д`;)」と嘆くユシン。…人を気遣う気持ちって中々、伝わらないもんですな(・_・;)

その後、ユシンは風月主に昇格。思道太后に会いに行きますが、それとなくチュンチュとの交流を断つよう言われてしまいます。

その頃、チュンチュは屋敷で書物を燃やし、荒れていました。
そこへヨンチュンが戻って来て「気持ちは分かるが、忘れるな。必ず先王の意思を継がなければならん。」と叱責します。

結局、ククパン葛文王とトンマンの国婚は挙げられー
ククパンに頬を撫でられそうになり、避けるトンマン(≧Д≦)
「この胸に抱かれてみよ~」なんて、確かに嫌かも~(@_@)
その後、トンマンに「チュンチュらに報復しないと約束して下さい。」と言われ、「それは出来ん~!ヽ(゚Д゚)ノ」とまた、ブチ切れキャラに変身したククパン葛文王は寝屋を飛び出し、酔った挙げ句に女官に無理強い…(ーー;)
そこへスンマンから事態を聞いた思道太后が駆けつけ「廃位されたいのか!ヽ(-o-;)ノ」と説教するも、それを払い除け、どこかへ行ってしまうククパン葛文王=3。思道太后は倒れてしまいます。

別館で、酒を飲みながら吐血するククパン葛文王の元にヨンチュンとユシンが迎えに来ますが、ユシンを見て刺客と勘違いしたククパン葛文王は、ビビりまくります(゚Д゚;)
その後、廃人状態になってしまったククパンを看病するトンマン…何とも気の毒ですなぁ…(;_;)

そしてチュンチュは、ヨンチュンから「徐羅伐を離れろ。」と言われ…「もうククパンには後がない。そうすればお前が王位につく事になる。ここにいたら命が危なくなる。守れるのはユシンだけだ。」と言い、チュンチュの為に、ユシンが犠牲になった事も話し、和解するよう諭すヨンチュン。

まぁ、先にトンマンが王位につくわけなんですが…。

そして、チョングァンニョはユシンの為、祈っていました。
「志を遂げられる為なら命を捧げますー。」と 健気~(;_;)
しかし、そこにキルダルが来てー(何や?あの金のお面は…(゚∀゚)

一方、ピヒョン郎も思道太后の元に忍び込んでおり「太上太后は、権力欲の為、息子である先王を殺したのに、何故罪を悔やんでないのか?(-。-メ)」と恨み辛みをぶつけておりましたが…
剣を差し出し「私を斬って恨みを晴らせ。その代わり頼みがある。」と言う思道太后。
スクルチョン同様、ピヒョン郎にもスンマンを守って欲しいと頼んでおりました。

その後、ピヒョン郎を見掛けたスンマンは頭を下げていましたが、何や~あの不敵な笑みは(^_^;)…大人になったら、さぞ怖いんやろなー(゚∀゚)

そしてユシンはある子供に、キルダルからの文を渡され、そこには“チョングァンニョを助けたければ、観上庵に来い”と書かれていました。
急いで駆けつけるユシン=33
チョングァンニョは「どうして私などを救いに来たのです?(-。-;)」と責めますが「私の愛する人は、そなただけだ。」と。
そして「女人を人質にするとは!」とキルダルを責めるも「お前のせいで、こんな顔になった。お前を殺して恨みを晴らし、首を百済に捧げる!(`Д´)」と闘志剥き出しのキルダルに「命はやるから彼女を助けてくれ。」と懇願するユシン。
「彼女を助けたくば、俺を殺せ。正々堂々と勝負しろ!ヽ(`Д´)ノ」とサシの勝負が始まります。…そのマトリックスもどきの演出って必要?(゚∀゚ゞ

チョングァンニョは、ユシンがピンチなのを見て、小刀でキルダルを刺してしまうのですが、逆上したキルダルに刺し返されてしまいます…(>_<)
すかさずユシンが反撃し、キルダルを斬ったのですが…チョングァンニョは最後に会いたかった旨を伝え、ユシンの腕の中で逝ってしまいます(T_T)
あれでキルダルは、死んだんやろか?(?_?;

「一生そなただけを胸に刻んでおく。」と誓いながら、ピヒョン郎らと共に海に骨をまくユシン。
その後、真興王の巡狩碑前でユシンが佇んでいると、チュンチュがやって来ます。
父から事情を聞いたと言うも、ユシンと大義を共に出来ないと、誓いを刻んだ石を割ってしまうチュンチュ。
「2度と大義に背かぬ。1度だけ機会をくれ(゚o゚;)」と懇願するユシンでしたが「既に我らの誓いは破られた。(-。-;)」と言いチュンチュは、去ってしまいます。

そして、年月は過ぎー 子役から大人に交代。

滝に打たれるユシンの元に、弟フムスンが来て「チュンチュが、徐羅伐に戻った。」と聞いたユシンは、真興王の巡狩碑前にいるチュンチュの元に駆けつけます=33。ーそして再会。
これまた来週から、更に楽しみですな~(*^^)v

いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[6回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS
こんにちは、NAEさん。
7,8話は良かったですよね。

最初分からなかったけど、やっぱりユシンはチュンチュのために、だったんですよね。
しかしまぁー、制度上とはいえククパンと結婚せねばならなかったトクマンが可哀そうでした。
まだ8話から僕も進んでませんけど、この後が楽しみです。
  • by haeun
  • 2012.12.08 Sat 19:47
  • EDIT
はうんさん、こんばんは~♪

ホントに…ククパンと結婚は、ちと可哀想でしたよね(^_^;)

あと、チュンチュとユシンもお互いの事を分かってきたかと思いきや…
やはり言葉にしないと、伝わらないものなんでしょうかねー。

このドラマは、毎週水・木の2回放送で、何とか週末までに見て、記事も書きたいと思いつつー
他のドラマもそうですが、何やかんやあって、中々思うように行きません(^^ゞ
先程やっと、9&10話を見ましたが、大人たちにチェンジして、ますます面白くなりそうな気がしましたよ(^^)
  • from NAE
  • 2012.12.08 Sat 23:46





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*華政*
*ソロモンの偽証*
*トンネル*
*番人*

≫-レビュー済(2017年分)-≪
*錐(キリ)*
*幽霊が見える刑事チョヨン1&2*
*グッドワイフ*
*マスター・ククスの神*
*また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~*
*元カレは天才詐欺師~38師機動隊~*
*町の弁護士チョ・ドゥルホ*
*リメンバー~記憶の彼方へ~*
*ああ、私の幽霊さま*
*キム課長*
*力の強い女 ト・ボンスン*
*LIAR GAME~ライアーゲーム*
*嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
blogram
ブログランキングならblogram
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]