忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



番人 #12
それにしてもユン・スンノという男は、実にしたたかでしぶとい悪人ですな…
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ


やはりナム刑事は、ギョンス母を殺害しー
今回は、その死体を“隠滅”する為、川に遺棄しに来たらしい。

だけど尾行していたスジがすぐさま現場を押さえ~の、
スネに電話を入れー
「2007年の主婦失踪事件の犯人を捕まえました。殺人と死体遺棄の犯人を捕まえたので連行しに来て下さい。…よくご存じのナム刑事です。悪事を全部明らかにして下さい。黒幕はユン・スンノです。よろしくお願いします」と要請します。

一方、ドハンはユン・スンノに「ナム刑事に余計な話をしたな」
てな感じに迫られてたけど…
ドヤ顔で「今頃、お気づきになったんですか?既に合同捜査本部が逮捕に向かったはずです。ナム刑事が逮捕されれば、警察は通話ファイルを調べるはず…数日後に人事聴聞会を控えているのに、お気の毒ですね?検事長。…そうです、私がイ・シニョクssiの実子です」と言い放ってた。

この後、スネたちがナム刑事を連行しに来る訳ですけど…
その現場を見ながら、スジに「これで母さんの無念が晴れるかな…」
と涙ながらに呟くギョンスを見た時にゃ~ちと胸が痛んだわ…

あれからドハンは、父に会いに病院へ行ってたけど…
その後、スジからのメッセージを見て、電話を掛けます。
そしてナム刑事の現状と「父に会いに行ってきた」事を告げたところ…
スジから「今までご苦労様。でも気を付けて。他にもユン・スンノの手下がいるかも」と注意を促されるんですよね。
これに対しー
彼は「大丈夫だ。もう父の子と名乗れる。…ユン・スンノを逮捕する。そしてユナの事件も明らかにする。そしたらユナと、お前への罪を償う」ときっぱり返してたけど…

こん時、あっしはユン・スンノの手助け…
つまりイ・シニョクへ有罪判決を下した裁判官が、実はウンジュンの実父=キム・ジェマンだったってのが、ちとひっかかってたのよね…
現にキム・ジェマンは、ユン・スンノに脅され、
ナム刑事の弁護をさせられる羽目になっていてー
翌日、ウンジュンを訪ねて来てたしで…

あとスネとマ刑事によると、
ナム刑事がユン・スンノとの会話を録音してた通話ファイルは…
どうやら16桁の暗証番号設定でロックがかかってたみたいでー
サイバー捜査隊から、
「この暗証番号を解くには1年かかる」と告げられたらしい。
つまりナム刑事自身に吐かせるしかないと…

それを受け、ドハンはナム刑事に面会しに行きー
「期待するな。あの方はナム刑事を信じない。…どんな提案をされても応じちゃダメだ。死にたくなければ、どんな指示を受けたか正直に話すんだ。取り調べで事実を話した上で告白し、人事聴聞会で証言しろ」と揺さぶりをかけるけど…
でも既にナム刑事は、先に面会に来てたキム・ジェマンに通話ファイルの暗証番号を伝えちまってたのよね。

この後、ドハンはギョンス母の葬儀に行きー
ギョンスから「母の代わりに」と謝罪を受けるけど…
「既に謝罪は受けた。過ちを正そうとしてくれた。それで十分だ。…俺こそ申し訳なかった。お母さんの事を黙ってた。お母さんの苦しみを思うと、とても話せなかった」と逆に謝罪します。
そんな彼にギョンスは、感謝の言葉を返してましたね。

そんな中…
シワンがイネの娘セウォンに近づきー
完全に彼女を味方に引き入れてしまったところで~
ようやくスジが気づくんですよ。
更に彼が設置された監視カメラの存在に気づいてるのに、
素知らぬ振りをしてる事を知りー
スジは宅配業者に扮して、ユン・スンノ宅に潜入~
早速、シワンがユナを殺害した“証拠”を探し始めるけど…
ここでシワンが描いたらしい、
“ 彼がユナを屋上から突き落とす寸前のスケッチ画”が見つかりー
愕然としてしまいます。

だけど、そこにボミからシワン母が戻ってくると連絡が入った為ー
スジは、スマホでスケッチ画の写真を撮って、一旦隠れます。
そしてシワン母が、そのスケッチ画を見たのを見届けてから~の、
背後から羽交い締めにしー
「絵を見て驚かないの?シワンがどんな人間か知ってたのね?」
と責めるけど…
逆に「逃走犯が偉そうに!私のたった1人の息子よ。あの子に手を出したら許さない!」と凄まれてしまいます。

てか~
この間、ナム刑事がキム・ジェマン経由でユン・スンノに脅されー
留置場内で首吊り自殺しちまったみたいですぞっ!

その夜…
ドハンはスジに電話を入れ、ナム刑事が自殺した事を告げた後ー
「明日ユン・スンノの聴聞会がある。お前が知るべき話があるから、必ず見届けてほしい」と念押しします。

そして翌日…
運命のユン・スンノの人事聴聞会となるけど…
その前にドハンの元に警察が乗り込んできてー
「公文書偽造および公務執行妨害で」手錠を掛けられてしまいましたぞっ!
この後、一体どうなるのよ…?
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]

PR

番人 #11
果たしてユン・スンノを罪に問えるのか?ここが正念場…でしょうな。
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ


結局、ナム刑事に車のドアを強引に開けられてしまうけど…
どうやらスジは、乗ってなかったらしい~
この後、ドハンは別場所にいたスジを拾って事務所に戻る事に。

その途中ー
スジは、ドハンに「ユン・スンノについて何を知ってるの?」と問うけど…
彼いわくー
「利用出来る弱みなら、全部知ってる」と…
それに監視をやめようと思った事は1度もないし、
息子のユン・シワンが危ない奴だという事も気づいてたみたい。
スジはそれを聞いて、
「それならユナの事もとめられたんじゃ?」
てな非難めいた返しをしてたけど…
結局、最後は「私もその気持ちが分かるから」と同調してましたね。

それにドハンも、ユナの事はずっと心の傷として残ってたみたいで…
スジと別れた後ー
グァンウに会いに行き、涙ながらに懺悔してた。

その翌日…
スジは、母が記者を追い払う姿を見届けてから~
ギョンスとボミに「ナム刑事を偽の情報で釣ろう」と指示します。
彼女の思惑通りー
しばらくして、ナム刑事が“失踪者(=ギョンス母)10年振りに戻った”という偽記事を見て、担当記者に連絡してくる訳ですけど…

もちろん電話の主は、ギョンスなんですけどね~
でもボミは、彼が連絡してきた事により、
「ギョンスのお母さんは殺された」と確信してしまって…
スジに「これ以上、深く調べるのはやめよう」と訴えるんですね。

これに対し、
ギョンスは「ひどすぎるぞ!…お前は感情がないから、そんな事が言えるんだ!」と激昂して、外に飛び出しちまいましたね…

次にスジは、ドハンと連絡を取り合った後…
ナム刑事に追い打ちを掛けるべくー
TVニュースで「2007年の主婦失踪事件の犯人は刑事だという記事が出、捜査が始まった」という“偽情報 ”を生放送させるんですね。

この放送を見て、ナム刑事はすぐさまユン・スンノに連絡し、
必死のパッチで「ネットに動画があがってます!」
と自分の立場がヤバくなってる事を訴えるけど…
ユン・スンノから「犯人に心当たりがある。私が調べるから、勝手に動くな。ひとまずある場所に行ってくれ」と窘められてしまいー
渋々従う事に。

もちろん監視中だったスジも、即ナム刑事を追いかけるけど…
彼がドハンの父イ・シニョクに会いに刑務所に向かった事を知り、
ドハンに連絡するんですね。
それを受け、ドハンも即駆けつけようとするけど…
ユン・スンノから呼び出し電話が入ってしまいます。

ここで彼から、
「私に嘘をついたな?父親は健在だと言っただろ?君の事を調べさせて貰った。…苦労しただろう?それも殺人事件となれば、尚更だ。…その殺人犯とは面識がある。…イ・シニョクという悪質なスパイだ。驚いた事に私とチャン検事、それにナム刑事まで、全員がイ・シニョクに関係している」と迫られー
ドハンは「ナム刑事とは、スパイ事件の時から仕事してるんですか?」と問い返すんですよ。

すると彼が「そうだ。今日もナム刑事は、イ・シニョクの面会に行ってる。今頃、再会を喜んでるさ」てな挑発をしてきたもんだから~
ドハンは一瞬、感情を露わにしてしまいー
「何を怒ってる?継父に対する情か?それともイ・シニョクは、君の実父なのか?」とツッコまれてしまいます。
それでもドハンは、何とか平静さを取り戻しー
「…僕の父親は亡くなりました。イ・シニョクの事は母と同居してた時から、ただの1度も父だと思った事はない。イ・シニョクは僕の母を殺したただの人殺しです」と言い切ってましたけどね。

ところが…
その頃、刑務所ではナム刑事と対面したイ・シニョクが動揺から手首を切ってしまったらしく、救急車が到着していてー
スジは、グァンウに電話をするんですね。

そん時、グァンウの元には、ウンジュンが訪ねて来ていてー
「チャン検事に電話が繋がらないから、伝言して下さい。検事長(=ユン・スンノ)にチャン検事の正体がバレました」と告げられてたんですけど…
グァンウは「すみませんが、急用が出来たので」とお断り~し、
即病院へ向かいます。

幸い峠は越したみたいでー
この後、ウンジュンも病院にやって来て、
グァンウから、これまでの事情と経緯を全て聞き出してましたな。

一方、ドハンはスジから父の状態を聞いて、
病院に向かおうとするけど…
「今行ったら、ユン・スンノの思うツボよ。お父様の事を思って、今は耐えるのよ」と宥められ、思い留まります。

その翌日…
ドハンは、ウンジュンに屋上に呼び出されー
父の意識が戻った事や、ドハンがスジを助けた姿が映ってる映像は、今ユン・スンノが持っている事などを告げられます。
てのは、あれからチェ議員はユン・スンノに脅されて、映像を渡しちまったらしいのよ。

それに対しー
ドハンは「全て分かってるのに、何故僕を捕まえない?」と皮肉るけど…
彼から「お前は、ユン・スンノの次に取っておく。…この先、どうする?ユン・スンノは疑ってるぞ?お前の計画の概要は聞いた。ユン・スンノを確実に罪に問えるのか?成功すれば、チョ刑事は戻れるな?」と問い返されー
「それが道理だ」と返してた。

次にウンジュンは、スネを呼び出しー
「自首します。チョ刑事にミソ洞事件とキム・ウソン事件の情報を流しました」と嘘の自白をするんですね。

スネはウンジュンを署に同行したものの、自白を信じられないしで…
結局、ドハンを呼び出すんですね。
これを受け、ドハンはスネに「彼と2人きりにして下さい」と頼みー
ウンジュンとご対面します。
すると彼から「お前の言う通り、ユン・スンノは正攻法では捕まえられない。だから協力しよう。ユン・スンノを捕まえて、チョ刑事を家に戻してくれ」と委ねられー
「後悔するなよ。…望み通り、お前を徹底的に利用してやる。そしてユン・スンノを捕まえる」決意を新たにします。

この後、ドハンは監視中のナム刑事と出くわしー
「これは、検事長にしか話してないんですが…キム検事が最後に渡した情報は、2007年の主婦失踪事件らしい。…再捜査が始まるだろうな。証拠は始末したんですか?検事長の指示でやったんでしょ?検事長は、ああいう方だから信じちゃいけない」てな感じに彼を煽りまくって立ち去ります。
そして、すぐさまスジに、
「奴はすぐ動くはずだから見失うなよ」と電話で念押します。

更にドハンは、ユン・スンノに会いに行きー
「全てはキム検事の仕業でした。彼はチェ議員とも繋がってます。それと車載カメラの映像は捏造でした」と嘘の報告をし、
ユン・スンノがドハンに抱いてた疑惑を完全に晴らします。

そしてナム刑事が“証拠”を始末しに行ったところで~
ドハンは、再びユン・スンノを訪ねー
「ナム刑事は、2007年の主婦失踪事件に関与しました。キム検事の供述を受け、彼が姿を消しました」と言い放ち~
ユン・スンノは、ナム刑事に電話をするんですね。

そして「今どこだ?バカな真似をするな。私の指示に従え」と命じるけど…
猜疑心に苛まれているナム刑事が彼の言う事を聞くはずもなくー
「今まで散々従いましたよ?拷問から殺人まで」と退けられてしまいやす。
そのやり取りを横目に見ながら、ドハンがニヤリ顔になったところで~
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


番人 #10
集中再放送が始まる前に何とかレビューし終えたいと思ってたけど…
それも怪しくなってきました。゚(^ω^;)゚。
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ


スジはまずドハンとグァンウに2人が復讐の為、名前を入れ替えて生活してた事を知ったと告げます。
その上で、合同捜査本部に電話を入れー
「自首するから迎えに来て」と言い放ちます。
つまりドハンに何故己の復讐の為に私たちを巻き込んだのか?
警察が迎えに来る前に、全てを吐かせようという腹積もりなのね。

そこにギョンスとボミが乗り込んで来てー
「これまでの会話を録音した、お望みならネットに拡散するわ」と追い打ちをかけるけど…
間もなく警察がやって来ちまった為ー
グァンウが時間稼ぎするからと、スジたちを逃がします。
その途中でボミが警察に拘束されかけてたけど、ギョンスが救い返してた。

一方スジは、ドハンと一緒に逃げてるところをナム刑事とウンジュンに見つかるもー
これもスジがドハンのこめかみに銃を突きつけ~の、
警察を牽制してから車で逃走~
その途中、スジはドハンにさっきの話の続きを促します。

ドハンいわくー
「ユン・スンノを甘く見過ぎてる。…再捜査したら、新たな証拠が見つかると思ってるのか?奴は拷問で、無実の父をスパイに仕立て上げた。父は6年前、獄中で過ごした。その数年後、ようやく生きる力を取り戻したが、それもつかの間…ユン・スンノが幸せに過ごしてる事を知り、アル中になった。母は父の酒を止めさせようとしたが、父に殺害された。殺害は拷問による後遺症らしい。それを訴え、再審を何度も請求したが、父はスパイと見なされていた為、棄却された。…やがて父は再び刑務所に入った。今度は殺人罪で」と…
それを聞いて、スジは「そんな奴にどうやって罪を問うつもり?」と問い返してたけど、答えは得られず…
この後、ドハンを事務所に連れて行きー
ギョンスとボミと合流したところで、話の続きを再開します。

ドハンによると、
「父の裁判で、ギョンスの母はユン・スンノに脅され、偽証をしたらしい。彼女は罪の意識から、何度も請求してた再審の証人になってくれたが、その事を“毒蛇”が知ってしまった。恐らく“毒蛇”はナム刑事の事だろう。それが分かれば、ギョンスの母に会えるはずだ」と…

あの後、ウンジュンはパク部長経由で、チェ・ヘソン議員に会いに行きー
ユン・スンノの悪事を暴く証拠と称して、車載カメラの映像を渡してた。
この時、負傷したスジを助けたドハンの姿が移っている事を説明してたけど、これでは証拠不十分だと分かってたのね。
「再捜査させるには世論を動かす必要がある」とー
彼女に協力依頼をし、快諾を得てましたな。

その翌日…
スジたちは、ナム刑事の監視を始めます。
ちなみに彼はユン・スンノの指示で、ミソ洞事件の担当刑事に会いに行ってた訳ですけど…
彼が誰なのか?スジたちには分かりやせん。

その夜、ドハンが事務所を訪ねてきた為ー
スジは「この人物が誰なのか?」聞こうとするけど…
彼から「ユン・スンノの指示で、チョ刑事を捕まえるよう言われた。母の情を利用して捕まえると返した。明日報道され、大騒ぎになるだろう。監視刑事は俺が誘い出すから、その前に会いに行こう」と促され、自宅に向かう事に。

ところが、既にユン・スンノはドハンを怪んでいた為ー
ナム刑事にマークされてたんですよね…
でもそれも2人の刑事を居酒屋に連れ出した際ー
ギョンスから連絡を受けて、気づくんですけどね。

この後、ドハンは彼らを店に置き去りにし、スジ宅に戻ります。
そして母子の再会を果たしていたスジに、
「もう行くぞ。罠にかけられた」と声をかけ、車で逃げようとするけど…
そこにナム刑事がやって来てー
「夜遅く、どうされました?…私はチョ・スジ刑事が現れたと聞いて、やって来ました。ですが、捜しても見つからないんですよ。でもチャン検事の車は調べてません」と迫られー
強引にドアを開けられそうになったところで~
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


番人 #9
まずは、お断りという事で…(*・ω・)*_ _)

衛星劇場の字幕は、グァンウ=グァヌとなってるんですけど、
今更、訂正する気力も時間もないので…(笑)
これまで通り“グァンウ”で書かせて貰います。
という事で、ネタバレ全開します~(^^ゞ



前回、グァンウがドハンにスジが訪ねてきたと電話をかけた際ー
「せめて計画を共用すべきだ。指示に従わなくなるぞ」と忠告してたみたいだけど…
実はドハンは、彼の父親を拷問した刑事を捜しているらしくー
まだスジたちに正体を明かす気はないらしい。

そんな中ー
警察署で、検事部長が“スジを助けたのはボミだとの判断”を下しー
ボミが指名手配されてしまいます。

一方、スジたちは学校やスジの隠れ家に設置していた監視カメラのモニターをチェックしていたけど…
スジ宅の映像が送られてこない為、ここは警察にバレたと見切ってた。

あと学校の監視カメラについては、シワンが頻繁にカメラ目線してる事からー
スジは彼の様子を伺いに、学校に向かう訳ですけど…
何よりシワンがスネの娘に近づこうとしてるのが気がかりですわ。

その後、弁護士に転身したオ・グァンホの元に、
“部長検事在職中に株の提供を受けた疑い”で検事らが家宅捜索が入っていたけど…
どうやらユン・スンノがチェ・ヘソン議員と彼の密会写真を見て、送り込んだらしい。

そして捜索後に、ドハンがオ・グァンホをしれっと励ましに行ってから、
車に戻る訳ですけど…
いつの間にやらスジが彼を尾行していてー
ドハンは気づいていたけど“最後のミッション“と称し、
余裕しゃくしゃく顔で、封筒を窓から投げ捨てて走り去ります。

その頃、ユン・スンノがチェ・ヘソン議員の車を強引に止めー
彼女を脅迫し返してましたな。

ちなみにスジが事務所に持ち帰った封筒の中身ですけど…
ギョンスの母の写真と“毒蛇を探せばユン・スンノを倒せる”
てなメッセージが入っていてー
ギョンスいわく、
「母さんは自殺だろうと警察に言われた。でもボスが本当は失踪だと教えてくれたんだ。母さんは過去を精算しようとして事件に巻き込まれた」と…

更にギョンスは、スジたちに自ら調べた資料を見せてたけど…
その中にIDとパスワードらしきものが書かれた紙が入っていてー
ネットで検索した結果、
母親ではなく、知らない男の名義が出てくるんですね。

そこに残っていたメールの下書きを見たところ…
「弁護士さん、“毒蛇”という刑事に電話で脅されました。“再審裁判の証人になるな”と。私がいれば、ギョンスの身が危険です。グァンウに伝言して下さい。彼はチャン・ドハンと名乗ったけど、人目でグァンウと分かりました。私が“毒蛇”の正体を暴くと、彼に伝えて下さい」と書かれていてー

この後、明らかになるんですけど…
どうやらドハンとグァンウは復讐を成し遂げる為ー
お互い名前を入れ替えて生活してたらしい。
つまりドハンの本名はグァンウでー
グァンウの本名がドハンって事なんですな。
あとメールの内容からして、
もしやドハンとギョンスは血縁繋がりがあるのかも?

その頃、ドハンは父と面会していてー
ナム刑事の写真を見せながら、
「脅したのは、この刑事だろ?」と問い詰めてたけど…
父は怯えるばかりで、答えは得られず…

この後、ドハンはグァンウと落ち合いー
彼に「あの刑事だったのか?」と問われてたけど…
実はウンジュンもドハンの身辺を探っていてー
2人の会話を聞いて、彼らの事情に気づいてしまいます。

この事は、既にスジたちも気づいていてー
スジはギョンスに「ドハンの腹の内を知りたい。この弁護士を探して何の裁判をしてたのか調べて」と頼み、自身はドハン宅に侵入します。

最初はカード明細以外、生活の痕跡さえ見つからなかったけど…
机の引き出しに、スジたちに毎回送られてきたメッセージカードが入ってたんですね。
しかし、そこにドハンが帰ってきた為ー
スジはやむなく脱出します。

一方、弁護士宅に侵入していたギョンスは、金庫を開けー
“イ・シニョク スパイ容疑事件 再審請求書”を見つけるも…
こちらも弁護士が帰って来てしまった為、やむなく脱出します。

その後、そんな気はしてたけど…
どうやらドハンが柱時計に監視カメラを設置してたらしくー
スジが侵入してた事がバレてしまいます。

その頃、スジは事務所に戻っていてー
例のメッセージカードをテーブルに並べてたけど…
カードは一枚の絵=蝶 が描かれてたものを裁断して使用してたみたいでー
ちなみに絵はグァンウ作らしい。

ここでギョンスが、ドハンが自分の復讐の為にスジを利用してた事を知って怒りを露わにするけど…
スジは「彼の計画と情報を引き出せる」とー
むしろ前向きな発言をするんですね。

その翌日…
ギョンスがグァンウの神父部屋に侵入します。
ここで彼の携帯を拝借して、
ドハンに“話がある。教会で会おう”とメッセージを送ります。

その頃、ドハンはウンジュンから「もうやめろ。私を誘導し、利用するのはよせ。…やめないなら私がやめさせる。よく考えろ」と警告されてたけど…
この直後にメッセージを見て“あとで”と送り返しますね。

そして、この後…
教会にドハンとグァンウが現れたところに~
スジがやって来てー
「話があるのは私よ。…あなたがユン・スンノの復讐の為、何をしたか知ってるわ」と言い放ち~の、
更に~
合同捜査本部に電話を入れー
マ刑事に「自首するわ」と言い放ったところで~
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


番人 #8
これまで逃げられ続けてたけど…
今度こそ、ユン・スンノを追い詰められるのかしらね?
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ


のっけで、スジの入院してる病院にてー
ギョンスとボミが初のご対面を果たしてたけど…
彼が人違いしまくってたとこは、ご愛敬かしらね?(笑)

やはり病院に連れて来たのは、グァンウだったみたいでー
スジが彼に状況を問い詰めてたけど…
「見掛けて力になっただけです」とかわされてしまい、
「…ご友人の指示ですよね?私達を危機に陥れたり、助けたり…でも1つ分かりました。私達を利用して、何かを企てていると」と皮肉をカマします。
それに対しー
グァンウは「私達も辛い経験をしました。その呪縛から逃れる為に動いています」とだけ返し、帰って行きましたな。

その頃、ドハンはオ部長とユン・スンノを引き裂くべくー
オ部長をチェ・ヘソン議員と密会させ、その現場を隠し撮りしてた。

結局、スジは心配するギョンスの小言をスルーして、強制退院しー
ボミと3人で、ギョンスの隠れ家(事務所)に戻ります。
ここから3人の奇妙な?共同生活が始まる訳ですな(笑)

その翌日…
早速、ギョンスはカン・ジングを捜し始めるけど…
「葬儀場の防犯カメラを確認しましたが、行き先は不明です。奴には携帯がないので、お手上げです」と…
ここでボミが「私をおとりに使って」と訴えー
自身の写真と共に、
“久々に帰国。我が家へ”とメッセージを付けた上で、SNSに投稿~。
それを受けー
スジは、ギョンスに「ボミの家の周辺で張り込んでて」と指示します。

ところが、ギョンスがボミ宅に向かう途中ー
ネットカフェから、カン・ジングが警察に連行されて行くんですよ。
ギョンスは、すぐさまタクシーで後を追いかけます。

その後、署にてスネがウンジュン立ち会いの元、
カン・ジングを取り調べるんですけど…
しばらくして、ドハンが「保護しろと指示があった」と阻止しに来てー
ナム刑事に連れ去られてしまいます。

ボミはギョンスから、この報告を受けた後ー
スジに睡眠薬を飲ませ、彼女の銃を持って1人でケリをつけに、
自宅に戻ってしまいます。

そして、その夜…
ボミの思惑通り、カン・ジングがボヤ騒動を起こしー
保護部屋を脱出して、ボミ宅に侵入して来るけど…

ここで奴が悪びれる事なく、
「警察に追われてる者同志、仲良くしよう。全てお前の叔父の指示で殺った」とかほざいて来てー
ボミは怒りにわななきながら、
「たかが、お金の為に4人も殺したの?」と銃を向けるけど…
奴は「たかが?…お前の叔父は、カネの為に身内を殺させた。他人に殺せない訳ない」と開き直ってきやがるしでー
ボミも奴を撃ちたいけど、
スジやギョンスの事が頭によぎり、トドメを刺せやせん~

そこを奴に突かれ、ボミは銃を落としてしまうけど…
亡くなった姉が「あなたは何をすべき?」と問うてきてー
恐怖と闘いながら、警察に通報するんですね。

一方、スジもギョンスに起こされ、ボミ宅に向かうけど…
ナム刑事たちが待ち伏せしてた為ー
一旦、引き返す事に。

そしてギョンスに、即ボミ宅に記者たちを呼び寄せるよう指示しー
ナム刑事の注意を彼らに向けさせてから~
ボミを救いに向かいます。

ところが…
ここでボミが銃を拾い上げ、カン・ジングに発砲しちまうんですよね。
スジは彼女を宥め、銃弾を空にしてから~
共に部屋を脱出します。
その音を聞きつけたスネたちがボミ宅に乗り込みー
カン・ジングを“4人を殺害した嫌疑”で連行します。

これにより“ミソ洞事件”は再捜査となりー
検察はアメリカに逃げた共犯者の引渡しを要請します。

そしてチェ・ヘソン議員も…
「何故ユン・スンノ氏の周辺には、偶然が重なるのか?チョ・ユナ事件の際も、彼の息子が偶然現場にいた。ミソ洞事件の時には、大統領選挙直前に検察のミスで偶然、米兵の犯罪がうやむやになった。…彼が検事総長で辞退しないなら、聴聞会で真相を明らかにします」とー
記者たちの質問に答える形で、ユン・スンノに改めて宣戦布告するんですな。

あとウンジュンが住民からスジが撃たれた日の車載カメラの映像を見せて貰いー
スジを助けたのがドハンだった事に気づいちまってたけど…

一方、スジは教会にいるグァンウに会いに行きー
「友人と会わせて下さい。ユン・スンノを追い込むには、その人の情報が必要です」と迫っていたけど…
またもや拒否られてしまいます。

だけどスジが引くはずもなく…
ドハンがスジを止血する際、使ったハンカチを見せー
再度、迫ったところで~
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


PREV ←  1 2 3 4  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]