忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私の心が聞こえる? #19
何だか一気に泥沼ムードになっちゃいましたな(*´・ω・`)
ネタバレしてます~(^^ゞ



てか~
スングムを連れ去るマルの顔が怖すぎる…(°д°|||

結局スングムは、マルに問い詰められて、シネが実母だと告げるんですけど…
マルは、あの女が叔母でも母親でもどうでもいいと。母親は既に死んだものと思ってきたし、チェ会長が父親である事も気づいたと。
だから「ここに来たのは、俺を苦しめた奴を確認する為だ」と言い放つんですな。

まぁ、スングムのした事が正しかったのかどうかは分かりませんが…
でもマルも「赤の他人のポン・ヨンギュとポン・ウリを捨てたと俺がなぜ苦しむ必要があったんだ?何故そんな風に生きなきゃならなかったんだ!」とかそない責めんでも…(o´д`o)

思うに、もしヨンギュが健常者だったなら…マルもここまで拒絶はしなかったんでしょうね。
でも皮肉な事に、マル自身が求めている真の愛情を注いでくれるのはヨンギュなんですよ。
でも彼はそれに気づこうともしないのよねε=(・д・`*)

結局、マルは「キム・シネ、チェ・ジンチョル、ハルモニ…!俺が命じるまで死ぬな。長く生きて、これから俺がどうするかよく見てろ!」とか吐き捨てて去って行くんですけど…
それって何か違うくないか?(ヾノ・ω・`)
しかもウリと遭遇しても思い切りスルーしてたし…(´-ω-`)

この後、ウリは道で倒れていたスングムを見つけー
ドンジュと一緒に病院に連れて行くんですけど…
あっしは、この間ずっと謝り続けてるスングムがもう可哀想で見てられなかったですよ…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)


そしてドンジュも病院内で医師の話が聞き取れずー
落ち込んでしまうんですよね(*´・ω・)
そこにスンチョルがやって来て対応するんですけど…
結局、スングムは深刻な状態じゃなかったらしく、家に戻れる事に。

ここでスンチョルに「病院に運んでくれて助かった」とお礼を告げられー
ドンジュは「役に立てず、すみません」と謝るんですけど…

この後、外に出てマルの留守電に「悪い知らせだけどハルモニが倒れた。でももう大丈夫だよ。今病院なんだけど、ここは複雑な所だね。聞こえないと付き添いも出来ない。チャ・ドンジュの主治医、守護天使のヒョン。勤務怠慢だぞ、解雇される前に連絡しろ」と涙ぐみながら吹き込んでた事から、やっぱ相当辛かったのね…(o´д`o)

結局、マルは、植物園近くに車を止めて寝てしまったらしくー
翌日、出勤してきたヨンギュに声をかけられてたけど、目が合う前に逃げて行きましたな。

その頃、ウリはドンジュに電話を入れー
ハルモニが退院した事を報告した後、
「初出勤の日だけど、お休みを頂きます、すみません」と謝るんですけど…
ドンジュも安心したのかー
「俺が退社するまで1時間おきに電話しろ」なんて、おどけてましたね。

一方、チェ会長は“エナジーセル市場参入に成功”という新聞記事を読んで、シネに八つ当たってたけど…
ここで彼女にヒョンスクと離婚するよう煽られた後ー
「病院でモンタージュをばらまけ」と指示してましたぞ(°д°|||

この後、シネはエナジーセルにやって来てー
ナ・ミスクにしきりに絡んでたけど、逆に返り討ちに遭うという…(´・∀・`)

てかスングムてば、
マルの事がショック過ぎて、言葉が話せなくなっちゃったみたいで…
ウリが必死に慰めてましたね(´・д・`)

そこにナ・ミスクがお見舞いにやって来てたけどー
2人のやり取りをドア越しに聞いて泣いてしまうのよね(o・ω・))

しかもヨンギュが家に戻って来てー
泣いてるナ・ミスクを見て、スングムにあげるはずだった花束を渡すんですけど…
ここでナ・ミスクは、泣き崩れてしまうわ~
ヨンギュもつられて泣き始めちゃうしでー(゚Д゚≡゚д゚)
でもナ・ミスクも我に返って、恥ずかしくなったのかー
ヨンギュに「ここに来た事と泣いた事は秘密にして」と口止めしてましたけどね(´-∀-`)

てか~
シネがマジでマルのモンタージュを病院に貼り始めましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

あとドンジュがマルに呼ばれて、ソウルの自宅に戻るんですけど…
ヒョンスクとマルの事でまた堂々巡りになってしまうのよね(*´・ω・`)=3

と、そこにマルとチャン博士がやって来てー
4人でワインを飲みながら盛り上がってけど…
マルのハイテンションぶりは、ちと異様でしたな(;´・ω・)

しかも、そこにチェ会長が帰って来てー(゚Д゚≡゚д゚)
マルてば、
「万が一、ドンジュに会社を奪われたらどうしますか?」とか~
「僕はチェ会長の若い頃に似てるんでしょ?」とか言っちゃってー
挑み方が大胆すぎて怖いったら、ありゃしない~(p´Д`;)

この後、マルはウリに電話をかけー
明日、会う事になるんですけど…この様子をドンジュが見てたのが気になるわ。

翌日、ヨンギュがスングムを植物園に連れて来てー
「仕事が終わったら、遊ぼうね」と話しかけてたけど…
この後、スングムが独りごちてた言葉からしてー
元々、ヨンギュはスングムが仕えていた家のお坊ちゃまだったのかしらね?(o・ω・))

一方、マルはチェ会長が出社したところにやって来てー
「エナジーセルで働きたいんです。チェ会長とチャ代表のコネがあれば、可能ですよね?」と挑むんですけど…
ここでチェ会長に「なら俺の部屋に来い」と誘われてるのに、
「後で行きます」とか返しちゃって…ホント、ハラハラですよ(p´Д`;)

結局、マルは屋上でチェ会長に「君ごときが俺を裏切るのか?俺が許すと思うのか?」と責められてたけど…

「では一緒に刑務所に行きますか?一部は半導体工場の契約金に充当したので会長も無傷ではいられません、あなたを幸せにはさせない!あんたに捨てられた人たちの為に、ウギョンは絶対、渡せない!本来の所有者に返す、だから一生、その下で生きろ!」とか凄んじゃって~
マル、あんた怖すぎるよ…(°д°|||

もちろんチェ会長がマル潰しの為、部下に即、株を売るよう命じたのは言うまでもありやせん(ヾノ・ω・`)

この後、マルはウリとの待ち合わせ場所に向かうんですけど…
そこにドンジュがやって来てー
「何故チェ・ジンチョルを刺激するんだ?」と咎めるんですなd(゚Д゚*)

ここでマルは「お前が母さんとエナジーセルを成功させれば、それでいい。投獄されたら出してくれ。16年間、お前を守ったんだ。そろそろ交代してくれ。今日からお前がチャン・ジュナの守護天使だ」と返すのよ。
やはり自らを犠牲にして、決着をつけるつもりなのね…(´・д・`)

だけどドンジュは、この言葉を聞くなり、マルを殴りつけちゃう。
更に胸ぐらを掴んで「お前は、チャ・ドンジュのヒョンじゃない!こんな事をするなら俺のヒョンをやめろ!」と怒鳴りつけたところで~(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]