忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



鄭道伝 #41
ついに、ついに!朝鮮王朝開国となりましたね~(ノ*´∀`)ノ☆
早速、ネタバレ全開します~

「主君にお話があって参りました」と告げるドジョンに、
ソンゲは「もう私は、お前の主君ではない。その呼び方はやめてくれ( `д´)b」と怒鳴ってたけど…
ドジョンがいなかったのが、よほど寂しかったのね~ε=(・д・`*)

「私は王にならない!私が王として政務を務められるのは長くて20年だ。王になりたいが為に忠臣を流罪や死刑にして、挙げ句息子にチョン・モンジュの命を奪わせた野蛮なイ・ソンゲの時代は長く続くと思うか?私は愚かではない。まともな者なら王になるはずがない!」と断固拒否るソンゲに、
ドジョンは「私は主君を“聖君”と呼ばせてみせます(`・ω´・)ノ」と言い切ります。

「聖君だと?何を言っているのだ?私が王になったら、真っ先にすべき事は何だ?私を盗賊と思っている奴らや王氏や貴族、イ・セクの弟子たちを皆、捕まえて始末する事になる!そんな事では聖君になれない!(*`ω´)ノ」と言い放つソンゲに、
ドジョンは「主君でなく、私が殺します。私の名で、私のこの手で始末します。この旅でそう決心して帰って来ました。主君は日の当たる場所で、民を徳で治めるのです。私は日の当たらない場所で新たな敵と戦います。玉璽を受け取って下さい」と告げますが…

てか~
ソンゲも、いつまで駄々こねてるのよ~(*´・д・)

ついにドジョンも「圃隠は死にましたが、戦いは終わっていません!間違っていたのは私たちですか?民を守れない国を滅ぼして、民の国を建国しようとしたのは間違いでしたか!ヽ(o`Д´o)ノ」とブチギレちゃいましたよ~(;´д`)

なのにソンゲてば、
「私の正当性を証明する圃隠が死んだ。圃隠がいない今、イ・ソンゲは王になる事は出来ない(ヾノ・ω・`)」とか言うのよ。

それでもドジョンは訴えます。
「生きている人たちは、どうなるのですか?明日への希望に生きる哀れな民を見捨てるのですか?人間らしく生きるべきです!それこそ我々が目指していた大業でした。この国に苦しんでいる民が1人でもいる限り、大業は続きます(`・ω´・)ノ」とー。

そしてどれくらい時が経ったのかー
ついにソンゲは、玉璽を受け取る事を決意します。
でもな~
ここでも「圃隠に恥ずかしくない国を建国出来るのか?お前の命を賭けられるのか?」って…
こないに側にいてソンゲに尽くしても、ドジョンはモンジュに適わないのかとー
あっしは、ちと切なくなっちまいやしたよ…(*´Д`)=3

この後、ドジョンは外で待ってた重臣たちに、
「この国の新しい王様が誕生しました」と告げますが…
これに1番安堵したのは、バンウォンでしょうなd(*´Д`*)

ここでペ・グンニョムとジランが新王の誕生を祝って万歳三唱を唱えます。
(*ノ゚Д゚)八(*゚Д゚*)八(゚Д゚*)ノ

と、ここでネタバレーション(*・д・)b
1392年7月17日にイ・ソンゲは玉座に就く。即位式は寿昌宮で行われた。議決機関の都評議使司、すなわち都堂の承認で政権の合法性を得た。よって高麗は、475年の歴史に幕を下ろす事になった。新王朝が誕生するまでの間、政争と争いが起きたが政権交代においては、軍事力を使わなかった。チョン・ドジョンが作成した即位の辞で、国名、法制度など高麗から継承すると宣言した。これは易姓革命への抵抗を最小限に抑える為の処置だ。翌年イ・ソンゲは、国号を“朝鮮”と変えて、新国の太祖になる。性理学を国家理念とした農本主義国家、朝鮮王朝518年の歴史は、こうして幕を開けた。

この後、儒者たちが役人になるのを拒んで、家族と共に杜門洞に逃げ込んだらしくー
民の間で“杜門不出”という言葉が出ているらしいのよね(*´・ω・)
民心離れを危惧するチョ・ジュンたちに、
ドジョンは「道理に従い、解決するのみです。まずは科挙から行い、役人を増やす事が急務です」と告げます。

あとバンウォンは、まだソンゲから許しを得られないようで…
謝罪以前に、そもそも会ってもらえないみたいですな(o・ω・))
ドジョンも「昔の呼び方で呼ばれると身がすくみます」なんて、思い切り他人行儀な物言いをしたりしてー

でもこの後、ソンゲに「いつまで靖安君を避けるおつもりですか?殿下が最も寵愛されている王子です。もう許してあげて下さい」と頼んでましたね。
でも見事にスルーされてたけど…。゚(^ω^;)゚。

それとソンゲは、イニムの呪縛に囚われているらしくー
玉座に長時間座れない状態が続いてるみたいですね…(*´・ω・`)

しかも科挙の試験当日、誰も科場に現れなかった事が分かりー
ソンゲは「官吏になりたくないようだな?なら100年間、科挙を受けられないようにしろ!( `д´)b」とかブチギレてましたけど…

ナム・ウンによると、
イ・セク側の儒生が忠臣不事二君(=忠臣は二君に仕えず)だと、科挙を拒み、他の儒生も足並みを揃えたらしいのですよ( ・`ω・´)

ここでユン・ソジョンは「新王朝に対する紛れもない挑発です。決して許してはなりません。殿下の権威に失墜させた罪に問いましょう」と訴えますが…
ドジョンは「民に笑われるだけだ。改めて科挙を実施する。再試の準備をしてくれ」とー

そしてナム・ウンには「即位の辞に記された反勢力の56人の内、刑が執行されていない者に刑杖の刑(=100回杖で打ちつける刑)をファン・ゴジャンに執行させ、この任務を全う出来たら開国功臣の1人にいれてやると伝えてくれ」と命じます。

でもナム・ウンは「本当に大丈夫ですか?心が辛くないのですか?」とドジョンに念押しして聞くんですよ。
その理由は、イ・セクの息子イ・ジョンハクとイ・スンインも処刑の対象者だったからなのね…(´・д・`)

刑が処されている間、ドジョンは冥福を祈ってましたけど…
でも彼らも成仏出来ないんじゃないかしら?(;´д`)

あとソンゲの元に、バンボン=撫安君とバンソク=宜安君が挨拶に来てましたけど…
バンソクは、8男なんですな((・・*)

それとジランに世子が必要だからとー
東北面にバンウを迎えに行かせてましたけど…
バンウ=鎮安君はソンゲの即位を聞いた後、行方知れずになりー
連れて帰ってこれなかったらしいんよね(*´・ω・)

と、ここでネタバレーション(*・д・)b
イ・バンウは、イ・ソンゲと神懿王后の長男として生まれる。早くから朝廷に出仕し、礼儀判書 密直副使を歴任した。兄妹の中で唯一、易姓革命に反対した人物だ。朝鮮が開国した直後、鎮安君に冊立され、咸鏡道 高原の田畑を下賜された。だがバンウは、海州で隠遁生活を送った。その翌年、持病で他界、40歳だった。本貫は全州、敬孝という諡号が贈られた。

この後、ソンゲはドジョン、チョ・ジュン、ペ・グンニョムを呼び出しー
「世子の件は、どうすればいいのだ?適任だと思う王子は誰だ?」と問うのですが…
ペ・グンニョムが「昔から国が安定している時は嫡男を。国が乱れている場合は手柄を立てた者を選びました」と告げた後ー
続けてチョ・ジュンが「嫡男として選ぶなら次男の永安君(=バングァ)、手柄を重視するなら靖安君(=バンウォン)が適任でしょう」と建言しますd(*´Д`*)

ここでドジョンは、ソンゲに意見を問われー
「お二人の意見は正しいと思います。ですが、世子は将来の国王です。年齢や手柄より、徳のあるお方にすべきです。どうか王子の中で最も誠実なお方を選んで下さい」と告げます。

しかも、この話をヨンギュが即バンウォンに報告するんですよね(。-`ω´-)
「今は父上の信用を失っている、時期が悪い」と弱気のバンウォンに、
ミン氏が「待っていては始まりません。席藁待罪をしてでも許しを請うべきです」とけしかけるんですけど…

ここで「父上より三峰様が面倒だ。世子の条件として徳望を主張している。私は相応しくないと遠回しにそう言っている。三峰様が反対したら父上は絶対に私を選ばない」と嘆くバンウォンに、
「ですが、あなたには三峰様に対抗出来る援軍がいます」と不適な笑みで告げるミン氏が超怖ぇ~(;∀;)

その後、バンウォンはカン氏を訪ねー
「恥を承知で、お願いに来ました。世子の冊立の事です。重臣がバングァ兄上と私を選んだ事は、既にご存じでしょう。どうか私の味方になって下さい。世子の地位が欲しいからじゃありません。父上の国を太平の世に導くには、微力ながら私が最も適任だと思います」と頼むんですよねd(゚Д゚*)

ここでカン氏は「じっくり考えて見ます」と返しますが…

この後、バンウォンの屋敷にミン氏の父ミン・ジェが訪ねて来てー
「イ・セクの派閥にされて、転々としている人がいます。その人が靖安君を世子にしてみせるので、しつこく会わせてくれと言われています」と告げてたけど…
これがハ・リュンだったと言うのですよ。
前回、モンジュの墓前でドジョンとバンウォンの話を盗み聞きしてた時のあの鋭い眼光は、そういう意味だったんですな(。・д´・。)

結局、この日はご対面とはならずー(ヾノ・ω・`)
帰り際ハ・リュンは、ミン・ジェに「機会があれば、靖安君に伝えて下さい。世子になりたければチョ・ジュンらを味方につけ、王妃様とは距離を置くようにと。人情の常です、王妃様も人ですから我が子が可愛いはず」と言付けてましたね。

その頃、カン氏はソンゲの寝殿を訪ねー
「世子を決めたのですか?」てな事を問うてましたけど…
逆にソンゲに意見を求められてしまいます。

「歳では永安君が適任ですが、資質は靖安君に劣ります。兄弟の中で最も貢献したのは靖安君ですが、徳望が足りません。世子には不適格です」と告げるカン氏に、
ソンゲは「ならばバングァか?」と返すのよ。

すると~
ここでカン氏は「殿下は、本当にひどいお方ですね。撫安君と宜安君は気にも留めないのですか?私は殿下に全てを捧げました。権門勢家から元から帰化した附元輩の妾だと…殿下の為に30年以上も耐えてきました。私は靖安君に劣りますか?私の息子は靖安君に及びませんか?」と不満を一気に爆発させちゃいましたよ~ヾ(〃゚ω゚)ノ

ソンゲも慌てて「あの子たちは目に入れても痛くない。だが世子になるには幼すぎる(ヾノ・ω・`)」と宥めてたけど…

てかハ・リュンの言う通りな展開になりましたぞ?(;´・ω・)

この後、ソンゲはバンウォンを宮殿に呼び出します。
早速「あれから苦しい毎日を過ごしていました。どうか私の過ちをお許し頂けないでしょうか?」と謝罪するバンウォンに、
ソンゲは「お前に任せたい事があって呼んだ。出来るか?」と前置きした後ー
「東北面に行ってくれるか?ご先祖様に王になった事を報告して、墓地を王陵にして来なさい」と告げるんですよ。

バンウォンは、この言葉に動揺しー(゚Д゚≡゚д゚)
「父上にお聞きしたい事があります。世子になるのは、バングァ兄上ですか?」と問うんですよね。
しかしソンゲに「世子は宜安君バンソクだ」と告げられー
バンウォンがわなないたところで~(y゚ロ゚)y
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]

PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]