忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



サメ~愛の黙示録~#6「記憶を消しても」
イスの正体を最初に知るのは…ヘウか?それとも…?(゚Д゚≡゚д゚)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



イスにキスされた後ー
ヘウはビンタをカマして去っちゃうんですけど…
てか、この現場をヨンヒに撮られちまってましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)

しかもヘウは店に携帯を忘れたらしくー
イスが届けようとしたところに、イヒョンから電話がかかってきたもんだから~
思わず出ちゃうのよね。

もちろんオッパとしてではなかったけど…
イヒョンと話せたのが嬉しくて、今にも泣きそうになってるイスが切ないったら…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

でもジュニョンがやって来た途端ー
すぐ覚醒してましたけどね。

更にヘウが戻って来てー
イスは、携帯を返した後に「2人のお勧めだったから来たのですが、偶然お会いしました」と事情を説明しますね。
ここでジュニョンは「自宅まで送ります」と誘うんですけど…
ヘウが「タクシーの方が気楽だって」と断ち切っちゃう。
ま、その気持ちも分からんでもないけどね…(*´・ω・)

あとピョン刑事が家に戻った時に、
イヒョンからイベントの景品で望遠鏡を貰ったと告げられてたけど…
やはり怪しいと思ったのね。
「あとで主催社を教えてくれ」と頼んでましたな(o・ω・))

そしてイスは、マンションに戻ろうとしてたけど…
やはり尾行男に気づいてたらしい(。・ω´・。)


ここで尾行男に、空中蹴りをカマすイスがカッコいいったらありゃしねぇ~☆(≧∀≦*)ノ

更に男の首を踏みつけー
「誰の命令だ?」と問い詰めてたけど…
どうやらムン社長に「弱みを握ってこい」と頼まれたみたいね( ・`ω・´)

しかもキスした写真は、ヨンヒだけが撮ったのかと思ってたけど…
尾行男もしっかり盗撮してたんですな(°д°|||

それと尾行男が去り際に「あの女は危険だ、気をつけろ」とか叫んでたけど…
それってヘウの事?それとも…?(゚Д゚≡゚д゚)

この後、ヨンヒはヨシムラ会長から、
「沖縄のホテルにオ・ジュニョン夫妻を招待する。チョ会長の別荘にジュンが招かれたし、こちらもお返しをせねば。ジュンには、私から連絡する」と電話を受けー
「私のしている事が何の役に立つのか、お聞きしてもいいですか?」と問うんですね。

ヨシムラ会長いわくー
「私はジュンを助けている。正確にはあの子の仕事の後押しだ」と…(*・д・)b
ようするにカヤホテルを潰したいんですな。
だけど計算外の偶然や衝動により、失敗もあり得るー。
だからヨンヒに監視させてるのね(*´д`*)

あの後、ヘウはジュニョンは本屋に寄ってたけど…
ここで「12年前、ひき逃げをしたのはアッパだったの。ハン運転手がアッパの代わりにひき逃げ犯になり、チョン・マンチョルが手助けして、真実を隠ぺいした」事を話すのよ。

「じゃあ、イスとイスのアボジの死にも…」と問い返してくるジュニョンに、
ヘウは「それだけは違うと信じたい。それを確認する為に、徹底して事件を解明する。発端はひき逃げだったけど、事件は複雑に絡まってる。過去と現在の事件を結ぶ接点が分からない。それが分かれば、何かが見えてくるはず」と訴えます。

「絶対違うとは思うけど…アボニンが関係してたら、その時はどうする?俺が止めても諦めないよな?」と意思確認してくるジュニョンに、
ヘウは「ハラボジが心配だわ…真っ直ぐな人だけに失望するわ」と声を詰まらせちゃってたけど…

その黒幕がハラボジだと知った時、ヘウは耐えられるのかしら?(o´д`o)

そこに本屋の店主が戻ってくるんですけど…
てかヘウたちが去った後、何度も連打してたのは…もしやカメラか?(´・ω・)

この後、ヘウは家に戻りー
チョ会長に「カン・ヒスという人を覚えてる?担当事件と関係がありそうなの。ハン運転手とカン・ヒスssiの間に、何か接点はなかった?」と問うんですけど…
「2人は知り合いだったのか?」とトボケられるのよ。

しかも、そこに泥酔したウィソンが乗り込んできてー(゚Д゚≡゚д゚)
ヘウに「私が殺人犯だって話か?それで証拠は見つかったのか?」とか絡むわ~(ノ`Д´)ノ
更にチョ会長に「あいつは私の話を信じないんです。この私はそんな極悪人ではありません」と泣きつき始めるしで…。゚ヽ( ゚`Д´゚)ノ。゚
これも見事に一喝されてましたけどね~(´-∀-`)

この後、チョ会長はヘウに「お前も無理せず休め。私はお前の健康が心配だ」と宥めてたけど…
ヘウが去った後、めちゃ険しい表情になってましたな(;´д`)

あとパク女史がウィソンの部屋に水を運んで来た際ー
サイドテーブルにあった“ジャイアントホテル キム・ジュン”の名刺を見つめてたけど…

その頃、イヒョンはピョン刑事の部屋にホッチキスを取りに来ていて…
ここで血塗れの“14”の鍵が写っている“事件報告書”を見ちゃうのよ(°д°|||

そこにピョン刑事が戻って来て、慌てて報告書を取り上げようとするけど…
イヒョンは「オッパの鍵よね?でも私が渡した鍵と番号が違う。オッパに渡した鍵は“22”だった。アッパが好きな数字なの。2人が仲良く歩いて見える数字だって」と訴えますね。

でも“22”の鍵は、今はイスが持ってるみたいだけど…?(゚Д゚≡゚д゚)

しかもチョ会長が誰かに電話をかけー
「こんな事をするのは、あの子しかいない。ハン・イスは生きてるかもしれん」とか告げてたしで…
またイスを消そうと躍起になるんじゃ?(;´・ω・)

そして翌朝…
イスがジョギングしてたところに、ヨンヒが追いかけてきてー
昨夜見てた映画の話をするんですよ。
「失恋した主人公が苦痛から抜け出す為、恋人との記憶を消す覚悟をするんです。でもまた同じ人に恋をします。記憶を消しても、彼女を愛した自分は変わっていないから。それは消す事も変える事も出来ない。頭からは消したけれど、心は覚えている。そういう話です」と…

ここでイスは「つまらない」と返してたけど…
めちゃくちゃ動揺してましたよね(*´・ω・)

一方、ヘウも休暇を終えて、事務所に出勤してたけど…
早速、スヒョンから「カン・ヒスは昔学生運動をして2度投獄され、服役後は精神科の治療も受けています。だけど病院は廃院されていた為、担当医師を捜しています」てな報告を受けていたところに、
部長がやって来てー
「チョン・マンチョルの事件は、パク検事に任せた。殺人事件は彼の専門だ」と告げられちゃう(´・д・`)

当然、ヘウは「チョン・マンチョルの事件は、私の管轄です。既に捜査も進めています」と訴えるんですけど…
「アボニンが被害者と話した記録があるんだろう?記者にゴシップネタを与える必要はない。オ地検長の立場も考えろ」と退けられてしまいやす(´-ω-`)

あとドンスが初出勤してましたけど…
おしゃべりなところは、相変わらずでしたな(*´・∀・)
しかもイスてば、
車中でドンスに“男友達”について怪しい問いかけをしたりしてー
狼狽しまくる彼を見て、密かに笑ってましたよね(´-∀-`)

この後、イスは入院しているムン社長を訪ねー
昨日の尾行男の件について、しらっと責めてたけど…
「昨日の件は私が軽率でした。お詫びします」と謝罪してくるムン社長に、
「私の弱点はミスに厳しい事です。こちらの希望条件で売却してもらいます。もう1つ条件があります。カヤホテルには内密にして下さい。あんたに選択権はない」とか言い放っちゃってー
ホント容赦ないわ~(-∀-`; )

そしてイスが帰ろうとしたところに、ジュニョンがやって来てたけど…
互いに挨拶をかわした後ー
2人はカヤホテルのバーで呑む約束をして別れますね。

一方、ヘウはイヒョンのバイト先のカフェでピョン刑事と会っていてー
鍵の事を告げられたのね…
「じゃあ、本来の鍵はどこへ行ったの?」と問うんですよ。
「“22”に刺さっていただろうな。イスがロッカーを開けて書類を見つけた時点で、そこに刺さっているべきだ。不可解なのは、現場に落ちてた鍵だ」と返されー
ヘウは「他のロッカーに入れ替えたのかも。イスが書類を預け直したなら納得がいきます。だとしたら警察から鍵が盗まれたのも説明がつきます」と推測しますね。

て事は…やはりチョン・マンチョルが保管室から鍵を盗みー
それをイスが奪還したのかしらね?(o・ω・))

恐らくピョン刑事は、ひき逃げ犯と殺人事件犯は同一犯ではない事には気づいているけど…
カン・ヒスが持ってた書類と、イスがロッカーで見つけた書類が同一である事はまだ分かっていないのよねd(*´Д`*)

この後、ヘウはデユンに会いに行きー
「12年前、あなたが腕時計の話をした子は友達なの。私はその子が失踪した理由を調べてる。腕時計を見たかどうかは、どうでもいい。私が来たのは、あなたが嘘をついた理由を知る為よ。もしや脅迫された?」と問うんですよ。
ここでデユンに「知らない人だよ」と返された為ー
更にヘウは、彼を問い詰めるんですけど…
そこにスヒョンがやって来てー
彼が口止めしてたと知るんですな。

この後、ヘウはスヒョンを激しく非難するもー
「何と言われても話せません。検事の為です」と拒否られるのよ(ヾノ・ω・`)

それでも尚、責めてくるヘウに、
スヒョンは「耐える自信があるんですか?最後まで諦めず真実を暴けるんですか?」と問い返すんですけど…
結局「オ地検長です」と告げちゃいますね。
やっぱヘウは、めちゃ動揺してましたね…(*´・ω・)

この後、ヘウはジュニョンに電話をかけー
ジュニョンと会う約束をするんですけど…
でもその場所に、先にイスが到着しちゃうのよね。

「連絡しようかと思ってました。昨日は…」と謝罪するイスを遮りー
ヘウは「いいんです。お酒のせいだと思う事にしました。気にしてたら忘れて下さい。私も忘れました。ここには何の用ですか?」と切り返しますね。

ここでイスに「本部長と約束してます。同席しても構いません」と告げられた為ー
ヘウは「主人には家でも会えますから」と返し、帰ろうとするんですけど…
イスが「もし酒のせいでなければ?それでも許してくれますか?」と問うたところで~(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]

PR

サメ~愛の黙示録~#5「12年前の因縁」
真相を解明してほしいけど、愛する人は苦しめたくないー。
恐らくイスは、ずっと葛藤し続けるんでしょうな…(o´д`o)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



ヘウは、イスに近づいて行きー
「ここには何の用ですか?」と問うんですけど…
どうやらイスは、チョ会長に招待されたらしい。

「実は、あれから少し気に掛かってました。あの日、初対面だったのに、見苦しい姿をお見せして困らせましたよね?私は感情を抑えるのが下手で、失礼になる事が多くて」と謝るヘウに、
「こちらこそ失礼しました。不快な思いをさせたならすみません」とヘウを抱き締めた事を謝るイス。

更に「ここは星が綺麗でしょうね」と問うイスに、
またヘウは昔イスに言われた言葉を思い出してしまいー
「そろそろハラボジが来るので戻りましょう」と促しちゃう((・・*)


ここでヘウに触れようとするけど、触れる事が出来ないイスが切ないったらありゃしねぇ~(;∀;)
既にあっしは、彼のこの表情にやられちゃってます…(*・ω・*)

この後、風に飛ばされたストールをイスが取ってあげて、ヘウに手渡したところに~
ジュニョンがやって来てー
イスは改めて「ジャイアントホテルのキム・ジュンです。会長の招待で来ました。名乗ると気を使わせてしまうと思い、黙ってました」てな自己紹介をしますね。

だけどジュニョンいわく、チョ会長はまだ到着してないらしい(ヾノ・ω・`)
それを聞いて、イスは「もう少し森を見てから戻ります」と告げるのよ。

その頃、イヒョンはピョン刑事に「捜査中の事件は、オッパと関係あるの?正直に言って。妹として事件の真相を知りたいの。心配なのは分かるけど、もうショックは受けないから。もしオッパに関係があるなら、ちゃんと話して」と頼み込んでいてー
彼も「分かった」とは返していたものの…
果たして、どうするつもりなのかしらね?(o・ω・))

あの後、イスはチョ会長とウィソンとご対面し、挨拶をかわしてたけど…
しかし相変わらずウィソンの口と人相の悪い事…(-∀-`; )

それと、この直後に郵便局員が小包を持ってきてたのが気にはなってたのよね~((・・*)

そして食事の席にて、
チョ会長がイスに「巡り合わせは血縁より強い絆だ。ヨシムラ会長を見ていると、人生のどん底を味わった者のみが持つ強さが感じられる。君も同じ印象を受けた」と告げるんですけど…
やはり彼の洞察力は健在でしたな(。・д´・。)


だけど、ここで空気読めねぇ~(ヾノ・ω・`) ウィソンが「ジャイアントホテルのソウル進出は本当ですか?噂ばかりで、実体が見えてこない」と挑んできやがるのよ(*´-д-)-3
でも「我々のやり方です。ヤクザですから」とカマし返すイスに、ちと笑っちまいやしたけどね~(´・∀・`)

それにフォークで人を差しながら会話する事自体、ものすごく失礼だと思うのだがな…(;´・ω・)
これを敢えてやってるのだとしたら、キム・ギュチョルssi~さすがだと思うわ。

そこにパク女史が、先ほど郵便局員が届けにきた小包をヘウに届けに来るんですけど…
これがウィソンの持ってた腕時計と同じ物だったもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
そりゃ、ヘウもウィソンも動揺しまくりですよ。

ここでパク女史がイスを見て、訝しげな表情になってたのがね~
…いずれ彼女には、イスの存在がバレちゃうのかもですな?((・・*)

この後、ヘウは腕時計を見つめながらー
イスが言ってた「君も辛くなるかも。耐えられないかも」の言葉を思い出しちゃいますね。

そしてウィソンも…
オ地検長に電話をかけー
「あの時計であるはずがない!この手で捨てたんです!ヘウがかぎ回らないよう、早く手を打って下さい!何なら、よそに異動させてもいい!」と訴えてたけど…
「人事は管轄外ですし、むしろ逆効果です。どのみち時効ですし、証拠もありません、問題はもっと複雑です。12年前の関係者が皆犠牲になってます。カネだけが目的とは思えません。真相を隠さずに話して下さい」と逆につけ込まれてましたな(´-∀-`)

更に、そこにヘウがやって来てー
「この時計はアッパのでしょ?12年前のひき逃げ犯はイスアボジではなく、アッパだったのね?」と責められたもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
この男「いい加減にしろ!違うと言っただろ」と逆ギレにでた!( ・`ω・´)

それでもヘウは「確かに、この時計は新品よ、本物はアッパが処分したはず。この時計は私へのメッセージだわ。現場の時計は、チョン・マンチョルが見つけたのね。そしてアッパに知らせて、ワイロと引き替えに証拠を隠滅した。チョン・マンチョルが殺された日は、どこにいたの?」と責め立ててたけど…

やはりウィソンも耐えきれずー(ヾノ・∀・`)
「私を問い詰めるなら証拠を持ってこい!」と吐き捨て逃げやがりましたな。

その様子を見て、今度はジュニョンがキム秘書に電話を入れてたけど…
何を頼んでたのかしら?(o・ω・))

この後、ヘウとピョン刑事の元にまたもやメールが届くんですよ。
今度はバスのナンバーが写っていてー
ヘウいわく、
「店の場所を教えようとしているのかも」と…(*・д・)b

これを受け、
ピョン刑事は「バスの始発から終点まで停留所の付近を洗おう。メールの事は口外するなよ。証拠になるかまだ分からない」と念押ししますね。

でもヘウてば、
早速、ジュニョンに話しちまってましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)

あとイスはデユンのハラボジの入院費用を勝手に支払ってたみたいだけど…
やはり彼を味方につける為…かしら?(o・ω・))

あの後、ウィソンはチョ会長に、
「いったい誰の仕業なのか、見当もつきません。真相を知るのは、私たちとチョン・マンチョル、そして地検長だけです。ヘウが事故を再捜査するそうです。時効は過ぎましたが、私のメンツが…」と泣きついてたけど…
「お前のメンツはどうでもいい!まず子供の傷を心配するのが父親だろう?お前は父親失格だっ!」と一喝されてましたな(´-∀-`)

でも…
この話をパク女史が部屋の外で聞いてたのが気になるな…((・・*)

更にイスは、駅のロッカー“22”にヘウ宛の書類を入れた後ー
イヒョンにイベント応募に抽選に当選したと称し、天体望遠鏡をプレゼントしてましたね(´∀`*)

あの後、ヘウとピョン刑事はバスの終点地点まで来てたけど…
ここでピョン刑事が店の場所を思い出したのね。
2人がそこに向かったところに、スヒョンがいてー
「チョ検事に頼まれて、店を探しにきました」と言われるのよ。
だけどヘウは頼んだ覚えはなかったみたいで…(ヾノ・ω・`)

この後、ヘウたちは店を訪ねー
女子高生からヘウの絵と鍵を渡されるんですな。

これを見て、ピョン刑事はヘウたちをカン・ヒスの自宅前に連れて行きー
「鍵が合ったら事情を話す」と告げ、1人で部屋へ向かうんですよ。

こん時、ヘウはスヒョンから「何も聞いてませんか?チョン・マンチョルが最後に電話したのは、チョ検事のアボニンです。知った方がいいかと思って」と告げられー
即、ピョン刑事の後を追って部屋に向かうんですけど、当然誰も出て来ず…

てか、もらった鍵はロッカーではなく、部屋の鍵だったのね(o・ω・))

しかも部屋の壁には、例の〇が書かれていてー
ヘウたちは、愕然としてしまいます(;゚Д゚)!

ここでヘウに「説明して下さい、何かご存じですね?」と問われ、
ピョン刑事は、スヒョンに外で待つよう告げた後ー
「12年前、ここで殺人事件が起きた。大学の講師で、名前はカン・ヒス…俺の担当事件だった。そしてハン・ヨンマンが、カン・ヒスを最後に見た目撃者だ。カン・ヒスは論文の準備の為、チョ会長と会った。そしてハン・ヨンマンが家まで送ったが、帰り道でひき逃げ事件を起こし、翌日自首しに行く途中で殺された。ハン・イスは、ひき逃げ犯が別にいると主張した。駅のロッカーに、ハン・ヨンマンは証拠を残したに違いない。ハン・イスは、それを見つけたから殺されたんだろう。3つの殺人事件は繋がってるんだ。動機さえ分かれば…」と詳細を説明します。

だけどこれ以上、ヘウと話を続けるのは酷だと思ったのね…(*´・ω・)
「疲れただろう?長くなるから明日、話そう」と話を終わらせるんですよ。

しかし時折、イスの肩や脚に激痛が走ってるのが気になるな…(o´д`o)

それとヨシムラ会長がヨンヒに「信頼出来るのはお前だけだ」と告げてたけど…
もしや、彼女はイスを監視するよう頼まれてるのかしらね?(o・ω・))

この後、イスはヨンヒに外出すると告げてたけど…
向かった店先で、ヘウと出会っちゃうというね…

「本当に不思議ですね、ここで会うなんて」と告げるヘウに、
「チョ検事が勧めたでしょう。“キムチチゲのおいしい店がある”と」と微笑み返すイス。

更にイスは「疲れてますね?顔に出てます」と問うんですけど…
ヘウに「少し複雑な事件を担当してるんです。手を引く事になるかもしれません」と弱気に返されー
「どんな複雑でも解決出来ますよ。問題には必ず答えがある」と励ますのよ。

「時には解きたくない問題もあります。もしも真実を明かす事で大切な人を失うとしたら、どうしますか?」と問うてくるヘウに、
イスは「全ては返ってきます。私の経験では逃げてもムダでした。もっと大きな問題になって返ってきますから。真実を得るには大切なものを失う覚悟がいる。チョ検事なら解決出来ます」と返しますね。

この言葉にヘウは励まされたみたいで、イスに感謝の言葉を告げるのよ。

その後、雨が降ってきたらしくー
ヘウが「夫が来たら送ります」と告げたところで、
イスは「辛いなら逃げて下さい、全力で」と、さっきの言葉を撤回しようとするんですけど…
だけどヘウは、もう逃げないと決心したのね…
イスに先に帰るよう促すんですけど…

てか~(゚Д゚≡゚д゚)
イスてば、ヘウにキスしちゃいましたよ~(*´д`*)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


サメ~愛の黙示録~#4「謎のメッセージ」
果たしてイスは、次に誰をターゲットにする気なのかしらね?
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



結局、ヘウたちが指定の場所に着いたのは日が昇った後でしたね。
しかもそこには、既に死亡したマンチョルがいてー(゚Д゚≡゚д゚)
この直後にピョン刑事もやって来てたけど…

てかマンチョルの胸に血で〇が描かれていたけど…
この時点では、どういう意味なのかは分かりませんでしたな(ヾノ・ω・`)

それと鑑識の話によると、
マンチョルの首に注射の後があり、毒殺された可能性が高いと…(*・д・)b

しかもこの事件の為、ヘウたちは新婚旅行を延期する事になったしで…
もしやイスは、この事も計算ずくで動いたのかしら?(o・ω・))

それと回想シーンによると、
12年前、イスは事故に遭った際、ヨシムラ社長に救われたんですな。

当時、イスはヨシムラ社長と共に、日本に行く事になるもー
医者から治療が終わっても肩と脚の痛みは一生続くと言われたのね(´・д・`)

だからイスは自暴自棄になって、自殺しようとしたけど…
ヨシムラ社長から「生きていれば機会は来る。君を襲った不幸のように、人生は何でも起こる。だが不幸に立ち向かう勇気がないなら逃げればいい。お前を助けたのは、人としての道理だ。この先の人生は自分で決めろ」と一喝されて、復讐しようと心に決めたみたいね。

更に、ヘウはピョン刑事から「殺人の通報を受けたんだ。イタズラにしては、現場の情報があまりに具体的だった」と告げられー
「12年前のひき逃げ事件と関連があるのは確かです。被害者は担当刑事でした。イスが死んだ理由を知っていると言ってました。イスの死とひき逃げは繋がってるんですよ。死体の赤い〇は、犯人のメッセージです。意味が分かれば、糸口になるのに…」と嘆いてたけど…

ここでピョン刑事は「犯人は意図的にチョ検事を巻き込もうとしてる」と…
だからヘウに担当から外れるよう忠告し、去って行きますね。

しかしイスもせっかく韓国に戻ってきたのに…
イヒョンに兄だと名乗れずー
尾行して彼女の様子を伺う事しか出来ないなんて、切なすぎますな…(o´д`o)


それにヘウも諦めきれなかったのね…o(´^`)o
次にイヒョンのバイト先のカフェを訪ねー
「実は今朝事件が起きて新婚旅行を延期したの。まだ確かな事がなくて、詳しく説明出来ないけど、12年前のお父さんや、イスの事件を関係があるかもしれない。これは憶測にすぎないから質問しに来たの。イスの事件に関する記録はほとんどないわ。事故があった日、イスに変わった様子はなかった?」と問うんですよ。

ここでイヒョンは例のロッカーの鍵について話しますね。
しかもその鍵の事は、ピョン刑事も知っていると聞いてー
ヘウは再びピョン刑事を訪ねるんですなd(*´Д`*)

そして居酒屋にて、
「捜査に私情は禁物なのも分かっています。でも私はイスが死んだ理由を知りたい。正直怖い気もするけど、この手で真実を暴かずに逃げてしまったら一生後悔します。イスがこの世から消えて、お父さんも毒殺されたのに、誰も捕まっていません。これがイスの無念を晴らす最後の機会かも。イヒョンの為にも頑張りたいんです。協力して下さい」と懇々と訴えるんですよ。

さすがにピョン刑事も、これ以上は拒めなくなっちゃったのね。
でも彼が拾った例の鍵は「証拠保管室に預けていたが、なくなった」とか言ってたけど…
果たして誰が盗んだのかしら?
何か、この辺はまだまだ謎だらけですな(ヾノ・ω・`)

この後、ヘウはジュニョンと合流しー
ホテルの部屋に戻ろうとしたところに、イスがやって来るんですけど…
ちょうどヨンヒもイスを捜しに来てた為、4人でエレベーターに乗る事に。

ここで昼食の話になりー
ヘウがキムチチゲの店を紹介するんですよね。
更にジュニョンがマッコリを勧めてきたもんだから~
ヨンヒは、イスに「マッコリも飲みますか?」と聞くんですけど…
イスが「寝ぼけるな」と返した為ー
ここでまたヘウは、学生時代のイスの事を思い出しちゃう訳ですよd(*´Д`*)
この後、ジュニョンに話しかけられてたけど…
完全に上の空状態になっちゃってましたね(*´・ω・)

結局、イスも食事には行かずー
ヨンヒに「運転手が必要だから」とキム・ドンスを採用するよう指示してたけど…
でもドンスを近くに置こうとする理由って…?(゚Д゚≡゚д゚)

この後、ヘウはメールを受けー
図書館に向かうんですけど…
そこにピョン刑事もやって来るんですよね。

しかもシャガールの本の中に、ある店の写真が入っていて…
これもイスがヘウたちに手がかりを与える為に、事前に仕込んでたのかしらね?(o・ω・))

その頃、イスはヨンマンの骨をまいた川に来てたけど…
事前にイヒョンが来てたのか、花が置かれていたのよね。

それを見てイスが「覚えていたんだな」と微笑んだところに~
パク女史がやって来てー
「もしや、ここに眠る方のお知り合いかと期待しました」と話しかけられてたけど…
イスは「景色に見とれて車を降りただけです」とごまかしましたね。

すると今度はパク女史から、ヨンマンに密かに思いを寄せていた事を告げられー
「あくまでも片思いだから許してくれますよね?」と同意を求められるんですけど…
イスは「おそらく」と何とも切な気な表情で返してましたね(*´・ω・)

一方、ヘウはピョン刑事からマンチョルがヨンマンと同じ毒薬で死亡したと聞きー
〇の意味は“原点から見直せ”というメッセージだと気づくんですね。

そして改めて「始まりであるひき逃げ事件から洗い直します。絶対に諦めません」と告げるヘウに、
ピョン刑事も、もうヘウを止める事は出来ないと観念したのね…
「目撃者がいた。記録には載っていない。当時7歳だったから今は高校生になっている」事を告げるんですよ。

てか結局、イスはパク女史を家まで送り届けたのね(o・ω・))
その後、車から降りて屋敷を見回してたけど…
ここで彼は何を思っていたのかしら?

その屋敷内では、オ地検長がチョ会長と会っていてー
「気に掛かる事があります。チョン・マンチョルは、チョ社長を脅迫していました。昨日も電話がありました」と告げてたけど…
チョ会長は「見当違いだ。息子は臆病者だ。私を心配する気持ちはよく分かる。ただヘウが担当なのが気に掛かる。担当を外してくれ」と頼んでましたな。

あれからヘウはピョン刑事と共に、当時の目撃者カン・デユンを訪ねー
事故当時の状況を問うてたけど…
「どうせ信じないくせに。覚えてない」と拒まれてしまいましたね(´・д・`)

それとチョ会長がオ地検長が帰った後に、
手下だかにマンチョルの事を調べるよう命じてたのが気になる…(;´・ω・)

そして、ついにイスがカヤホテルを崩す手始めとして、
グランブルーホテルの買収に乗り出しましたよ~(゚Д゚≡゚д゚)
しかしムン社長に、養女を虐待してるレコーダーを聞かせて脅すとか~
随分と荒々しい手を使ってましたな(°д°|||

その夜…
ヘウはウィソンに「12年前にハン運転手が起こした事故は、お父さんと関係があるの?もしや、お父さんの身代わりとして…正直に答えて」と問うてたけど…
当然、ウィソンが認めるはずもなくー(ヾノ・ω・`)

でもヘウからマンチョルが殺害されたと聞いた時にゃ~思い切り動揺してましたな。

それと回想シーンによると、
イスとヨンヒは4年前に東京で出会ったみたいね。
当時、スリに財布を盗まれ困ってた女性がいたけど、
イスがそれをスルーした為、ヨンヒが助けたと…(*・д・)b

ここで彼女は、イスに「男のくせに見て見ぬ振りはないんじゃないの?」てな事を物申しに行くんですけど…
イスてば、笑っちゃってましたよね?((・・*)

その後、彼女が新入社員としてジャイアントホテルに入ってきてー
上司と部下の関係になったのね。
だけどヨンヒの態度を見る限りー
恐らくイスの事が好きなんでしょうね~(o・ω・))

ちなみにイスが肌身話さず持っているサメのネックレスですけど…
日本にいた時からずっとヘウを思って持っていたのかしら?(*´・ω・)

結局、ヘウはチョ会長から強制的にジュニョンと別荘に行くよう言い渡されてしまいー
しばし仕事を休む事にするんですけど…

だけどヘウが散歩に出ている間に、ジュニョンがヘウのノートPCをこっそり見ちゃうんですよ。
でも、そこにはイスの写真が大量に保存されていてー(゚Д゚≡゚д゚)

しかも~
イスもいつの間にか別荘にやって来てたみたいで…
密かにヘウの後ろをつけてたのよね。

そして、この後2人が再会したところで~(*゚▽゚)ノ
ジュニョンがやってくるパターンになるのかしらね?((・・*)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


サメ~愛の黙示録~#3「北極星は道しるべ」
この回で子役から大人へバトンタッチ。これから復讐劇の幕開けですよ~
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



あの後、イスは留置場に入れられてしまったのね…(o´д`o)
そこにピョン刑事がやって来てー
「父親が無実だと言う君の考えは正しいかも。真犯人が誰か、うすうす気づいてるんだろ?正直に言わないと助けられない」と助け船を出すんですけど…
イスてば、
「助けは要りません。自分で証拠を探します、父はハメられたんです」と拒否っちゃうのよ。

だけどピョン刑事からカン・ヒスの写真を見せられー
「彼は殺された。最後に会ったのが君の父なんだ。君の父は殺人事件の重要参考人だった。2人の殺害には関連があるかもしれないし、無関係かもしれない」と告げられたところで~
イスの気持ちが変わりかけるんですけど…

だけど、そこにチョン刑事がやって来てー
どうやらチョ会長が手を回したのね…
この後、イスは迎えに来てたヘウと共に家に戻る事に。

その帰り道で、イスはヘウに「社長の腕時計は家にある?最近見たか?」と問うんですよ。
だけどヘウに「知らないわ、興味ないもの。まさか父があなたに盗まれたと通報したの?だから反抗したの?」と問い返されてしまった為ー
それ以上は何も聞けなくなっちゃうのよね(*´・ω・)

だけどヘウにはそれが不満だったようで…
本屋に寄った際ー
再度、イスに「目撃者捜しや、刑事を殴った理由も言わない。あなたにとって私は何の関係もない人間なの?あなたまで消えたらと思うと夜も眠れない」てな事を訴えるんですけど…
でもイスも、まさかウィソンを疑ってるなんて言えやせん(ヾノ・ω・`)

この後、イスは1人で家に戻るんですけど…
ここでイヒョンに例の鍵を渡されるんですよねd(*´Д`*)
そして“ヨンビン・マッサージ”の電話番号を割り出し、次々とかけ始めー
最後にかけた電話番号がようやくヒットする訳ですo(・д・´*)

それとチョン刑事が捜査の乗り気じゃなかったのは、ウィソンが落とした腕時計を楯にカネをゆすり取ってたからなんですな(。-`ω´-)
ここでウィソンは腕時計を取り戻し、川に投げ捨ててたけど…

しかし家に戻ったところに、イスが待ちかまえていてー(゚Д゚≡゚д゚)
「腕時計をしてないんですね?目撃者の話では、犯人は腕時計を落としたそうです。父の時計は家にあります。だから真犯人は別にいます」と挑まれてたけど…
ウィソンは「馬の骨が恩をアダで返そうって魂胆か?相手が子供でも我慢の限界がある。意味は分かるだろう」と目力で圧力をかけるのよ。

だけどイスも「怖いものはありません。父を殺した犯人にどんな権力があっても真実には勝てません」とひきやせん(ヾノ・ω・`)

更に、この後ヘウからも「イスが腕時計を盗んだと通報したの?」と責められたもんだから~
ウィソンもただ事じゃないと思ったんですな。
誰かに電話をかけー
「イスがどこで誰に会ったか、1つ残らず報告しろ!」とか命じてましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

そして翌日…
ヘウは学校の図書館にてー
「別荘に行きましょ。ハラボジも許可してくれたし、イヒョンも行きたいって」とイスを誘うんですけど…
「行くところがある。後で教える」と断られちゃう(´・д・`)

だけどヘウもイヒョンと約束をしてしまってるしで~
「今、言えない理由を教えて。辛いのは分かる、でも1人じゃないわ、私たちがいるじゃない。ハラボジも助けたいと言ってるわ」と訴えるんですよね。
だけどイスてば、
「君の家になんか頼らない。お前に何が分かる?分かる必要もない。いつか説明するから…」と返しちゃって…
そりゃ~ヘウもショックで泣いちゃいますよ。・(つд`。)・。

これをまたジュニョンが目撃しちゃったもんだから~
「謝れ、ヘウを泣かすなんて何様だ!」とイスを責め立てるんですけど…
ここでイスは「大事な用があるんだ。ヒョンが家まで送ってやってくれ」と委ねー
ヨンビン・マッサージ店を訪ねるんですな。

でも~
誰かに尾行されてたみたいですぞっ!(°д°|||

結局、例の鍵は駅ロッカーのものだったみたいで…
だけど長期間入っていた為か、警察署に届いていたのよね。
でもようやくイスは書類を手に入れましたね~o(・д・´*)

しかし、そこにはチョ会長の悪事が書かれていてー(゚Д゚≡゚д゚)
ヨンマン同様、イスは愕然としてしまいます。

その後、イスは公衆電話からピョン刑事に電話をかけー
「父の殺害理由が分かりました。電話では言えません。助けて下さい。この書類だけで、あの人が犯人とは言えません。自宅や警察署はダメです、誰も信じられません」と頼みます。

そして更にイヒョンに電話をかけて、ヘウに代わって貰うんですけど…
ここで「辛い、辛すぎるよ。どうしたらいいんだ?何も信じられない。俺の言葉を覚えてる?“俺たちは出来る事をやるまでだ”でも君も辛くなるかも、耐えられないかも。いいか、どんな事が起きても俺たちは一緒だ。絶対に忘れるな。何があっても決して離れな…」と切実に訴えてるところで…
のっけの衝撃シーンに繋がる訳です(°д°|||

でも、こん時イスは“14”と印字されたロッカーの鍵を持ってたんですよね。
確かイヒョンから渡されたのは“22”だったはずじゃ…?(゚Д゚≡゚д゚)
もしや万が一に備え、書類をコピーして“14”に入れたのかしら?(o・ω・))

それに、あのトラックの運転手がチョ会長の手下かウィソンの手下なのか?
それも気になるな。
ここで当然、書類は回収されー
イスの姿も消えてしまうんですけど…

この後、ピョン刑事がやって来てー
ここで“14”のロッカーの鍵を見つけてくれたのがせめてもの救いか?((・・*)


そして、ここで現在に戻りー
ヘウとジュニョンの結婚式の二次会風景が行われてる最中に、
バルコニーでイスとヘウが出会う訳ですけど…

実は結婚式場には、ピョン刑事も来ていてー
あの事故後に、彼はイヒョンの養父になったみたいですなd(*´Д`*)


この後、イスはヘウに自己紹介をし、満月の話をするんですね。
「満月がお好きなのね、私もなんです。韓国は小正月が来ると満月に願い事をします」とのっかってくるヘウに、
イスは「西洋では満月は不吉なんです。闇の神だと思われてる。明るい太陽と暗い月、太陽が善ならば、月は悪の味方だと」と返すのよ。

「否定的な解釈ね。暗闇を照らす方が立派なのに」と微笑むヘウに、
イスが「北極星のように?常に北を示すから迷子の道しるべになる。道しるべの星だから旅人の友達でもある」と返したもんだから~
ヘウはビックリして、思わず泣いてしまいますね。

しかもイスてば、
ヘウを抱き締めちまいましたよ~Σヽ(゚∀゚; )

そして、しばらくしてヘウが我に返ったところで~
ジュニョンがやって来てー
イスはすかさず「ヨシムラジュンです」と自己紹介するのよ。
これにジュニョンが紹介し返したところで~
イスはお祝いの言葉を告げて、その場を立ち去ります。

あとウィソンは、相変わらずチョン・マンチョルにカネをせびられ続けてたんですな。
それに、あの出で立ちからしてマンチョルは刑事も辞めたのかしらね?

でも~
ウィソンがオ地検長に「さっさと始末しとくべきだった」と悪態ついた矢先に、奴は誰かに襲われてましたよ~(゚Д゚≡゚д゚)

しかしイスが帰国した日に、ヘウがジュニョンと結ばれるなんて…
ホント運命って残酷ですな?ε=(・д・`*)

だけどジュニョンも、ヘウが立ち直るまでずっとそばについててあげてたんですよね。
それにイスを殺した犯人捜しも協力すると告げてたみたいでー
だからヘウが立ち直ったのは、彼のお陰でもある訳で…

あと今回イスの会社の秘書室長のヨンヒが登場してたけど…
何かイスとの会話を聞く限りー
非常にサバサバした印象を受けたんですけどね~(o・ω・))
でも部屋を出た途端、神妙な面もちになってたりして…
この2人の間にも何か事情がありそうですなd(*´Д`*)

そしてヘウたちが寝付いた真夜中頃…
彼女の携帯にマンチョルから「ハン・イスが死んだ理由を知っています。真実を知りたければ会いに来て下さい」と電話が入るんですよ。
これを受けー
イスはジュニョンと共に、指定された場所に向かう事に。

ちなみに奴を襲ったのは、イスの手下だったみたいで…

この後、イスがマンチョルに会いに来てー
「世の中にはバランスが必要だ。一方だけが無念だと釣り合わない、あんたの人生もバランスが必要だろ?チャンスをやる。12年前の真実を話すチャンスだ」と脅すんですよ。
「話せば助けてくれるのか?」とすがってくるマンチョルに、
イスは更に「言っただろ?あんたの人生にもバランスが必要だと。言ってみろ」と圧力をかけますね。

ここでマンチョルに「俺はハン・ヨンマンもハン・イスも殺していない。俺じゃない、信じてくれ」と必死のパッチで訴えられー
イスは「信じる」と返して、その場を去るんですけど…

そこに入れ違いで誰かがやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
即、悲鳴が聞こえてた事から~
結局、マンチョルは殺されちまったのかしら?(°д°|||
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


サメ~愛の黙示録~#2「悲劇のはじまり」
2話の時点で既にヨンマンが~(°д°|||
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ

のっけのシーンを見る限りー
チョ会長とジャイアントホテルのヨシムラ社長の父親との間に因縁めいたものがありそうですな。
ちなみに父のキム・ユンシクとチョ会長は幼なじみらしくー
だけど火事があった時に両親とも亡くしたらしいのよ。
もしや、その火事の原因にチョ会長が関わってるのかしら?(゚Д゚≡゚д゚)

そして同じ頃…
ヘウとイスが強引にウィソンの手下に家に連れ戻されていたけど…


そもそもイスは、ヘウを連れ戻しに行っただけなのに、泥酔状態でビンタ食らわせるなんざ~
ホント、どうしょうもない親父ですな…(*´-д-)-3
しかも「はっきり言っておく。今度ヘウと2人でいたら、ただではおかない!」なんてー
自分の行動を棚に上げてよく言えたもんだq(´・ω・`)p
でもイスも「何もやましくもないのに、責められる理由が分かりません。ヘウと会います。友達と会うかどうかは自分で決めます」と刃向かってたけど…

それに帰り際、ヨシムラ社長がイスに「いずれまた会うだろう」と告げてたのも気になるな…((・・*)

その後、“歴史を正す会”の代表でもある歴史学講師カン・ヒスという男がチョ会長を訪ねて来てたけど…
ここでの会話を聞く限りー
チョ会長も、結構あくどい事をしてきてるんでしょうな?(。・д´・。)

この後、ヨンマンがカン・ヒスを車で家まで送るんですけど…
彼から「チョ会長は、大学生が憧れるほど立派な人ですか?大物詐欺師は人の目を惑わします。だから英雄に見える事もあります」とか告げられてましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)

しかもカン・ヒスが書類を置いて車を降りて行った為ー
ヨンマンが部屋まで送り届けるんですけど…
「どこかで会ってませんか?“影だ”その目に見覚えがある。そうだ、あんただ!夢にすら出てくる顔なのに気づかなかった。忘れたか?」とか~
激しく詰め寄られてたんですけど~(°д°|||

それとイスがウィソンにビンタされた後、外に出て行くんですけど…
そこにヘウがやって来てー
イスは北極星の話をするんですね。
恐らくこれが後々、キーポイントになってくるのかも~ですな(*・д・)b

あれからウィソンも、また酒を飲みに外出してたみたいで…
しかしあんだけ泥酔してて車運転するとか、この男…ホント正気じゃねぇなと思ってたら~(ヾノ・ω・`)
案の定、通行人をひいて逃走しちまいましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ
しかも動揺しまくってたからか、腕時計を落としていってたし。

一方、ヨンマンもカン・ヒスを振り切り、帰宅の途に就こうとするんですけど…
また彼の家前に戻って来てー
返すはずだった書類の文書を見るんですよね。

でも~
その間、チョ会長が彼の家に手下を送っていたみたいで…
結局、カン・ヒスは始末されてしまうのよ(°д°|||

この後、ヨンマンの元にチョ会長から電話が入り…
彼は一旦、書類ごとロッカーに入れた後、家に戻って詫びるんですね。

するとチョ会長に「人生における試練の1つだと思えば何ともない。それに君の贖罪は済んでる。しかし過去は取り返しがつかない。問題は目前の試練をどう乗り越えるかだ。1つ提案をしよう。イスとイヒョンの為にも正しい判断をしてほしい」と選択を迫られ…

結局ヨンマンは、チョ会長の意志に従う事にしたのね。
「半日だけ猶予を下さい。会いたい人がいます」と頼むんですけど…
だけど書類は「処分しました」と嘘の報告をするのよ。
なのに中身を見た事は認めちゃうなんてー
そこは、認めるべきじゃなかったんじゃ…?(ヾノ・ω・`)

そして翌日…
チョン刑事たちが家前でイスに声を掛けてきてー
「お父さんから自首すると電話があった。連絡が来たら、すぐ連絡をくれ」と頼まれてたけど…
どうやらチョ会長の提案は、ウィソンが犯した交通事故の罪をヨンマンに被らせる事だったらしい(´-ω-`)

だけどイスは、刑事たちから事故車が外国車だった事を聞きー
「父が運転するのは、チョ会長の国産車です。運転してたのは社長です。社長が家に入る時、車は玄関前にありました」と訴えるのよ。
だけどチョン刑事に「見ただけだろ?他人に罪をなすりつけるのか?お前の父はひき逃げを認めた。それで十分だろ」と言い退けられてしまうのよね。

その頃、カン・ヒス宅でも現場検証が行われていてー
彼が最後に話した相手がチョ会長だと突き止められてましたねd(*´Д`*)

あとヨンマンは、亡き妻の実家を訪ねてたけど…
ここで心変わりしちゃったのね。

その夜、チョ会長に電話を入れー
「一生、罪悪感の中で生きるのは地獄です。警察には正直に話します、すみません。ですが文書の件は決して口外しません。約束します」と告げるんですよ。

ここでチョ会長は「君が心変わりするかもしれないと思っていた。気にしなくていい。英雄主義にとらわれた歴史学者の空想に過ぎない」なんてー
笑い飛ばしていたけど…
当然、彼が見逃してくれるはずもなくー(ヾノ・ω・`)

次にヨンマンは、イスに電話をかけるんですけど…
ここで「どこにいるの?父さんはやってないだろ?何故、代わりに罪を被るの?会って話そう」と訴えられるもー
「それは違う、いつかきっと全部話せる日が来るだろう。今から自首しに行く。真実をありのまま話す勇気が生まれた。お前たちを思うと、申し訳なくて胸が痛むよ。それでも父さんは、お前たちにとって恥ずかしくない人間になりたい。イヒョンを頼んだぞ」と委ね、電話を切っちゃうのよ(*´・ω・)

この後、ピョン刑事が相棒刑事と共にチョ会長を訪ねて来てー
事件当日カン・ヒスが訪ねて来た際、何を話したか?を問うんですけど…
ここでチョ会長は「論文に関連した話以外、特になかった」とうそぶくんですよ。

するとピョン刑事は「カン・ヒスssiを送った運転手に会えますか?被害者を最後に目撃した可能性があります」ときた。
ま、これもチョ会長は「私用で出掛けている」としらっと返してたけど…

てか~
ヨンマンが警察署を目前にして、通り魔に刺されちまいましたぞっ!(°д°|||
しかも、その直後にイスがやって来るというね…
こういうシーンで殺られる前に到着なんて、まず出来ませんわね(´・д・`)

そして結局、ヨンマンは亡くなってしまったのね…(´・д・`)

遺骨流した後、自暴自棄になって入水自殺しようとしてたイスの気持ちも分からんではないけど…
でも幼い妹のイヒョンがいるのに…(o´д`o)

この後、イスはイヒョン経由で刑事が所持してたヨンマンの遺品を受け取るんですけど…
そこにヨンマンが吸わないはずのたばこが入っていてー
イスは1人、別の部屋に行き、無念の涙を流してましたね…(T^T)

それと刑事らの話によると、
どうやらヨンマンは注射器で猛毒を刺されたらしくー
即死だっただろうと…(´-ω-`)

だけどピョン刑事がチョン刑事に、
「ハン・ヨンマンがひき逃げした証拠はあるのか?他人の捜査にとやかく言いたくないが、動線が合わない。カン・ヒスを送った帰りにハン・ヨンマンが事故を起こしたというが、事故現場は帰り道から外れてる」とツッコむんですな。
だけどチョン刑事は、これをスルーするしで…(。-`ω´-)

この後、イスはチョ会長に「差し支えなければ、ここで暮らせばいい」なんて言われてたけど…
「お気持ちは嬉しいです」と謙遜しながらも、やはり拒否ってましたな。

しかし、こん時ウィソンに「父はひき逃げという汚名を着せられました」と挑んでたイスがちと怖かったわ(;´・ω・)
これに対し、平然と「何故そう思う?」と聞き返せるチョ会長の方がある意味、怖いのかもしれんが…((・・*)

それにイスは宣言通りー
この後、ひき逃げ事件の目撃者を探す為に横断幕をぶら下げてたけど…
でもな~
あんま彼らに楯突くと、イスの立場も危なくなるんじゃないの?(ヾノ・ω・`)

それに交通事故の時にも近くにいた子供の事がちと気になる…((・・*)

あとイスはヘウに「もし君に悲しい事が悲しい事が起きても乗り越えられるよな?俺が求める真実は、もしかすると…」と途中で言いよどむんですけど…
この後「法学部に進み、検事になる。父さんを殺した犯人や悪い連中を皆捕まえて罪を償わせてやる」と改めて宣言するんですよね。

ここでヘウは、自ら彫ったサメをプレゼントしー
「これでいつでも休める」と告げるんですけど…
傷だらけになってた手が映し出されていてー
なお切なさを誘いましたな…(o´д`o)

後日…
やはり例の子供がハラボジに連れられて、横断幕の紐を締め直していたイスを訪ねて来ましたよ。
「孫が事故の現場を見たと言っている」と…(*・д・)b

これを受けー
イスはチョン刑事に「父は犯人じゃありません。目撃した子供の証言があります。父は背広を来ていましたが、犯人は違ったそうです。ピカピカ光る腕時計が落ちたとも言っていました。父の腕時計は革ベルトです。目撃者に会って聞いて下さい」と訴えに行くんですけど…
オ刑事によると、
「現場に腕時計はなかった」らしくー(ヾノ・ω・`)

結局、イスはチョン刑事に「だいたい夜中に子供がうろつくか?いずれにせよ、7歳児の証言は証拠にならない」と退けられてしまうのよ。

しかし刑事がこないにやる気なくていいのかいな?q(´・ω・`)p

やはりイスも彼の態度に耐えきれなくなったのね…
でも殴りかかるってのは、まずいんじゃないの?(;´д`)
結局、ピョン刑事にビンタされてたけど…

それとヨンマンが文書を入れてるロッカーの鍵はどうなったのか?
めちゃ気になってたんですけど…
これがイヒョンの宝箱に入ってたのよね。
て事は、いずれイスに渡るのかしらね~?(o・ω・))
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


PREV ←  1 2 3 4 5  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]