忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



家門の栄光 #34&35 また泣けてしまった…(:_;)
今回予想はしてましたが、ガンソクの家族から猛反対されてしまいましたね。
早速ネタバレ全開します~(^^ゞ




ガンソクは長男で期待されているのは分かるけど、ダナも誰かの子なわけで…「男を死なせる運命の女」とか言う事酷すぎ…(ーー;) 
ダナが戻らず、心配する家族たち。戻ってきたダナにヨンインらが声を掛けますが「今日は挨拶だけ。」と言葉を濁すダナ。

ガンソクも家に戻ると再び父・母に責められまくり…そんな中、ヘジュだけが「辛くても離したらダメよ。」と励ましてくれるのでした。
ダナに “疲れたから電話せずに寝る”とメールしたガンソクに “焦らないで”と返したダナに、結局電話するガンソク。
「寝るんじゃなかったの?(・д・)」
「これだけは言わないと。“愛してる””」とガンソク。
そしてダナに「愛してる。それにありがとう…私を見つけてくれて…気づいてくれて(・д・)」と言われ、いたたまれない気持ちになるガンソク。

次の日、ヘジュはダナに会いに行き、
父・母の無礼を謝り「辛くても兄さんと別れないで欲しい。」と話します。
ダナに「彼には言ってないけど、私の方が彼をずっと好きなの。」と 言われ、嬉しそうなヘジュ(*^^*)
そして「調子に乗るから2人だけの秘密にして。」とダナが言った背後から「困ったな。全部聞こえた。」とガンソク登場。
毎回思う事ですが、こういうセリフの1つ1つが、いつも心に染みてきて、このドラマを見てる時は、常に涙腺が緩んで困ってしまう(T-T) 

ダナとガンソクのデート帰り、スヨン&テヨンと鉢合わせ、ガンソクを飲みに誘うテヨン。
ガンソクに「ダナを泣かせたら許さん。」と小姑みたく煩く言う(^。^;)テヨンに対し、スヨンは「1つだけ頼みます。」と。
ダナは傷の多い子で、必要な事だけ口にしてきたと。だから心に溜めた言葉が多いはず…ガンソクにはダナが心に溜めた言葉まで、理解出来るようになって欲しいと。
深いね~同じ兄弟で何でこないに違うんやろ?(..;) 

ダナのように、自分の人生を変えたいスヨンは、ジナに会いに行き、プロポーズします。
しかも~「シラフでは言えないから 今言うよ。」ってとこも、凄い良かったわ~(:_;)
ジナは、スヨンには絶対言えない言葉だと思っていたと、いたく感動し「一緒に歩みたい。」と返事を返します。
この時、流れてた切なげなOSTが涙を誘う~(ToT)

そして、ついにガンソクの父も会社に乗り込んできて…現場にいたテヨンは、予想以上に反対されている事を知ります。「ダナが侮辱されて許せない(゚Д゚)」とテヨンに言われてしまうガンフン。
「お2人には、味方になって欲しい。」と何度も親の無礼を謝るガンソク。すっかり真人間になったよね~ヾ(^^ )

あとスヨンに、お見合いの話が来てましたが「心に決めた人がいます。」と告げましたね。
マンギは「どこの娘でも気にしない。お前を信じてる。」と…それを聞き、複雑になるヨンイン。
「跡継ぎが欲しくて結婚を急かされているのに…(-。-;)」とスヨンに苦言しますが「彼女を諦めたくない。」と、はっきり言ったスヨンが頼もしかったですo(^^)o

それとバイト先で、客がコップを落とし割れてしまい、ヘジュを制しヒョンギュが片付けるも、ガラスで手を切ってしまうシーンですが、バンドエイドを貼ってあげた後、ヘジュが「血が出たから鉄剤も飲んで。」と言った後にヒョンギュが「それ新しいギャグか?」と笑ったのも微笑ましくて(^^)、
しかも~ヘジュに「あなたを笑わせた自分が私も気に入った。」なんて言われて、ヒョンギュ同様、私もグッと来ちゃいました…(T^T) 

なかなか両親に許して貰えないガンソクはダナに「2人で逃げようか?」って思わず言ってしまい…
「この辛い時間も、いつかいい思い出になるわ。一緒にいる事に慣れすぎて、互いの愛情が薄れたら、今の事を思い出しましょう。」と返すダナの手を握り締め、
「君にいくら慣れても愛情は薄れないよ。君に焦がれ過ぎたから…。」と言ったガンソク。このシーンも良かったな~(:_;)

そしてですね~スヨンが改めてマンギに話をするんですけど「僕は子供が作れません。それが離婚の原因でした。」って嘘をつくんですよね~
ここまで相手を思いやれるなんて…凄いなぁ~と思いましたよー。

その後、ダナにも結婚の報告をするスヨンが「彼女を見たら僕を犯罪者と思うかもな。」なんて~こんな冗談も言えるようになっちゃって~ですよね(^^ゞ

もちろんジナにも同じように話して「それでも結婚したい。」と告げたスヨンに「いつ挨拶にいったらいい?」と返したシーンもね…この2人ってホント純粋だな~と思いました(*´∀`)

それと、ガンソク母がヨンインを呼び出し、口論バトルのシーンでは、キーキー声ヽ(゚Д゚)ノのガンソク母に対して、余裕ある返しをしていたヨンインが痛快でした(^^)v 
この事があって、ヨンインは猛反対してるけど、「お前は諦められないのか?」と問う父・ソクホ。
ダナの気持ちが変わらない事を知り、ソクホは理解してくれそうな感じでしたよね(・∀・)

最後に、今回酔っぱらったマルスンが「私でさえ手に余る家族を彼に背負わせるのは愛じゃない…。」と泣いていたシーンが、可哀想で…何で別れを告げられたかテヨンは気づいてるんやろか~~(*゚д゚*)

私、マルスン演じるマヤさん、滑舌よくて結構好きなんですよね~(o^^o)

そんなこんなで、泣きのシーン満載でしたが、いつダナたちは認められるのか?続きが、とても気になりますね(。・ω・。)

いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[3回]

PR

家門の栄光 #32&33 めちゃ心揺さぶられます…(;_;)
久々に視聴しましたが、早く続きが見たい、でも終わって欲しくない~。
こんな気持ちになるドラマは、ホント久々です。
ではネタバレ全開、長いですよ~(^^ゞ




「彼女が死んだら、あなたにお返しします。でも…生きてる間は僕のそばに置きます。」
ダナは、ずっと心の中でジンハに謝っていました。「私を許さないで。」
でも寒いところにいるあなたよりも、人の心を捨てようとしたガンソクが可愛そうになったの。
そしてガンソクに「私を置いて先に死なないでー。」と伝えます。
ガンソクから、貰った赤いマフラーをずっと着けているダナが健気~(;_;)
でも、両思いになっても、口ではダナが優勢なのは変わらず(笑)
「君に振り回されるのも悪くない。」とベタボレ状態のガンソクヾ(^^ )

その頃、ジナに異変があり、ヨンインの友達の病院に運ばれます。急性虫垂炎でした。ついでにジナの健康診断もする事になりますが…

そして、デート帰りの2人。ダナが、ガンソクをそっと抱き締めます。
「あなたが甘えても、全部受け止めるわ。」と。
そうそう、これから「家族の反対」という厳しい障害を乗り越えないとあかんからね~

ジナが入院した事を知り、マルスンはテヨンとお見舞いに行きます。
ここで、先に来ていたスヨンとご対面。すかさずテヨンは「兄貴の嫁は宗婦になるんだ、彼女は相応しいのか?」と問います。「だから悩んでいる。」と言うスヨン。それだけジナに対して真剣なんですよね。

ガンソクは、ヘジュにダナと結婚すると報告。ヘジュは凄く嬉しそうで、彼女ホント明るくなりましたよね~。
そして、チョンガプが帰宅し、ついにガンソクはリゾート買収を撤回し、マンギと共同経営しようと切り出します。猛反対のチョンガプ。

ジナの退院日、検査結果に問題があったらしく、迎えに来ていたスヨンが話を聞く事になります。
ターナー症候群…不妊症らしいです。
日常生活に支障はないものの、スヨンは跡継ぎなので…ヨンインは別れた方がいいといいますが、スヨンはどうしますかね?

ヘジュとヒョンギュが、外を歩いていると、小さな子供が転んで泣き出してしまいます。またパニックになってしまうヘジュ。
ヒョンギュは、手でそっと彼女の目を隠します。「見なければ平気」とヘジュは言うも「じゃあ何で泣いてるの?」と問うヒョンギュ。「あなたの手が温かいからよ。」
このシーン、ジーンときちゃいました…(T_T)

そして、あれだけ反対していたチョンガプも共同経営で手を打つと同意します。
即、ダナに電話するガンソク。
明日、ダナの家に行き、直接家族に報告するようです。

そして当日、ガンソクを見て家族の反応はかなり冷たく、それでもマンギに「ダナと結婚させて下さい。」と切り出します。
ダナに、心を決めたのか?を問うマンギ。
そして「君に初めて会った時、“僕は無情な商人です”と言われた事が、ずっと心に引っ掛かっている。」と。

他の家族は、結婚にほぼ反対で…特にテヨンがガンソクを目の敵にしてるから、ギャンギャンうるさいんですよね…(*_*)

「家族に反対されてまで、結婚したくないか?」と問うガンソクに「愛にプライドは必要ない。」というダナ。
「君みたいになれるよう努力する。俺があなたか、あなたが俺か分からなくなる日が来るまでー。それが、俺の生きる理由になる。」
もうね~、こういう会話のやり取り聞いてたら、胸が苦しいやら、切ないやら~何かため息が出てしまう…(´д`)

ずっと悩んでいたスヨンは、ダナの行動に後押しされ、ジナを呼び出します。「僕なしで、生きるのは寂しいと言って欲しい。でないと足踏みしてしまいそう。」と思いをぶつけます。
「それは負担になるでしょ?私は、そばにいれるなら、ずっとこのままでも構わない。」というジナに、また泣けてまう~(ToT)

ガンソクが自宅に戻ると、母から見合いを勧められます。好きな人がいると断るガンソク。
そして、ダナの交際に理解を示すサムォルは、マンギに「彼がダナに相応しいか分からないが、彼のお陰でダナはジンハを忘れる事が出来た。」と話します。

相変わらず駄々を捏ねて、中々ダナとの電話を切らないガンソク。通話中、ダナはマンギに呼び出され、「結婚に反対したらどうする?」と聞かれますが「許してもらうまで待つ。」と返すダナ。
部屋に戻るとガンソクから、いくつものメールが届いていました。
「退屈で身もだえしている。」「メールも無視か?」呆れつつも、ガンソクに電話するダナ(^^;)
「病気でしょ?(笑)」、「今まで恋の良さを知らなかった。」というガンソク。
も~子供みたいでホンマ笑える~ヾ(≧∇≦)

次の日、マンギは家族とガンソクを呼び出し、「本人達の考えを尊重すると決めた。まずはガンソクの両親の許しを得て来い。話はそれからだ。」と告げます。
そして、ガンソク宅へ挨拶に行く事になったダナですが、不安がよぎります。
当日になり、緊張するチョンガプ達、そしてダナと、いよいよご対面ーになるんですが…
うわ~私まで緊張する~(>_<)
「彼女と結婚する。」とガンソク。
ここで、つづくです。

いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]


家門の栄光 #30&31 やっと…ですね(^^)
思えばゲーム開始から、長かったですよねぇ…
では~早速、ネタバレ全開です(^^ゞ



ガンソクの家にあるクマのぬいぐるみ、いつも思うんですけど、大きすぎて邪魔な気が…(^^ゞ
(ダナは、1球で仕留めてましたよね?笑)

思い出のクマを取った露店へ行くガンソク。
さっき、ダナが来ていたと店の主人から聞き、ガンソクの心臓が~“ドクン”と鳴る…(≧Д≦)
そして2人は再開―。思わず抱き締めるガンソク。
ついに「あなたとの事は芝居ではなかった。」と告げる。
「何とかあなたの事を繋ぎ留めておきたい。」とも…
やっと~、や~っと!言うたな~(ToT)

言ってしまってからは、たかが外れたように、ストレートに言葉にするガンソク。
「俺の手を離さないで。」(≧∀≦)と。
でも、まだ分かった。とも言い切れない様子のダナ。
「昔の彼の思い出は捨てないでいい、ただそばにいて欲しい。」
あれ?こんな言葉をさらっと言えるなんて…ホントに同一人物ですか~?(*^^*)

お互い家に帰り、電話を先に切る~切らないで、漫才をしているかのような2人。
ガンソクが、ダナに「先に切ったら、“ビンタ”を殴る」と。
あのクマ、いつから「ビンタ」って名前になったんでしょう?
てか、そのままですやん~(^_^;)

ガンソクは、マンギの会社への被害を最小限に抑えようとしていたつもりが、他の会社に狙われるはめになってしまいます。
「頑張って食い止めるけど、下手をすると2人は結ばれない。」というガンソク。
だから~もっと早く素直になっとけば良かったのに…
今さら言ったところで、仕方ないですけど…。

ダナは元ダンナからもらった指輪をネックレスにして、ずっと着けていましたが、ついに外します。
そして「たとえ会社をのっとられて、あなたが家族の敵になっても、あなたと離れない。」とガンソクに告白―。
も~ホントに、やっと~ですよねぇ~何度も、すんません…(*^^*)

ガンソクはケジメをつける為、ダナと元ダンナのお墓参りに行き、「ダナの事を守る」と改めて決意表明します。
ここで、つづくです。

これで、やっと視聴再開出来ます~♪(^^)

いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


家門の栄光 #27~29
いよいよ、お互いの心が近づいて来ましたね~。
早速、ネタバレ全開します(^^ゞ





ある日ヘジュは、バイト先で子供の鳴き声を聞き、発作を起こしてしまう。
昔、辛い事があったんですよね。
その割に、ガンソクに車が欲しいとかねだってましたけど、理由は1つしかないですよね、はい(^^ゞ

「女性にコーヒーを入れたのは初めてだ。」といちいち威張るガンソク(^_^;)
しかも、ダナに「ありがとう。」と言われ「感謝してるならキスして。」って…「そこまで感謝してない。」とダナ。こういう彼女好きです~ヾ(^^ )

ヘジュは、催眠療法卯を受ける事に。
どうやら5歳の時に、ガンソクの兄が、とあるトラブルがあり亡くなったとか。その時、見た光景をヘジュは覚えていたらしく、トラウマになっていると。

あと、全然触れてませんが…(^_^;)
スヨンはジナの為に変わろうと決意しましたね~。
「待っててくれる?」って初めに比べたら凄い進歩ですよ~♪

ついに、ゲームを終わらせよう決心したガンソク。回りくどいガンソクに比べて、ダナは簡潔に言いたい事を伝える事が出来るんですねぇ~ 。
最後の瞬間にも「やりたい事をやる。俺は本当に利己的だろう。」と卑屈になっていくガンソク。
それでも、ダナはガンソクの事が心配でたまらない。
「よく食べて、よく寝てね。」と…
いつの間にかノックアウトされてますや~ん?ダナも…(≧◇≦)

ガンソクが、マンギの会社を乗っ取る事を聞いてしまったヘジュは、必死にガンソクを止めますが、揺れる思いを断ち切るかのように株を買い占め、徐々に実行に移していくガンソク。

ダナも同じくガンソクを忘れられず…
そんなダナを見ていられないヒョンギュは、ガンソクを呼び出し、何度も殴り付けますが、罪の意識のあるガンソクは、抵抗しません。
ダナを慰めたいヒョンギュは、大学帰りにダナを酒に誘います。ペースの早いダナを止めるヒョンギュ。
「今日だけは、あの人(昔のダンナ)になって。」とダナ、頷くヒョンギュ。「10年忘れた事は、なかったのに…今は、あの人(ガンソク)からもらったマフラーを外す事が出来ない…。」とダナは、溢れる涙を抑える事が出来ません…(T_T)
そんなダナを見て絶望感に打ちひしがれるヒョンギュ。「待てば振り向いてくれると思ったのに…。」
ダナを家まで送り、「これで最後だから。」とダナを抱き寄せたところを待ち伏せしていたガンソクに見られてしまいます。ガンソクはショックを隠しきれません。

でも、当然ガンソクが会社を乗っ取れば、2人の交際は許されない訳で…
ダナは、ガンソクが両親と私を天秤に掛けられないと分かっているから止めなかったと言ってましたね。

「これは言うべきじゃない。言えば罪が重くなる。でも言うよ。」
「あんたの死んだダンナが俺だったら良かったのに…。」
そして、「これで本気で狩りが出来る。(乗っ取れる)」と言い、ダナの元を去るガンソク。その場に泣き崩れるダナ…(T_T)
俺は獣なんだと、人間ではないんだと自分に言い聞かせるガンソク。

てか~そこまでして会社のっとらなあかんのかいな~?(@_@)

決意表明したものの、心が張り裂けそうなガンソク。ダナに何度も電話をしようとするが出来ない。も~早よせぇよ~(;_;)/~~~ ここで続くです。

ヒョンギュが今度こそ「ダナから身をひく。」と言うもヘジュは「あきらめないで。」とか言ってましたね。
ヘジュ~何だかちと逞しくなって来ましたね。

溜まったレビューも、あとわずか(31話まで)今週末には何とかアップ出来そうです♪


いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]


家門の栄光 #24~26
ちと、頭の中が~たんぽぽ三姉妹~から、あまり切り替わってないんですが…きっとミョンソクが出てたからかな?(^_^;)

では、早速ネタバレ全開です(^^ゞ





ダナが思い通りにならず、腹を立てるガンソク。でも何で腹が立つのか分からんらしい…(^_^;)
ここにきて、ヒョンギュの気持ちに変化が出てきます。ダナを思う気持ちは変わらないけど、彼女が幸せになるなら、引く事を考えられると。

ガンソクは、両親が温泉に行っているのをいいことに家政婦も帰し、腹ペコだからとダナに強引にご飯を作らせます。嫌々の割りに丁寧に作るダナ。何ですか?この光景は…(^_^;)

ある日ガンソクは、テジュ先輩(ミョンソク@たんぽぽ三姉妹)とご飯を食べに行くからと、これまたダナを誘います。さりげなくガンソクにアドバイスするテジュ先輩。ガンソクから惚れた事はお見通しのようです。
でもねぇ~そんなに苦悩するなら、素直にダナに告白すればいいのに…(^_^;)と思ってしまうんですけど。

とにかく、傷付く事を恐れている(ように見える)ガンソクは「俺は人の事を傷付ける男だ。」とか、いちいちバリア張るような言葉をいうんですよねぇ。
それでもダナと一緒にいたいガンソクは、ゲームが終わる前に恋人らしい事をしようとダナに提案し、デート中に「やりたい事を見つけた。」といい街中でダナに突然キスをします~。
と、ここで切なげなOSTが流れてくるんですよ~(*^^*)
これ、いざ書いてしまうと味気なくなっちゃいますが、毎回見てる時は、すっかりドラマに入り込んでしまうんですよね~(^^ゞ

とにかく、ガンソクって親が金持ちで、さぞかし不自由ない人生だったのでは?と思いきや、結構寂しい人生を送って来たんですよね。学生時代から喧嘩ばっかで、1つも楽しい思い出がなかったなんて。
ダナに「同情してるの?」って聞いてたけど、先に私が同情しかけましたやん?(^^ゞ
ガンソクが「~を言ってみたかった。」とか、よく口にするんですけど、それって心から望んでいる事ですよね?いっそ契約交際なんか止めて、本気で向き合いたいって言われへんの? or 言ったらダメなんですか?(^_^;)

一方ダナは、まだまだ元ダンナを忘れずにいるんですけど、交通事故にあったとき、ダンナは即死。ダナは1ヶ月後に意識が戻ったらしいんですよね。そりゃあ、簡単に忘れる事なんか出来ないのかもしれませんね…。
こうして、2人して夕焼けを一緒に見た後、「あと1つやりたい事がある。」と言うガンソク。それを聞いたダナは即、家に電話をし「今日は帰れない。」と家族に伝えます。
うわ~これグッと来ますね~(´д`)

何だか~思いっきりガンソク目線になってしまってますが…このドラマも視聴が止まってるので、時間を遣り繰りして、早く続きが見たいです~♪


いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[3回]


PREV ←  1 2 3 4 5 6  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]