忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



優しい男 #15「真実のキス」
記憶喪失に、元カレの登場…
何だか韓ドラ王道てんこ盛り状態になってきましたな?(o´Д`)=з
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



ジェヒは役員の前で、ウンギの復帰の発表を提案した後、
ウンギに握手を求めてたけど…
彼女、事あるごとにすぐ握手求めますよね?((・・*)

しかも、この後マルに「信じられない…兄を利用するなんて!私を人間扱いしなかった兄さんを…」とか文句垂れてたけど…
あんたも人の事、言えないんじゃ…?(`・ω・)っ彡/

で、為すすべなくなったら、「ヨリを戻さない?」とでた。
一体、どういう神経してんだか…?ε-(ーдー)

だけど、マルは「考えてやってもいい。こんな抜け殻で構わないならな」と返してた。
もちろん、これがマルの本心じゃないのは、ジェヒも百も承知よね?d(゚Д゚*)

一方、ジェヒから共同代表提案を受け、困惑しているウンギに、
「ソ・ウンギの実力を認めたんだろう。ナム社長を説得した。君の力でな。でも、これでよかったのかな?前に進むしかなかったから、ここまで来たけど、人前にさらされる事が多くなると、君の苦労も危険も増す。戦い始めなければ良かった、とにかく人に知られる前に記憶を取り戻すしかない。君次第だ。君が強く望めば、今すぐにでも記憶が戻る可能性がある」と励ますマルd(´ω`*)

更にマルは「俺の記憶を全力で思い出せ」とか言ってたけど…
そうなったら、2人は別れる事になるんじゃ…?σ(・ω・*)

てかジェヒてば、以前マルが住んでた家を購入して、頻繁に訪ねてたみたいね?
そこにタイミングよく?マルは、ウンギに記憶を思い起こさせようとー
一緒に家前に来てたけど…
結局、ジェヒとは遭遇せずー(ヾノ・∀・`)でしたな。

一方、アン部長は手下だかにジェシクを痛めつけさせー
「カン・マルの出した条件は?いくら上乗せすれば寝返る?」などと問い、買収しようとしてましたよ?(°д°|||

その後、マルはウンギに別れ話をした場所へ連れて行きますが…
やはり、ウンギは何も思い出せないらしい(*´・ω・)
ここでウンギは、マルが別れを切り出した理由を聞いてたけど…
マルは「俺がどんな男か、自力で突き止めろ」と返しますd(*´Д`*)

更にウンギは、マルに「確認だけど…私はマルssiとキスした?記憶を失う前に」と問うんですけど…
マルてば、したはずなのに何で「してない」と答えたのかしら?(o・ω・))

この後、2人は家に戻りー
一旦、就寝するのですが…
ウンギてば、夜中の2時半にマルを叩き起こして、
「会社に行こう。指導してほしいの。私が覚えておくべき事を全て教えて。記憶が戻るのを待ってばかりいられない。必死で覚えるから教えてちょうだい」とお願いするんですよね。

しかし、翌日ー
マルの元にパク弁護士から、テサン化学の受け取った300億ウォンがウンギの口座にあったと連絡が入ります。
でも実際、横領したのはジェヒでー
どうもハナからウンギに罪を被せるつもりだったみたいですなε-(`・ω・´)
それを受けー
パク弁護士に「心配をかけないようウンギには知らせず対処しましょう」と返すマル。

そしてまたアン部長がジェヒに、
お馴染みの「成年被後見人の手続きをしましょう」攻撃をかけてたけど…
( `д´)b
そこにイルトグループのキム・ジョンフン専務が訪ねて来てー
てか、どっかで見た事あると思ったら…ウンギの元カレだったのねσ(・ε・〃)

ここでジェヒは、ジョンフンに「ウンギは事故で記憶を失ったの。戻って来た時には、いかがわしい風貌の婚約者も一緒にいた。ウンギとは不釣り合いなので、どう別れさせようか困っているの。お願い、ハノ製紙の買収から手を引いてもいいわ」と取引を持ちかけてたけど…
てか~そこまでせな、あかんのかいな~?(*´・Д・)



この後、ジョンフンはウンギの部屋を訪ねー
質問を投げかけまくるんですけど…
やはりウンギは、彼の事を思い出せなかったみたいね(o´д`o)

あとジェシクが、マルのいない間に家を訪ねて来てましたけど…
どうやら、どっちについたら得か?品定めに来たみたいですぞ(〃゚A゚)

一方、マルはウンギの横領容疑を晴らす為、キム代表に会いに行きー
「ソ理事は無関係です。仲間は誰です?私文書偽造罪ですよ。偽の委任状で口座を開設した銀行もグルですね?トンソ銀行ですか?明日、銀行を訪ねましょうか?1日だけ待ちます、よく考える事ですね」と脅しをかけてましたけど…(y゚ロ゚)y

しかし、この後チェギルから電話が入りー
「傷害罪で警察がお前を捜しに来てる」と言われてしまいます(´-ω-`)

さっきチョ秘書がマルと入れ違いで、怪しげな男たちを引き連れてやって来てたけど…
恐らく奴らがマルに罪を被せる為、キム代表を殴ったんでしょうな?
(。-`ω´-)b

ここでマルはチェギルに「俺は無実だ、自分で解決するから心配するな」と告げるのですが…
しかし、その後マルは行方不明状態に…(゚Д゚≡゚д゚)

そして翌日、テサンに警察がやって来てましたけど…
ジェヒの反応からしてー
どうやら今回は、アン部長が勝手に仕組んだようですな(*`ω´)ノ

一方、ウンギはパク弁護士から事情を聞きー
自分のせいでマルがこうなったと責め始めちゃう(´・д・`)
でもパク弁護士は「その為に彼はいるんです。彼は問題を解決する為に理事のそばにいるんです。彼が望んでやっている事なので、理事が責任を感じる必要はありません」と返してた。

でも…ウンギは、そう割り切れないよね…(ヾノ・ω・`)

その頃、マルはジェヒを訪ねー
「俺は殴ってない」と主張(`・ω´・)ノ
それを受け、ジェヒは「警察に出頭して、潔白だと話すべきよ」と促してきてたけど…
ここで「黙れ!君が会長としてすべき事は、ウンギにかけた横領の疑いを晴らす事だ。そしてウンギに心から謝罪しろ。“見下して悪かった。幼稚なマネで2度と苦しめたりしない”と約束しろ」と凄むマル(っ`Д´)っ・:

でも…結局、マルは警察に連行されてしまうんよね(´-ω-`)

この後、ウンギはパク弁護士の反対を押し切り、会長室を訪ねます
o(`・ω´・o)
そしてジェヒに「戦いをやめましょう。あなたの望みは何?テサングループ?ならあげるわ、私には必要ないから持っていって。その代わり、マルssi解放して。彼の容疑を晴らしてちょうだい」と訴えるんですな(*・д・)b

しかしジェヒには、ウンギがマルの為に会社を捨てる事が、どうしても理解できないようでー
「彼に何をされたの?おかしいわよ。脅迫された?弱みを握られた?」と問い詰めてたけど…
ウンギは「そんなに馬鹿げた考えかしら?変かしら?私はテサンよりマルssiを愛してる。愛する方を選ぶのは当然じゃない?」ときっぱり言い退けるんよねd(*´Д`*)

ここでジェヒは「愛で生活が出来る?テサンが手に入るなら私は男も愛も捨てられる。あなたがおかしいのよ」と否定はしてたけど…
でもウンギの言葉に、かなり衝撃を受けてたみたいですな(o-ω-))

この後、ウンギはジョンフンに声をかけられるもスルー。
ここでパク弁護士は、ジョンフンに「ウンギが横領の罪に問われているとか?彼女を助けたいんですが、私は何をすれば?」と問われてましたけど…

その後、ジョンフンはウンギをお茶に誘いー
2人が写っている写真を見せながら、
「君の事を忘れた事はない。俺にとって、君は初めての相手だ。初恋で、初めてときめいた。初めてのキスも」と告げるんですな(o・ω・))
でもウンギは、彼の話を聞いている内にー
以前マルの家を訪ね、自分がマルに同じような言葉を告げた事を思い出して、動揺し始めちゃう(;´Д`)

しかしジョンフンは、ウンギの異変には気づかずー
彼女の手を握りながら「俺たち、やり直さないか?君さえよければ付き合ってほしい(人゚∀゚*)」と告白。

ここでウンギは「離して…手を離して。私に触らないで、この詐欺師…!
( #゚д゚)=○)゚Д)゚」と言い放ち、去って行くんよね。

もしやウンギは、完全に思い出したのかしら…?(o・ω・))

一方、パク弁護士はマルを訪ねー
「理事があなたの為にテサンを諦めると言っています。ハン・ジェヒに濡れ衣を晴らせば、テサンを渡すと言ったんです。馬鹿げてます」と咎めてましたけど…(ヾノ・ω・`)

「あの時、署名した念書ですが…別れないと言ったら、どうしますか?“あの時とは状況が変わった”と無理を言ったら?“俺みたいな詐欺師が約束を守ると思うな。俺に道徳心なんて、ある訳がない”そう言い切ったら?ウンギと結婚すればテサンも手に入る。ウンギは俺に夢中で、俺の為ならテサンまで投げ出すほどだ。切り札は俺が握ってる。勝利の見込みは十分あるんだ。勝てるゲームを降りるバカはいない。そう抵抗したら?」と問うマルd(゚Д゚*)

パク弁護士は、やっぱ2人をくっつけたくないのね…(o´д`o)=3
「契約違反で訴えます。弁護士生命を懸けて、代償を払わせます。どのみち理事の記憶が戻れば、ゲームは終わりです」と返してた。

あとジェヒがチョ秘書に大金を渡して、真犯人に自首させるよう頼んでたみたいでー
しかしこの事を知った時のアン部長の顔が怖い事…。゚(^ω^;)゚。

その後、マルは釈放~o(・д・´*)
そこにウンギがやって来てー
「嘘つき…!詐欺師…!騙したわね?許さない。信じなかったのね?あんなに一生懸命話したのに信じてなかった。マルssiとのが初めてのキスだったと必死で伝えたのに、私たちがキスしてないですって?恥ずかしいわ」と思いの丈を告げ、立ち去ろうとするのですが…

ここでマルはウンギの手を掴みー
「覚えておけ。今度は決して忘れずに覚えててくれ。俺の初めてのキスだ」と告げ、ホントにキスしちゃう~(*´д`*)

でも…この場をジェヒに見られちまってやしたけど~?ヾ(〃゚ω゚)ノ
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]

PR

優しい男 #14「俺のせいなのか」
もしやウンギの記憶喪失キャラって、迷走してる?σ(´・ω・`;)
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



やはりウンギはショックで記憶が後退し、苦痛を避ける為の防御反応が出ているらしい。

この後、マルはウンギを自宅に連れ帰り、2人の写真を見せてましたけど…
ウンギは「こんなのウソよ、信じられないわ」と呟きー
その写真を床にを投げつけてましたぞ?(*´・д・)
しかも、この後また意識失っちゃったし…

翌日、ジェヒがウンギのお見舞いにマル宅へやって来てー
ここで「ウンギに何を言ったんだ?ショックで倒れるほどの事を話したのか?」と責めるマルに、
ジェヒは「あなたの話よ、とっくに知ってるはず、何がそんなに衝撃だったのかしらね?教えてほしいわ」とシラを切っとりやしたが…ε-(`・ω・´)

それを受け、マルはジェヒの胸ぐらを掴みー
「ウンギに二度を手を出すな。カン・マルは何でもする。この手に力を込めてもいいんだぞ?」と脅すんですな(y゚ロ゚)y

でもジェヒは「愛と義理は別物よ。同情とも違う。罪悪感から助けたいと思うのは、ただの良心に過ぎないわ。あなたがくれたもの、あれが愛なの。失って初めて、その大切さが分かった。今になって後悔してるの。どんな代償を払ってでも、また手に入れたい。あなたがどんな気持ちで戻ったのか分からない。でも私は、またあなたに会えて嬉しかった。あなたなしの世界は退屈でつまらないわ」とか言って、帰って行くんですけど…
これって未練じゃなくて、作戦?q(´・ω・`)p

この後、ジェヒの元にアン部長からー
「ウンギのCTとMRIの結果を入手したので、これから成年被後見人の手続きを始める」てな報告の電話が入ってましたけど…

てかウンギも、何でマルにあんな冷たく当たるんやろか?(o´Д`)=з
初めて記憶をなくす前に抱いていた潜在意識ってやつなのかしらね?

しかも、せっかくマルが作ったトマトジュースをバンバン払い退けてたしー
それでもマルは我慢強く、ウンギの元に飲み物を運んでましたけど…
チョコ同様、何だか見てるこっちがイライラしちゃったわ(`-д-;)

なのにマルは「君が怒ったり、物を壊したり、大声を出してくれて嬉しいよ。今の君が腹を立てて、意地を張るのは当然の事だ。この前までは亜刈る過ぎてむしろ心配だった。心の中の闇を隠してるみたいで。力が余っているなら大声で泣けばいい」とか言うのよ(*´・ω・)

更にマルは「ハン・ジェヒと何の話をしたんだ?俺のせいなのか?俺が君を苦しめてるのか?俺のせいなら…俺の記憶にフタをしようとして、自分を苦しめてるなら、それは間違ってる。自分を責めずに俺を責めろ。自分を苦しめず、こうやって俺を刺せ。君が起きあがれば、俺は心残りなく、君と別れられる」と告げてましたけど…

彼はウンギの記憶が完全に戻ったら、やり直せないと思っているのね(´-ω-`)

この後、ウンギは大声出して号泣。
あとマルは、突如頭痛と吐き気に襲われ、トイレに駆け込んでましたけど…
かなり病状が進んでるみたいですけど?(゚Д゚≡゚д゚)

それとウンギは、最後にマルが置いていった牛乳を飲み干してたみたいですな。

そして翌日、ウンギは何事もなかったかのように、
「マルssiのお陰で、よく眠れたわ。それから久しぶりに長い夢を見た。その夢の中にマルssiも出てきたわ。でも夢の中のマルssiは、別人みたいだった。私を騙して傷つける悪い人だった」と話しかけてましたけど…

マルは「もし俺の正体が悪い奴だったら?君の夢に出てきたような悪者だったら、どうする?」と問うんよね。
ここでウンギは「許さないわ、父を捨ててまで選んだのに」と返してましたけど…
てか、これって夢を見たから少し記憶を思い出した事になってるのかね•́ω•̀)?
何だか、よく分からんなq(´・ω・`)p

ここでマルは「必ず、そうしろよ。気持ちを強く持ち、許さないと約束してくれ」と微笑みながら返してた。

この後、ウンギはパク弁護士に会いに行きます。
ここで「あの日、会長に何を言われて倒れたんですか?」と問うパク弁護士に、
ウンギは「ハン・ジェヒssiが家に来て、話をしたのは覚えてる。辛かった記憶はあるけど、正確な内容は覚えてないの。断片的にしか思い出せない」と返してましたけど…

更に、この後ウンギが「パク弁護士がある人への恨みを持ってカン・マルは私に近づいたと言ったの」と告げてた事からー
やっぱ、ある程度、記憶は戻っているらしいd(゚Д゚*)
でも、その相手が分からないと…
だからパク弁護士に「それは誰の事なの?カン・マルはどんな人なの?彼について何か隠してるの?」と問うんですよね。

ここでパク弁護士は「私は話してません、初耳です」と返すんですよ。
やっぱ彼は事実を告げて、ウンギが傷つくのを避けたいんでしょうねd(*´Д`*)
でもウンギは「記憶を戻す為にどんな事でもする」とか言ってたけど…

一方、マルはジェヒから呼び出され、会社に来ますが…
ここで「産業スパイの件、私が幼稚だったわ。水に流して仲直りしましょう」と謝罪し、手を差し出してくるジェヒに、
マルは「そんな謝罪に応じるつもりはない」
とぞんざいに返します(=`ω´)ノシ

更に「土下座しましょうか?あなたの前でなら何百回だって土下座出来る。やってみせるわ」と涙ながらに訴え、ひざまづこうとするジェヒに、
「しらじらしい、吐き気がする」と吐き捨て、帰って行くマルがちと痛快~(´・∀・`)

この後、アン部長がジェヒに成年後見人の件で、
「理事の経営能力が欠けている証拠が必要です。しかし簡単ではない。自信がつくまでカン・マルの陰にいるでしょう」てな報告をしてましたけど…
ここでジェヒは「マルとウンギを引き離し、マルには会社に残って貰う。彼の能力を手放すのは惜しいでしょ。私の手元に置いて置きたいの」とか返してた。

と、そこにウンギがやって来てー
「病気だったのでは?」と訝しげな表情で問うジェヒに、
「今日、正式に復帰しました。今までは相貌失認のせいで尻込みしてたんです。仕事をしながら慣れていくつもりです。今後ともよろしくお願いします」と告げ、即去って行っちゃいましたね(o・ω・))

てかウンギてば、昨日まであんなに荒れてたのに…
今日は打って変わって別人みたく明るくなってて、ちと面食らっちまったんですけど?(・д・`;)

しかし、この後ジェヒはウンギに「テヤンコスメティック社の買収の話し合いを進めたいの。でも担当者に急用が出来たから、代わりにミン代表と明日担当者と会えるよう話をつけてきて」
と仕事を頼んで来ましたぞ?ヾ(〃゚ω゚)ノ

でもウンギは、ミン代表の事を覚えてないらしくー
「それなら無理して行く事ない」とマルは言うのですが…
「行かないと言えば疑われる。このままだと何も変わらない。暗記には自信がある。代表の人柄や家族、趣味も全部覚えて行けばいいでしょ」と返しー
ウンギはマルに車で送って貰って、待ち合わせ場所に行く事に。

てかジェヒは、ミン代表ではなく、ナム社長を送り込んだようですぞ?
(°д°|||
てのも、投資の話をナム社長に撤回させるよう仕向けー
その責任をウンギに押しつけるつもりらしい。

ここでウンギは、ミン代表の息子の話を出してましたけど…
実は、最近ナム社長は息子を失ったらしくー
逆鱗に触れてしまうんですな(´・ω・`;)
そして予想通り、ナム社長は途中でブチギレて帰っちゃったみたいですぞ?

この後、ウンギはマルに「ミン代表じゃなくて、さっきの方はモソン科学のナム社長だった」と告げてましたけど…

と、そこにジェヒから電話が入りー
ウンギは「何故テサンに戻ったの?テサンを潰したいの?ハン・ジェヒが会長として活躍するのが許せない?あなたのせいでナム社長はテサンリゾートへの投資を撤回したわ。どうやって責任を取るの?」と怒鳴られてしまうんよね。

てか、ここで「何、1人芝居してんねんな?q(´・ω・`)p」
てな顔でアン部長が見てたのが、ちと可笑しかったですな(´・∀・`)

ここでウンギは「あなたのせいよ、テヤンコスメティックのミン代表だと…」と反撃しようとするんですが…
マルから携帯を取り上げられ「これは罠だ」と止められるんですよね。

しかしアン部長も、口を開けば“後見人”の話ばっかですな?ε-(`・ω・´)
それにジェヒは、ウンギに勝ったと思い込んでるけど…
そうは問屋が卸しませんぞ?(ヾノ・ω・`)

この後、ウンギはマルに「みっともなくて恥ずかしい。マルssiに従えばよかった、止めてくれたのに。私が思い上がっていたのよ、他人の助けが必要な私に何が出来ると言うの?バカだったわ」と嘆いてましたけど…
マルは「自分を責めるな。また頑張れ、いつか記憶は戻る。慌てる事はない」と励ましてましたね。

ここでウンギは「マルssiを思い出したいの。マルssiがソ・ウンギをどれ位、大切に思い、愛してくれたのか、早く思い出したい。なのに、こんな有様よ。会社に損害を与えてしまった、こんな私に何が出来ると言うの?戻るんじゃなかった、もう止めるわ」と言って、酔い潰れるんですけど…

てか何で、毎回ウンギの中ではマルに愛されてたテイになってるんやろか?q(´・ω・`)p

翌日、マルはウンギを起こしー
自分の失敗は自分で解決するよう告げた後、
ウンギをナム社長の自宅前に置いてけぼりにして、車で帰って行っちゃってましたけど…(;´д`)

でもウンギは何も言えず…
ナム社長も、車で出掛けてしまうんよね(´・д・`)

その後、マルはパク弁護士から、
ジェヒたちが診断結果を手に入れ、ウンギに成年後見人をつける為、
現状を承知で彼女を試した事を報告されてましたけど…

あれからウンギは、ずっとナム社長の家前にいたみたいでー
ここで門前払いをしてくるナム社長に、
自分が記憶をなくし、脳に損傷を受けた事を正直に話しー
仕事の為ではなく、社長を傷つけてしまった事をお詫びしたかったと謝罪してましたねd(*´Д`*)

ここでナム社長は「私が噂を流したら、どうするんだ?」と冷たく返し、家に入って行くのですが…
しかし翌日、ナム社長はジェヒに電話を入れー
「近い内に担当者会議を開いてくれ。それと交渉の担当者はソ・ウンギに頼みたい」と言ってくれましたよ~(o´∀`)o

ここでジェヒは、アン部長に理事会を招集させー
今度は「ウンギに関する資料を公開する」ときた!(-ω-;)

ところが、その会議中に秘書がジェヒにメモを渡します。
そこには、“ソ・ウンギの殺害教唆について、今すぐ話そう”
と書かれていてー
動揺した面もちで部屋を出ていくジェヒ。

そこにはジェシクが来ておりー
どうやらマルは「一生面倒を見るから、過去のジェヒの悪事を理事会で暴露してほしい」てな事を頼んだみたいですなd(゚Д゚*)

結局、ジェヒは会議室に戻って来てー
ウンギをテサングループ共同代表理事する選任すると言う羽目に…(*´-∀-)
それを見て、ニヤリとするマル~(σ゚∀゚)σ
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


優しい男 #13「記憶の断片」
今回のラストシーンにちと衝撃~(;゚Д゚)!どうも今までの事は、前座だったらしい。
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



結局、あの後ウンギの記憶が戻ったのかと思いきやー
どうやら、そうではなかったらしい~(*・д・)b

この後、ウンギは必死に記憶を呼び起こそうとするもー
その反面、マルに飽きられてしまうんじゃないかと不安がよぎっちゃう
(*´・ω・)
ここでマルは「俺は大丈夫だ。君に飽きたり、嫌気が差したりなどしないし、絶対に逃げたりはしない」と返すのですが…
でも言う前に一瞬、躊躇したのは何故?q(´・ω・`)p

と、そこにソウル東部地検の検事たちがやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「不正競争防止法と営業秘密保護法の違反で、テサングループがカン・マルssiを告訴した。家宅捜索にご協力下さい」ときた。
これがアン部長が送り込んだ刺客という訳ですなε-(`・ω・´)

この後、マルは検察庁に同行を求められるもー
その前に「ウンギが初めて作ってくれた朝食を食べてからにして(ヾノ・ω・`)」
と一旦、拒むんですよね。

ここで「何があったの?」かと心配するウンギに、
マルは「テサンが俺をハメようとしている。でも疑いを晴らせばいい」
と余裕の返しをした後に、ジェヒに電話をかけるんですなo(´^`)o

この後、マルはチェ検事に「現行犯でもないし、捕まえたいなら逮捕令状を持って来て下さい」とトドメを刺しー
車でジェヒの自宅へ乗り込んで行くんですよねε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

と、そこに絶妙のタイミングでジェヒに電話が入ります(`-ω-´)b
そして、この後「他社に機密を漏らしたの?テサンの経営と投資に関する資料があなたの部屋のUSBから見つかったわ」とマルを咎めてましたけど…

「そのUSBが俺の部屋にあったと何故分かったんですか?大学を除籍されたけど、俺のIQはハン・ジェヒssiより、30ほど高い。すぐにバレるバカな真似はしない。ハン・ジェヒssiみたいな間抜けすら、やらない事を天才の俺がやると思いますか?君の側近は出来損ないばかりだ。濡れ衣を着せたいなら徹底的にやれよ」と皮肉り返すマル(y゚ロ゚)y

それを受けー
「前歴があるらしいわね。以前、企業秘密を探る産業スパイとしてバイトしてたとか?前歴についての証人も見つけたわ。これだけ並べれば、あなたに濡れ衣着せるには十分よね?」とドヤ顔で告げるジェヒ(*`ω´*)

でもな~
何というか…2人に必死さ?執念?がまるで感じられないんですよね~
(´・ω・`;)
マルは、ちとソフトすぎるのかな…
あとジェヒも、たまにヒステリックに怒鳴ったりするけど、全然凄みを感じないし…
何か子供のケンカにしか見えないわ(o´Д`)=з

この後、パク弁護士がアン部長に部屋に乗り込みー
「何のつもりですか?証拠をでっち上げて、無実の者を犯罪者に仕立てるなんて実に低レベルです(ノ`Д´)ノ」と訴えるのですが…
アン部長いわく、マルは「テサンを去る」と告げて来たらしい(´・д・`)

ここでパク弁護士は「持ち札を出し終えるまで、勝負は分かりません。最後のカードまで開いてみましょうか?」と凄むんですけど…(〃*`Д´)

アン部長に「マルがいなくなれば、お前にも好都合だ。なのに、あいつに手を貸すとは。君は優しいのではなく、バカだ。いや、偽善者か?しっかりしろよ、ウンギを手に入れたいなら奴を追い出せ」と煽られちゃう(´‐ω‐)=з

でもパク弁護士は、ウンギの幸せを第一に考えてるんですよね。
だから「愛してるなら自分のものにすべきだと?そうは思いません」と返すんです。
そういう愛し方もあるのよねd(*´Д`*)

この後、ジェヒは告訴を取り下げたらしいのに、
マルてば、
自ら検察庁へ出頭して「汚名を返上したいから」
と調査を要請したらしい((。´д`)o
ここでマルは前歴についても、包み隠さず話しー
更に「早く死にたかったけど妹を残して自殺出来ない。それでも“悪い事でもすれば、天罰が下って早く死ねる”そう思っていた。だけど今は生きたい…生きる理由が出来たから」と検事に訴えます。

その頃、ウンギは自分の家に戻りー
必死に記憶を呼び戻そうとしてましたけど…
そこに家政婦さんとウンソクが帰って来てー
ウンギは2人にせがまれて、仕方なく自宅に入るんですよね…(*´・д・)

しかしウンソクも昔あんだけウンギに疎まれてたのに、まだウンギの事が好きみたいで…
しかもウンギてば、ウンソクと楽しそうにゲームしてましたよ?((・・*)
でもジェヒが帰って来た途端、素に戻るんです。
あれって、意図的にした事なのかしらね?q(´・ω・`)p

しかし、その頃マル宅ではウンギが行方不明になったと大騒動に…
…ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
でもウンギは、チェギルに実家に行く事を話していたみたいなんよね。

て事で、この後マルは車を飛ばし、ウンギの実家へ向かいます(o゚Д゚)ノ
その頃、ウンギはジェヒとウンソクと共に夕食中で…
しかし彼女は、貝アレルギーな事も忘れてしまってたらしくー
じんましんが出てしまった為、食事を中断してトイレに行くのよね。

しかも家政婦てば、
ジェヒに「確かに理事なのに別人のような気がするんです」
と余計な事を話しちゃうヾ(〃゚ω゚)ノ
そしてジェヒは、ウンギが1番嫌いな食べ物カレイの塩辛を家政婦さんに食卓に出させて、彼女を試そうと目論むんですよ~(。・`Д・´)

と、そこにマルが乗り込んできてー
ウンギを連れ帰ろうとしますが…
でもジェヒは、ウンギはまだ食事中だと告げ、マルを足止めします。

この後、ジェヒはマルに「告訴は取り下げたのに、何で検察庁に出頭したの?」と問うてましたけど…
「暇だし、疑いを晴らしたくて。簡単ではないけど、難しくもないはず。検事が“真犯人が判明すれば、指図した黒幕まで徹底して暴く”と約束してくれた」と強気に返すマル。

と、そこにウンギが戻って来た為ー
ジェヒは、カレイの塩辛を勧めるのですが…
そこに家政婦が「ウンソクが吐いています」と言ってきた為、ジェヒは席を外すんですよね。
そしてウンギは家政婦から、以前の理事は“カレイの塩辛”を出しただけで怒鳴ってた話を聞き、窮地を逃れるんですよね。

その後、2人はジェヒに黙って退散したらしい(_´Д`)ノ~~
でもウンギは、メモを残していたようでー
“ウンソクと遊んでいたから、私を疑ってるのかもしれませんね。でも、この仕打ちはひどすぎる、カレイの塩辛を出すなんて心外だわ”と書かれてた。

この後、ウンギはマルに「自分の記憶が戻るのが怖い」と言うんですけど…
マルは「無理して思い出さなくていい」と返します。
でもウンギとしては、他の記憶はともかくマルとの記憶だけは思い出したいのよね(*´・ω・)

しかもこの後、ウンギは車の中で流れてたクラシックを聴きー
昔、マルと一緒に聴いた事まで思い出してましたよね(o・ω・))
それにウンギは、マルが自分の元から離れていくのを怖がってるけど、
でも記憶が戻ったら、2人の立場が逆転してしまうような気がしてならないのよね(;´д`)

そして翌日ー



ここでマルは、ジェヒに「家の防犯カメラで不審な人物をマークしました。USBとPCの分析も警察に依頼してます。捜査の状況を念の為に知らせておきます。午後にはマスコミに流します。マスコミが動けば事態も一変します。絶対バレないと思っていた黒幕までうまく行けば、世間に知らせられます」と宣戦布告してましたけど…

一方、ウンギはミンヒョクに「何か他に思い出した事はありますか?」と問われておりー
事故当時トンネル内で車線変更したとか、かなり鮮明に思い出して来てるよう(*´・ω・)

しかも、あの後アン部長がチョ秘書に、ウンギの医療記録は手を加えられてる可能性を示唆しー
病院にCTとMRI画像が本人のものかどうか調べるよう、命じてましたぞ
ヾ(〃゚ω゚)ノ

その頃、ジェヒはウンギに会いに行ってましたけど…
てかウンギてば、
マルに「俺が帰るまでドアを開けるな」と言われたのに、何で言う事聞かないのよ?(*´・д・)ノ

ここで「チョコとチェギルはいないの?」と問うてくるジェヒに、
ウンギは「2人を知ってるの?今までに会った事があるの?」と聞いちゃうのよね(*´>д<)

この後「家に帰ろう、私たちは互いにわだかりを持ってる。でもここにいちゃダメ、カン・マルと結婚もしてないのに同居してると、後ろ指を刺される」とか言ってくるジェヒに、
もちろんお断り~(ヾノ・ω・`)するウンギ。

更に「他の男じゃダメ?私への当てつけで人生を台無しにする気?別れなさい」と責め立ててくるジェヒに耐えきれなくなったのかー
ウンギに異変が…(°д°|||

それでも何とか声を振り絞りー
「マルssiを何故、毛嫌いするの?どうしてマルssiを悪く言うの?私の大好きな人なのに…彼なしでは生きていけない。何故、反対するの?o(*>д<)o″))」と必死に訴えるウンギに、
「トボケてるの?本当に分からないの?彼がどんな目的で近づいてきたか知ってるでしょ?なのに何故…」と問い返すジェヒ。

「分からないわ、どんな目的で近づいたか知らないの。教えて、私に接近した理由は?」とか聞いちゃうウンギ。

だから~それ以上、聞いちゃいかんてば~(ヾノ・ω・`)
と思ってた矢先にウンギが頭抱えて倒れちまいましたぞっ!(°д°|||

と、そこにようやくマルが戻って来てー
ウンギを病院へ連れて行くのですが…

更に、この後パク弁護士がウンギを甲斐甲斐しく看病するマルを目撃しちゃって…
彼の寂しげな表情に、こっちまで切なくなっちまったわ…(o´д`o)

その頃、アン部長は1人会社で酒を飲むジェヒを戒めー
ウンギのノートとキム先生の所見書を見せてましたけど…
やはりCTとMRI画像は、ウンギの物ではなくー
パク弁護士が事態の深刻さを苦慮し、手を加えたらしいんよね(*´・ω・)

ここでアン部長は、推測だと前置きしてたけど…
でもウンギが脳に重大な損傷を追っていて、
マルたちにサポートして貰いながら、演技してる事も気づいてるしー
もしこれが事実なら、ウンギを制限行為能力者として手続きすると(*・д・)b
となると、ジェヒが成年後見人となり、ウンギの全財産と持ち株を管理する法的権利を得られる、とか…ちと、それはご勘弁~よね?(ヾノ・ω・`)

そしてー
今度は、ウンギの記憶からマルが消えてしまったみたいですけど?
てか、そんな展開~?ヾ(〃゚ω゚)ノ
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


優しい男 #12「愛の奇跡と愛の取引」
ウンギにとって記憶が戻った方が幸せになるのか、それとも今のままの方がいいのかー
果たして…どっち?q(´・ω・`)p
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



ジェヒの会長就任式でウンギがしたスピーチですけど…
どうやらマルにレクチャーされたみたいですね(。・д´・。)

そして就任式後ー
ウンギが戻って来た事が信じられないと言うジェヒに、
アン部長が「ソ理事が戻られました。カン・マルssiと一緒に。まだ理事は全快してないので、婚約者のカン・マルssiに業務と権利を委任したと。当分、カン・マルssiが理事の代行を務めるようです」と冷静沈着に告げるのですが…

更に「あり得ない。何故ウンギが?よりによってマルを?あの男の目的は知ってるはずよ」と悪態つくジェヒに、
アン部長が「何に動揺してるんですか?ソ・ウンギが現れた事ですか?それともカン・マルがウンギの婚約者として現れた事ですか?」と問うてましたけど…
そりゃ~両方でしょうよ?(*・д・)b

その頃、ウンギはマルと理事長室で話をしてましたけど…
「ハン・ジェヒ…私の継母。あの人と私が戦うの?」なんてー
ジェヒがどんな存在なのか、ウンギ自身分かってないようですな(o´д`o)

それと前話でパク弁護士がマルに「ウンギを助けてほしい」と頼んでましたけど…
あれには続きがあったようでー
「ウンギが望む目的地に着いたら、完全に消えてほしい。ウンギが記憶を取り戻し、あなたが誰かを思いだしたら、どうせ居場所はなくなる。万が一、記憶を取り戻せなかった場合は…その時の為に取引をしましょう、謝礼を弾みます」と告げていたらしいd(゚Д゚*)

あと、たとえマルが今ウンギを愛してるとしても、阻止すると言ってましたよね。
とにかくパク弁護士は、マルがジェヒの復讐の為にウンギを利用していた事が許せないんですよね(*´・ω・)

て事で、結局マルは「ウンギが目的地に着いたら、テサンの半分がほしい」
と要求し、パク弁護士もこれを了承したようですな(o-ω-))

この後、ジェヒに誘われ、
ウンギはマルと共に実家で食事をする事になるのですが…

てか、いちいちウンギを抱き締めて、
「歓迎するわ」とか言うジェヒが白々しく見えて仕方ねぇ~(ヾノ・ω・`)
しかも、この後ウンギがソ会長の部屋の場所をジェヒに聞いたりしてー
病気が回復してないのがバレるんじゃないかと…
見てるこっちがハラハラしちまいやしたよ…(*´・ω・`)=3

そしてウンギが1人で書斎に行ってる間に、
ジェヒは、マルに「何故戻ったの?私がどこに向かおうが、何をしようが…私の終着点がどこでも関心ないんでしょ?」と問うてましたけど…

「興味ないな、君が何をしようと。君と何があったのか、君などの為に何をしたのか、過去に恋人だった事すら思い出せない。今の俺の関心事であり、俺の頭を占めているのは…俺を燃えさせ、イカれさせて、夜眠らせないのは、ハン・ジェヒではなく、ソ・ウンギだ。ウンギの為に戻って来た。彼女を邪魔に思っている怪物から守らないと。料理もウンギより俺が先に食べてみる。何か入ってるかも」とカマすマルε-(`・ω・´)



ここでジェヒが「私がウンギを殺したがっているとでも?」とか問い返してたけど…
でも、ウンギを邪魔者扱いしてたのは確かよね?(*-ω-*)

更にマルは「俺がソ・ウンギをあんな状態にした。俺は正気を失っているから、ウンギが元通りになるなら、どんな事でもする。だから全て捨てて出て行け。代表理事の座も、会長の座も、大邸宅の奥様の座も、君の物じゃない」と警告するのですが…(y゚ロ゚)y

彼女が素直に頷くわけは、ございやせん~(ヾノ・ω・`)
それに「このフォークから、お皿まで全て私のもの」だと言い切るんなら、汚い手を使ってウンギを排除しようとせんと堂々と戦えって話ですよ!
(*`д´)b

この後、マルはウンギのいる書斎に行きー
「夕飯は家で食べよう。長くて大変な1日だった。演技はやめて、頭を休めろ」と告げてましたけど…
しかしウンギも性格が変わったとはいえー
あないに泣くほど、会長の死に目に会えなかった事が辛かったのかしら?
(*´・ω・)

あとアン部長がヒョン秘書の家を訪ねー
ウンギの国語の練習帳を見つけてしまったのが気になってたんですけど…

しかも練習帳の最終ページには、
“必ずやり遂げられます。私を思い出す日を待ってます。J.H”
と書かれておりー

この後、アン部長はチョ秘書にパク弁護士の筆跡が分かるメモを持って来させてましたけど…
やっぱ、これはパク弁護士が書いたものだったようでー
アン部長にウンギが会社に戻れなかった事情がバレちゃったんですけど?
ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

しかしパク弁護士も、ウンギを心配する気持ちは分かるけど…
でも彼女の病気を隠し通そうとするなら、もっと慎重にならなきゃいけなかったんじゃ?(・д・`;)
あと、マルの頭の状態も芳しくないのも気になりますな…(*´・ω・)

翌日、マルはウンギの代理人として会議に出席する事になりー
事前に、パク弁護士からジェヒを攻撃する為の資料を委ねられるんよね。

しかし、その頃アン部長はチョ秘書と共にウンギを訪ねー
話がしたいからとお茶に誘うんですが…
ここで彼は、ヒョン秘書に「理事と2人で話したいから席を外してほしい」と頼むんですよね。

だからって、何でヒョン秘書も従うんだか…?(*´・ω・`)
しかもウンギは、アン部長に国語の練習帳を見せられー
以前使っていた事を認めるも、今は回復したと言うんですけど…

ここでアン部長は、ウンギにペンを渡しー
「では見せて下さい。私が知ってる会社の代表も交通事後で脳を損傷しました。結局、辞職し、地方で療養中です。実は理事に不安を抱いてる人が社内い大勢います。私はソ会長に目をかけて頂きました。隠す必要はありません。理事の状態を知らなくては、お守り出来ません。私を覚えてますよね?私は誰ですか?思い出せませんか?」
と~追い詰めてきましたぞ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

ここでウンギはノートに“あなたは悪い人”と書きー
「長い間、ヒョン秘書を待たせると怒り出すわ」とカマしてから、退散するんですけど…

でも、この後ウンギが発作を起こしてしまったのを見る限り、
秋田での苦い記憶が蘇っただけで、名前は思い出せなかったんでしょうな
(o-ω-))

その頃、テソンでは…
キム部長が「イェソンの売却先は、当初チェソル社だったかと思いますが、どんな手を使って取引先を変えさせたんですか?」とジェヒを攻撃し始めた為ー(ノ`Д´)ノ
パク弁護士は“今回はキム部長に任せましょう”とメールと送るのですが…

ここでマルは「キム部長は、チェイルから一昨年された事をお忘れですか?テサン電子が痛い目に遭いましたよね?」とー
一旦、ジェヒの味方につくかのように、周りに思わせといて~(*´▽`)ノノ

「“今から述べる問題に比べれば何でもない”そういう意味です。イェソンに提示したのは、裏金の調達を手伝うという意味では?当然、検察に注視されるとは思いませんでしたか?違法な買収に関わった事が明るみに出たら?テサンも税務調査されたら、どうします?オーナーなんだから、そのくらいは考えてましたよね?」
とジェヒを一気に底へ突き落とすんですよね~(_´Д`)ノ~~

あの後、ウンギはヒョン秘書と共に病院へ向かいー
主治医のミンヒョクに「テストの結果、失書症や失読症の症状も随分回復していた。まだ経営が出来るほどではないが…婚約者は医学の勉強をした事があるとか。きっと彼のお手柄だろう」と告げられてましたけど…

ここでウンギは「少しずつ、何かが頭をよぎるんです。さっき人に会ったら、その人といた場面が頭に浮かびました。この間も音楽を聴いてたら、その音楽を聴いてた場面が…」と訴えるんよね。

それを受けー
「いい兆候だ。でもあなたは、その記憶が蘇るのを嫌がってる。それ以上傷つきたくなくて、記憶喪失という洞窟に自分を隠してる。ソ・ウンギssiの人生で死にたい程、辛かった記憶を引っ張りだすんだ。怖がらず、恐れずに。記憶を取り戻すには、まずそこからだ」と告げるミンヒョク。

その夜ー
部屋で、ウンギとチョコがマルの事について話してましたけど…
でもな~
ウンギの“マルの事は思い出せたのに、彼との記憶が一切思い出せない”
というのが、どうも腑に落ちないんですよね…(*´・д・)
大体、そんな中途半端な記憶喪失ってあるんかいな?q(´・ω・`)p

一方、アン部長は窮地に追い込まれつつあるジェヒを見て、
マルとウンギの両方?を潰しにかかろうとー
チョ秘書に電話を入れて、何やら指示してましたぞ?ヾ(〃゚ω゚)ノ

そしてマルは、ウンギとチョコの会話に影響されたのかー
ウンギと旅行に行く事に。

ここでマルは、
「ある日、1人の女性が俺の所に来た。1番むごい言葉で傷つけ、ありったけの力で突き放した彼女が、また俺の所に来た。彼女は俺ととてもよく似ている。俺は何度も彼女の中に自分の姿を見てる。俺の体に出来た傷が彼女にもある。俺の頭を満たしてる涙も、彼女の胸の中に同じように流れてる。俺が傷つけて泣かせたんだ。出会うべきじゃなかった。俺の人生に巻き込むべきじゃなかった。悔やんでる。生まれて初めて後悔してる」と自分の父に心で語りかけてましたけど…

だからマルてば、
いつの間に、そないにウンギの事が好きになったのさ?( 」゚Д゚)」

しかも旅行の帰り道、トンネルを通ってる時に対向車のライトを浴びー
ウンギに異変が…(;゚Д゚)!
もしかしたら記憶が戻ってしまうのかも?
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[0回]


優しい男 #11「再び俺のもとに」
前半のムリクリ感のある展開に正直どうよ?と思ったんですけど…
ラストで形勢逆転~?(*゚▽゚)ノ
早速、ネタバレ全開します~(^^ゞ



マルはジェシクを車から引きずり出しー
ウンギを拉致した理由を聞き出そうとするのですが…
ウンギてば、ジェシクを逃がしてしまうんよね(;´д`)
ここで「何も判断出来ないほど、イカれちまったのか?奴を誰だと思ってるんだ?誘われたら、誰にでもついて行くのか?」と責めるマルに、
ウンギは「だから怒ってるの?頼んでもいないのに、あの人が私を連れて来たから?それで怒ってる?そんなに私が嫌い?こんなに嫌われてるとは思わなかった。分かっていたなら来なかったのに…」と涙ながらに返してましたけど…(*´・ω・)

そもそもウンギの記憶違いなんですけどね…(o´д`o)
だけどマルはウンギを引き留める事が出来ずー
1人で帰してしまうんよね(*´・д・)

この後、マルが「決心して、手放したのに。また現れるとは」
と心で呟いてたんですけど…
もしや既にウンギに惚れてたって事?q(´・ω・`)p

てか、そんな詳細な描写されてましたっけ?((・・*)
思い当たるのは、ウンギに衝突される際にマルが見せてた切なげな表情なんですけど…
あと旅行前にウンギの服と靴を買ってあげたりもしてましたっけね?
でも、そないにマルがウンギを思ってた風にはとれなかったけどなぁ?
•́ω•̀)?
そもそも、ここはもっと詳細に描くべきところなんじゃないのん?
どうも所々、展開が唐突というか…雑さ感に心がついていけないんですけど?(o´-з-)=3

あとジェシクは、アン部長に取引を持ちかけるも断られたみたいでー
次にジェヒに取引を持ちかけたよう。
しかも奴は、ウンギを拉致し損ねたてのに、ジェヒに褒美タカろうとしてましたぞ?(*`ω´)ノ

でもカネではなく、奴の元に警察を送るところがね~やっぱジェヒらしいといいますか…
ホント相変わらず容赦ない女ですなぁ~(ヾノ・∀・`)

でもジェシクは、何とか逃げ切ったようでー
翌日、マルを訪ねて来てましたな(*-ω-*)
しかも「ジェヒに頼まれたんだ。ソ・ウンギがテサンに戻れないようにしろと。建物と引き換えに頼まれたんだ」と訴えた後、マルに命乞いしやがりましたぞ~ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、マルは奴からウンギの居場所を聞き出し、その場へ向かうのですが…
既にアン部長がチョ秘書を送り込んでいたらしい(;゚Д゚)!
どうも2人の電話の会話から、ウンギはヒョン秘書の家で暮らしてたみたいですなd(*´Д`*)

しかし、そこにパク弁護士がやって来てー
「ソ・ウンギ理事を追い出す計画は、進んでますか?理事さえ追い出せば、テサンが手に入るとハン・ジェヒ代表は、お考えですか?」とカマしたのも、つかの間でー

即、アン部長に「私にケンカを売りたいようだな?ソ理事の居場所は?何故、隠している?不都合な事があるから姿を現さないんだな?このままソ・ウンギを連れて外国で暮らしたらどうだ?本当にウンギを愛しているなら、恐ろしいジャングルから安全な場所に連れ出せ。賢い判断をしろ。そうすればウンギに知られたくない秘密を守れるはずだ」と圧力をかけられてしまうんですよね(´・д・`)

しかもパク弁護士てば、
「失礼します」って…あっさり引き下がり過ぎですぞ?ヽ(´・д・`)ノ

一方、マルはヒョン秘書と落ち合いー
ウンギの為に何をすればいいのか?問うてましたけど…
だけどチョ秘書が来てる事を知りー
ヒョン秘書は、マルに「向こうに気づかれたみたい。理事を連れ出して下さい。私は時間稼ぎをします」と委ねる事に(*´Д`人)

この後、マルはウンギを迎えに行くのですが…
「何故、あなたが?誰にでもついて行くのかと怒ったくせに。何故来たの?言い過ぎたから、謝りに来たの?それとも私が気の毒で?」などと悪態をつかれてしまうんよね(o´Д`)=з

そしてヒョン秘書は、パク弁護士にジェヒに居場所を知られたとメールを送った後ー
必死にチョ秘書を引き留めてましたけど…
しかし、そこにアン部長が手配した“応援”が到着してしまいます
ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

しかし気持ちは分からんではないが、ウンギも強情すぎよね…ε=(・д・`*)



ここでマルは「君と僕は飛行機で出会った。君は緊張性気胸で倒れたが、機内には医者がいなくて仕方なく、医大を中退した俺が応急処置した。君は意識がなく俺を見ていない。2回目はバイクに乗っていて事故に遭った時だ。君の大切な人形が崖から落ちた。俺は、拾おうとして怪我をしたんだ。“拾ってくれた理由は?目的は何?もしかしたら私から、お金を取るつもりだったのか?事故を利用して、私から巻き上げる気か?”と。君はひどく失礼だった。ひねくれてたよ。世界中の誰をも敵だと思っていたし、生意気で偉そうで気難しい性格だった。とんでもない女だった。素直に“ありがとう”とも“ごめん”とも言えない」と告げてましたけど…

ウンギは自分の事だとは、信じられない様子でー
「本当に私の事?私じゃないわよね?」と聞きながら、結局ドアを開けるんですよね。

しかし“応援”で来た男たちが強引にヒョン秘書の自宅に侵入しようとしてー
ピンチ~(*´>д<)と思ってたら、そこにパク弁護士がやって来てー
「もしや塀を乗り越えようとしましたか?住居侵入の罪は重いですよ?」
と言い放つんですよね~(o゚▽゚)o

それでも「確認させて下さい」と言いー
強引に応援の男たちを中に入らせようとするチョ秘書に、
「住居侵入の罪は重いと言ったはずです。弁護士前で何のマネを?虚偽告訴、脅迫、そして住居侵入で、ざっと5件の罪状が挙がる。刑務所に入りたい方は続けなさい」とパク弁護士がカマしてましたけど…
今回、彼らは諦めて帰ってくれたようですな(_´Д`)ノ~~

この後、パク弁護士はヒョン秘書からマルがウンギを連れ出したと聞きー
訝しげな表情を浮かべてましたけど…

その頃、マルは車内でウンギに「話の続きがあったな。君についての話だ。3度目に会ったのは君が俺の家に来た時だ。“会いたかった”と言えずにわざと言いがかりをつけ、素直じゃなかった。だけどあの時、思った。“ああ、この人の表現は独特なんだ。好きだ、会いたかった”と怒りながら伝える人だって」と告げてましたけど…
てか、さっきのウンギに告げた言葉にしても、何だか“優しい男”とは思えないような毒舌よね?と思っちまったのは、あっしだけかしらん?(゚∀゚ゞ

ここでウンギも自分の事だとは信じられずー
話を聞きたくないからと車内で流れていた音楽のボリュームを爆音にするんですけど…
これは以前、ウンギとチョコを車で連れ戻す時にマルがした行動なんですよねd(*´Д`*)
さっきウンギが部屋のオーディオを爆音にしてた時も、思い出しそうで思い出せない~てな反応をしてましたけど…
もしかしたら、これが記憶が戻るきっかけになるのかもしれませんな(o・ω・))

あとジェヒはウンギ解任をする事を諦めてなかったようでー
役員たち呼び、同意を求めるのですが…
1人の役員から猛烈に反発されてしまいます。

ここでジェヒは、役員たちにウンギの動画見せー
「こうしてソ・ウンギ理事は元気に暮らしています。なのに1年近く戻らない理由は何だと思いますか?事故直前に異性問題がありました。その件で会長と不仲になり、家を出た後、事故に遭ったんです。テサンも描いてきた未来も捨てて。ウンギが今までに手に入れたものを捨て、愛を選ぶなら…母親として娘の選択を尊重したいんです」とかほざいてたけど…ε-(`・ω・´)
こういう自分の都合のいいように解釈するとこは、ある意味才能ですな。
しかも、こうも簡単に解任案も通ってしまうとはねぇ…(´-ω-`)

あれからマルは、ウンギを自宅に連れて帰ったみたいなんですが…
だけど、ここはジェシクとジェヒに知られてる為、
引っ越しして、チョコやウンギと一緒に暮らすつもりらしい(。・д´・。)

ここでチェギルに「ウンギが戻って来るかもしれないから今まで引っ越ししなかったのか?」てな事を聞かれてましたけど…
それなら何で詐欺師になって、落ちぶれる必要があったのよ?
何か、この辺のマルの心理状態がよく分からんわ?q(´・ω・`)p

と、そこにパク弁護士からメールが来てー
マルは近所で会う事に(。・ω・)ノ
ここで「私は、あなたの事をよく知ってます。ハン・ジェヒssiとの関係や、復讐の為に理事に近づいた事もです。事故後はソ・ウンギと無関係だと言い張っていたのに、再び現れた理由は何ですか?もし、あなたの正体を私が理事に話したら…理事の思うような人ではないと私が暴露したらどうしますか?」と問うパク弁護士に、
「構いません。ソ・ウンギ理事の最終目的がテサンのCEOではなく、あなたであるならそうすればいい。ソ・ウンギの事が好きなんですか?それで、どうしたいんですか?俺はどうすれば?」と問い返すマル。

パク弁護士もホントは自分が助けたいけど、ウンギの信じてる人はマルだからとー
結局、マルに「ウンギを助けてほしい」と頼むんですよね(o´д`o)

この後、ジェヒがマルの家に来てましたけど…
でもマルはウンギやチョコたちと共に既に家を出た後だった為、すれ違いになってましたな。

翌日、ジェヒは会長就任会見を開くのですが…
しかし、そこにウンギとヒョン秘書がやって来てーo(`・ω´・o)

ここで「申し訳ありません。遅れてしまいましたね。お元気でしたか?オモニ」と笑顔で告げるウンギに、
涙ながらに「どこで何してたの?すごく心配したのよ」とか聞くジェヒのホント白々しい事…(`-д-;)

その後、ウンギが壇上にて挨拶を始めます。
ここで事故に遭った後、安静が必要だった為、誰にも知らせず静かな所で療養してた事ー
そしてテサンに戻る準備も整えたけど、相貌失認という後遺症が残っている事も話しちゃう。
だから、しばらく人の助けを借りる必要があるのだという事も…d(*´Д`*)

更に~(*゚▽゚)ノ
この後、ウンギはマルの事を「私の婚約者であり、今後のテサンをリードするカン・マルssiです」と紹介するんですよね~o(・д・´*)
いや~そう来ましたか~
ここからマルのお手並み拝見~となりそうですな(b´∀`d)♪
ここで、つづくです。




いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


PREV ←  1 2 3 4  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]