忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PERSON of INTEREST5 #4「6741」
POIでは、よくある手法なのに…またもや騙されちまいました~(´-∀-`)
ネタバレしてます~


今回はショウがサマリタンの施設で、脳幹付近にチップの埋め込み手術を施されるという衝撃シーンから始まります。要するに洗脳手術よね?((・・*)

そして手術後…
ショウが目覚めたところで~
グリアの部下が「君の名は?仕事は?マシンの手下の名前は?彼らはマシンの頭脳を圧縮し、どこへ隠した?」等々、質問を投げかけるけど…
ショウは、これらを全てスルーしー
「1人でゲームする気?私を退屈させて殺すつもり?自由になったら、まずあんたを殴る」と挑みます(。・ω´・。)

このやり取りを見て、グリアはショウの脳に再びチップを埋めるよう指示するもー
ショウは予告通り、部下を盾にしてサマリタンの施設を脱出します。
目の前は海一面で、ちとめげそうになるけど…
幸い?浮かんでいたボートを拝借して、タクシー経由で街に戻りますね。

そして薬局で、消毒液やライター、ナイフなどを拝借しー
トイレで応急処置する事に。
こん時、脳に激痛が走ってたみたいだけど…?(゚Д゚≡゚д゚)

更に店長のボビーから電話を借りて、カスタマーサービスに、
「彼をこれから殺す」という予告電話を入れる訳ですけど…
これはマシンの検知させる為のショウの芝居で~

ところが、先にサマリタンの部下がやって来てしまいー(°д°|||
奴らをなぎ倒してる時に、また脳に衝撃が走ってピ~ンチ!!のところに~ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
ルートが登場~(*゚▽゚)ノ

この後、ルートはリースが見守る中ー
運転中の地下鉄の車両内で、ショウの手術を決行し、チップを取り出します。
そしてショウをルートのアジトへ連れ帰りー
フィンチとも久々の再会&会話をするんですけど、
お互い、猜疑心満々な態度が露骨に出てましたね…(o´д`o)

しかしルートとショウてば、あない濃密な関係でしたっけ?
ちと目のやり場に困っちまったわ…(*・ω・*)
それに夜中にショウが無意識に“物騒なモノ”を手にしてたのが気になる…

その翌日…
ルートは、リースにレストランに呼び出されー
「フィンチが分析した結果、チップは偽物だった。ショウの様子はどう?」と問われます。

ここでルートが「彼女には奇妙な行動が見られるわ。でもショウは敵じゃない。サマリタンに拷問されたの。絶対に彼女を傷つけないで」と訴えー
リースが「そんなつもりはない。ただ…彼女に張り付いて、何かないか観察してくれ」と頼んだところに~
ショウが乗り込んで来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「私が二重スパイや、自爆テロ犯に見える?彼はともかく、あんたまで疑うの?」と突っかかってくるんですよ(y゚ロ゚)y

どうやら彼女は、ルートに盗聴器を仕掛けていたらしい。
「想像を絶する仕打ちを受けたのは知ってるけど、怖がらないで」と宥めるルートに、
ショウは「怖がる?今すぐ終わらせてやるわ」と挑みー
別客の携帯を拝借し、サマリタンをおびき出しにかかりますщ(゚Д゚щ)

この後、即手下がレストランに乗り込んで来てー
ショウがおとりで逃げ、リースとルートが背後から奴らをなぎ倒してからの~
ショウがこれまた拝借したノートPCで、
ルートが手下の携帯履歴からサマリタンの施設を捜し出します。

この後、リースたちはグリアを拉致りに行った後ー
教会に向かい、フィンチと合流。
フィンチいわく、
「この古い石の部屋は電波を通さない」から検知されにくいんだとか。

リースやルートは、グリアを始末しようと躍起になるけど…
ショウが「殺さないで。まず聞き出すの。サマリタンの倒し方を」と止めるんですよ。
でもグリアに「私は“頭”ではない。無用の者だ。だから好きにしたまえ」と嘲られてしまいます。

結局、ショウはお望み通り、グリアを椅子に縛り上げー
彼の腕の中に埋め込まれていた“USBメモリー”を取り出し、フィンチに委ねます。

フィンチは電波の通る場所に移動し、中身を見た後、
ショウに「厳重に暗号化されてるが、コードに見覚えがある。知人のクレイプールが書いたコードだ。彼がサマリタンの開発者。これが停止スイッチだ。これをネットワーク端末に繋げば、我々の敵を消せるだろう。まずは解読しないと」と告げるけど...
彼女の脳にまた衝撃が走ってしまって…(°д°|||

ここでフィンチはショウの容体を気遣いながら、
「私は君が死んだと思って諦めてしまった…」と心から謝罪しー
USBメモリーをノートPCから取り出すんですけど…
ショウが、それを奪おうとしたもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
必死に止めるんですね。
その後、ショウも正気に戻ってたけど…
こん時、グリアがニヤついてたのが気になってたのよね...σ(・´ω・`*)

案の定ー
フィンチが中身を解読しに、アジトに戻ったところで~
グリアは、ショウに「わざと逃がした」とか~
「既に君は屈している」とか~ほざいてきてー(。・`Д・´)
ショウはその言葉に耐えられず、グリアを射殺しちまいましたぞっ!(°д°|||

そこにリースが戻ってきて、
「何があった?」と問われた為ー
「殺したわ。あのメモリーは罠よ。…トロイの木馬よ。ネットワーク端末に繋ぐと信号を発し、マシンの位置がバレて、攻撃されるわ」と返して、すぐさまアジトに戻ろうとするけど…

てか~
ショウてば、今度はリースを撃っちまったんですけど~~(°д°|||

しかも前方には、サマリタンの手下が待ちかまえていてー(゚Д゚≡゚д゚)
ショウが逃げてたところに、ルートが迎えに来るんですね。

でもショウてば、
ルートに「ダメよ。支配されてるわ。私がリースを撃ったの。あんたも殺す」と告げて、またもや銃を向けるんですよ…(*´・ω・`)

ルートも「あなたは撃たない。だって…心のどこかで、あなたは私と繋がってるから。一緒に戦うの。でもまずは、あなたを安全な場所へ連れて行く」と何とか宥めようとするけど…
結局、ショウは「そんなところはない。分かる?私が何をされたか。拷問され、逃げ場がなかった。でも本当に苦しかった時、心の中に1つだけ安らぎの場があった。…あんたが私の安らぎ。でももうダメ。自分をコントロール出来ない。だから残された手段は1つしかないわ」と涙しながら返し、自分の頭を撃ってしまいます(/´△`\)


何だか最後まで疑う事なく、視聴しちゃったけど…
実は“全てショウの脳内シミュレーションだった”
というね...(-∀-`; )
なので、まだショウは脱出も出来てないし、
リースたちとも再会してないって事ですな?(ヾノ・∀・`)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[3回]

PR

PERSON of INTEREST5 #3「語られた真実」
のっけにリースのCIA時代の回想シーンが流れていたのは、やはり理由があったのね…(o・ω・))
それにリースてば、アイリスのご両親に挨拶してましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)
ネタバレしてます~


今回マシンが弾き出したのは、アレックス・ダンカン。
彼はコンピューター科学の修士で、現在はコンサルティング会社に勤務しているらしい。

リースは早速、社員として潜入捜査しー
いつものようにペアリングを試みるも失敗~(ヾノ・ω・`)
やむなくダンカンに直接探りを入れようと飲みに誘うも、あっけなく断られてしまった為ー
終業時間後、彼の行動を監視する訳ですけど…

ダンカンは大胆にも上司のオフィスに侵入し、携帯で何かのデータを撮影していてー(゚Д゚≡゚д゚)
リースはフィンチに「ダンカンは被害者じゃなく、狙う側かも」と告げ、
彼の尾行を始めます。

すると、そこにCIAがやって来てー(°д°|||
ダンカンを拉致しようとしたもんだから~ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
リースはフィンチに、かつてのボス、ビールがいる事を告げてから阻止しようとするけど…
やはり「君は死んだと思われている。見られたらCIAに追われる」と止められてしまいます((。´д`)o

その頃、ルートはマシンの指示?で、宅配業者で勤務していたけど…
空き室の部屋に、何度も電子機器が配達されてる事に気づきー
フィンチに「恐らくサマリタンの仕業ね」てな報告を入れますね。

あの後、リースはフィンチからダンカンの監禁場所を割り出して貰いー
黒マスク姿でダンカンを救出後、高級ホテルに身を隠すけど…
てか~
ビールに顔を見られてしまいましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、ダンカンが目覚めたところで~
リースは「上司のオフィスで何をしてた?誰の為だ?」と問いかけるけど…
ダンカンいわく、
「俺はスパイじゃない、兄のポールの情報を探してたんだ。ポールは反逆罪の容疑をかけられてたんだ」と…(´-ω-`)

一方、フィンチはルートの元に向かいー
例の電子機器に組み込まれたマルウェアがないか探したところ…
「ファームウェアの中に妙なコードがあった」為ー
コピーして持ち帰る事に。

この後、リースはダンカンが「クラウドにアップロードしたデータ」を見せて貰う訳ですけど…
どうやらポールは、国防総省の諜報員だったらしい。
だけど“アフガニスタンで軍事顧問を務め、武器の盗難事件への関与をCIAに疑われた。偽名ブレンド・トムリンソン”
てなデータに、リースは衝撃を受けー(°д°|||
フィンチに「ダンカンは兄の死の真相を探していた…俺が殺した。これで繋がった。ビールが現れたのはダンカンの兄の捜査の責任者だからだ」と告げますね。

ここでフィンチから「お兄さんの死に、君が関わった事は秘密にしておこう。命を救うのが最優先。新しい身分を作り、外国へ送りだそう」と宥められるもー
リースは「ダメだ、ビールは必ず捜し出す。何としても手を引かせないと、手伝ってくれ」とお願いしますね。

これを受け、フィンチはタイムズスクエアに向かいー
ノートPCで“ポール・ダンカン”の検索をかけ、ビールたちがやってきたところで~
そのままノートPCを放置して、アジトに戻ります。

この間にルートがマシンからの謎かけ、
“上にも繭!下にも繭!”を解いてたみたいでー(。・д´・。)
彼女いわく、
「エミリー・ディキンソンの詩で「主題は“変化”“変容”よ」と…(*・д・)b
つまりマシンもフィンチたちも、両方変わる事が必要って事なのね?

あの後、リースはダンカンから兄宛の文書を見せられていたけど…
「“砂漠の雨”=国防総省とCIAの合同作戦で、目的はアフガン国家警察への兵器供給。小型武器、軽火器、地対空ミサイル等の武器が盗まれ、ポールが疑われた」てな内容を見て、
CIAは、ダンカンがこの違法の作戦を探ってると思い、彼を狙った事に気づくんですね。

だけど、そこにビールたちが乗り込んできてー(゚Д゚≡゚д゚)
リースたちは拉致られてしまうわ~(°д°|||
挙げ句の果て、ダンカンにリースがポールと知り合いだった事がバレてしまうわで…(/´△`\)
でもリースはポールが潔白だった事のみ話して、射殺した事には触れずー
ビールも話を合わせてくれてましたね((・・*)

この後、リースはビールを殴って車が反転したところで~
車内から脱出しー
ビールに別れの挨拶をして、ダンカンを連れ帰ります。

その翌日…
ルートが勝手にマシンにマルウェアを入れて、フィンチに激昂されてたけど…
「マシンは“変容”の詩を送ってきた。きっとマルウェアの実行を望んでる。早速発見があったわ。自身を複製し、既存コードを上書きしてる。…リスクを冒すしかないの。ショウを見つけてサマリタンを倒すのならね」と楯突いてましたね。

一方、リースの元にはビールが会いに来てー
「ダンカンの事は、記憶から抹消しろ。さもなくば“砂漠の雨”作戦の詳細を俺と仲間たちが公表する」と釘を刺してたけど…(y゚ロ゚)y
「君の事は報告しない。CIAにとって君は死人のままだ。君は私を殺せたがそうしなかった。それに君を失うのは惜しい。亡霊として。成すべき事をやればいい」と返されていてー
彼もあながち悪い人じゃなさそうですよね(´ー`)

この後、リースはアイリスとデートするも…
結局、自分の過去を許せないからという理由で別れちゃいましたね…
と、そこにフィンチから「新しい番号が出た」と連絡が入ったところで~
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[3回]


PERSON of INTEREST5 #2「混乱」
どうもマシンがまだ本調子でないのが気がかりですな…(o´д`o)
ネタバレしてます~


早速、フィンチはマシンの診断テストをしてたけど…
バグリまくりで、シャットダウンを繰り返してるらしい(*´・ω・`)=3

やはり十分な設備がないしで、処理能力が足りないのね…
て事で、フィンチはリースと共に、とある倉庫に出向きー
次世代GPUグレードサーバーとやらを拝借しに行きますo(`・ω´・+o)

この後、アジトに戻りー
これをマシンの神経に据え、地下鉄の暗号化システムを使い、政府の監視フィードに潜入。

次にリースに街に出て貰い、再度マシンの診断テストをしたところ...
30個もの番号を弾き出した為、元に戻ったと判断(*・д・)b

早速、リースとファスコは殺人を止めようと、出た番号の人物を当たって行くけど…
現実ではなく、芝居の中での殺人だったりでー
何かがおかしいと…(ヾノ・ω・`)
それに何よりマシンが映し出す人々の顔もボヤケてるしでー
ルートいわく、
「マシンは暴力を検知してるけど、正確に処理出来てない」らしい。

それを受け、フィンチはマシンに「フィンチ、グローブス、リース」
と入力して“考察”させるけど…
“脅威”判断され、2人は地下鉄内に閉じこめられてしまいます(°д°|||

ここでルートがアタッシュケースで地下鉄の窓を割った為、監禁状態は逃れるけど…
フィンチはマシンが元に戻ってない事を認めー
リースとファスコに残りの28個の番号の人々を当たるよう、委ねるんですね。

だけど、どの対象者も過去に罪は犯しているけど、今は更正していてー
やはりマシンは過去と現在の判別が出来ず、混乱してるみたいね(ヾノ・ω・`)
しかもリースてば、
フィンチに「マシンはイかれてる」とため息混じりに貶しちゃったもんだから~(゚Д゚≡゚д゚)
完全丸投げされてしまう羽目に...

この後、リースが残り27人の内、危険なのは「旅行中のローリー・グレンジャーと賭博組織の関係者ジェラルド・マンチーニ」との判断を下したところに~
タイミング良く、ローリーが署を訪ねて来た為ー
リースが彼女を担当し、ファスコはジェラルドを訪ねる事に。

ところが…
この後、マシンがルートの耳を攻撃してくるんですよ(/´△`\)
どうもコードを書き換えられるのを嫌がってるみたいでー
フィンチは、リースに助けを求めるけど...
だけどリースが外に出た途端、ローリーが銃をぶっ放してきてー(°д°|||
てか対象者は彼女じゃなくて、リースだったのね…(´・д・`)

フィンチは、やむなくルートと2人で対処する事にしー
「我々は味方だ。君を傷つけない」と話しかけるけど…
マシンは2人を“怪物”だと思い込んでいてー(゚Д゚≡゚д゚)

ルートは、このままじゃいかんとー(ヾノ・ω・`)
フィンチに全身麻酔薬が入った瓶と管を渡し、
「麻酔が効いたら、私の喉に管を入れて。彼女は私の頭から離れない。気絶した私は攻撃出来ない。大丈夫、あなたを信頼してるわ。彼女は妨害するだろうけど、あなたなら出来る。彼女と話して」と頼むんですね。

ここでフィンチは意を決し、マシンと向き合います。
やはりグレンジャーを雇ったのは、マシンだったみたいで…(°д°|||
「聞いてくれ。共に戦おう。2度と傷つけない」と諭し始めるけど…
マシンが「今、私を傷つけている。“R日”だ」と訴えて来た為ー
フィンチは、ようやく「Rは実数全体の集合を表す。君には今日が“毎日”なんだね。私は君を42回殺し、そして君は42回生き返る事を繰り返した」とマシンの脳状態を把握します。

そして今まで一緒に救ってきた人々の番号データを見せた上で、
「彼らの番号を多寄居に時間を把握するんだ。人間には善と悪がある。だが命を救う事は間違いなく善だ」と再び諭すんです。

ここで、ようやくマシンは正常心を取り戻しー
ルートの新しい身分を作ってくれたらしい~( ´▽`)
そしてリースも自力でローリーを仕留め、事態を収拾してましたねo(´^`)o

その翌日…
フィンチはリース、ルート、ファスコと共に外出しー
ピクニックしてたけど…

そういや~ファスコてば、
リースがピンチ時にジェラルドの家族を救って、英雄になっちゃってましたね~(*´ω`)σ

最後に、マシンが弾き出してた“ジェフ・ブラックウェル”がどこかの会社の面接を受けに行って、即採用されてたけど…
これって、もしやサマリタン関係の会社か?なところで~(゚Д゚≡゚д゚)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[3回]


PERSON of INTEREST5 #1「瀕死のマシン」
ついにファイナルシーズンを迎えてしまいましたが…
どういう結末か待ちかまえているのか?
最後まで見届けたいと思ってますので、よろしくどうぞ~です♪(*´▽`*)
ネタバレしてます~


のっけからルートの「これを聞く時、全ては終わる。私たちが残せたのはこの声だけ。誰か生き残れたのか…勝ったのか負けたのか分からない。勝利の意味すらも見失った。何にせよ、全ては終わった。だから語ろう。私たちが何者で、あなたが何者かを。抗戦の軌跡を」
てな意味深なナレーションで幕開けする訳ですけど…

シーズン4は、フィンチたちは圧縮したマシンの“脳”をアタッシュケースに詰め込み、追っ手のサマリタンを振り切って逃げる…なとこで終わったんだったかな。

このアタッシュケースはリースが持っていてー
後にフィンチと合流してから、マンハッタン行きのフェリーに乗り込むんですけど…
でもマシンのバッテリーが弱ってきていてー
フィンチいわく、早いとこ基地に着かないと復元は難しいと…(*・д・)b

その頃、ファスコはドミニクとイライアスが衝突事故の末に射殺された件で内務のソリアーノとFBIのルルーから取り調べを受けていてー
これまた勝手に証拠を偽造された末、射撃犯にされてしまうんですけど…
極悪人たちを葬ったという事で、FBIのルルーから英雄扱いされてましたね(笑)

あとルートもまた別行動を取っていて…
サマリタンの闇の戦闘員に車ごと衝突されたり、地下鉄で襲われたり大変な目に遭いながらも、ベラという男に新しい身分証を作ってほしいと頼みに行ってたけど…

一方、リースとフィンチは基地のあるチャイナタウンへ到着~(。・ω´・。)
ここで懐かしのベアーが出迎えがあったけど…
今シーズンは頻繁に登場するんでしょうか(´ー`)

この後、リースはファスコを訪ねるけど…
ここで彼から襲撃犯にされた事を嘆かれるもー
「英雄だな」とか軽くあしらう辺りが、リースらしいなと思いましたね(笑)

ところが…
フィンチがマシンの“脳”を復元作業をしてる途中で、
マシン自身が絶望感を感じてしまったのかー
自ら発火して半壊状態に…(゚Д゚≡゚д゚)

結局、ルートもベラに身分証を作って貰えたかに見えたけど…
既に闇の戦闘員たちが乗り込んで来ていてー(°д°|||
ベラとその部下たちは撃たれ、ルートは絶体絶命状態になるけど~
そこにリースが救いに来るんですよ~ヾ(*´∀`*)ノ

ここで闇の戦闘員たちを仕留めた後ー
ルートはゲーム機=スーパーコンピューターを手に取ります。

彼女いわく、マシンの復元に300台必要なんだとかでー((・・*)
リースにトラックを拝借させて、基地に持ち帰るけど…
既にマシンは、半壊状態でー(ヾノ・ω・`)
ルートは、フィンチに「マシンが何故こうなったのか?」を問います。

「チャンスを与えなかった私のせいだ。マシンに足かせをはめなければサマリタンに勝てたかもしれない」と嘆くフィンチに、
リースが「しっかりしろ。蘇生出来るさ」と励ますけど…
フィンチが再び「たとえ電力を供給出来ても、マシンを解凍するには処理能力が足りない必要なのは…」と嘆いたところで~
ルートが「“スーパーコンピューター”を自ら作るしかない」と告げるんですね。
なるほど持ち帰ったのは、その部品だったんですな((・・*)

そんな中…
ファスコを取り調べていたソリアーノ刑事が心臓発作で亡くなってしまいー
内務調査が打ち切されてたけど…
これもサマリタンの仕業なのかしら?(゚Д゚≡゚д゚)

この後、スーパーコンピューターを作り始めたもののー
機械の温度がどんどこ上昇してしまうんですよ...(°д°|||
だけどリースがまたまた拝借してきた液体窒素を振りかけ、
何とかマシンの解凍が完了したところで~
ここでつづくです。

果たしてマシンが完全復活するかどうかは分かりませんが…
恐らく動くようにはなって、サマリタンとの最終対決…な展開になるんでしょうね d(*´Д`*)



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[4回]


「PERSON of INTEREST 5」日本独占初放送♪
「PERSON of INTEREST ファイナルシーズン」がAXNにて、
8/22(月)22:00~いよいよ放送開始されます。
今回は全13話という事で、ちと短めになるようですが...
最後までレビューしていきますので、よろしくお願いします~(*・ω・)*_ _)





いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[6回]


PREV ←  1 2 3 4 5 6 7 8  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]