忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



鄭道伝 #42
政敵は、バンウォン一派だけじゃありやせん(ヾノ・ω・`)
早速、ネタバレ全開します~



「世子は、宜安君バンソクだ」と告げられー
バンウォンは「宜安君を世子にする事は出来ません。彼はまだ子供です。世子の役目が務まると思いますか?」と物申してたけど…
ソンゲに「しっかり考えて出した結論だ。つべこべ言わず帰りなさい」と言い退けられてしまいます。

しかしバンウォンが納得出来る訳がなくー(ヾノ・ω・`)
「私は父上と大業の為に、命懸けで戦ってきました。バンソクが母上に抱かれていた頃、父上の代わりに明に行ったのは私です。碧瀾渡までお迎えに上がり、大業の敵チョン・モンジュまで殺しました。なのに何故なのですか?」と訴えます。

ここでソンゲは「お前が立ててくれた手柄を父として誇らしく思い、感謝している。だがお前には王になる素質がない。戦場で敵に勝つより重要な事は何だと思う?戦う前に敵に降伏を促す事だ。王になる勉強はしていないがこれだけは分かる。王は武力でなく、心である事を…しかしお前にはその心がない」とトドメを刺しちゃう。
そう言われると、バンウォンも返す言葉もありやせん(ヾノ・ω・`)

しかしこれを受け、
今度はミン氏が「王妃が殿下に働きかけたのでしょう。あなたへの協力を拒んだのも、それが理由です。こうでもしなければ宜安君は選ばれません!」と怒りを露わにし始めー
バンウォンは「母上を疑うな!いくら私の妻であっても、母上を侮辱するような発言は許せない」とかばうんですけど…

この後、カン氏を訪ねー
バンウォンは、カン氏がソンゲに働きかけたと知る事に…(*´・ω・)
あんだけ怒りをぶつけてたのを見ると、ホントにカン氏の事を信じてたんですな。

そこにまたミン氏が乗り込んで来てー(゚Д゚≡゚д゚)
バンウォンの代わりに謝罪するんですけど…
ここでバンウォンは涙を流しながら、
「今日の事は決して忘れません」と宣戦布告するんですよね。
更にカン氏とミン氏の間にも不穏な空気が流れてたし…
何だか穏やかじゃなくなりそうな感じですな?(*´・ω・`)=3

でも個人的には、カン氏もバンウォンに協力を頼まれた時点で断っとけば、
あないに激昂される事はなかったんじゃ?と思いましたけどね(o・ω・))

その頃、ソンゲはドジョンを呼び出し、宜安君を世子にすると告げてましたけど…
それを受け、
「腹違いの兄弟と都堂の重臣が承諾するでしょうか?宜安君軍は優れたお方ですが世子になるには幼すぎる気がします。冊立を先延ばしにするのも1つの手だと思います」と忠言するドジョンに、
ソンゲは「いや、これでいい。先延ばしにしたら王子たちが欲を出す。この件については黙ってみていてくれ」と頼むんですよね。

しかし、翌日ドジョンの危惧してた通りの展開に…
都堂会議で、ミン・ジェを中心にユン・ソジョンやチョ・ジュンが猛反論しー
ペ・グンニョムに「殿下に再考を申し出て下さい」と訴えるんですよね。
やはりドジョンは、会議には参加してませんでしたな。

この後、ペ・グンニョムはチョ・ジュンと共にソンゲに謁見します。
ここで「殿下には、立派な王子がいらっしゃいます。末のご子息を選ぶのは好ましくありません」と訴えるチョ・ジュンに、
ソンゲは「私が生まれ育った北方は、半分が女真族だ。一族は、末の息子に財産を渡すと決まっている。それでも大勢が安定した暮らしをしている。生まれた順は関係ない。素質のある者が世子になるべきだと思う( `д´)b」と言い退けます。

でもチョ・ジュンも「世子の冊立は、後の権力を決める重大な事です。他の王子が納得しなければ、王室は乱れて国は危機に瀕するでしょう」とひきやせん(ヾノ・ω・`)

すると~
ソンゲは「兄弟が騒ぎを起こしたら、世子を擁立した重臣が守ればいい。この冊立書にそなたがバンソクの名前を書きなさい。これは“王命”だ(*`ω´)ノ」と圧力をかけるのよ~

しかしペ・グンニョムに「諫言する宰相を脅すのは穏当な処置ではありません」と悲痛な面もちで訴えられー
ソンゲは無言で庭に出る事に(*´・ω・)

と、そこに永安君=バングァが兄弟を引き連れやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「私は世子の座を狙った事はありませんし、今後も変わりません。ですが、宜安君が世子になるのは認められません。私が不足なら、靖安君バンウォンがいます。宜安君を世子にするなら、兄弟の仲は分裂するでしょう。亡くなった母上の為にも、お考え直し下さい」とひざを折って訴えられてしまい、世子の冊立書の作成は、中断せざる得ない状況に…(´-ω-`)

これを受けー
ミン・ジェがバンウォンに「この状況からすると、また機会がありそうですね」と告げてたけど…
てか「問題はあの人です」って…
バンウォンてば、あんだけ頼ってたドジョンを今度は邪魔者扱いするんかい?q(´・ω・`)p

その頃、ドジョンは開国功臣の名簿作成中でー
ナム・ウンは「世子の冊立で朝廷は大騒ぎなのに名簿を作っている場合ですか?」と苦言しつつも、ちゃっかり「誰が世子として相応しいとお思いですか?宜安君に賛成するのですか?」と聞いてましたな(*´-∀-)

しかし、そこにバンウォンが訪ねて来てー
「宜安君の事で騒々しくなっていますが、三峰様だけ立場を表明されていません。宜安君は世子に相応しくありません。かかしになるだけです」と訴えられー
ドジョンは、その理由を問うんですなd(*´Д`*)

「宜安君の上には異母兄弟が5人もいて、皆権力を持ち、私兵も抱えています。宜安君の能力では兄弟は無論、家臣と一派を掌握出来ないでしょう。結果、国は破局を迎えます」と返すバンウォンに、
ドジョンも分かっちゃ~いるけど、
「宜安君が世子になれなかった時、代わりは誰とお考えですか?」と問うのよね。
当然バンウォンは「私です」と返します。

でもな~
これを周囲の人が推薦してくるならまだしもー
自ら売り込みに来るってのは、どうかと思うけど?q(´・ω・`)p
正直な所、あっしには好きな玩具を与えられず、駄々をこねてる子供にしか見えんかったな。
しかも、この後バンソクに思い切り「人にはそれぞれ相応しい地位がある。分かるか?」とか圧力かけてたし…
こういう所が王として素質がないって事だと思うんですけど…
当人は、これに気づいてないのねε=(・д・`*)

しかしバンソクも、実に堂々としてましたよね。
この場を見ていたドジョンに「言い返すべきだったのでは?自信がないのですか?」と問われても、
「言うべき事は言いました。私は世子の候補に挙がっています。言動に留意し、慎ましい態度で発言を控えて、忠告に耳を傾けました。君主になるべき人なら話す事より、人の話に耳を傾ける事が大事だと思います」と返してましたよ~(o゚▽゚)o

この後、ドジョンはソンゲに謁見に行きます。
「王になったとはいえ、結局見かけ倒しだ。子の冊立ですら思い通りにいかない」とグチってくるソンゲに、
ドジョンは「殿下もお辛いのに、宜安君が耐えられますか?殿下の意志をお聞きしたいのです。宜安君は立派な王子ですが勢力もなく、経綸も足りません。宜安君が世子になり、王になるには難関が待っています。それでも宜安君をお選びになりますか?」と問うのよ。
ソンゲは「たとえ三峰が反対したとしても宜安君が世子にする。バンソクは、立派な聖君になれます( `д´)b」と即答してましたね。

それを聞いて、ドジョンはソンゲに開国功臣名簿を渡しー
「草案には、和寧で亡くなった王妃のご子息の名が書かれていました。靖安君は、開国の一等功臣でしたが、私が削除しました。宜安君が世子になるなら、王子たちは兄弟でなく政敵です。力を奪い、牽制し監視すべき相手になります。殿下がそれでも世子にしたいのなら、私は宜安君軍の冊立に賛成します。どんな危険があろうとも宜安君を守ります」
と告げてましたよ~(`・ω´・)ノ

一方、バンウォンはチョ・ジュンたちに「三峰様は誰を世子にしようとお考えですか?」と聞きに来てましたけど…
この必死さが見てて萎えるんですよ(*´・ω・`)=3
しかも、この後ドジョンから宜安君が世子に冊立されると告げられー
また絡んでたし…(´・д・`)

ま、こういう不満が積み重なりー
バンウォンは、玉座を乗っ取る形になるんでしょうけどねσ(・´ω・`*)

と、ここでネタバレーション(*・д・)b
1392年8月、宜安君イ・バンソクが世子に冊立。9月開国功臣者が発表され、ペ・グンニョム、チョ・ジュン、チョン・ドジョン、ナム・ウン、イ・ジランら52人が選ばれた。しかしチョン・モンジュを暗殺して開国に寄与した王子たちは、功臣たちの牽制で1人も選ばれなかった。チョン・ドジョンの建国事業は本格化し、ユン・ソジョンと高麗史の編纂を始めた。兵士の訓練書「五行陣出奇図」や「講武図」とイ・ソンゲに献上した。10月 明の皇帝がイ・ソンゲの即位を認める。イ・ソンゲは建国過程と両国の友好を深める為、チョン・ドジョンを明に派遣した。

それから約1ヶ月後、ペ・グンニョムが他界した。
ペ・グンニョムは、恭愍王の代で出仕して、晋州 欲地島 蔚州などで幾度にも渡り、倭寇を撃退した。威化島から回軍後、チョン・ドジョンやチョ・ジュンらとイ・ソンゲの擁立に貢献した。朝鮮開国の一等功臣として門下左侍中を歴任するが、68歳で他界した。本貫は京山 貞節という諡号が贈られた。

ペ・グンニョム結構、好きだったのに…。・(つд`。)・。

この後、ソンゲはジランを呼び出してたけど…
ジランてば、カン氏の姪をめとる事になったらしくてー
ちと、からかわれてましたね~(´・∀・`)

しかもソンゲてば、
「“兄者”と呼んでくれないか?大きな声で昔のように呼んでくれ。これは“王命”だ。呼ばないと、さらし首にするぞ」とか無茶ブリしてたし…(-∀-`; )
ジランも拒んでいたけど、ソンゲに頭を小突かれて思わず“兄者”と呼んでしまうのよね。
ここはコントみたいで、ちと笑えましたね~(*´Д`)σ

更に2人で町に繰り出す事になりー
ここでソンゲは「無学大師をお連れしろ。都城に来て貰って、王師にする」と告げてたけど…
ドジョン不在の中、勝手に決めていいのかしらん?q(´・ω・`)p

この後、ソンゲとジランは小料理屋に入り、“ソンゲタン”なる食べ物を出される事に。
ここで店主は、ソンゲに“ソンゲタン”の由来を問われー
「高麗が滅びてから開京の人たちは、こっそりチェ・ヨン将軍の祭祀をやっています。そのお供え物にする豚肉を“ソンゲ”と呼んでいます。祭祀が終わったら、ソンゲを切り刻んでスープを作り、国が滅びた鬱憤を晴らします。ですから“ソンゲタン”になりました」と説明するんですけど…

ソンゲも相当ショックだったのね…(´・д・`)
この後、泣きながらソンゲタンを食べてる姿を見て、あっしもつられちまいましたよ…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

結局、バンウォンは東北面の墓地の改修に向かったらしくー
一段落ついたのか、また開京に戻って来てましたけど…
そこでミン・ジェを介して、ハ・リュンとご対面する事に (o゚Д゚)ノ

ここでバンウォンに用件を問われー
ハ・リュンが「将来に望みをかけて…臥薪嘗胆。さぞ悔しいでしょうね。玉座…君主の事ですよ」と返し、不適な笑みを浮かべたところで~(。+・`ω・´)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]

PR

鄭道伝 #41
ついに、ついに!朝鮮王朝開国となりましたね~(ノ*´∀`)ノ☆
早速、ネタバレ全開します~

「主君にお話があって参りました」と告げるドジョンに、
ソンゲは「もう私は、お前の主君ではない。その呼び方はやめてくれ( `д´)b」と怒鳴ってたけど…
ドジョンがいなかったのが、よほど寂しかったのね~ε=(・д・`*)

「私は王にならない!私が王として政務を務められるのは長くて20年だ。王になりたいが為に忠臣を流罪や死刑にして、挙げ句息子にチョン・モンジュの命を奪わせた野蛮なイ・ソンゲの時代は長く続くと思うか?私は愚かではない。まともな者なら王になるはずがない!」と断固拒否るソンゲに、
ドジョンは「私は主君を“聖君”と呼ばせてみせます(`・ω´・)ノ」と言い切ります。

「聖君だと?何を言っているのだ?私が王になったら、真っ先にすべき事は何だ?私を盗賊と思っている奴らや王氏や貴族、イ・セクの弟子たちを皆、捕まえて始末する事になる!そんな事では聖君になれない!(*`ω´)ノ」と言い放つソンゲに、
ドジョンは「主君でなく、私が殺します。私の名で、私のこの手で始末します。この旅でそう決心して帰って来ました。主君は日の当たる場所で、民を徳で治めるのです。私は日の当たらない場所で新たな敵と戦います。玉璽を受け取って下さい」と告げますが…

てか~
ソンゲも、いつまで駄々こねてるのよ~(*´・д・)

ついにドジョンも「圃隠は死にましたが、戦いは終わっていません!間違っていたのは私たちですか?民を守れない国を滅ぼして、民の国を建国しようとしたのは間違いでしたか!ヽ(o`Д´o)ノ」とブチギレちゃいましたよ~(;´д`)

なのにソンゲてば、
「私の正当性を証明する圃隠が死んだ。圃隠がいない今、イ・ソンゲは王になる事は出来ない(ヾノ・ω・`)」とか言うのよ。

それでもドジョンは訴えます。
「生きている人たちは、どうなるのですか?明日への希望に生きる哀れな民を見捨てるのですか?人間らしく生きるべきです!それこそ我々が目指していた大業でした。この国に苦しんでいる民が1人でもいる限り、大業は続きます(`・ω´・)ノ」とー。

そしてどれくらい時が経ったのかー
ついにソンゲは、玉璽を受け取る事を決意します。
でもな~
ここでも「圃隠に恥ずかしくない国を建国出来るのか?お前の命を賭けられるのか?」って…
こないに側にいてソンゲに尽くしても、ドジョンはモンジュに適わないのかとー
あっしは、ちと切なくなっちまいやしたよ…(*´Д`)=3

この後、ドジョンは外で待ってた重臣たちに、
「この国の新しい王様が誕生しました」と告げますが…
これに1番安堵したのは、バンウォンでしょうなd(*´Д`*)

ここでペ・グンニョムとジランが新王の誕生を祝って万歳三唱を唱えます。
(*ノ゚Д゚)八(*゚Д゚*)八(゚Д゚*)ノ

と、ここでネタバレーション(*・д・)b
1392年7月17日にイ・ソンゲは玉座に就く。即位式は寿昌宮で行われた。議決機関の都評議使司、すなわち都堂の承認で政権の合法性を得た。よって高麗は、475年の歴史に幕を下ろす事になった。新王朝が誕生するまでの間、政争と争いが起きたが政権交代においては、軍事力を使わなかった。チョン・ドジョンが作成した即位の辞で、国名、法制度など高麗から継承すると宣言した。これは易姓革命への抵抗を最小限に抑える為の処置だ。翌年イ・ソンゲは、国号を“朝鮮”と変えて、新国の太祖になる。性理学を国家理念とした農本主義国家、朝鮮王朝518年の歴史は、こうして幕を開けた。

この後、儒者たちが役人になるのを拒んで、家族と共に杜門洞に逃げ込んだらしくー
民の間で“杜門不出”という言葉が出ているらしいのよね(*´・ω・)
民心離れを危惧するチョ・ジュンたちに、
ドジョンは「道理に従い、解決するのみです。まずは科挙から行い、役人を増やす事が急務です」と告げます。

あとバンウォンは、まだソンゲから許しを得られないようで…
謝罪以前に、そもそも会ってもらえないみたいですな(o・ω・))
ドジョンも「昔の呼び方で呼ばれると身がすくみます」なんて、思い切り他人行儀な物言いをしたりしてー

でもこの後、ソンゲに「いつまで靖安君を避けるおつもりですか?殿下が最も寵愛されている王子です。もう許してあげて下さい」と頼んでましたね。
でも見事にスルーされてたけど…。゚(^ω^;)゚。

それとソンゲは、イニムの呪縛に囚われているらしくー
玉座に長時間座れない状態が続いてるみたいですね…(*´・ω・`)

しかも科挙の試験当日、誰も科場に現れなかった事が分かりー
ソンゲは「官吏になりたくないようだな?なら100年間、科挙を受けられないようにしろ!( `д´)b」とかブチギレてましたけど…

ナム・ウンによると、
イ・セク側の儒生が忠臣不事二君(=忠臣は二君に仕えず)だと、科挙を拒み、他の儒生も足並みを揃えたらしいのですよ( ・`ω・´)

ここでユン・ソジョンは「新王朝に対する紛れもない挑発です。決して許してはなりません。殿下の権威に失墜させた罪に問いましょう」と訴えますが…
ドジョンは「民に笑われるだけだ。改めて科挙を実施する。再試の準備をしてくれ」とー

そしてナム・ウンには「即位の辞に記された反勢力の56人の内、刑が執行されていない者に刑杖の刑(=100回杖で打ちつける刑)をファン・ゴジャンに執行させ、この任務を全う出来たら開国功臣の1人にいれてやると伝えてくれ」と命じます。

でもナム・ウンは「本当に大丈夫ですか?心が辛くないのですか?」とドジョンに念押しして聞くんですよ。
その理由は、イ・セクの息子イ・ジョンハクとイ・スンインも処刑の対象者だったからなのね…(´・д・`)

刑が処されている間、ドジョンは冥福を祈ってましたけど…
でも彼らも成仏出来ないんじゃないかしら?(;´д`)

あとソンゲの元に、バンボン=撫安君とバンソク=宜安君が挨拶に来てましたけど…
バンソクは、8男なんですな((・・*)

それとジランに世子が必要だからとー
東北面にバンウを迎えに行かせてましたけど…
バンウ=鎮安君はソンゲの即位を聞いた後、行方知れずになりー
連れて帰ってこれなかったらしいんよね(*´・ω・)

と、ここでネタバレーション(*・д・)b
イ・バンウは、イ・ソンゲと神懿王后の長男として生まれる。早くから朝廷に出仕し、礼儀判書 密直副使を歴任した。兄妹の中で唯一、易姓革命に反対した人物だ。朝鮮が開国した直後、鎮安君に冊立され、咸鏡道 高原の田畑を下賜された。だがバンウは、海州で隠遁生活を送った。その翌年、持病で他界、40歳だった。本貫は全州、敬孝という諡号が贈られた。

この後、ソンゲはドジョン、チョ・ジュン、ペ・グンニョムを呼び出しー
「世子の件は、どうすればいいのだ?適任だと思う王子は誰だ?」と問うのですが…
ペ・グンニョムが「昔から国が安定している時は嫡男を。国が乱れている場合は手柄を立てた者を選びました」と告げた後ー
続けてチョ・ジュンが「嫡男として選ぶなら次男の永安君(=バングァ)、手柄を重視するなら靖安君(=バンウォン)が適任でしょう」と建言しますd(*´Д`*)

ここでドジョンは、ソンゲに意見を問われー
「お二人の意見は正しいと思います。ですが、世子は将来の国王です。年齢や手柄より、徳のあるお方にすべきです。どうか王子の中で最も誠実なお方を選んで下さい」と告げます。

しかも、この話をヨンギュが即バンウォンに報告するんですよね(。-`ω´-)
「今は父上の信用を失っている、時期が悪い」と弱気のバンウォンに、
ミン氏が「待っていては始まりません。席藁待罪をしてでも許しを請うべきです」とけしかけるんですけど…

ここで「父上より三峰様が面倒だ。世子の条件として徳望を主張している。私は相応しくないと遠回しにそう言っている。三峰様が反対したら父上は絶対に私を選ばない」と嘆くバンウォンに、
「ですが、あなたには三峰様に対抗出来る援軍がいます」と不適な笑みで告げるミン氏が超怖ぇ~(;∀;)

その後、バンウォンはカン氏を訪ねー
「恥を承知で、お願いに来ました。世子の冊立の事です。重臣がバングァ兄上と私を選んだ事は、既にご存じでしょう。どうか私の味方になって下さい。世子の地位が欲しいからじゃありません。父上の国を太平の世に導くには、微力ながら私が最も適任だと思います」と頼むんですよねd(゚Д゚*)

ここでカン氏は「じっくり考えて見ます」と返しますが…

この後、バンウォンの屋敷にミン氏の父ミン・ジェが訪ねて来てー
「イ・セクの派閥にされて、転々としている人がいます。その人が靖安君を世子にしてみせるので、しつこく会わせてくれと言われています」と告げてたけど…
これがハ・リュンだったと言うのですよ。
前回、モンジュの墓前でドジョンとバンウォンの話を盗み聞きしてた時のあの鋭い眼光は、そういう意味だったんですな(。・д´・。)

結局、この日はご対面とはならずー(ヾノ・ω・`)
帰り際ハ・リュンは、ミン・ジェに「機会があれば、靖安君に伝えて下さい。世子になりたければチョ・ジュンらを味方につけ、王妃様とは距離を置くようにと。人情の常です、王妃様も人ですから我が子が可愛いはず」と言付けてましたね。

その頃、カン氏はソンゲの寝殿を訪ねー
「世子を決めたのですか?」てな事を問うてましたけど…
逆にソンゲに意見を求められてしまいます。

「歳では永安君が適任ですが、資質は靖安君に劣ります。兄弟の中で最も貢献したのは靖安君ですが、徳望が足りません。世子には不適格です」と告げるカン氏に、
ソンゲは「ならばバングァか?」と返すのよ。

すると~
ここでカン氏は「殿下は、本当にひどいお方ですね。撫安君と宜安君は気にも留めないのですか?私は殿下に全てを捧げました。権門勢家から元から帰化した附元輩の妾だと…殿下の為に30年以上も耐えてきました。私は靖安君に劣りますか?私の息子は靖安君に及びませんか?」と不満を一気に爆発させちゃいましたよ~ヾ(〃゚ω゚)ノ

ソンゲも慌てて「あの子たちは目に入れても痛くない。だが世子になるには幼すぎる(ヾノ・ω・`)」と宥めてたけど…

てかハ・リュンの言う通りな展開になりましたぞ?(;´・ω・)

この後、ソンゲはバンウォンを宮殿に呼び出します。
早速「あれから苦しい毎日を過ごしていました。どうか私の過ちをお許し頂けないでしょうか?」と謝罪するバンウォンに、
ソンゲは「お前に任せたい事があって呼んだ。出来るか?」と前置きした後ー
「東北面に行ってくれるか?ご先祖様に王になった事を報告して、墓地を王陵にして来なさい」と告げるんですよ。

バンウォンは、この言葉に動揺しー(゚Д゚≡゚д゚)
「父上にお聞きしたい事があります。世子になるのは、バングァ兄上ですか?」と問うんですよね。
しかしソンゲに「世子は宜安君バンソクだ」と告げられー
バンウォンがわなないたところで~(y゚ロ゚)y
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]


鄭道伝 #40
ラストまで、あと10話しかないなんて本気で悲しくなってきましたよ…
。゚+(σ´д`。)+゚
早速、ネタバレ全開します~



のっけからモンジュの死に悲しみ嘆くドジョンにまた泣かされたわ…
( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

そしてソンゲもー
ジランからバンウォンがモンジュ暗殺を企てたと告げられてましたけど…

その頃、バンウォンは1人堪え忍んでいたドジョンに近づきー
「三峰様、私を恨んでおられるでしょうね。ですが大業の為には、こうするしかなかったのです」と告げてましたけど…
ドジョンは「私の事を2度と馴れ馴れしく呼ぶな」と退け、去って行くのよね(*´・ω・)

この後、バンウォンはヨンギュから伝言を受け、ソンゲの屋敷に出向く事に。
ここでソンゲは、バンウォンがモンジュ殺害を企てた事を認めるやいなやー
顔に木枕を投げつけちゃいましたよ~(°д°|||

それでも「チョン・モンジュは大業の敵だった為、やむなくした事」と訴えるバンウォンに、カン氏とジランも同調しー
「モンジュを殺めてなければ、ドジョンもチョ・ジュンも命を落としていたはず」だと宥めますが…

しかしソンゲが納得出来るはずもなくー(ヾノ・ω・`)
ここでバンウォンを本気で斬ろうとするんですよ…(°д°|||
だけどジランが必死に止めてましたね(*´・ω・`)=3

「お前は人ではない!畜生よりも劣っている!(*`ω´)ノ」と罵声を浴びせるソンゲに、
バンウォンは「私は父上を王にしたかっただけです。私が間違っていたというのですか?d(゚Д゚*)」と問い返します。
「そうだ!王になりたいが為に息子を利用して、忠臣を殺した去骨匠、常軌を逸した男だと言われる!お前が父親をそんな男にしたのだ!(*`ω´)ノ」と怒鳴ってくるソンゲに、
バンウォンは「そうさせたのは私ではなく、父上の欲です。大業とチョン・モンジュを同時に手に入れて、玉座に就く事、自体が身勝手な欲です」と言い放つんですけど…

でも今まで見てきた限りでは、ソンゲはモンジュを排除しようと考えた事はないと思いましたけどね?σ(・´ω・`*)
その証拠に、この場ではソンゲも「王にはならない」と拒否ってたし…
これってソンゲのというより、バンウォンの欲よね?q(´・ω・`)p
てのも屋敷を出て、即ヨンギュに「ペ・グンニョム将軍とバングァ兄貴を呼んで来い。チョン・モンジュは始まりに過ぎない。最後までやり遂げる」と告げてましたし。

モンジュの死にイ・セクやクォン・グンら儒者たちが悲しむ中ー
恭譲王も、イ・スンインから報告を受け、
「薄情な男だ…私を置いて旅立ってしまうとは。高麗と私にどうしろと言うのだ」と嘆いてましたけど…

と、そこにペ・グンニョムとバングァが兵と共に、乗り込んで来てー
まずイ・スンインを連行します(`ω´* )o―
そして恭譲王に「チョン・モンジュは、執政大臣の地位を利用して専横を行い、チョン・ドジョンらを殺めようとしました。イ・バンウォンは、国の安定と繁栄の為に大事を行いました。悪党を退治したイ・バンウォンを称えて、チョン・モンジュの一味を厳重に罰するべきです。そして流刑中のチョ・ジュン、ナム・ウン、ユン・ソジョンたちを呼び戻して下さい」と訴えます。
こん時、恭譲王はわなないてましたけど…拒否れる訳もなくー(ヾノ・ω・`)
翌日、チョ・ジュンたちを朝廷に呼び戻してましたね。

ここでペ・グンニョムが守門下侍中に、チョ・ジュンが判三司事に、
あと同知密直司事はナム・ウンが、知門下府事はイ・ジランが、密直提学にはイ・バンウォンが任命されます。
恭譲王も、かなり不服そうでしたけど…
でもバンウォンに睨まれて、即目を逸らしてましたな(;´д`)

と、ここでネタバレーション(*・д・)b
チョン・モンジュの死後、急進派の士大夫と武将勢力が権力を握った。イ・セクはまた追放され、ウ・ヒョンボやイ・チョム、イ・ジョンハクらは粛清された。王建が高麗を建国して475年。高麗の滅亡が目の前に迫っていた。

ところが恭譲王の元に、イ内官が「イ・ソンゲが門下侍中は無論、全ての地位から退くという届けを出しました」と告げに来てー
ソンゲは全快したら、東北面に帰ると言うのよ(*´・д・)

あとドジョンは、また旅に出てしまったようで…
「これは一大事だ。イ侍中大監を説得出来るのは、三峰大監だけです」と嘆くチョ・ジュンに、
バンウォンが「説得出来ないなら、強要してみてはどうでしょう?玉座を空けて背中を押すのです」と大胆発言するのよ(;゚Д゚)!
でもユン・ソジョンも、ナム・ウンも頷いてたけど…(˘ω˘;)

その後、都堂会議にて、
ユン・ソジョンがペ・グンニョムに「殿下に国を牽引する力はありません。イ侍中大監まで朝廷を去ったら、統率者がいなくなり、国は混乱するでしょう」と訴え、恭譲王の廃位を提案します。
これにジランとバングァが賛同した為ー
ペ・グンニョムは、背中を押される形で許可する事に(((〃`ω´)b

この後、ペ・グンニョムは重臣を引き連れ、
王大妃アン氏に「今上を国に統率する事は出来ません。都堂の重臣たちは今上の廃位を決めました。今上を廃位するという教旨を宣布して下さい」と頼みに行くんですけど…

でも王大妃アン氏の「よくもそんな事が言えますね?何人、王を変えれば気が済むのですか!」と凄む気持ちも分かるわ…
もはや、お気の毒の域を越えちゃってますよね(o´д`o)

一方、イ内官から廃位の報告を受けた恭譲王は、ソンゲに会いに屋敷に向かうのですが…
しかし先にジランがソンゲに、恭譲王の廃位を告げておりー(゚Д゚≡゚д゚)
ソンゲは「何故、そんな馬鹿げた事をしてるのだ!(*`ω´)ノ」とブチギレてたけど…

そこにバングァが「殿下が父上と同盟の契りを交わしたいといらっしゃっています」と告げに来るんですな。
もうね~
門前で切なる表情で“同盟の契り”を読み上げる恭譲王が痛々しくて見てられませんでしたよ…
ソンゲと同盟を結んでまでも、王氏の玉座を守りたかったのよね(*´・ω・)

ここでソンゲは、外に出ようとするけど…
カン氏が「行くなら私を殺して下さい、これは天命です、天に背いてはなりません。あなたが行ったら国は混乱し、大勢が命を落とすでしょう。お願いですから、私の言う事を聞いて下さい」と必死に訴えて、止めるんですよね(´・д・`)

結局、バングァが恭譲王に「イ侍中は体調が思わしくなく、お会いする事が出来ません。改めて宮殿にお伺いすると申しております」と告げに行くのですが…
更にバンウォンが「君臣の同盟は初耳です。殿下は、重臣たちから廃位を訴えられています。宮殿に戻って、王大妃様の決定をお待ち下さい」とトドメを刺しに来るんですよねー( ゚ロ゚)ノ∝━━━゚ロ゚)━∈
だけど恭譲王も「イ侍中に会うまで、ここから一歩も離れない。イ侍中にそのように伝えてくれ」と言って、引きやせん(ヾノ・ω・`)

と、今度はそこにナム・ウンがやって来てー
「廃主、王大妃様から命令が下されました。廃主はひざまずきなさい」と告げるんですよねd(*´Д`*)

「これで私の計画は、水の泡になってしまった…王大妃様が…結論だけ聞かせてくれ。私はどうすればいい?首を差し出せばよいのか?」と卑屈に問う恭譲王に、
ナム・ウンは「原州に行ってもらいます」と返します。

と、ここでネタバレーション(*・д・)b
1392年7月12日、神宗王の仍孫にあたる恭譲王が廃位になった。チョン・モンジュと恭譲王は、滅びる寸前の高麗を再建しようとしていた。恭譲王は朝鮮建国後、恭譲君に降格させられて、杆城に追放された。その2年後、1394年に三陟で死刑となる。定妃アン氏は王室の表向きの長として、ウ王と昌王に続き、恭譲王まで廃位にした。朝鮮建国後、義和宮主に降格させられる。晩年は酒に溺れて過ごし、世宗10年1428年に、この世を去った。

この後、ナム・ウンはソンゲに「王大妃様がイ大監を監録国事に任命し、玉座に就く事を許可されました」と告げるのですが…
ソンゲは素直に受け入れられずー(ヾノ・ω・`)
「皆は私が辞職した理由をこう思うだろう。今上を玉座から退ける為に企んだ事だと。私を罵倒する人々の声が聞こえてくるようだ…“畜生のイ・ソンゲ、野蛮な男イ・ソンゲ”」と空虚に呟いてましたね…(´-ω-`)

そして翌日ー
ペ・グンニョムが重臣らと共に、玉璽を持ってソンゲの屋敷にやって来るのですが…
ジランに「私はもうすぐ東北面に帰る!私を煩わせないで、早く帰るよう言いなさい!( `д´)b 」と命じるんですよね。

ソンゲも、そろそろ腹を括ってほしいんですけどね~σ(・´ω・`*)
もはや説得出来るのは、ドジョンだけか…

その頃、ドジョンは民たちと握り飯を食べてましたけど…
ドジョンは、民に「イ・ソンゲ将軍は、玉璽を受け取らないと言っているそうです。お役人さんは何か知っていますか?」と問われ、
「この愚か者が何を知っていると言うのだ?お前たち君子が言う事が1番正しい。その話を誰から聞いた?」と問い返します。
ここで民に「役人の人が都城は大騒ぎだと言っていました」と返された後、
ドジョンは「飯代分、働いたから帰る」と告げ、その場を後にします。

そしてハ・リュンに会いに行き、2人でモンジュのお墓参りに向かうんですな。
ここで「イ・ソンゲが玉座を拒んでいるそうです。何故イ・ソンゲを王にしようと思ったのですか?冷静で執着心がある人が、統治者になるものです。広平府院君のような…。イ・ソンゲは、徳望を兼ね備えた英雄ですが、一国の王としては、あまりにも純粋過ぎます。権力への意志も弱そうに見えます」と問うてくるハ・リュンに、
ドジョンは「だから選んだのだ。新しい世の王は、徳望のある純真な英雄で十分だ。権力への意志もいらない」と返してたけど…d(*´Д`*)

そこにバンウォンがやって来てー
「突然、圃隠に罪を詫びたくなったのか?」と皮肉るドジョンに、
バンウォンは「私は過去に未練は残しません。三峰様がここに来ると思って、手下に見張らせていました」と返します。

ここでハ・リュンは、先に退散する事に…(_´Д`)ノ~~

そして「また今上を廃位したそうだな?」と咎めるドジョンに、
バンウォンは「父上を説得して下さい。もう何日も王がいませんd(゚Д゚*)」と頼むのですが…
ドジョンは「いないのは王だけか?主君を支持する民心と、大業の正当性までも失った。お前を大業の仲間に加えた事を後悔している。2度と私の事を馴れ馴れしく呼ばないでくれ(`・ω´・)ノ」と非難し、去って行くのよね(o-ω-))

ここでバンウォンは「無血の大業は絵空事です。三峰様が思い描く禅位は堯舜の時代でしか通用しません。大業は新たな権力で世を開く事です!権力は刀!政敵の血がついた刀から生まれるのです!(〃*`Д´)b」と訴えてたけど…
ドジョンは、振り向く事なく去って行っちゃいましたね…(´・д・`)

しかし、失意の溜息をつくバンウォンを見据える人物がっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ
てかハ・リュン、怖ぇ~(°д°|||
実は木陰で話を盗み聞きしてたのね。

一方、ソンゲは…
やっとこさ、外に出てきたと思ったら~
「これは人の命を奪う物だぞ!このイ・ソンゲを畜生にする化け物だ!これに何の価値があるのだ!これが、そんなに大事か!」と怒鳴りー
玉璽の箱を地面に叩きつけちゃいましたぞ!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

しかし、そこにドジョンがやって来てー(`・ω´・)ノ
ソンゲに「病状が悪化していないか心配でしたが、お元気そうな姿を見られて何よりです。チョン・ドジョン、主君に話があって参りました」と告げたところで~(*゚▽゚)ノ
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[3回]


鄭道伝 #39
モンジュの結末は、分かってはいても…
いざ現場を目の当たりにすると、辛いもんがありましたね…(o´д`o)
早速、ネタバレ全開します~



バンウォンは、ヨンギュからモンジュがドジョンと酒を飲んでいると報告を受けー
巡軍前でモンジュを待ち伏せる事に。

しかしバンウォンも、
「私は三峰様のように寛大ではありません。味方には挨拶、敵には刀。これが私の信条です」とか、
「父上が怪我をした日、碧瀾渡に刺客を送りましたね?いつか、そのお返しをしたいです」と挑んでたけど…
結局、モンジュに「嘆かわしい事だ。もうお遊びは終わった。大業の事など忘れて、本来の儒者に戻れ」と戒められた挙げ句、去られちまいましたね(;´д`)

この後、バンウォンは屋敷に戻りー
カン氏とジランに「三峰様は公開死刑になり、チョ・ジュン、ユン・ソジョン、ナム・ウン様たちは毒薬で処刑してから、さらし首にするそうです」と報告しますd(゚Д゚*)

それを受けー
「今、都堂では軍事権を返せと騒いでいる。不愉快な野郎どもだ!ヽ(♯`Д´)ノ」とブチギレるジランに
バンウォンは「早くチョン・モンジュを始末しましょう。三峰様を見捨てるのですか?協力して下さい、私が先頭に立つので、おじ上は後方支援をして下さい」と頼むんですけど…
「俺は武将だ。暗殺みたいな卑怯な真似はしたくない。兄貴はチョン・モンジュを尊敬している。兄貴に首をへし折られたくなければ、そういう考えは止めた方がいい」と逆に説き伏せられてしまいます(*´・ω・)

でも~その頃、モンジュは恭譲王に「軍事権を取り戻したら、イ・ソンゲを弾劾します。イ・ソンゲは逆臣です。天ではなく高麗が断罪すべきだと思います」と訴えてましたぞ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、バンウォンが「このままでは、大業の灯火が消えてしまいます。早く目を覚まして下さい」と泣きながら訴えてる姿や、
ドジョンが牢獄の中で、
「志半ばで、あの世に先立つ愚かな私をお許し下さい」とー
ソンゲに別れの挨拶をしてる姿に、ちと居たたまれなくなってたんですけど…(o´д`o)
彼らの祈りが通じたのか、ソンゲがついに目覚めてくれましたよ~
。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

そして翌朝ー
刑部の役人がドジョンの元へやって来て、処刑を延期すると告げるんですよね。
屋敷でモンジュの片方の靴が犬に持って行かれたのは、この前兆だったのかもd(*´Д`*)

しかし臣下たちもソンゲが寝込んでた時は、見舞いにすら来なかったのに~
目覚めた途端、やって来るなんてー
ホント、小賢しい人たちですよε-(`・ω・´)

ここでソンゲは、彼らに「門下侍中を辞職しようと思っていたが、恐れ多い事に殿下から幾度となく、不允批答を告げられた。これ以上、辞職を申し出るのは礼儀に欠ける。私は辞職の意を撤回する。怪我が完治するまで、ここが都堂だ。そして私の家が朝廷となる。今後は都堂と朝廷の政事については、私の許可を得るように。息をすること以外は、全て私の許可を得てもらう( `д´)b」と告げるのよ。

怖ぇ~(°д°|||
でも、この威圧感はさすがよね~(o´∀`)o

この後、モンジュはイ・チョムから、
刑部がソンゲにドジョン一派の赦免を要求され、処刑を無期延期にしたと聞きー
恭譲王に「イ・ソンゲの屋敷に行き、談判してきます(•̀ω•́ )ノ」と告げに行くんですな。
これを受け、
「我々が命を狙った事に気づいている。そなたの命が危険だ」と引き留める恭譲王に、
モンジュは「朝廷と臣下の目は私と殿下に向けられています。こんな時に私が逃げたら、大勢はイ・ソンゲに傾いてしまいます。どうか、強いお心をお持ち下さい。私が必ず、いい知らせを持って戻って参ります」と訴えー
ソンゲの屋敷に乗り込みます(•̀ω•́ )ノ

早速「要請が必要でしょう。朝廷と都堂は私に任せて、お休み下さい」と告げるモンジュに、
ソンゲは「まずは、巡軍獄にいる三峰を連れて来て下さい( `д´)b」と要求するのですが…
モンジュは「処刑が決定しているので放免、出来ません。王命を覆す事は出来ません(ヾノ・ω・`)」と言い退けます。

「何が王命だ?私なら、今すぐにでも殿下の首を切り落とし、玉座を奪う事が出来ます(*`ω´)ノ」と挑むソンゲに、
モンジュも「大監なら、十分可能でしょう。ですが、民は玉座に就いた大監を王様ではなく、人の命を奪う去骨匠だと思うでしょう。三峰を放免する事は出来ません(ヾノ・ω・`)」と譲りやせん。

それでもドジョンの放免を訴えるソンゲに、
モンジュは、短剣を差し出しー
「三峰と私、どちらか一方の命を選んで下さい」と選択を迫るんですよねo(´^`)o

ここでソンゲは、短剣を突き返しー
「このようなやり方は、間違っている。王になったら、腹を突き出して栄華を極める。そう思っているのですか?それは誤解です。私が王になったら国の事は、三峰と圃隠に一任する!2人がやりたい事に全力で支援する。邪魔する奴らは、1人残らず捕まえる。敵が攻めてきた時は、私が倒して国を守る!これが私に与えられた役目です。これさえ守れば、間違いなく今より、いい国を作る事が出来るでしょう。そう思うのは、間違いなのですか?お願いします。どうか私に力を貸して下さい。そして三峰と3人で手を取り合って、素晴らしい世の中を作って行きましょう」と涙して訴えるんですけど…
モンジュは「どんなに説得されても、私の立場は変わりません。どちらも選べないというのなら、私がお手伝いします。これから朝廷に行って、三峰の処刑を命じます」と断るのよ。

てか、何でそないに頑ななのよ~ε=(・д・`*)


この言葉に、ソンゲも耐えきれなくなったみたいでー
ついに「イ・ソンゲは今日から、チョン・モンジュと絶交する!」と言い放っちゃうのよ…(*´・ω・`)

あんだけモンジュが好きだったソンゲの気持ちを思うと…
ここは、ちと見てるのが辛かったですね…(´・д・`)

この後、バンウォンは巡軍獄にいるドジョンを訪ねー
ソンゲが意識を戻し、都堂と朝廷を仕切ろうとしてる事、
あとモンジュがドジョンと自分のどちらかを選ぶよう迫った事を告げー
「父上の心が揺れています。助言が必要です。筆と炭を持って来ました。チョン・モンジュを諦めろと書いて下さい。説得出来るのは、三峰様だけです」と頼むんですけど…
ドジョンは「これは、お父上の戦いだ。私の出る幕ではない(ヾノ・ω・`)」と拒否るのよ。

ここでバンウォンは「三峰様が始めた戦いです。父上に押しつけるのは、やめて下さいd(゚Д゚*)」と絡むんですけど…
この直後、ドジョンがバンウォンの胸ぐらを掴みー
「圃隠を排除したら民心も大業の正当性も失われてしまう。お父上に伝えてくれ。圃隠は大業の敵ではなく、要だ。助ける方法を探してくれ。圃隠を排除してはならない!」と凄んだ為、話は物別れに終わってしまいます(*´・д・)
ドジョンも大業で死ぬのは構わないけど、やはりモンジュを殺したくはないんですよね。

この後、事が思うように進まず荒れくれるバンウォンに、
ミン氏が「チョン・モンジュを殺めたいのですね?あなたは確信したら行動に移すお方です。しかし、ためらっておられるのを見ると、まだ答えに確信が持てないのでしょう」と鋭く突いてくるんですよ~(〃゚A゚)

いや~前も似たような事を書いたけど…ミン氏も、かなりの野心家よね?(;´д`)

でも、これで決心したのかー
バンウォンはヨンギュ経由で、モンジュに呼び出しの書状を渡します。

その夜、モンジュはバンウォンの屋敷を訪ねー
書状に書かれていた詩、
“この世の事は、とてもかくても候。万寿山の葛のつるが絡んでいる。我々も絡み合ったまま、100年を享受しよう”
を詠み上げた後、
「これは志操を曲げて、栄華を極めようという詩だ。こんな誘い文句に乗ると思うのか?」と問うのですが…
バンウォンは「そうではありません。先生に私の誠意を伝えると同時に、お願いしたのです」と返します。

でもモンジュは「お前の誠意は伝わった。だが信念と節義を曲げる事は出来ない」と拒否るんですよね。

それでもバンウォンは「先生の竹のような志操は、万人の鏡でしょう。ですが山には、竹だけではなく、葛のつるも生えています。それらが合わさり、山が出来るのです。何故、竹ばかりに執着するのですか?1度位、歴史の流れに身を預けてみては、どうですか?」と説得を試みますが…

モンジュは「上から下へと自然の摂理で流れている水なら、そうしただろう。だが、お前の言う歴史の流れは逆流だ。反逆でしかない。お父上に渡してくれ」と断った後ー
書状を委ね、帰って行くんですよね。

バンウォンは、この書状を見て決意しちゃったみたいね…(´・д・`)

この後、モンジュは小間使いに「善地橋に行こう。判開城府事だったユ・ウォン大監の弔問に行く」と告げるのですが…
しかし馬が足踏みして前に進んでくれやせん(ヾノ・ω・`)
モンジュは「こいつも休みたいんだろう」とか言ってたけど、
馬は危険を察知してたんじゃないかしらね?((・・*)

結局、モンジュは1人で歩いて善地橋に向かう事に。
しかし、そこにヨンギュと部下たちが待ちかまえていてー(゚Д゚≡゚д゚)
「先に伝言をお伝えします。“大業の為には致し方ない。許してくれ”と」と告げられ、
モンジュは「こんな日が来ると思っていた。天下のならず者だ。バンウォンに伝えろ。“高麗の忠臣のまま、死ねて感謝する”と。これで大業は、許されない簒奪になってしまった」と痛烈に批判してたけど…もう結果は、見えましたね。
正直、こんな最期は迎えてほしくなかったな~(*´・ω・`)=3
でも、これは史実なんですよね。

この後、ジランが書状を持ってソンゲを訪ねて来るんですけど…
そこには、
「私チョン・モンジュは、尊敬する武将であり、生涯の友であるイ・ソンゲ大監に詩を送ります“この身が死にて百度繰り返し死ぬとても、骨は塵あくたとなり、魂もまた消ぬともよし。君に捧げし、一片丹心のいかでか移ろわん”」と書かれていてー
ソンゲはモンジュの最期を察したのか、嘆きながら涙を流します(ノДT)

この直後、ドジョンが釈放されるんですけど…
ここでモンジュにすり寄り、号泣するドジョンに、
あっしも、つられて泣いちゃいましたよ…(T^T)

最後にネタバレーション(*・д・)b
圃隠 チョン・モンジュは、慶尚道 永川で生まれた。大科の三場全て、主席で合格するほど優秀だった。イ・セクは、チョン・モンジュを“性理学の祖”と呼んだ。更には冷え込んでいた明との関係を改善し、倭寇に捕らえられた数百人の民を帰国させた。イ・ソンゲと共に、高麗の改革を推進していたが易姓革命に反対し、関係が悪化する。滅びる高麗を守る為、イ・ソンゲと対立したが、1392年 善地橋でイ・バンウォンの刺客に暗殺されてしまう。本貫は迎日で、文忠という諡号が贈られた。

てか、これでまた“大業”から遠のいちまうんじゃないの?q(´・ω・`)p
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[1回]


鄭道伝 #38
てかソンゲも、寝込んでる場合じゃないですぞ~(*´・ω・`)=3
早速、ネタバレ全開します~



ソンゲ落馬後…
カン氏は、チョ・ジュンとペ・グンニョムに屋敷に来て貰いー
「いつでも兵士を動員出来るように準備をお願いします。夫と狩りに行ったジラン様から連絡がありました。夫は落馬して怪我をしたそうです」と頼んでましたけど…

てか~
ソンゲは輿の中でも吐血してましたよ?(°д°|||
しかも、これをモンジュが放った監視兵に見られてしまいー
即、恭譲王の耳に入ってしまいます。
ここで「我々は、どう対処すれば?」と問う恭譲王に、
モンジュは「空から落ちた鷲が飛べないようにします。翼を折ってしまうのです」と返します。

一方、チョ・ジュンもナム・ウンとユン・ソジョンに状況を説明してましたけど…
てかナム・ウンも、
「チョン・モンジュの耳に入るのは時間の問題でしょう」とか訴えてたけど…
もう既にモンジュは知ってますよ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

案の定ー
ここでユン・ソジョンの「私たちがチョン・モンジュを始末しよう」と提案し、
チョ・ジュンが「我々側の官僚に上書を書くように命じてくれ」と乗っかったところに~
イ・チョムが兵士を引き連れ、チョ・ジュンたちを捕まえにやって来ちゃいましたよ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
どうやらイ・チョムいわく、
「キム・ジニャンたちがドジョンと共に変乱を企んだとしてチョ・ジュンたちを弾劾した」らしい。

この報告を受け、ペ・グンニョムが兵を率いて会議中の都堂へ乗り込みー
モンジュに「三峰様たちの弾劾を取り下げて下さい!(((〃`ω´)b」と訴えるのですが…
「殿下に許可を得ています。話があるなら官服に着替えて来て下さい
(ヾノ・∀・`)」と退けられてしまいます。
ここでペ・グンニョムは剣を抜きー
「守門下侍中の分際で、イ・ソンゲ大監に勝負を挑むつもりですか?弾劾を中断しないと取り返しのつかない事態になりますぞっ!(ノ`Д´)ノ」と凄むのですが…

「いいでしょう、イ侍中の意向を聞いてから弾劾の可否を決めます。会議はイ侍中が来るまで中断します。早く、イ侍中を連れて来て下さいd(•̀ω•́ )」なんてー
モンジュもソンゲが来られないの分かってるのに、ホントいやらしいわ…(*´・д・)
結局、ペ・グンニョムは引き下がる羽目に(´-ω-`)

そこに入れ違いでバンウォンがやって来てたけど…
チョ・ジュンたちがお縄状態になっているのを見て、ソンゲに会いに屋敷に戻るのよね。
しかしカン氏からソンゲが怪我をした事を聞き、すぐさま碧瀾渡に向かいます。

でも~
その頃、恭譲王はモンジュに「宿衛兵の精鋭を碧瀾渡に送ろう。翼を折るだけでは安心出来ない。この機会にイ・ソンゲの息の根を止めてくれ」と命じてましたぞ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、バンウォンは碧瀾渡に到着し、
ソンゲに「三峰様の仲間が皆、連行されました。チョン・モンジュは、父上の異変に気づいたようです。都城に行きましょう」と告げてたけど…d(゚Д゚*)

しかしソンゲは打撲だけでなく、骨折もしてるらしくー
「こんな体で都城に戻るのは無理だろう(ヾノ・ω・`)」と返すジランに、
バンウォンは「チョン・モンジュの次の標的は父上です。ここにいたら命を狙われるでしょう」と急かすのよね。

てか、既に精鋭隊は到着しちまってるようですぞ!(°д°|||

それを聞いて、ソンゲはヨンギュに輿を壊すよう命じますd(*´Д`*)
そして怪我を悟られないように、屋根のない輿に気丈に座るんですよ。
これを見て精鋭隊もソンゲに恐れをなしたようでー
手出し出来ませんでしたね~ε-(´∀`*)

この後、精鋭隊長から報告を受けー
今度はモンジュが「私はイ・ソンゲの首を持ってくるように命じたはずだ!ヽ(#`Д´)ノ┌┛〃」と激怒ですよ。

でも~
都城に戻って来た途端、安心したのかー
ソンゲは気を失い、輿から落ちてしまうのよね…(;゚Д゚)!

一方、ドジョンは…
また居平部曲 消災洞に戻って来ちゃいましたね。
てかヨンチュンてば、生きてたのね…。゚+(σ´д`。)+゚

と、そこにチェ氏がトゥクボアボムと共にやって来てー
ドジョンは、ソンゲや仲間たちの状況を問うのですが…

ここでチェ氏に「イ侍中は、そう長くはないでしょう。圃隠大監に謝罪して手紙に朝廷を去ると書いて下さい。私が圃隠大監に助けてくれと必死で頼みますから。官職を奪われて故郷に追いやられた大切な息子たちが命を落とすかもしれません。大業とか民とか、私には分かりません。このままでは、あなたも家族も皆、おしまいです!」と泣きながら頼まれるもー
ドジョンは「士大夫にとって、父は君主で家族は民だ。イ侍中を王にすると決めた日から、私は家族を捨てた。すまない。都城に帰りなさい」と諭すんですよね。

この後、ドジョンは儚く逝ったファン・ヨンやチョンボク、ヤンジを思い出しながら、
「すまない…私が愚かなせいで大業を断念する事に…」とー
自分自身を責め、涙するんですよ…。・(つд`。)・。

でも、都城では「チョン・ドジョンたちの死刑に反対です。極刑の訴えを却下して、厳重に処罰して下さい!」とー
ペ・グンニョムやジラン、バンウォンたちが恭譲王に必死に上奏してるってのに~
ドジョンもまだ諦めないでほしいと、思わずにはいられませんでしたよ…
(´・д・`)

しかも「私は、この問題に関わりたくない。守門下侍中とよく話し合ってくれ」と及び腰状態の恭譲王に、
バンウォンが「僭越ながら朝廷で広まっている笑い話をしてもよいですか?殿下は、守門下侍中(モンジュ)の一派だと言われています。守門下侍中を放置している結果、このような話が流れたのです。チョン・ドジョン、チョ・ジュン、ユン・ソジョン、ナム・ウンたちは、殿下を擁立した忠誠なる臣下です。彼らの命を救うのは殿下の努めでは?」とカマすんですよ~(y゚ロ゚)y

この後、モンジュはイ・チョムから報告を受けー
今後どうすべきか悩んでたところに、
ハ・リュンが「友情を断ち切れないなら、一息つくのも悪くない選択です。一旦、奴らの要求を受け入れて安心させてから、イ侍中の様子を見て対応してはどうでしょう?ゆっくり進むのも策の一つです。流刑中、暇つぶしに人相学を学びました。申し上げにくいのですが…師兄の顔に死相が出ています」と助言するんですよ。

てかモンジュは、鼻で笑い飛ばしてたけど…
今の状態なら、十分あり得る話よね?((・・*)

その後、ドジョンはバンウォンから、
“油断は許されない状況です。万が一、怪しい気配を感じたら東北面に逃げて下さい。父上が回復するまでの辛抱です”
と書かれた書状を受け取ります。

と、そこにヨンチュンが「兵士がこっちに向かっています。毒薬か何かを持ってるかもしれません。裏山に隠れて下さい!」と告げに来るもー
ドジョンは「お前に被害が及ぶ。もし私が死んだら、天は大業より、犠牲を求めている事になる。私は逃げずに立ち向かう。天の望みを知る為に」と引きやせん(ヾノ・ω・`)

結局、ドジョンは都城に押送され、巡軍獄に入れられたようで…
バンウォンは、客間にカン氏やジラン、バンウたちを呼び寄せー
「三峰様の次に狙われるのは父上です。こうなったらチョン・モンジュを殺すしかありません」と訴えるのですが…
バンウに「チョン・モンジュは誰もが認める忠臣だ!父上と先祖の顔に泥を塗る気か?」とブチギレられるんですなヽ(#`Д´)っ┌┛))

でもバンウォンも「父上と先祖に王冠をかぶせてあげるのです。現実を見て下さい。父上が玉座に就いたら兄上は世子になるのですよ。なのに何故、高麗に未練を持つのですか?」と即言い返してたけど…

この後、バンウにビンタをカマされた挙げ句ー
「世子?はっきり言っておく。私は隠遁しようと思っている。もし父上が玉座に就いたら、私はイ家の名を捨てる。世子の地位は、お前にくれてやる!私には関係ない!(゚Д゚)≡゚д゚)、」と言い放たれてしまいやす(´-ω-`)

てかバンウォンにとっては、望む展開になったんじゃないの…?(o・ω・))

その頃、モンジュはドジョンを例の思い出の場所に呼び出しー
酒を勧めてたけど…
「恐らく、この世で飲む最後の酒になるだろう」と呟くドジョンに、
「先ほど、殿下がお前の死刑を決めた」と告げるのよ(´・д・`)

それを受けー
「仲間はどうなる?」と問うドジョンに、
モンジュは「流刑地に毒薬が運ばれるだろう」と返します。

ここでドジョンは「命を救ってやってくれ。そうすればイ侍中は、お前を殺さないだろう」と頼むんですけど…
モンジュは「命を失うのが怖ければ、地獄に足を踏み入れなかった。お前の家族たちの命と身分は保障する」と返しますね。

てかホントは、ドジョンに「助けてほしい」と言ってほしかったのよね…(o´д`o)

だけどドジョンは「お前がついてくれた、この酒で十分だ」と返すんですよ。
それを聞いて、モンジュは「お前が流刑地に向かう途中、私が“孟子”を渡さなければ、この悲劇は防げたか?」と問うてたけど…
ドジョンは「結果は同じだっただろう。私の師は孟子ではなく、消災洞にいた民たちだ」と返してた。

思えば、ドジョンが高麗を壊そうと考え始めたのは、彼らに出会ってからでしたものねd(*´Д`*)

モンジュの高麗を思う気持ちが相当なものなのは、確かなんだけど…
でもな~そないに泣くのなら…
何もドジョンを逝かせなくても、ソンゲと決別してまでも…
大義を貫く必要はないんじゃ…?と思ってしまうんですけどね(;´д`)

こうなると、もうモンジュの結末は見えたも同然…
次回は、ちと覚悟して見る事になりそうですね(o´д`o)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[2回]


PREV ←  1 2 3 4 5 6 7 8  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
*ヘチ*

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
リアルタイムカウンター
カウンター
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
twitter
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]