忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PERSON of INTEREST3 #17「ルートパス」
今回マシンが弾き出したのは、サイラス・ウェルズ。
フィンチが彼の身元調査をした所、既にルートが接近していた事が分かるが…
ネタバレしてます~



のっけからルートがビリーとやらを護送車から脱出させてたけど…
どうやら、これもマシンのお告げらしい(。・д´・。)
しかも、先月東京で助けたらしいダイゾーという男にビリーの偽造ID?を作らせたりしてー
ちなみに名前は“ガンター・シュミッツ”になってた((・・*)

この後、ルートはビリーに“国立スーパーコンピューター応用研究所”に乗り込ませます。
すると警備員から“最高機密”と書かれた郵便物を渡されー
本物のシュミッツが出勤してきたところで、即ビリーを脱出させるんですな(*゚∀゚)=3

次にルートは、ダイゾーに「パースの隠れ家でケーシに会って下さい」と指示。
そしてビリーとはここでお別れし、次の目的地であるニューヨーク州へ向かいます。

ここで今回のターゲットであるサイラスに「ボスがあなたと共に何かをやれと言ってる。でも、それが何かは言わない。自分で答えを見つけて」とまだ謎めいた事を告げてたけど…
サイラスは「変わったボスだな」と返すのみでーσ(・ω・*)

この後、ルートはサイラスの日課である散歩に付き合い公園に向かいますが…
そこにフィンチがいてー

「隠れて尾けても無駄よ。戻った私を歓迎しに来たの?」と問うルートに、
フィンチは「今日の午前7時4分に番号が出た。彼の職場の防犯カメラにアクセスしたら、君が彼にアクセスするところだった。ウェルズさんの個人データを見る限り、彼の人生における最大の危険因子は君だ。君のせいで彼は死ぬ事になる」と説明しますd(゚Д゚*)

ここでルートは「私も彼を守りに来たのかも」と自信ありげに返してたけど…
でもルートは以前、コントロールに拷問を受けた時に、片耳が聞こえなくなったらしく、マシンの言葉を全部は拾えないみたいですな( `・ω・)
だけど、仕事内容は分かっているようでー
第二のマシン“サマリタン”の出現を防ぐ事だと告げた後、
フィンチに怪しげなメールを送り、サイラスと共に去って行くのよね ´ω`)ノ

実はフィンチは、ルートにこの件から手を引いてほしかったんですけどね~
でも主導権を握ってると思い込んでいる彼女が引くはずもなくー(ヾノ・ω・`)
ショウに監視させ、状況を把握する事に。
しかし、こん時凄い雪が降ってて…撮影、大変そうでしたね(;´д`)

この後、ルートはサイラスを逃がす為、彼の服をボストンバックに詰めてたけど…
そこに突如、銃弾が飛んで来るんですよね(;゚Д゚)!

「スナイパーを確認した」と報告するショウに、
フィンチも「メールから手がかりを得た」と告げてましたけど…((。´д`)o
ここでショウはコリアーを見てー
サイラスを狙っているのは、ヴィジランスだけと思ってたようですが…(o・ω・))

一方、ルートは手製の催涙ガスを作り、サイラスと共に部屋を脱出します(σ´Д`)σ
でも~すぐヴィジランスたちが追ってきてー(゚Д゚≡゚д゚)
ここでリースが彼らの逃走を手助けするんですけど…
フィンチによると「脅威はヴィジランスだけじゃない。彼らのメールを解読したところ、ウェルズさんを狙うのは傍受した秘密文書に名前があったからだ、発信先はデジマ」らしいんよね(´・д・`)

と、そこにデジマのボス、グリアが手下を引き連れて来てー
リースは思わず「ルートより厄介だな」とボヤいてしまいます(*´-∀-)

これを見て、ルートも逃げきれないと思ったのかー(ヾノ・ω・`)
通行人から拝借した卵をパトカーに投げつけ、サイラスを現行犯逮捕されるよう仕向けるんですよねo(´^`)o

これを見て、リースはフィンチに「サイラスの身は安全だ。ファスコの助けがいる」と報告しますが…
この間、ルートもグリアたちも消えちゃいましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)

ここでフィンチは「何故、ヴィジランスとデシマがサイラスを狙うのか?は、まだ分からないが昔の仕事ではなく、現在の仕事に関係してそうだ。勤務先の政争会社のシステムに侵入したら、最近身元調査をされていた」と告げてたけど…((。´д`)o

てか~ショウが襲撃時から連絡が途絶えちゃったみたいですよ~ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、フィンチはファスコに連絡し、サイラスをリースに引き渡すよう頼んでたけど…
そこにルートがやって来てー
ファスコは「お嬢ちゃんにこいつは渡さない(乂`ω′)」と拒否るも、
ルートに「あなたは分かってない。まずサイラスを狙っているのは、2つのとても危険な組織なの。この瞬間にも27人の追っ手が近づいてる。先頭の男は銃を2丁と3人を殺したダガーナイフを持ってる。危ない奴よ。タルサの核施設に入る為、FBIに入局した」と告げられー
結局、サイラスをFBIに引き渡す羽目に…(*´・ω・`)=3

この報告を受けてリースの表情が険しくなったところで~(((-'д-)y-~
公衆電話にルートから電話がかかって来てー
「落ち着いて、ジョン。信用してよ」と宥められてましたけど…
やはりリースも「サイラスは俺といる方が安心だ」と引けやせん(ヾノ・ω・`)

でもルートも「本気でそう思う?デシマが彼を追う理由も知らないのに?何があろうとサイラスは私が助ける。あなたを助けたように。一緒に乗り越えてきたでしょ?私を信じて」と告げ、一方的に電話を切っちゃうんですよね(;´・ω・)

この後、ルートはサイラスの部屋にあった3ショット写真を見せー
「答えて、この人たちは誰?」と問うてましたけど…
サイラスいわく、
「サラ・リンドとアレックス・ライス。大学からの親友だ。卒業後、金融サービスの会社を興し、私も手伝った。バブルがはじけ、うちの会社は大飛躍。しかし、やっかまれたのか…ある日、男が現れて銃を乱射した。アレックスとサラは殺され、私を含む5人も撃たれた。犯人は不明」らしい。

ちなみに、この事件は2009年4月4日に起き、サイラス自身は10週間ICUにいたと(*・д・)b
その時、彼は金稼ぎに費やした30年は人生の無駄遣いだと悟って、金は全部寄付したらしいんよね。

ここでルートはサイラスに謝ってたけど…
この理由は、後に明らかになる事に…d(*´Д`*)
しかしここでマシンに追っ手が来てると告げられたらしく、ルートたちは店を出るのですが…
だけどデシマの方が1枚上手だったみたいでー(°д°|||
手下にアナログ通信を妨害され、ルートとサイラスは走って逃げる羽目に…
でも~またリースに救われるのよね~(o´∀`)o

その頃、ショウはコリアーに捕まりー
「君とは通ずるものがある。政府に裏切られたのは君だけじゃない、仲間にならないか?」てな誘いを受けてましたけど…
でも「あんたはテロリストよ、テロリストは殺す」と告げ、反撃に出てましたねc(`・ω´・ c)っ≡

一方、フィンチがリースに「デシマの目的が分かった。網膜データの登録者リストにサイラスの名がある。身元調査に合格後、サイラスだけに19階へ入る許可が出た。そこに“マックスウェル社”がある。定期的に液化ヘリウムを購入してるようだ。極低温環境を作り、何かを冷却してるのかも」と告げてたところに、ルートがやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)

「史上最速のコンピューターよ。その企業の正体はNSAの研究所。2日前、そこの職員がこれを送ったの」と返し、手紙を渡すのですが…
そこには“コンピューター工学の研究者が超伝導プロセッサーの仕様を記している。処理速度は今のものの3倍以上”と書かれていてー(゚Д゚≡゚д゚)

ルートいわく、
「政府はこれを売る気がないから、デシマは盗みだそうとしている。対応出来る速度のチップがなかった。でも2日前に出来たの。ソフトはある。あとはハードウェアだけだ」と(*・д・)b

ここで「これを直して」と何やら装置を差し出してくるルートに、
フィンチは「これを身につけた後、チップかサイラスかどっちを救うのか?」と問うのですが…d(゚Д゚*)

ルートは、3ショット写真を見せながら「あなたが設定した定義では、サイラスは“無用”よ。今までは。彼らが死んだ日の計画は、1500ドルを手にしたい人が考えた。大銀行の幹部が彼らを消す事を依頼したの。それだけの技術を持ち、道徳心が欠如した人物にね。私の事よ。傑作な事にマシンは、サイラスを救えを言ってくる。どう壊したら、こんなに人の心配をするの?」と問い返してたけど…
フィンチは「マシンは壊れてはいない。“人を中心に”と教えたら人を助けるようになったんだ。君にも同じ事を伝えたい」と告げますね((。´д`)o

でもルートは「サマリタンが機動したら、直後の30分の内に多くの命が奪われる。まず始まりは4人。あなた、私、あなたのペットとショウ。そうなったらマシンにも止められない。私は人を大事にしないと?全てはあなたを救う為なのよ」と反論してましたなo(´^`)o

この後、ルートは耳鼻科の先生を脅し、フィンチが直した装置を耳につけて貰うのよね((・・*)

しかし既にデシマの手下がサイラスを使って、
“マックスウェル社”に侵入~(;゚Д゚)!
ここでグリアが「データを全て回収し、チップを探せ」と命じますが…
そこにリースとファスコがやって来てー
銃撃戦に…( `д´)σ =・

更に、この後ルートも乗り込んできて、何とかサイラスを救い出したもののー
既にチップはデシマの手下が確保し、退避して行っちまったようですぞ!
ヾ(〃゚ω゚)ノ

あと何気にショウが戻って来てましたねε-(´∀`*)

そしてサイラスを見送った後ー
「パラグアイ行きの便に乗らなくちゃ」と別れを告げようとするルートに、
フィンチは「君の言う通り、サマリタンは脅威だ。見解が異なる事もあるだろうが、今後はもう少し力を合わせよう。その為に…」と引き留めようとするのですが…((。´д`)o
「ファスコが送ってくれるから」と拒否られちゃいましたね(*´・ω・)

最後に“サマリタン 進行度 管理者の死亡確率68.74%”とか出ちゃってたけど…
これって、かなりヤバいんじゃ…?(°д°|||
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[6回]

PR

PERSON of INTEREST3 #16「記憶装置」
のっけから見慣れない方が人助けしてますよ?と思ったら~
どうやらリースの前任者リック・ディリンジャーだったみたいで…(o・ω・))
ネタバレしてます~



て事で、今回は大半が2010年のエピとなります。
でもディリンジャーは、被害者を酒に誘って一夜を過ごしたり、好き勝手し放題で…
彼を見てると、いかにリースが優等生タイプなのかが伺いしれますな?d(*´Д`*)

しかし翌日、またマシンが番号を弾き出したようでー
フィンチは、ディリンジャーを廃図書館に呼び寄せ、
ターゲットであるダニエル・ケイシーについて説明を始めます((。´д`)o

彼は、カリフォルニア州立工科大のコンピューター・サイエンス学科を中退。
現在、家族はおらず、“タイガーチーム”と組んで仕事をしていると。
ちなみに“タイガーチーム”は、企業の依頼でセキュリティの欠陥をハッキングして探っているらしい(。・д´・。)
フィンチは「彼はマズいものをみたのかも」と踏んでましたけど…
ディリンジャーは「盗んだ可能性もある」と返してた。

この後、ディリンジャーはフィンチから「ケイシーが危険な状態にあれば、古い知り合いに頼むだろう」と告げられー
かつて仕事で交流があったらしいレスター・ストリックランドに会いにバーに向かいます(((〃`ω´)b

しかしディリンジャーてば~
初対面なのに、いきなりレスターにケイシーの話を持ち出すという禁じ手を使っちゃってましたよ?(;´д`)

でも即フィンチに「ケイシーの名前を出して怯えさせる必要があるのか?」と咎められてましたけど…
しかしディリンジャーが「連絡させる為には、ビビらせないと」と返した矢先にー
レスターは、ケイシーに電話をかけるんですよねd(*´Д`*)

2人の会話によると、
ディリンジャーが来る前に、2人組の男女がレスターにケイシーの行方を聞いてたみたいでー
ここでレスターは「例の一式は、明日までに用意する」と告げてましたけど…
フィンチは、この“一式”を偽の身分証だと推測します((。´д`)o
ここでディリンジャーが「“フィンチネーター”の出番だな」とか言ってたのは、ちと笑っちましたけどね~(´・∀・`)

この後、ディリンジャーは2人組に接近してましたけど…
どうやらリースとカーラの事だったみたいでー(;゚Д゚)!
ディリンジャーは、即リースたちの写真を撮って、フィンチに転送するんですよね。
「この男はCIAだ、照合は不要。とにかく、この件には政府が絡んでいる。その男については、かなりの凄腕だ。気づかれてないか?」と問うフィンチに、
ディリンジャーは「俺の雇ったのは、あんただ。信用しろよ」と自信あり気に返してたけど…
即、リースに目を付けられてましたよ?(;´д`)

それにカーラが「ケイシーが国家機密を盗んだ」と言ってた事から、
2人は彼を捕まえに来てるみたいですな。

ここでフィンチは、リースたちより先手を打つよう指示しますが…
リースに先越され、
ケイシーに盗聴器を仕掛けられちゃいましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)

この後、ディリンジャーはケイシーを尾行し、カフェに入店します。
どうやらリースとカーラは、盗聴しやすい場所に移動したみたいで…
姿は見えずー
と、そこにSSCI(上院情報特別委員会)のイアン・バンクスという男がやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
早速、ケイシーに「君が何を見たのか詳しく話してくれ」と問うのですが…
ここでケイシーはイアンに「何があろうが僕の名前を出すな」と念押しした後ー
更に「SSCIの創設は?言えたら一緒に行く」と質問を投げかけるのですが…
答えられない彼を見て、別人である事に気づくんですな o(`・ω´・o)
と同時にディリンジャーも、フィンチから転送されたイアンの写真を見て、
彼が別人だと気づくんですよね。

この後、ディリンジャーはケイシーを追いかけるもー
店外にリースとカーラが待ち伏せしてたんですよね。
ここでディリンジャーは、リースに撃たれそうになるも、
そこに偽イアン・バンクスが仲間2人と参戦してきたもんだから~
銃撃戦になるんですよね。

この結果、偽イアンを逃してしまうわ~(°д°|||
その間、ケイシーも連れ去られるわで~(゚Д゚≡゚д゚)
「上層部に怒られる」と嘆くカーラに、
リースは「ケイシーは国を裏切ったはず。何故、政府の人間を頼る?」と問うてましたけど…
結局、残った仲間を詰問する事にo(´^`)o

でも~ケイシーは、ディリンジャーが連れ去ったのよね~(o゚▽゚)o
しかしディリンジャーも、ケイシーが狙われる理由を聞き出したいのは分かるけど…
胸ぐら掴んで迫るとか、ちと乱暴すぎないか?q(´・ω・`)p

しかもケイシーが「2ヶ月前、政府から依頼され、太平洋岸北西部の倉庫で極秘のシステムをテストした。この上なく複雑なシステムだった…」と説明している途中でー
フィンチは、ディリンジャーに「彼を最も安全だと思う場所へ急いで避難してくれ」と指示するのよ~((。´д`)o
でもディリンジャーは、ケイシーを廃図書館に連れ帰って来るのよね((・・*)

この後、ケイシーはフィンチとPC話で意気投合した事から、
狙われる原因となった理由を話し始めるのですが…
「BIOSのインターフェイスにバッグドアがあり、OSに侵入出来た」?
とか~ずぶの素人には難しすぎて、全く分からんかったが(ヾノ・ω・`)
どうやら「システムのテストを頼まれたが、この上なく複雑だった。政府の目的はテストじゃなく、アクセスだと気づいた」らしい。

更にケイシーは「だから降りると伝えたが、首がチクリとして失神した。その後、車のトランクで目覚め、ポケットには遺書が入っていて自殺を装って殺されるところだった。とにかく車は雨の中を飛ばしていて、事故に遭った。何とか脱出は出来たものの、全方席に座っていた2人は死亡しており、彼らの懐から金を盗って、逃亡中にSSCIに通報した結果、こうなった」と説明します。

ここでフィンチは「カフェにいた男の正体が分からない」と告げてましたけど…
どうやら、この男はデシマ・テクノロジーズの手下みたいでー
ランバートと呼ばれてましたよね。
しかし今回のエピ、頭混乱しまくりですよ?(。-`ω´-)

この後、フィンチはケイシーに「組織の関心は、ラップトップにある。だから第三者に売って、君への興味を失わせる」と告げー
新しい身分証を渡し、海外逃亡させようとするのですが…d(゚Д゚*)

結局、カーラが尋問していた男は口を割ることなく、自殺してしまいましたね…(*´・д・)

てか~
飛行機を手配したはずのディリンジャーが、フィンチに睡眠薬入りの煎茶を飲ませー
ラップトップを奪って、姿を消しちゃいましたぞ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、ケイシーはレスターに電話をかけ、
「例の一式が必要になった」と告げるのですが…
しかし、そこにカーラが来ていてー(゚Д゚≡゚д゚)
レスターは、ケイシーをここに呼び出すよう脅されてしまいます(´-ω-`)

一方、フィンチも何とか意識を取り戻しー
ケイシーに電話をかけて「迎えに行く」と告げますが…((。´д`)o
ケイシーは「レスターに会うから、大丈夫」と返し、電話を切っちゃうのよ。
しかし背後にリースの姿が…(;゚Д゚)!

その頃、カーラの元にデシマコーポレーションの手下であるランバードたちまで乗り込んで来てー
ここで銃声がしてた事から、
カーラが全員始末したのかと思いきやー(。・ω´・。)
ランバードに、逃亡されてしまったみたいね(;´・ω・)

そしてリースもケイシーを撃ったのかと思いきやー(`・ω´・)ノ
「裏切り者は大勢見てきた、あんたは違う。巻き込まれただけ」と告げ、
死の証拠品として奥歯を2本拝借した後、逃亡させるのよね。

恐らく、これを見てフィンチはリースを後任者にしたいと思ったんでしょうかね?((・・*)

この後、フィンチは携帯を追跡してディリンジャーを捕まえます。
そしてラップトップを返すよう説得を、試みますが…
彼には伝わらずー(ヾノ・ω・`)
しかしディリンジャーが中国人に売ろうとしたところに~
CIAのエージェントがやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
デイリンジャー共々、仕留めるんですよね。
しかもエージェントは、ショウだったという…ヽ(•̀ω•́ )ゝ

しかし、ここで中国人の1人がラップトップを持って逃走します。
デントンの報告によると、
その後、ラップトップは中国のオルドスにあるソフト開発会社に渡ったようでー
それを受け、コントロールは「あれはトラブルの元。ラップトップの確保にしくじったCIAの2人を派遣してモノを確認させて、破壊して。2人の事もね、害があると困る」と命じます。

そして、この後ー
例の爆破事件に繋がるんですなd(*´Д`*)

その一方で、ランバードがグリアに「ケイシーは死亡し、ラップトップはオルドスにあります」と報告してましたけど…
これがデシマ・テクノロジーの事なのかしらね?(o・ω・))

そして2014年2月25日ー
てかケイシーは、生きてますけど?q(´・ω・`)p
しかも今度は、ルートが彼の隠れ家にやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
「共通の友人がいて、私が送り込まれたの。寝室の床板の下にある現金5万ドルや、偽パスポートを取って来て。そしてコロンビアのカルタヘナに行って、グリーンフィールドという人を捜して。あなたの力を必要とされてるわ、だから急いで」と告げるのですが…

当然、困惑しまくるケイシーに、
ルートが「道中で人目を集めちゃって、銃を持った男たちが来るの。彼女を助けてあげて」とまた意味不明な言葉を告げたところで~(ヾノ・ω・`)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[8回]


PERSON of INTEREST3 #15「ラストコール」
今回マシンが弾き出したのは、サンドラ・ニコルソン。
彼女は911のオペレーターで新人の指導役をしており、優秀で評判もいい。
今回、フィンチがコールセンターに潜り込む事になるが…
ネタバレしてます~



いや~のっけからのフィンチのオペレーター姿、中々サマになってましたよね?(b´∀`)

てか~ファスコてば、
シモンズ逮捕以来、めちゃ後輩に頼られてますやんか~ヾ(´∀`*)

と、そこにフィンチから電話が入りー
「サンドラについて何か情報はないか?」問われてましたけど…
「駐車違反が数回あるだけだった。だが子供の頃の封印された記録があるが、HRの件以来、セキュリティーが厳しく情報を見る事は難しい」と返してましたな(o´Д`)

この後、911にアーロンという少年から不法侵入の電話が入りー
サンドラはパトカーを送る事に。
これに伴い、リースとショウも現場に出動するのですが…c(`・ω´・ c)っ≡

てか~ガチで強盗が侵入して来ましたぞ!(°д°|||
それでもサンドラは、冷静的確にアドバイスを続けるのですが…
でもアーロンが電話のボタンを連打したのを強盗に聞かれてしまったようでー
外に引きずりだされてしまいましたよ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

この後、男がサンドラの個人携帯に電話をかけてきてー(゚Д゚≡゚д゚)
「こちらには人質がいる。私の指示に従わなければ、アーロンは死ぬ事になる」と脅してきてたけど…
男とサンドラは知り合いって事なのかしらね?(・・?)

更に、男は「この件を誰かに話したり、私の指示に背いたり、この通話を切ったりすれば、アーロンは死ぬ」と脅しー
アーロンの家に向かわせたパトカーを呼び戻すよう命じます。

と、そこにリースから「アーロン宅に到着した」と連絡が入りー
フィンチは「首謀者は局内交換機にハッキングして、アーロンの通報をサンドラに繋いだ」と状況を説明しますが…
しかし部屋はもぬけの殻でー(゚Д゚≡゚д゚)
ここでフィンチは「遠隔操作でコンピューターに侵入した。ウェブカムを見てくれ」と指示します((。´д`)o

その映像の犯人のいでたちを見て、
リースは「彼らはテンプル騎士団だ。メキシコの麻薬カルテル。誘拐も得意だ」と言い切ってましたけど…
フィンチも首謀者の電話を位置を特定したらしくー
「マンハッタンを走る車だ」と告げてきます。
これを受け、ショウは車を、リースはテンプル騎士団を追う事に(`・ω´・)ノ

あの後、サンドラは男から「ヘッドセットを携帯に繋ぎ、両手を空けて予備発電器を停止させろ」と命じられ、渋々従ってましたけど…
フィンチも後ろから動向を見守るだけで、何も出来ないのが歯がゆそうでしたね(*´д`*)

この後、サンドラは予備発電器を止めに向かうも、警備員に部屋に入る前にサインを求められー
名前ではなく“HELP”と書き込むんですよねd(*´Д`*)
しかし男に「それが見えないとでも思っているのか?アーロンはどうでもいいのか?20年前のジョセフの時と同じだな。適切に行えば封印された記録にもアクセスは可能だ。よく考えるんだな」と言い放たれてしまいー(°д°|||
やむなく予備発電器のスイッチをオフしに行くのよね(´・д・`)

しかも次にサーバールームに行くよう告げられー
2日前に入った緊急通報のデータを全て呼び出し、全て削除するよう命じられてしまいます(;´д`)
ここでサンドラは「出来ない、通報データは公式記録よ。証拠や自白、最期の言葉でもある」と拒否りますが…
またしても男に「3万件の通報記録か、1人の少年の命か」と迫られてしまうのよね(´-ω-`)

それを聞き、
フィンチはショウに「電話の男は近いか?彼は姿を隠すのがうまい。防犯カメラに侵入した跡はないが、サンドラの動きを把握してる」と問うのですが…d(゚Д゚*)
しかしショウが犯人の車内を確認するも、レコーダーのみが乗っておりー(ヾノ・ω・`)
“声だけの男”には実体がない事が判明します。

フィンチいわく、
どうやら男は別の電話機を経由させ、声を届けていたようでー
世界のどこからでも発信出来るらしいのよね(;´・ω・)

でもここでフィンチは、男がサンドラを見張っている方法が分かったらしくー
彼女の元へ行き、
「振り向かないで。遠隔操作で消音にしたので、相手には聞こえません。犯人はヘッドセットにウェブカムを仕込み、行動を見ています。アーロンを救う為、黒幕の正体と目的を知りたい。3万件のデータを消すのが解決法という事は、その中に消したい通報があるんだ。それを見つけだせば優位に立てる」と告げますd(゚Д゚*)

それを踏まえ、サンドラは男に「バッチごとじゃないと消せないし、1日分を消すのに15分かかる。IT責任者が持ってる認証キーも要る」と説明しますが…
男が削除を急かして来た為ー
フィンチは再び消音にし、問題のデータを探す事に((。´д`)o
だけど短時間で探し出すのは大変なので~
結局、ファスコに電話して協力させてましたね(*´・∀・)

でも156件を5分で見ろとか、ハード過ぎるわ~(ヾノ・ω・`) と思ったら、
やはり?今回、ファスコの追ってたタラ・クック殺人事件と繋がりー
フィンチに即情報を送ってましたな(*-`ω´-)9

しかしサンドラも鍵を取りに行って、ちと気が緩んだのかー
部屋に戻った際、フィンチを映してしまうのよ…(°д°|||
ここで男は、サンドラが約束を破ったと罰として、ある駐車場を爆破させー
「これは警告だ。同じサイズの爆弾をアーロンの体に繋げてる。15分以内にデータを消せ。さもないと爆弾を爆破する」と言い放つんですよヾ(〃゚ω゚)ノ

この後、フィンチはサンドラに「初めは不思議だった。大勢のオペレーターの中で、最も心の強そうなあなたを何故選んだのか。だが犯人は知っていた。封印された子供時代の記録を使い、あなたを操ったんだ。小さな子供の死だ」と話し掛けるのですが…

サンドラは「名前はジョセフ。家が近くてよく子守をしたわ、私は当時14歳。ある晩、お風呂に入れてたら、黄色いカエルのオモチャを欲しがった。下の階にあるから、すぐ取ってこられると思った。あとは分かるでしょ?辛かったのは、必死に心肺蘇生をした時や、過失致死で起訴された時でもない。ジョセフがバスタブに浮かんでいた時よ。何も考えられず、動けなかった。あの15秒でジョセフは助かったかもしれないのに」と当時の状況を説明しながら、自分を責めるのよね(o´д`o)

ここでフィンチは「犯人があなたを狙う理由がもう1つある。2日前に受けた殺人の通報だ」と告げますが…
サンドラは、とにかくアーロンを救う事しか考えられないようでー
(ヾノ・ω・`)
部屋を出て行ってしまいます(´-ω-`)

この後、フィンチはショウにやる事があるからと、犯人の電話機を手放さないよう指示しーd(゚Д゚*)
そしてショウは、運転手から聞いた黒幕らしき人物の特徴をリースに告げますが…
どうやらテンプル騎士団っぽいですなo(´^`)o

この後、リースは“エル・セトレロ”を訪ね、テンプル騎士団の黒幕とご対面(`・ω´・)ノ
ここで手下たちに絡まれてたけど…瞬く間に奴らをなぎ倒してましたね~(*´▽`)ノノ

あとファスコの調べから、
タラは死の直前、911と不倫相手の社長に電話をかけていたみたいねd(*´Д`*)
ここで社長はタラに2人の仲を公表したいとせがまれ、彼女を殴って川のそばに捨てた…
だけどタラが事前に911に通報してたと知り、消すしかないと思った。
でもデータを消去するよう頼んだのは妻らしくー
その依頼先がテンプル騎士団だったみたいね。
でも彼らが子供をさらった事は、寝耳に水のようでしたよ?(*「・ω・)

その後、ショウがリースと合流しますが…c(`・ω´・ c)っ≡
しかしテンプル騎士団のボスらしき男によると、黒幕は別にいるようでー
「奴は捕まらない。電話は追跡不能。メールはすぐ消える。仕事が済むと口座に金が入る」と自信ありげに言い放ってましたな(。-`ω´-)

と、そこにフィンチから「電話機の信号を中継している携帯基地局に侵入した。アーロンは、ミッドタウンのビルにいるかも」と連絡が入りー((。´д`)o
リースとショウは急ぎ、現場に向かいます(`・ω´・)ノ

その頃、サンドラがデータを消そうとしていたところに、
男から「この仕事の雇い主が警察に罪を自供した。彼らとの契約は無効になった。もうデータを削除する必要はない。でも情報が警察に渡ると困る。だからアーロンとサンドラを消す」と告げられた瞬間、所内の電源が落ちるんですよヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
ここでフィンチは、犯人が待ち伏せしてるからとー
他の抜け道から出るよう告げてましたけど…
しかし、そこにも男が待ち伏せしておりー(°д°|||
銃を放ってきましたぞっ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

一方、リースとショウはアーロンの監禁されているビルに到着し、
男たちと乱射戦になるのですが…( `д´)σ =・
ここでアーロンの爆弾の信管を外しに行こうと暴走しかけるリースに、
ショウが「もうチームの死人は出さない。粋がるのは止めて、援護するから」と止めた時には、ちと、ジンときちまいやしたよ…(T^T)

その後、リースは無事アーロンの元に行きー
怯える彼を野球の話で気を紛らわせながら、爆破2秒前に装置を解除するんですよね~(ノ*´∀`)ノ☆
いや~相変わらず子供のエピでのリースの存在感は抜群ですよね~♪
ホント、カッコいいわ~ヽ(*´∀`*)ノ.+゚
でも、ここでも黒幕は見つからずー(ヾノ・ω・`)
携帯電話しか残ってませんでしたね…

あの後、フィンチたちは窮地に追い込まれたかと思いきやー
発電機に接続された電気ケーブルを手にし、
水場にいる男に「これを足下に落とせば、電気椅子での処刑に必要な量の10倍の電流が流れる」と警告した後ー
サンドラに銃を取り上げさせて、危機を脱しましたね~♪o(・д・´*)9
でも結局、ここでも黒幕の情報は得られずー(ヾノ・ω・`)

そして後日ー
フィンチがサンドラを呼び出し、
「君に見せたいものがある。911のオペレーターが見る事のないもの」と称して、アーロンの遊んでいる場を見せてましたけど…
中々、粋なことをするなぁ~と思いましたね(*´∀`*)
形は違えど、同じ人助けをしてるからかー
今回は、フィンチも彼女に共感出来る点が多かったのかもしれませんな d(´∀`*)

最後にショウがフィンチに「黒幕を探すなら手がかりはこれね」と携帯を渡してましたけど…
フィンチがテープをはがした途端、電話が鳴りー
宣戦布告されてましたけど…(;´д`)
また新たな組織登場ですか??q(´・ω・`)p
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[13回]


PERSON of INTEREST3 #14「華麗なる転身」
今回マシンが弾き出したのは、ケリー・リン。
彼女は上海生まれの外国育ちだが、最近この国に移住し市民権を取得。
フィンチは、ケリーがスパイである可能性を示唆するが…
ネタバレしてます~


のっけからリースがイタリア仕立てのスーツで登場し、
「ニュー・スーツの男だ c(`・ω´・ c)っ≡」なんて言っちゃってたけど…
やっぱカッコいいわ~☆(≧∀≦*)ノ
でもショウに、即仕事だと言われてましたけど…。゚(;˘ω˘)゚。

フィンチいわく、
ターゲットのケリー・リンの現在の仕事はイベントプランナーで、国際的な評価も高いとd(゚Д゚*)
しかも近々、メトロポリタン美術館のセレモニーを彼女が担当するらしくー
ショウはプラチナゲストとして~(b´∀`)
そしてリースは、フィンチの同伴者としてイベントに出席する事に(`・ω´・)ノ
しかしショウが今回、かなり際どいドレスを着てて…
ちと目のやり場に困ったわ。゚(^ω^;)゚。

ここでショウは、エビフライを喉に詰まらせ、悶絶していた男を何気に救ってたけど…
そこにケリーが「すばやくて的確、救急要請を逃れました。さっきの人はウォーレン・ジム。大物投資銀行家です。定刻の危機でした」と声を掛けてきた事からー
実はショウも、計算づくで助けたのかしらね?((・・*)

更にケリーの英語を聞いて、
「あなたのアクセント素敵ね。出身を当てたいけど、分からない」なんて、さり気に探りを入れたりしてー(σ゚∀゚)σ
でも「香港でインターナショナル・スクールに通い、各国を転々としました」とはぐらかされちゃいましたけど…(;´∀`)

あとノーウェル写本に目を奪われているフィンチに、
リースがさり気なく「確かにすごいが、今は対象者に集中すべきだろ」と注意を促してたのがね~
いつもと立場逆転してますやん~ヾ(´∀`*) な感じで、ちとおかしかったですね。

しかしここで突如、停電し、ドライアイス爆弾が爆発します=3
この間、誰かがセザンヌの名画を盗んで行った為、
ショウが追いかけるのですが…何と犯人はケリーだったのよね(°д°|||
しかも、かなり武芸にも長けてるのか、見事に逃げられちまいましたよ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

この後、ショウはケリーが置いて行ったバッグを取りに行きー
中のタブレットを探ってましたけど…
そこでショウはインターポール捜査官ブシャールと警官の話を聞いて、ケリーが追われてる事を知るんですなd(*´Д`*)

結局、タブレット内にめぼしい情報はなかったものの、
GPS情報により、ケリーがパールストリート“盗まれた手紙”というバーにいる事が判明。
リースたちは急ぎ、その場へ向かいます(`・ω´・)ノ

ここでフィンチは「あのバーにケリーがいるかどうか、客の携帯を介して会話を拾ってみる」のですが…((。´д`)o
ここでの会話内容からして、
ケリーは、プラハの窃盗団に盗みを依頼されたみたいでー
しかもケリーは、男(シリル)に“ジャオ”と呼ばれてましたよね?(o・ω・))

翌日、リースはケリーの尾行を開始(`・ω´・)ノ
そしてフィンチはケリー・リンではなく、“ジャオ・リン”で情報を調べ直す事に((。´д`)o
すると同名の元体操選手、オリンピックの中国チーム代表の名が出てきてー(゚Д゚≡゚д゚)
どうやらケリーは、銀メダリストだったみたいね。
しかし、その後チェコでの練習中に代表選手から外されていたらしくー
でも理由は載っていなかったと…(ヾノ・ω・`)

そしてフィンチは、ケリーの留守中にショウを部屋に侵入させー
「ケリーに、次が最後の仕事だと男は言っていた。その仕事が、いつどこで実行されるのか知りたい」と告げます。
ここでショウは、額縁の裏に貼り付けてあったニューヨークの地図を発見しー
交差点に丸印のついている部分をフィンチのPCに送信するんですよね(*´Д`)σ

どうやら丸印周辺には、いくつか地下鉄の駅があるみたいでー
通り抜けが難しく逃げやすいと…
フィンチは、ここが実行場所だと踏むのですが…d(゚Д゚*)

更にショウは“グーデンベルク聖書”の調査書類を見つけ、
現在運搬中となってるのを確認し、急ぎ阻止しに行こうとするも…
途中で、ケリーと遭遇するのよね(;´д`)

この事あって、ケリーは仕留めなければならなかった輸送車を逃がしてしまうんですな。
そこにシリルから「やったか?」と確認の電話が入りー
「聖書を盗れなかった。でも何とかする」と返すのですが…
ここでシリルは、ケリーの子供カイと会話をさせるんです(*´・ω・)
この事から、フィンチはケリーは奴らに脅されていた=被害者だった事に気づきますね。

この後、ショウはケリーを隠れ家に連れて行き、フィンチに状況を説明して貰う事に((。´д`)o
しかしフィンチに「犯行は、あなたの意志ではなさそうだが、嫌々という訳でもない」と告げられー
ケリーは「あなたは、きっと絶望や飢えとは無縁ね。妊娠が隠せなくなった時、私のキャリアは終わった。ヨーロッパに渡ったけど、無一文で体操では稼げなかった。銀メダルを質に入れて出産費用にした。その後、同じ店で時計を盗み、赤ん坊のミルク代にした。店は犯罪集団で、泥棒仲間に引き入れられた。カイを人質にされ、仕方なかった。仕事が終われば解放する約束だった」と訴えるのですが…

更にフィンチに「インターポールの捜査官は、あなたが大勢を殺していると言っている」と告げられー
ケリーは「シリルの仕業よ、あいつが共犯役のおとりを雇ってる。私が逃げた後、殺してたのね。あいつは悪魔よ、私は誰も殺していない、本当よ」と切実に訴えますo(`д´ 。)

結局、フィンチはカイを救うべくー
シンメトリック社に渡った“グーデンベルク聖書”を取り戻そうと決めたみたいね( `・ω・)
でもケリーも、ショウに手かせを掛けられてたのに、いつの間にか自分で外してましたよ?(゚Д゚≡゚д゚)

この後、リースが「ビルの設計者を突き止め、その人物から設計図を入手、もしくは盗む。その後で作戦を練ろう」と言うんですけど…
実はファスコが警備員と親しいらしくて、既に入手してくれてたのよね~(´∀`σ)σ

でも~ここでの話を聞く限り、警備は業界一厳重なようでー(;´д`)
リースは「挑戦には食いつくはず。この会社の人間に会いに行く」事に(`・ω´・)ノ
あとファスコは、インターポール捜査官ブシャールに、
「あんたらの手配犯に似ている女を見た。代わりに女の家に行ってほしい」と電話で頼んでましたね。

そしてフィンチは、“3Dプリンター”と格闘してましたけど…
ファスコにファローの指紋を強引に拝借させー
完璧な3D指紋を作りあげようとしてたのね(。・д´・。)

それとシリルの窃盗記録を見る限り、
盗みの標的は重要文化財のみで、実行役をケリーにやらせてきたらしくー
盗品は競売に出すか、所有者に売り戻しているみたいですな(。-`ω´-)

この後、ブシャールはケリー宅を訪ねてましたけど…
ここで彼にUSBを拾わせ、シンメトリック社の警備主任ファローに“グーデンベルク聖書”が盗まれると吹き込ませて、保管場所を探る事が目的だったみたいで~
ファローはこの期待に応え?ブシャールに「中央の金庫室に移動させる」と告げてましたよ~(゚∀゚ノノ"☆ハ

そして、この後チーム全員シンメトリック社に出動する事にo(-`д´- o)

まずリースが侵入後、わざと警報を鳴らしー
ファローたちに警報装置をリセットさせます♪o(・д・´*)
ここでリースは、NY市警に引き渡されますが…
当然、迎えに来たのはファスコ~(o゚▽゚)o

この間、入れ替わりにショウとケリーがやって来てー
3D指紋を装着後、金庫前で指紋をスキャンし、
金庫内へ侵入します c(`・ω´・ c)っ≡

ここでショウはフィンチに「監視カメラの映像を3分間のループにした」と告げられるのですが…
でも感知されないようにモーション・センサーも止めちゃってるしで~
室内は皮膚温度状態になってて、めちゃ暑そうでしたよね…(´A`;)

この後、ケリーが天井の棒を伝って、聖書の元まで行くんですけど…
やっぱ体操選手なキャラだけに、動きがしなやかでしたね~(*´▽`)ノノ

しかし~
その頃、警備室にブシャールが訪ねてきてー(゚Д゚≡゚д゚)
更にファローは仲間から「3分前にあなたの指紋で、金庫室が開いた」と告げられ、70階にやって来るんですけど…
そこはもぬけの殻でー
ショウたちは聖書を奪還して、何とか逃げ切ったみたいですな(o´∀`)o

この後、フィンチとショウは、ブシャールを脅して車に乗せー
バーでのケリーとシリルの会話を一部始終、聞かせる事にd(゚Д゚*)

ここでケリーは「役目は果たしたから、これで抜ける」と訴えてましたけど…
シリルは「この数年、お前は大いに稼いでくれた、辞める事はない。お前の引き際を決めるのは、この俺だ。もしも逃げたら、お前やお前の娘から見返りを貰う」と脅し、またカイの動画を見せて脅そうとするのよ(`-д-;)
だけどリースが助けに向かったようでー
カイは無事、保護されてましたね~ε-(´∀`*)

そして、この後ブシャールは警察の協力を得て、シリルを逮捕するんですよね。
ここでケリーも捕まってしまうんですけど…
ブシャールも彼女が大罪を犯した事は分かってるんです。
でも聖書を取り戻せたし、プラハではチェコ人の窃盗犯を捕まえられた事からかー
結局、ケリーに手錠の鍵を渡して逃がしてくれましたねd(*´Д`*)

最後にファスコが「次は金塊を狙おう」なんて言ってたけど…
てか、それ警官の言う言葉じゃないですやんか~?。゚(^ω^;)゚。
でも久々に皆でお酒を飲んで、和気あいあいに語り合ってて~いい感じでしたね♪
ここにカーターがいないのが切ないけれど…。゚+(σ´д`。)+゚
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[8回]


PERSON of INTEREST3 #13「4C」
今回マシンは“有用の番号”オーウェン・マシューズを弾き出す。
リースから連絡を受けたフィンチはISAが関わっていると推測し、
ショウに調べさせるが…
ネタバレしてます~



のっけからリースが飛行機便の変更を余儀なくされてましたけど…
どうやらマシンの仕業みたいですよ?(;´д`)

でもリースも仕事は止めたと言っててもー
機内で携帯電話で話してるところを客室乗務員に注意されて、逆ギレする非常識な男にパンチをカマしたりとー((`Д´)≡⊃)`Д)、;'・
染み着いた正義感は、やはり忘れてないみたいで~
ちとホッとしたわε-(´∀`*)

そんな中ー
リースの携帯に“4C”の文字が…
リースは誰がこのメッセージを送って来たのか?構内を探索し始めますが…
トイレで連邦保安官が倒れているのを発見してしまいます(;゚Д゚)!
そしてフィンチに電話を入れー
「あんたが仕組んだ事だろう?止めてくれ。フライトや座席の変更。連邦保安官が男を護送中だが、もう仕事も番号もゴメンだ」と訴えるんですけど…
フィンチには身に覚えがなくー(ヾノ・ω・`)
「私は君の意志を尊重する。仕事は入れてない」と否定します。

更に「偶然とは思えない。番号は出てないのか?何故、俺はここにいるんだ?」と問うてくるリースに、
フィンチは「私は何もしていない。恐らくマシンの仕業だ((。´д`)o」と返してた。

ここでリースは「辞表を受け取ってないのか?あいつに伝えてくれ。“辞める”と」と言うんですけど、
「伝言は預かった」
と真面目に返すフィンチに、ちと笑っちゃったわ(*´・∀・)

とにかくリースは、仕事をする気はないようで…(ヾノ・ω・`)
フィンチに「保安官に事実を言い、その後はどうなろうと連中の問題だ」と告げて、電話を切っちゃいましたね((・・*)

しかし保安官はリースの言葉を真に受けてくれないし…(´・ω・`;)
と思ったら、突如気絶しましたよ~(°д°|||
更にそこに別の男がやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)
容疑者らしき男オーウェン・マシューズに「ラファエルが“よろしく”だと」と告げ、注射器をひざに打ち付けたもんだから~
さすがにリースも見過ごせなくなったようでー
即、男を蹴り上げ、注射器を奪い取るんですよね~(*-`ω´-)9

て事で、結局リースは保安官を別の席に座らせ、オーウェンの隣に座る事に…
ここで彼から「あんた何者?」と問われてたけど…
「お節介な乗客だ」と返してましたなd(*´Д`*)

ちなみに注射器に入っていたのは凝固剤だったようでー
どうやら肺血栓症で死んだと見せかけ、自然死で処理させるつもりだったみたいですな(。-`ω´-)
ここでリースはオーウェンに血液が薄まるからと、ウイスキーを強引に勧めた後(゚∀゚ゞ
フィンチに電話を入れー
「オーウェン・マシューズが殺されかけた。犯人の腕には“ランセロ”のタトゥーが入ってる。コロンビアの準軍組織だが、麻薬組織に落ちる奴もいる。雇い主の情報はなさそうだが、探せるだろ?」
と問うのですが…(`・ω´・)ノ

フィンチいわく、
「同乗している連邦保安官は、違法サイト“ブラックマーケット・バザール”を摘発してる。ダークネット上で薬物を販売。10ドル分のマリファナや1キロのヘロインでも通販出来る。支払いはビットコインのみ。仮想通貨だ。サイト開設者は正体不明で、名前は“スフィンクス”あらゆる機関がその人物を追っている」と…
オーウェンは、このサイトの運営会社に勤めているみたいですな(。・д´・。)

この後、リースはオーウェンに、
「何故、護送されている?」と問うのですが…
「今朝、連邦保安官がやって来て、ブラックマーケット・バザールの重要証人だと言われた」らしいんよね。
でも彼には見に覚えがないと…(*・д・)b

その後、フィンチはショウに会いに行きー
リースが新しい番号を受け取ってターゲット共々、現在飛行機の中にいると説明します。
「機内で番号を?細工したの?」と問うショウに、
フィンチは「今回、私は一切関わっていない。つまり我々は今、新たな問題に直面している…かつての同僚を訪ねて貰いたい。今回は“有用な番号”かもしれない」と頼むんですよね。

実は既にリースも“有用な番号”の可能性があると気づいてたらしくー
でもフィンチから告げられなかった事が不満だったみたいで…(*´・ω・)
オーウェンに「何故、国の安全に関わってる?」と直接聞くんですよね。
オーウェンいわく、
「スフィンクスに直接頼まれて、ブラックマーケット・バザールを作った」と。
それを聞いて、リースは「お前を殺したいのは、スフィンクスかもな。奴の顔を見たのは、お前だけだ」とか言ってたけど…( `・ω・)

と、そこにフィンチから、
「コロンビア人の雇い主は、ラファエル・フェルナンデスだ。サイトに薬を流してた麻薬カルテルの親玉。でもオーウェンとの関連は不明だ」と連絡が入りー
リースはコロンビア人に仲間がいるか調べる為、
客室乗客員のホリーに「機内を暗くして、カフェインは抜いてほしい。もしオーウェンが動いたら、これを押して俺を呼んで」とトランシーバーらしきものを渡して協力を依頼します(`・ω´・)ノ

すると、しばらくして元モサドのカップルがオーウェンに襲いかかるんですよ~(゚Д゚≡゚д゚)
だけどリースとホリーの連携プレイで、2人を仕留めましたよ~(o゚▽゚)o

一方、ショウはかつての仲間、フォスターに会いに行きー
オーウェンが何故国の安全に関わる脅威なのか?と問い詰めるのですが…

てかショウも相変わらず荒っぽいな~(;´∀`)でも、かっこいいけど。
ここでフォスターは「対象者の事は知らない。工作員を送っただけだ。インディゴ6Aだ」と答えてましたけど…
どうやら彼はショウの後釜らしいんよね。
しかも任務はオーウェンを殺す事だと…(°д°|||

てかショウてば、
リースに特徴を問われて「長身で陰気なスーツを着た男。誰かみたい」って…失礼ですよっ!(-∀-`; )

しかも言った矢先から、インディゴ6Aがオーウェンに襲いかかるんですよ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
ここでリースは彼に2発ほど、お見舞いして仕留めてたけど…
でもこれ以上、オーウェンを席に座らせておくと、ホリーに迷惑をかけてしまうからとー
彼を貸物室にかくまうんですよね( ゚Д゚)┌┛Σ( ゚∀゚)・∵

しかし、何でこないに執拗にオーウェンが狙われるのかと思ってたら…
実は、彼自身が“スフィンクス”だったのね(o・ω・))
しかも、そこにまた怪しげな男がやって来てー(゚Д゚≡゚д゚)

一方、ショウはカフェにハーシュを呼び出してましたけど…
ウェイトレスに扮してたのは、奴にスコポラミン=自白剤を飲ませる為だったのね(。・д´・。)

ハーシュいわく、
オーウェンは、ダークネットにブラックマーケット・バザールを作った後、
取引に税金をかけていたらしいんですな。
その頃、ISAの活動資金が不足してた事で、オーウォンに売上の3割を納めさせたと…d(*´Д`*)
だけど汚れた金での活動は許されないし、オーウェンの正体が暴かれたら、国の安全の危機になるからと~
今更、躍起になって消そうとしてるんですな(。-`ω´-)

この後、リースは怪しげな男を仕留めにかかるんですけど…
てかオーウォンも何が「顔は止めて」なのよ?q(´・ω・`)p
失礼ながら?思わず失笑してしまいましたよ~(*´-∀-)

あとフィンチの情報によると、
もう1人“ランセロ”の入れ墨の入った刺客がいるとーd(゚Д゚*)
実は、ホリーと折りの合わない例の男客室乗務員がそうだったらしい~
てか~彼は既にパイロットから操縦席を乗っ取りー
急下降を始めてましたぞ!ヾ(〃゚ω゚)ノ

ここでリースが強引に操縦席のドアを打ち破り、男を仕留めようとしたもんだから~(`・ω´・)ノ
ジェンボジェット機は、大揺れ状態に…ヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノ
しかもフィンチは、この状態で遠隔操作を頼まれてしまうしで~
もう必死のパッチですよ?(;´∀`)
でも~何とか無事着陸させましたね~(゚∀゚ノノ"☆

この後、リースが旅行カバンの中に入ってたオーウォンを荒っぽく救出してたのは、ご愛敬~(-∀-`
ここでリースは、オーウェンにメモを渡して「この場所へ行き、ハロルドの連絡を待て。商売は廃業し、ネットから離れろ。知り合いに連絡するな」と告げるんですけど…
オーウェンも「それじゃ、あんたに返礼出来ない」なんてー
理屈っぽい男だけど、一応常識は兼ね備えていたのね(´・∀・`)
でもリースが「金目当てじゃない」と返した途端、あっさり去って行っちゃいましたけど…。゚(;˘ω˘)゚。

あとリースは、ホリーともすっかり仲良くなったようでー
食事をした後、名刺を貰ってましたねd(*´Д`*)

しかもフィンチも、リースをちゃっかりつけて来てたみたいでー
ホリーの事を「感じのいい人だ」と褒めてましたな。
でもリースは、マシンへの不満があるようでー
ここでフィンチは「あえて、そう作った理由がある。マシンが告げるのは番号だけ。何故なら人間的な要素を残すべきだと思ったんだ。人の運命を決定づけるような重要な場面にはね。人には自由意志がある、それには大きな責任が伴う。時として大きな損失も。私も心から悲しい((。´д`)o」と胸の内を告げるんですよね。

この後、リースは涙ぐみながら「いつ発つんだ?」と問うんですけど…
既にフィンチと一緒に戻ると決めてたみたいで~(*゚▽゚)ノ
「あんたの飛行機に乗せてくれないか?仕事が待ってる」と言われた時のフィンチがこれまた嬉しそうでしたよね~ε-(´∀`*)
次回からは、通常通りの“人助け”が始まりそうですな。
余談ですけど、今回ファスコはお休みでしたね((・・*)
ここで、つづくです。



いつも、ありがとうございます♪ 

拍手[5回]


PREV ←  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  → NEXT


SEARCH THIS SITE
現在視聴中のドラマ
**

≫-レビュー済(2019年分)-≪
*リターン-真相-*
*最強配達人~夢見るカップル~*
*ラストゲーム
~最後に笑うのは誰だ?!*
*法廷プリンス ―イ判サ判―*
*ただ愛する仲*
*ライフ*

(CS放送を中心に視聴してます)


イチ押しドラマ☆゛(*・∀-)b
☆評価☆10点満点ドラマ
ご興味ある方はぜひ~(人´∀`) 


「お金の化身」
全24話ネタバレ全開レビューリスト


こちらもどうぞ♪(σ*´∀`)


「ビッグマン」
全16話ネタバレ全開レビューリスト

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カン・ジファンssiレビューリスト
ブログをコメント承認制にしました
勝手ながらコメント内容によっては
管理人の判断で、返信しない場合も
ありますので、ご了承を…
HNは固定して書き込んで頂くよう
お願いします
あと宣伝コメントも御勘弁下さい
(*・ω・)*_ _)

コメントありがとうございます♪
[07/21 NAE]
[07/15 NAE]
[03/25 NAE]
[09/17 NAE]
いつもありがとうございます(^^)


PVランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
NAE
HP:


自己紹介:
とにかく時間があればドラマを
見ています
あらすじ&感想もボチボチと
更新中♪
過去にハマった10点評価ドラマ
復活・王と私・一枝梅・ブレイン・お金の化身・ジャイアント

ブログ開設日:2012/09/19

※画像、引用等は個人で
楽しむ範囲で掲載しており、
著作権は出処サイトに
帰属します。レビュー、画像の無断転載はご遠慮下さい
カテゴリー
アーカイブ
管理人へのメール
バーコード
PINGOO!
記事一覧をクリックして頂くと、
直近3ヶ月位の記事が見れます

設置日:2013/8/18
忍者レコメンド
過去記事をランダムで掲載しています♪

忍者AdMax
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]